SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

January 22, 2019

1人ひとりの顔-「ヒューマン・フロー 大地漂流」



アイウェイウェイの 「ヒューマン・フロー 大地漂流」 を観てきた。

ボートから降りてくる一人ひとりの、疲弊し果てた難民の顔。一人ひとりの顔をこんなにじっと見たことはなかった。ポタポタと落ちる水滴。めくれ上がった子供の背中。尊厳という言葉。

一度難民になると世界平均でそこを脱するには26年の年月がかかるという。迫害と弾圧が荒れ狂う中で、世界の各所で必死に彼らを助けている人々もいる。もしも自分がそこにいて、一度彼らの世界を覗き込んだらこちらの世界には二度と戻ってこられない気がする。

第二次世界大戦以来の大規模民族移動。人間の生物としての大転換期であり大移動の時期なのかもしれない。その中で倒れる大量の人たち。

» Continue reading

December 28, 2018

家へ帰ろう-現在進行形の責任について




たまたま時間があったので銀座で観たけれどめちゃくちゃいい映画でした。ナチス迫害の時代を生き延びたユダヤ人の老人が、助けてくれた恩人の友人をアルゼンチンからポーランドまで訪ねるロードムービー。道中出会う人々との会話から70年前の出来事が次第に明らかになってくる。

ネタバレできないからこういうの語れなくて困るのだけど、中でもドイツ人の若い女性との出会いの物語が涙腺崩壊でした。この世には想像を絶する地獄というのがかつてあった。ユダヤの受難と安易に比較してはいけないかもしれないけれど、自分も含め皆が時代を背負っている。

沖縄で起きていることへの現在進行形の責任とか考えました。お奨め。お正月に是非。

» Continue reading

December 14, 2018

辺野古の未来への予感

この膨大な不条理。新しい形のファッショがこの2018年の世の中にまかり通ろうとしている。俺は辺野古は無理だと思っている。基地はできない。地盤のせいなのか、選挙で自民が大敗するのか、それ以外の要因なのか。それは知らない。けれど辺野古は無理だと思っているのだ。それは世界に対する楽観かもしれないし、もしかしたら甘さかもしれない。けれどこの感覚は予感としか思えない。どこかで膨大なエネルギーのひずみで巻き返されると思っている。巻き返さなければいけない。

» Continue reading

「出会い系」から進化するマッチングサービス(CNET 更新)

ちょっとこんなの書きました。


» Continue reading

December 12, 2018

ボヘミアンラプソディと自分のねじれた時間について


映画『ボヘミアン・ラプソディ」大ヒットも海外評論家の評価は最悪な理由~感動するファンと酷評するプロの“ねじれ現象”


こんなしっかりとしたGinko Kobayashiさんの重厚な映画評に、私なんかのコメントを実名で引用していただきました。恐縮の限りです。てか、そもそもわたしゃ何様よ感。

それはさておき自分にはあの映画はQueenの音楽含めてフレディの歌詞と音楽のメッセージムービーでしたね。映画なのかQueenなのかならQueenでありフレディ。映画の出来に感動したのではなく、やはりQueenと、そしてその時代以降に自分の過ごした時間との邂逅と自分も含めたあの時代の世界の彼への無理解の記憶に心打たれたのです。

敢えて「ねじれ」と言う言葉を用いるならそれが自分の中での映画との「ねじれ」でしょうか。

より近距離にあってこの映画を見つめた欧米メディアの容赦ない批判は、全部が全部賛同できるものではないけれど、その容赦なさぶりには敬意すら感じます。敢えてこの視点で国内では実に逆流の視点でまとめていただいた小林恭子さんにも。

» Continue reading

December 08, 2018

「中国人を逃がすな」

日本の農村の一部では、中国人の技能実習生の労働力がなければ、収穫作業もままならなくなっている。そのことを自分は、農家に嫁いだ親戚の者から聞いた。それは明らかに技能実習生なのだが、その地域ではただの労働力としての「中国人」である。収穫の季節には多くの中国人実習生が大量に地域にやってくる。

「中国人が逃げないようにするのが大変なの」

と彼女は当然の悩みのように言っていた。それがその辺りの地域での共通の悩みなのだそうだ。それほど彼らはよく逃げてしまう。

彼らを仕切っているのは同じ中国人の声が大きい女性であり、各農家に人を割り当てる。農家は「クライアント」だから腰が低いが、同じ同胞の実習生には極めて高圧的に当たるのだそうだ。

親族の嫁ぎ先には2人の中国人実習生が来ていたが、「逃げられたら大変だ」とそればかり口にしている彼女にとって、実習生は単なる労働力であり「中国人」でしかない。2人は畑から歩いて1時間ほどかかるところに貧弱なアパートの一室をあてがわれていたが、自転車も買えないため朝早く起きて徒歩で畑に通ってくるのだという話を聞いた。
雨の日は基本的に作業はないが、途中でやむ時もあるので、そんな日でもそれこそびしょ濡れになって朝早く歩いてやってくるのだそうだ。

それでも終始、彼女は彼らの人としての苦悩を想像するよりも、そうした待遇が原因で「逃げられたら大変だ」とそればかり口にするのだ。彼女の夫も「甘やかしたらあいつらはどこまでもサボるから厳しくしなければならないけど、逃げられたら困るし」と口にしているという。

その話の最初から最後まで、「実習生」という言葉は使わなかったので、この話を聞いた時僕も彼女の語り口を不快に思いながらも、実習生ではなく「中国人」と理解し、ああ地方の農家の労働力とはそういうものなのかと思ってしまっていた。

けれど。

それは「すぐ逃げる中国人」ではなく、外国人実習生のことだったのだ。それ以外に現在日本の農家が外国人労働力を組織的に利用する道は僕の知る限りないからだ。ピンときていなかった自分の限界である。

国会で野党が調べたところではこの3年間で69名の外国人実習生が亡くなっているそうだ。その話を聞いた時、僕は大雨の中でも畑まで1時間も歩いてびしょ濡れになって通うあの2人の中国人の若者の話。そして「逃さないようにしないと」と当然のことのように笑いながら語っていた、おそらく日本の田舎のどこにでもいるであろう彼女のことを思い出した。

病は、こんな話をせせら笑って聞く自民党だけではない。我らの隅々に染み込んでいる。


●参考

農業分野における外国人の受入れについて(農林水産省)

» Continue reading

November 28, 2018

「AnotherB」を「はてなダイアリー」から「はてなブログ」に引っ越しました。

Forwardされるようになってるので、特に読者諸氏には関係ないかなと思うのですが、ご存知のように「はてなダイアリー」が終了してしまうということで、長く放置していた「AnotherB」を、はてなブログに引っ越しました。 一応お知らせまでに。

AnotherBは大変に自分が苦しい状況だった時に始めたもので、そのころ生々しく殺伐としていたこのブログで扱いにくいテーマや表現についての逃げ場的につくったものでありまして、はてなに格別の思いもないので、やめちゃうならやめちゃうでもいいかなとも思ったんですが、覗いてみたらそこにも500本くらい記事があるので(苦笑)、まあ引っ越しておくことにしました。
かなり頭がおかしいときに書いたものがずいぶんあって、ラリッてんのかよとか、読み返してみると自分で背中が寒くなるような「これ、俺かよ!?」なんてのもけっこうあるんですけど、思い切り悪く残しておきます。
まあ時間があって気が向いたら、たまにはご笑覧ください。たまには更新します。苦笑

» Continue reading

November 24, 2018

1973年を知っていて良かった-「ボヘミアンラプソディ」を観た人に読んでほしいクイーンの話


映画「ボヘミアンラプソディ」を観た人に読んでほしいクイーンの話

素晴らしい記事。クイーンをよく知る人も、映画で出会った人も、長いけれど読みやすい文体なのでぜひ読んでほしい。彼らの全活動期における代表曲へのリンクや、フレディ死後の活動にも触れていて永久保存版。単なるリンク集というわけでもなく、記事も読み応えがあります。

自分の知らなかったクイーンをリンク先の楽曲で色々知ってしまいました。ロックの歴史においてこのバンドがいかに唯一無比の存在だったのかもよくわかります。

それでもこの記事の作者がクイーンにハマった時にはもうフレディはいなかったと残念がっている。僕はクイーンのデビューの瞬間。1973年を肌で知っている。この記憶は大事にしたいと思ったのでした。早くに生まれてよかったと思うことも、たまにはあるわけです。

» Continue reading

November 10, 2018

俺が何者なのかは俺が決める




I decide who I am.
俺が何者なのかは俺が決める。
-フレディマーキュリー

公開2日目。IMAXで見て良かった。

自分達は多くの人の死をルーズにスルーし続けて来てここに立っているけれど、この人のこともその例外ではなかったと思う。ゲイもエイズもゾロアスター教も、まだ魔物の屋敷のように恐ろしかった時代のスターだ。自分は、何を彼が歌っているのかも、ルーズに聞き流してきたのだとわかった。そんなことばかりまだまだ多く、亡くなってもまだ追いかけないと人のメッセージはわからない。

この映画を娘の世代と共に見ることができたことは幸福だと思う。

» Continue reading

October 22, 2018

異様な映像

プリンセス駅伝。本人がやりたいと言えば、あれほどのことになってもこの国のスポーツ関係者は止めないのか。タスキを繋ぐという集団的価値の実現の前には、個人の安全や健康は犠牲になってもやむを得ないという日の丸主義の片鱗があるのではないか。

何よりも映像が異様である。これを讃えることが、いまスポーツ界で起きているあらゆる問題の下支えになっていないか。

やりたいって言ってるんならやらせてやればいい。の裏にやらざるをえない不可視の拘束があって、それが解き放たれないと自由意志とは言えない。本人すら気がついていない。

» Continue reading

October 18, 2018

「常識」を疑う

医学部で問題になっている男女合格率格差問題だけど、他学部や文系ではどうなんだろう。

自分の学部では当時クラス45人くらいに対して女子は3人だった。今では女子は半数を超える勢いだとか。それを自分たちは大学から「女子が優秀になった」とか「女子も政治経済を目指すようになった」とか説明を受けてきた。実は、そんなものかなあと深く疑問を覚えることもなかった。今回のことで本当はどうだったんだろうと疑念を持っている。

もう一つ。受験者の男女比率があまり公開されていないように思う。(医学部含め)その辺りの数字も見てみたいところだが。。

社会が「常識」としてきたことに対して、日常的に疑問を持ち続けるのは難しい。他ならぬ自分への洗脳や既成概念を解く段階から入らなければならないからだ。

性差ではなく縁故採用に至っては余計に感じる。私立の縁故重視などある意味「常識」ではなかったか。国家試験のある医学部だから問題なのか。なら法学部はどう?公正?事前に公式発表すべきなのか。

就職差別はどうか。性差はダメで(現実は違う。みんな知ってるでしょ)学歴や家庭差別、縁故採用はありなのか?

とめどない。女子の問題だけではない。

» Continue reading

October 07, 2018

100エイカーの森の生産性とか。大人になった僕とプー。




仕事するなって2時間言われ続ける映画と聞いてたけどそんなことなかった。

100エイカーの森に住んでいた動物たちは実生活では本当に「生産性」がなくて、敢えてそれを動物にかぶせたのかなと思ったのが1つ。でも彼らは絶対に人を責めない。説教もしないんだ。

家庭を持って働く人には(男子とは言わない)辛く切ない内容なんだけど、辞めてしまえではなくて仕事しても良いけど、発想を変えようねと教えてくれる映画でもあった。

戦争に行ったクリストファーロビンてのもアウトオブイマジネーションだったかな。あと寄宿舎とか。お薦め。

» Continue reading

September 28, 2018

7年が経って

今週の「半分、青い」を見ていたら2011年のことを色々思い出した。

暗い東京。

生きていることを確かめ合った異様な1日。

歩いて帰った道と月。

泥と遠くにある海とランドセルとスニーカー。

いなくなった人たち。

怒り。怒り。

悲しみよりも怒り。誰に対してではなく、多分自分に対しても。

何か色々なことを決心したはずだったのだが、人の記憶は危うい。

7年が経った地点にいて。


» Continue reading

【今日の悟り】人の世についてのこと

歳を重ねるとある程度人間界の近未来の展開が予想できるようになる。それをやるとトラブるぞとか、ほら思ってた通りだとか。昔から言われてきた年寄りの言うことは聞くもんだというのは、人間界のおよそ8割くらいには当てはまるかもしれない。

ところが話はここで終わらない。

年寄りが予想できない残りの2割だか1割だかが厳然として存在していて、実は年寄りが予想する8割よりも人間進化のキーはこの2割の方にきっと存在している。

2割だか1割だかのこの領域は誰にとっても辛く厳しくしかしときめく領域だ。8割の人生訓がたとえ正しくても、若い人はあえて2割に賭けていくことで人の世は前に進む。いや若くなくても生を実感できるのはそっちだ。そっち。断然そっちだと思うのだ。

» Continue reading

September 20, 2018

67億円の無衝撃

‪ザイフが67億円抜かれたって聞いても大して衝撃がないのだから慣れとは恐ろしい。その昔、ニセ白バイ警官にたった3億円盗まれただけで日本全国がこの世も終わりかのように大騒ぎになった時代があったなんてウソのようだ。‬

» Continue reading

September 19, 2018

「痛い人」への祝福-樹木希林さん逝く

カーテンコールをしたいくらいのカッコいい人生だったように讃えられつつ逝った樹木希林さんだけれど、そう言えば最初は悠木千帆と名乗っていたのだと思い出した。

あの頃の樹木希林さんのイメージはムー一族の林檎殺人事件を踊るおかしなおばさん。フジカラーの「それなりに」のおばさん。そして蹴られても払いのけられても長年夫と頑として別れようとしない、どちらかというと「痛い女」だったと思う。メデイアもそんな風に取り上げていた。「痛い女」は、いつのまにか芸歴を重ね、歳を重ね、凄みさえ感じられる「ありがたい人」に変わっていった。

今でこそ最初からみんな樹木希林はああいう人だったような錯覚を持っているかもしれないが、そんなことはない。結構わけわからん人だったのである。

樹木希林さんを思うと僕は瀬戸内寂聴さんのことを思い出す。あの人も男女の修羅場の只中にある「痛い女」瀬戸内晴美から、仏のような(いやもう生き仏であろう)瀬戸内寂聴さんに変身を遂げた。

こうして考えると思う。「ありがたいと思われる人」になるための条件は、一時期「痛い人」になることなのではないか。ヤンキーの方が人生に成功するというあれだろうか。これは違うか。

人間が人間のことを考えるにあたり、そもそもそんなに大きな差は無いように思うのだが、樹木希林さんの変貌の歴史を思うと、「痛い人」と世間から思われることも、長い生の歴史の中では、マイナスだけどマイナスではないのかもしれない。あ、これはご本人も言っていた。

我々の人生はそもそも、いつもカッコいいものではない。時折痛くなってしまう誰もの人生に祝福を与えていった人でもあったのかもしれない。心から冥福をお祈りします。

» Continue reading

August 09, 2018

みんなアホだ

「詳しく書いてあるいい記事見つけました。うちのサービスも載ってます!」

社内一斉メールで得意げにリンク回してきた奴がいる。どっかで見たタイトルだと思ったら。。。

なんで気がつかないんだよ。書いたの俺だよ。うちのサービス載ってるに決まってるだろ。俺が書いたんだから。画像見てみろよ。いつも使ってる奴だろ。

確かに本名じゃないけど署名もプロフィールもあるだろ。記事最後まで読んでないのか。完全に俺じゃん。文末に顔写真まで出てるじゃん。そっちの名前だって知ってるでしょうが。何でわかんないかね。アホだ。いつも何も見ていないからそういうの気がつかないんだよ。アホだ。

しかしメール回っても誰も何も言ってこない。誰も気がつかないのか。みんなアホか。何も見てないのか。みんなアホだ。どこに目をつけてんだ。

名乗るのが面倒だからもう誰か気がつくまでほっとくことにした。でもずっと誰も気がつかないかも。そんなもんか。そんなもんだよ。

まあ褒めてくれたんだろうからいいことにするか。

でもみんなアホだ。

» Continue reading

「40歳になったら死のうと思っている」

村野ミロ再読シリーズ。ようやく、ようやくDARKに辿り着いた。思えば光州事件の映画「タクシードライバー」を見た時、DARKに光州事件が登場していることを知ったというか知らされて、かつて読んだこの全身が朽ちて滅びていくようなこの小説の内容をほとんど忘れてしまっていたことに驚いて、それがミロシリーズ再読のきっかけになったのだ。だから僕は「タクシードライバー」のおかげで、村野ミロに再会したのだとも言える。

それにしてもクールな書き出しだ。40という年齢が沁みる。これが「60歳になったら死のうと思っている」などと書いても何もクールではない。クールではない時点で長く生きすぎたのかもしれない。必死に生きようとする人たちが数多くいる中で不謹慎だと言わないでほしい。死にたいのは村野ミロであり桐野夏生ではない。村野ミロはそういう女だ。

もちろん、もはや死んだところでクールになれない自分でもない。



» Continue reading

July 08, 2018

死刑囚にバラの花を貼ってはならない

死刑囚写真に次々「執行」シール TV演出に疑問の声も


こういうことをしてはいけないのだという人としての基本の違和感、危機感がない。おそらく選挙の投票結果とか、街角アンケートとかと同じ発想で悪意なくやったのだろう。人の死とか死刑とか、そしてサリン事件の重さ、深刻さに対する厳粛の意識を説く人がメディアにいなくなってきているのではないかと思う。あるいは若いスタッフの浅慮であるなら、こういう時こそリアルを知っている世代が頑張るべきだと思う。きっとさらに前にはあさま山荘とか、戦争体験とか、沖縄戦だとかに繋がるリアリティの劣化なのだろうなと思う。

» Continue reading

June 27, 2018

渋谷を毎日通るおっさんによる渋谷駅攻略ポイント











●ヒカリエとマークシティの区別がつくか
●何度も無駄な上がり下がりをさせられた時騙されているのではと疑わないで確信を持って迷いなく進めるか
●昨日までの記憶を毎日忘れられるか
●東横線までJRからまさかこんなに歩くわけはないと途中で引き返したりしないでいられるか
●まさかあの渋谷駅ともあろうものがこんな細い迷路に客を通すわけがないと思い込まないか
●外に出ればなんとかなるだろうなどと安易な考えを捨てられるか
●誰かに道を聞けば教えてもらえるなどと言う甘い考えを捨てられるか
●今日覚えた知識は明日はゴミになると割り切れるか

#毎日が意識のコペ転

#書いているうち人生のことのように

» Continue reading

June 15, 2018

1F視察に参加した

機会あって1F視察に参加した。

1Fにも普通の日常の時間が流れていた。視察はバスから降りられないけれど、私服のまま。マスクも配られない。今では靴も何も覆わない。作業員も特別な地域以外はみな軽装で、そのせいか風景に深刻さがない。

話には聞いていたけれど敷地はとてつもなく膨大で巨大。どこかの企業の大工場のようだ。1000個もある1000㎥汚染水タンクも、あの中にあっては少しも大きい気がしない。

海の方向を見ていると4つの原発建屋の頭が見えてくる。敷地は汚染水タンクや免震棟よりはるかに低い。海ギリギリに建っている。

原発は壊れたので改築されているビル群のようだった。後から設置されたパネルの間から邪悪なあの日の瓦礫の傷口はのぞくけれど、なにすぐに直りますよとすましているようだった。
バスを降りてすたすたとあの建物の中に入っていったら、程なくして自分は死ぬのだという実感が持てない。ここまで来てもリアリティがない。

「傷は燃料デブリで汚染水は血液だ。血液を止めないと傷は治らないんですよとある社会学者が言ってまして。いや面白いことを言うものだと思いました」

と解説の合間にふっとそんなことを言ったのは東電の案内役だ。こうやって抜き出すと不謹慎のようだけれど、彼らの目には原発は傷ついた大きな獣で、その血を止めるために自分たちは必死になっていると言いたかったんだろうな。可愛がっていた大きな獣が病んでいる。人は病む前の穏やかだった獣を知らない。彼らが毎日愛でて可愛がって世話をしていた。それがある日突然狂った。

でも血液を止めれば傷が治るというのはそれは違う。と自分は思った。汚染水を止めたところで、燃料デブリは取り出せないからだ。

あまり注目されていないが、こいつがこの国を救ったのだと思った。6号機のディーゼル発電機。

1-5号機の発電機が全てタービン建屋の、こともあろうに地下に設置されていたのに、6号機のための土地だけが低地になかったことが幸いした。6号機のディーゼル発電機だけは小高い丘の上に立っていて、最後まで止まることはなかったので、5,6号機の冷却が続けられた。この発電機も動かなかったら、もしも他の5機のように低い場所にあったら、6機の原発が全滅していた。

1Fにも多くの東電の女子社員が働いていることも改めて知った。山と積まれた積算線量計のデリバリーとか、見学者のケアなどは彼女たちが一生懸命やってくれる。Tepcoの制服を着た女子を、しかも1Fで見るのは当然初めてだから、ちょっと印象的だった。

バス中の最高線量は2-3号機の間で270μSV/h。

今日の視察参加者の積算被ばく量は0.1mSv。

「歯科医でレントゲンを2回かけたくらいの量です」

東電の案内役が言った。

※中にいるときは、何を見ても心が動かなかったのに、後から一つ一つの風景を思い出すと動悸が激しくなる。

(東電が撮った写真が来たら改めて全体をまとめます)

» Continue reading

June 09, 2018

村野ミロ読み返しプロジェクト




村野ミロシリーズ読み返しプロジェクト。第2作は1994年「天使に見捨てられた夜」日活で映画化されてたのか。この頃インターネットがあったら謎の大半は秒殺で解決するな。

それにしてもこの頃の桐野夏生は筆が走っている。降りてきた物語に書かされている感じ。

» Continue reading

May 27, 2018

久しぶりに村野ミロに会う



何年振りかで桐野夏生の村野ミロシリーズを無性に読み直したくなった。前には図書館で読んだらしくいくら探しても家に一冊もない。仕方なくAmazonで文庫本を買って一作目から読んでいる。こんな深夜に読むと変な夢を見そうだが構わない。

ストーリーはほとんど忘れていたが、懐かしい知り合いに再会したよう。暗く孤独で荒々しくて不安定で時に暴力的でエキセントリックな女。ミロ。久しぶり。

» Continue reading

May 23, 2018

桜となってはいけない

事実を淡々と述べながらも決して人を責めず自らの責任を語る若者に多くの人が共感した。自分もその例外ではないが、その姿に旧日本軍の兵士のような危うい美意識を感じたのも事実。

私たちはこういった日本人の「美徳」と一度は決別したのではなかったろうか。不正な圧力には決して屈しない態度、凛とした態度が尊敬される国になろうとしたのではなかったのか。責任を自ら引き受け滅んでいく桜ばかりを美しく思ってはならないはずだ。

なぜこの国の隅々でパワハラが横行するかと言えば、そうして耐えて責任を引き受ける姿の幾ばくかを私たちが美しいと思ってしまい、戦う者たちに対しては、和を乱すものとして眉をひそめる性向があるからだ。それが続く限り、社会の隅々の人達まで抵抗しない限り、蜂起しない限り、そうした人達こそが尊敬されるようにならない限り、この国からパワハラはなくならない。

また桜が散っていくだけだ。

» Continue reading

May 01, 2018

軍政の闇を抜けてきた国-映画「タクシードライバー」と光州事件





今日新宿で観てきた。

「タクシードライバー」というタイトルの軽さと、前半のコミカルなトーンに騙されると、後半で途轍もなく、凄まじく打ちのめされる映画。

南北会談が話題の韓国だけれど、自分たちが大学生の時は、岩波の「韓国からの手紙」が作者不詳で話題になり、とにかく軍政の「暗い国」であり、圧政国家であり、中の様子が今のように伝わってこなかった。光州事件はそんな最中の1980年。中国の天安門事件とも重なる、自国軍による民衆の大虐殺である。韓国はそんな時代を経て、今に至っており、戦いの地獄を日本より遥かに知っている。

自国の軍が銃を国民に対して水平乱射してくる地獄を中国もロシアも韓国も知っているが、幸いにして日本は知らない。もちろん自分も知らない。その甘さが、今日の政権の跋扈を許す甘さにもつながっているのだろうなと思う。

秀作。

» Continue reading

«久しぶりに国立能楽堂に行ってきた

-