SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« 【お知らせ】一部記事を非公開にしました。 | Main | 消え行く場所-昭和28年の都営住宅 »

September 14, 2004

神が命じた場所に立った兄弟-9・11から3年

tero.jpg

この世には、「選ばれた人」「選ばれた時間」というようなものがあるようだ。
どんなに努力しても、自分の意思ではそうした「時間」や「場所」に立つことは
できない平凡な人と人生に対して、神(のようなもの)は時々気まぐれに、突然に「
その場所」に立つことを命じる。

2002年3月にCBSで最初に放映され、日本でもテ ロ1周年の特別番組で
日本テレビでオンエアされた

『9.11 ~N.Y.同時多発テロ衝撃の真実』
は、
圧倒的な印象を残した。

マンハッタンのデュアンストリート消防署に勤務する21歳の見習い消防士、トニー・
ベネタートスの姿を追う作品であったこの平凡な小品(になるはずだった)。
ところがこの同時多発テロという大事件の最中に、あの崩れ行くビルの中にあった唯一
のカメラと報道者という立場が、突然に、そして劇的に、取材者であるフランス人の兄
弟に与えられることになったのである。

事件から1年という時間が経過し、世界中でこのテロについて語りつくされ、悲しみも
尽くされ、怒りも尽くされたかと思われた中にあって、私たちの前に突然現れたこの映
像は、私たちが、このような異常な事態への「リアル」を感じることがどんなに困難で
あるか改めて教えてくれた。

おそらくこれは、生涯で見たもっとも恐ろしいドキュメンタリーであったことは間違い
ないのだが、中でも、事件後にビル内に断続的に響き続ける、なんとも言えない「音
」については忘れることができなかった。

その「音」は、他のカメラからは、小さい米粒でしかない、ビル上の人々が転落してい
く、大地にたたきつけられる、その衝撃音であり、本来はこの世に記録されようもない
ものだった。
ところがこの兄弟の作品には、この(おそらく未だかつて人類が聞いたこともない音で
はないか)音がはっきりと、記録されていたのである。
今でも、このなんとも言えない音が、ビル崩壊の映像を見るたびに、耳の中で聞こえて
くる。刺激的な映像も、ふんだんに出てくるが、この「音」の衝撃はそれら に勝るものだった。

言うならば悪魔の足音。でも悪魔は誰だったのだろうか?

いつも神に選ばれるわけではない立場にあって、どのようにすれば、そしてどれだけ
の手段を尽くせば、私たちは世界の「リアル」をそのまま感じることができるようにな
るのか?

答は遠い。

« 【お知らせ】一部記事を非公開にしました。 | Main | 消え行く場所-昭和28年の都営住宅 »

Comments

初めまして。さぷり屋小僧といいます。トラックバック有り難うございました。私もこの映像を、当時見ていたと記憶しています。この惨事は本当に恐ろしくて、そして悲しくてやり切れないものでした。3年経っても、その思いは変わりませんし、何ら解決がされていないのも事実だと思っています。今現在を含めて将来に渡って、自分自身で何が出来るのかはわからないのですが、少なくともあの日のことを自分の中で風化させてしまわないよう、心を新たにしていきたいと考えています。

トラックバックありがとうございます。記事を興味深く拝見いたしました。
私自身WTCにまつわる個人的な思い出を持っていますが、今となっては変わりようのない固定された記憶になってしまいました。

はじめまして、うめチキと申します。

TBありがとうございました。
こちらからもさせていただきました。

悪魔は誰か?
この記事の内容からは的外れかもしれませんが、やはり悪魔の正体は、この状況を利用してやりたいことをやった人間とその後ろ盾だと思います。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/1431138

Listed below are links to weblogs that reference 神が命じた場所に立った兄弟-9・11から3年:

» 日付の重さ [chiiko通信]
今日という日付の重さ知りながらただ過ごしゆく自分恥じいる [Read More]

» 米同時多発テロから3年 [Nina's Betting Ticket Life]
あの惨事から3年たった。3年たっても全くテロは減らない。 事態は悪くなる一方であ [Read More]

» 哀しみが憎しみに変わることを知っている [瀬戸智子の枕草子]
私は、哀しみが憎しみに変わるものである事を知っています。 昨日は、あの9・11事 [Read More]

» テロと僕と思い出 [petty::MY::repo]
今日からちょうど三年前。 アメリカ史上最悪といえるテロが起こった。 その当時、僕 [Read More]

» 9.11以後の3年 [Radical Imagination]
※写真はクリックすると拡大表示されます。 人々が「やり過ごす」ことによるファシ [Read More]

» 911とイラク戦争 [NOPOBLOG]
3年前の9/11の同時多発テロ事件の映像を見たとき、とてもショックで、とても恐ろしかった。 そのすぐあと、ブッシュ大統領が 「これはテロではなく戦争だ」 ... [Read More]

» 「9・11」によせて [勘繰り屋]
日本では日付は変わってしまいましたが、アメリカでは「9・11」追悼式典が今まさに行われています。 式典では、遺族が協力して犠牲者の名前を読み上げています。 ... [Read More]

« 【お知らせ】一部記事を非公開にしました。 | Main | 消え行く場所-昭和28年の都営住宅 »