SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« キリギリス | Main | 青山ブックセンター再開-こういうときに洋書を。 »

August 09, 2004

やっぱり「キングアーサーは7人の侍」

渋谷で鑑賞。ほとんど人は入っていなかった。

これって絶対そうだよな、と思って

「キングアーサー 黒澤」

で検索してみたら


「キング・アーサー」のお手本は「七人の侍」。

だとのこと。

神話に近い物語をリアルに表現するときに、やはり黒澤へのオマージュで
表現するしかない、と思えば改めて黒澤の偉大さがわかる。
騎士道を今にリアルに伝えているのは黒澤映画と、日本の武士道か。

円卓の騎士が7人の時点で、あるいは燃える民家、どことなく三船に近い
主演のクライブ・オーウェン。泥まみれの合戦シーン。で気がつく。

あえて黒澤映画になかったものはグウィネヴィアのセクシーな
肢体。でももう少し「伝説の王妃」の魅力を描くことはできなかったかなあ。

アーサー王の物語自体、復習してから見に行ったほうがいいと思う。
物語複雑で、前半乗り切れるまでに時間がかかる。

スプラッターが凄くて、子供にはどうかな。
氷の上の戦いは秀逸か。

ローマの支配形態。もしかしたらこうであったかと
思わせる要素あり。現代の米帝国のあり方に結び付けて
観るのは私だけか。

でも「冬ソナ」を見て感動するくらいなら、むしろこの映画を見て
心奮わせる男の子でありたい。


« キリギリス | Main | 青山ブックセンター再開-こういうときに洋書を。 »

Comments

トラックバックありがとうございます。
あんな、勢いと酔狂で書いた駄文にw

キングアーサーって諸説ある物語ですから
これも一つの御伽噺なんですよねぇ。

イギリスの桃太郎か。

>ローマの支配形態。もしかしたらこうであったかと
思わせる要素あり。現代の米帝国のあり方に結び付けて
観るのは私だけか。

こう書かれて、あっと思いました。たしかに効率的であると思いますが、最終的に滅びたのですから穴があったのでしょうね。
キリスト教を盾に領土拡大ですから、思惑が一致したってことでしょうね。

>でも「冬ソナ」を見て感動するくらいなら、むしろこの映画を見て心奮わせる男の子でありたい。

 激しく同意いたしますw

ではでは。

おはようございます~、
はじめまして、トラバありがとうございます(^_^)

ふむふむ、キングアーサーは黒澤作品、「七人の侍」を
踏襲していた・・・情報ありがとうございます。

最後にアーサーの父親の墓に行って剣を抜くところで
「あらー、子どもの頃そう言えば読んだことあるわ!!」と
思い出しました。

アーサーの「人は生まれながらにして、自由で平等だ」
との考えから、あの円卓が出来ていた・・・と言うのは感激
でした。そういう考えを持った人もいたのだなあと(^_^)

>でも「冬ソナ」を見て感動するくらいなら、むしろこの映画を見て心奮わせる男の子でありたい。

あは!男の子でも「冬ソナ」に感動する子がいることはいるの
かな?と、今まで考えてもみなかったことを考えました。

はじめまして、takiです。
トラックバック有難うございます。

アーサー王伝説は日本でもその昔、テレビアニメでになって
いて、『円卓の騎士物語 燃えろアーサー』というタイトル
で放映していました。
私はそのアニメを見てアーサー王伝説を知りました。(^^;

これも原作とは、かけ離れていたのですがファンタジックな
内容には子供心に大変心躍らされました。
この映画でアーサー王伝説が見直されるのなら、いい映画
だったと思います。

でも、やっぱり話をはしょりすぎていると思うのは
僕だけじゃ無かったんですね。
よかった。(^^;

はじめまして!トラバありがとうございます!
いまだに使い方がわからにので、コメントにきました(^-^;
大絶賛!とまではいかなかったんですが、なかなか面白いと思いました。
試写会だったので、オマケがついてたからかもしれません(笑)
世界の黒澤に倣う作品が結構ありますけど、やはりソレはソレですよね・・・。
個人的にはイイオトコが出ていたのでヨシとしていまいました(笑)
にしても、中途半端な作品なのかもしれないと、みなさんのコメ読んで思いました。

はじめまして。
TBありがとうございます。

アーサー王伝説もゲームや本など色々なものに反映されてると聞きましたが、この映画も『七人の侍』をお手本にしていたとは!何だか・・・面白いです。
記事等読ませて頂いて、お勉強になりました!

あ、私も都内で観たんですが、やっぱりガラガラでした~。

私の方からもTBさせていただきますね。

はじめまして、TBありがとうございます。
私は試写会で観たので、知らないのですが
映画館、ガラガラなんですか〜?
ううむ、悪いクチコミって本当に広がりが早いですね。
かくいう私も記事で結構ボロクソですけど。
特にアーサー王伝説にこだわらなければよかったのかなと思います。

こんばんは(^O^)。トラックバックありがとうございます。

キングアーサーは七人の侍だったんですね!
やっぱり黒澤明はすごかったと。

私はアーサー王伝説ほとんど知らないので今度本屋で関連本
を買ってみようかなと思っています。

「冬ソナ」って感動するんでしょうか?見たことないので(笑)。

TBありがとうございます。
僕はブログにも書いたように『最強の戦士』ランスロットがあっけなく死んでしまったところが,この作品の評価の分かれ目になっていると思ってます。どう考えても,ランスロット大活躍で生き残った方が感動できたのではないでしょうか。などとグチりながらも,メタルコップとかネックレスとかグッズを買ってしまってます。アーサー王伝説にハマリつつあるのかも…。

はじめまして、だにいと申します。
「七人の侍」何故気付かなかったぁ・・地団駄ふむ思いです(笑)

>これも一つの御伽噺なんですよねぇ
そうですよね。(桃太郎というよりは水戸黄門系?)
こういう御伽噺が現代になっても語り継がれるのは良いこと、

確かに本映画は登場人物の名前だけがアーサー王伝説で筋は7人の侍であるが、従来のキリスト経くさい伝説よりは史実に近いとも言える。 5賢帝の一人マルクスアウレウスの時代ローマーの勢力が今のウクライナからコーカサス近くまでおよびそこの騎馬民族(サルマテイア人)5000人ほどを傭兵として雇い、ブリテンに派遣した。 その傭兵の現地妻との子孫が騎士になったという学説が10年ほど前に現れた。確かに欧州中世の騎士は重武装でローマやゲルマンの軽装騎兵とは異なり、兵士も馬のうろこ状の鎧を纏ったサルマテイア族(塩野七生「ローマ人の物語 12」やペルシャ文化圏の重装騎兵に近い。 映画では傭兵の子孫ではなく傭兵本人になっているがこのくらいは許そう。また古代ブリテン人は全身を青に染めてローマ軍に戦いを挑んだと「シーザーのガリア戦記」にある。シーザーとアーサーでは500年ほど違うがこれも許そう。しかしパクリだ。いくら7人の侍が1954年の公開で著作権の50年は切れているとは言っても一言断るべきだ「許せん!」
しかしこの映画では7人の侍にあった「農民と本来それを保護するべき存在であるはずの武士のコンプレックス」が「傭兵と原住民」に置き換えられて描かれている点は評価できる。  40年ほどまえに英訳された西部劇「荒野の7人」(ちゃんと著作権は払った。)にある「農民とガンマンの関係」ではいくら名優ユル.ブリナーでもそのcomplexを表現するのは無理だ。

こんにちは。love-movieのTOMOです。
この機会に7人の侍をみてみようと思いました。
TBありがとうございました☆

はじめまして。だいぶ前に書いた記事なので、7人の侍に関する記事へのリンクは生きていませんでしたね。
ぜひご覧ください。見ておいて損のない素晴らしい映画です。

国家試験が終わり次第みてみます☆
楽しみです。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/1154431

Listed below are links to weblogs that reference やっぱり「キングアーサーは7人の侍」:

» アーサー [tsubakyのぐたぐた日記]
黒田アーサーではありません。 キング・アーサーです。 観てきました、さっき。 [Read More]

» 名誉・理想・友情・正義・信念・涙・愛のために生きる [こころが幸せになるプログラム]
 この夏、すごい映画が日本に上陸した。  キング・アーサーである。  この映画は [Read More]

» キング・アーサーを観た。 [メイリ・ゴーラウンド]
珍しく、オットムシャラフが「映画観に行こうぜっ」と言ったので、 やったー(^_^ [Read More]

» 『キング・アーサー』 [KKZウォッチング]
先行上映にて、映画『キング・アーサー』(字幕版、原題「KING ARTHUR」 [Read More]

» 『キング・アーサー』を観る [雑記帳+]
昨日観に行ってきました。 平日とはいえ夏休みだし、学生さん多いかなぁ・ [Read More]

» キング・アーサー〈ジャパンプレミア in 武道館〉 [CINEMA e MUSICA di FLUFFY]
伝説の王、アーサーの物語を新解釈で描く ジェリー・ブラッカイマー プロデュース作 [Read More]

» 映画: キング・アーサー [Leon's Armor Shop]
これまでに作られたアーサー王ものの映画というと、マロリーを元とした中世風のものばかりだったが、「キング・アーサー」は諸説ある”実在のアーサー像”の中から、ローマ [Read More]

» キング・アーサー [たつし’s くま・シネマ倶楽部]
新宿ミラノ座。 アントワン・フークア監督。クライヴ・オーウェン主演。 従来のアー [Read More]

» キングアーサー / やっぱり白馬 [観た映画メモっとこ]
●解り易くてカッコイイ 8月の映画の日にはキングアーサーをチョイスしました。 今までもアーサー王の物語は色々と映画化されていますので期待半分で観ることに... [Read More]

» キング・アーサー(2回目) [30歳独身男Kazuakiの映画日記]
「2回目のほうが楽しめた。感情移入もできたし感動の涙も。グッとくる台詞もたくさんあるしね。」 さーて、今日は映画の日ですよ! 全作品1000円。映画好きにはたま... [Read More]

» 「キング・アーサー」プレミア試写会 [ダイナマイトアタック!]
武道館で行われた 【キング・アーサー】 のプレミア試写会に行ってきました。 昨日 [Read More]

» キング・アーサー [AML Amazon Link]
キング・アーサー AML Amazon Link ( http://jjjjjj.ddo.jp/app/S/aml_Index.html ) [Read More]

» キングアーサー [love-movie]
キング・アーサー ディレクターズ・カット版 賛否両論キングアーサーです。 歴史の好きな方からは不評が沢山。。。汗 円卓の騎士がでだしから人数す... [Read More]

« キリギリス | Main | 青山ブックセンター再開-こういうときに洋書を。 »