SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« 消え行く場所-昭和28年の都営住宅 | Main | QRコードBlog!-ははは。おもしろい。 »

September 27, 2004

アフターダーク--暴力と救いの系譜

村上春樹氏の「アフターダーク」を読み終えた。

Blogでも様々な感想が行き交っており、古くからの村上春樹読者から、
村上作品が売れているから何となく読んでみようかという新しい世代
まで、それぞれの読み込みが感じられて、この作品自体の論説とはまた
別の次元で個々の感想が興味深かった。

それと同時に、この作家へ寄せられている期待の大きさにも
いまさらながら気がつく。

自分にしても、この作品がもしも他の作家のものであれば、
雰囲気のあるいい「小品」として、そこそこに味わえたであろうと
思う。それはそうした「程度」の姿勢で読むからだ。

しかし、自分はやはり村上作品には良くも悪くも、相当大きな
期待をしていることに気づく。大げさに言えば、突き当たっている
自分の周りの世界を読み解く標(しるべ)のような役割を、知らないうちに
期待しているのである。

その世界は、日常から、暴力と欺瞞に満ちた国際政治まで含むものであるか
もしれないが、今自分が突き当たっている恋愛といった、傍から見れば
小さな小さな(しかし自分には重要な)世界を読み解く手がかりをも彼の作品
に求めているのかもしれない。

新しい作品に触れて、その読み込みがある程度かなえば満足するが、それが
中途半端だったり、心地よいと呼ぶには、あまりにもぼんやりと霧の中に
投げ出されてしまうと、言いようのない後味の悪さを覚えるのである。
思えば今まで、その繰り返しであった。

(今回の作品は後者である。)

しかし、これは考えてみると過剰というよりも、当の村上氏からも
まっぴらごめんという性質の期待かもしれないのだ。

以下はそれを前提にしての、話である。

この作品に流れる、圧倒的暴力の予感

---それは中国人の娼婦に奮われた暴力はまだその序章であり、今後には白川に
あるいはコオロギにふるわれる(た)かもしれないもの・・もしかしたらエリに
も既にふるわれたかもしれない---

は、渋谷とも思える作品世界の夜中の闇にぽっかりとその存在感を示している。

こうした暴力の存在は「ねじまき鳥クロニクル」で徹底的に浄化されたもの
であり、「海辺のカフカ」でもジョニーウォーカーによって鮮烈に描かれ
ていた。

人と人との間にある、言いようのない不安やよりどころを細やかに描き
救いを模索する一方で、それと対極にある暴力的存在を示すことによってこそ、
村上世界はここ数作独特の世界を描いてきた。

暴力の隠喩を通して描かれているそれぞれの人々の内面を、説明せず中途で
放り出す今回の作品が、果たしてこの状態で本当に出版されなければならな
かったのかは、疑問である。
ある一定の時間の節目の中で、些細な事情には縛られず作品を出し続けられる
(と思われる)村上氏であるならば、もう少し熟成したところでこの作品世界を
見せて欲しかったという気もする。
実験的な「私達の視点」の試みは、その試み自体が何度も他の表現者によっても
試されたものであり、もう少し違う方面にエネルギーを使って欲しかった。

しかしながら、こうも思う。

私達は彼の作品をそれぞれ個別に読む必要もないのではないか。
実際、多くの作者は、彼の数十年にわたる作品を一つの大きな表現世界と
とらえ、登場人物や場面立てに連続性を見出している。
してみれば、今回の作品も小品ではあるのであろうが、暴力と救いの系譜という
意味において、村上世界のジグゾーの一片として確実に必要なものだったとも
思える。
そうした意味ではこの作品を他と切り離して論じること自体、大きなところで
現実的ではない・・のかもしれない。

そして、そうしたパズルを散りばめながら、どんなときも必ず次作への大きな期待を
残していってくれる。これこそが村上春樹の小説世界の最大の魅力とも言えるのだから。

« 消え行く場所-昭和28年の都営住宅 | Main | QRコードBlog!-ははは。おもしろい。 »

Comments

おはようございます。
同じ作品を読んでほかの方がどう思い感じるかを知るのは、とても興味深いです。
私もこれはパズルの1つだなと感じました。
欠くことのできないパズル。
何かの答えを求めて読んで、あいまいなままあっさりと放り出された感じがします。

暴力と救いについていえば、私は「ねじまき鳥クロニクル第1部」の一番最後の場面をよく思います。自分の身には起こらなかったけれども、いつか起こるかもしれない暴力と救い。
BigBanさんの記事を読んで「アフターダーク」の謎がひとつ解けたように思います。
どうもありがとうございます。ではまた!

おはようございます。
トラックバックありがとうございました。

ボクが感じたのは答えはないといいますか、読者一人一人に答えが用意されており、それこそ答えは無限大にあると感じました。

文章には村上春樹的な味付けが濃い過ぎるくらいされており、それだけでもボクは満足だったのですが、感じ方は人それぞれですね。

トラックバックありがとうございます。
アフターダーク。僕も読んでいる途中、何度か違和感のようなものを感じました。踏み込んでいくようで、それ以上踏み込まないような感覚。
ですが読み終わってみると、それでしっくりくるのかなという気になりました。そういう感覚も嫌いじゃないなと。
何だか今回は時間とともにお気に入りの一冊になりそうな、そんな予感があります。少し時間が経った後で、もう一度読み直したいと思っています。

遅ればせながら、トラックバックありがとうございました。
「村上春樹の個々の作品は大きな表現世界の一部である」、という感覚に共感を覚えます。文体の影響も大きいかもしれませんが、私が好きなのは多分その「大きな全体」の雰囲気なんです。

今回の作品の舞台は、いつもより「現実」寄りに振られていますし、物語は主体である「僕」の視点では語られませんでした。私にはこれがムラカミ世界に意図的に現実性を取り込む試みであるかのように感じられました。習作というか。それゆえ読後に当惑を感じたのかもしれません。

この作品が以後の作風でどのように生かされ、「世界」がどこに向かっていくのか、とても楽しみです。

はじめまして、TBどうもありがとうございました。
村上春樹氏の作品はまだ二作しか読んでいませんが、独特の世界観をお持ちだと感じています。それは多用される抽象表現の巧さからも受ける印象なんですが、特に今回は新しい形態の小説とも言われる所為か、強く独自のものを持っていらっしゃるように思えました。
今回の物語は、形態が新しいものであるので少々戸惑ったのと、ストーリー展開に個人的にはもう少し続きが欲しいと思ったんですが、作中の雰囲気は好きでした。次はねじまき鳥を読もうと思っています。

それでは失礼します。

BigBanです。
まとめてのコメントで失礼します。

●chiikoさん
>暴力と救いについていえば、私は「ねじまき鳥クロニクル第1部」の一番最後の場面をよく思います。自分の身には起こらなかったけれども、いつか起こるかもしれない暴力と救い。
>BigBanさんの記事を読んで「アフターダーク」の謎がひとつ解けたように思います。


ありがとう。村上春樹の暴力描写についていけず離れていってしまう人もいるようですね。ただ、彼はそれをも含めて意図的にしていると思いますが。


●Yukiyaさん

>文章には村上春樹的な味付けが濃い過ぎるくらいされており、それだけでもボクは満足だったのですが、感じ方は人それぞれですね。

作品の雰囲気が好きだという人が意外に多いですね。「意外」というのは、もう自分はこのハルキワールドにすっかり慣れてしまい、それ自体にはあえてコメントできないせいかもしれない。

●納豆大臣さん

>何だか今回は時間とともにお気に入りの一冊になりそうな、そんな予感があります。少し時間が経った後で、もう一度読み直したいと思っています。

昔の作品、ピンボールや羊をもう一度読んでみたい・・そう思いながら日が過ぎていきます。そういえば昔なくなった伯母が、「ロシア文学は本当にわかるのは年をとってからなのに、それが読めるほど時間があるのは若い時だけだ」と言っていたのを思い出します。もちろん村上春樹はドストエフスキーよりは短い時間で読めますけどね。笑


●el_bosqueさん


>「村上春樹の個々の作品は大きな表現世界の一部である」、という感覚に共感を覚えます。文体の影響も大きいかもしれませんが、私が好きなのは多分その「大きな全体」の雰囲気なんです。

わかりやすい表現にまとめていただいてありがとうございます。笑
そうしたことを意識したのはこの作品が初めてだったかもしれない。そういう意味では「意義」があると思います。世界のピースを私達は順に(時には不明なものもあるが)提示されているのだと思えば、ね。


● R さん

>村上春樹氏の作品はまだ二作しか読んでいませんが、独特の世界観をお持ちだと感じています。それは多用される抽象表現の巧さからも受ける印象なんですが、特に今回は新しい形態の小説とも言われる所為か、強く独自のものを持っていらっしゃるように思えました。

そうですね。私としては、やはり「羊をめぐる冒険」「1973年のピンボール」「ハードボイルドワンダーランド」あたりをお奨めします。もっとも力の入っていた時期に書かれたものですね。いや、今は今でいい意味で力が抜けてきているのかもしれませんが。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/1530974

Listed below are links to weblogs that reference アフターダーク--暴力と救いの系譜:

» 『アフターダーク』読了 [chiiko通信]
 新月直前に 『アフターダーク』 (村上春樹著)を読み終わりました。午後11時5 [Read More]

» アフターダーク/村上春樹 [葉兎の本棚]
『アフター・ダーク』村上春樹(著)【Amazon】 真夜中から空が白むまでのあ [Read More]

» 「アフターダーク」未読の方々へ [StudioKenKen別館:猫時間通信@Blog]
村上春樹の新作「アフターダーク」を未読の皆様。「海辺のカフカ」などを読んで、どー [Read More]

» 「アフターダーク」--村上春樹 [af_blog]
「アフターダーク」 村上春樹 著 講談社 ISBN 4-06-212536-6 定価 1400円(税別) そして、ぼくは本を閉じ、その余韻に身を預ける。 こん... [Read More]

» 「アフターダーク」村上春樹 読了 [☆21st Century Comedy]
「アフターダーク」 村上春樹 ☆ 村上春樹の新刊「アフターダーク」。今日が発売日。 どうせ読んでブログで書くなら早い方がいい。 朝一で買って、さっそく読んだ... [Read More]

» アフターダーク [雨と風と快晴と]
アフターダーク 村上春樹 (2004) 読了。 ある少女を中心に進められる一夜だけの物語。 少女が深夜のデニーズで時間をつぶしている所から物語は始まり、朝の... [Read More]

» 「アフターダーク」 [ハトキャンプ]
ゆっくり歩け、たくさん水を飲め。 ごくごく。   [Read More]

» ■アフターダーク [【サトウ・スタイル】→伝わる文章のルール]
村上春樹さんの新作「アフターダーク」が発売になりましたね。 私は「ノルウェイの森」に直撃を受けた世代なので、 村上作品には、本当に思い入れがあります。 ... [Read More]

» 目にしているのは都市の姿だ。 [luv2]
アフターダーク 村上 春樹 9/19 読了。  まずこの視点が誰のものであるかという点に一つ悩みました。  作者なのか、読者なのか、或いは両方―... [Read More]

» アフターダークのトラックバックへ [StudioKenKen別館:猫時間通信@Blog]
BigBanさん(→記事)、サトウさん(→記事)、トラックバック、ありがとうござ [Read More]

» アフターダーク [Prism 3]
村上春樹の本について、誰かと話しあったことがないので、そういう意味で少し戸惑っているようにも思う。 しかし、一方でだれか [Read More]

» アフターダーク/村上春樹 [かんこ堂]
アフターダーク/村上春樹 村上春樹の最新作です。 色々な所で批評を見る限り『訳がわからない』という意見が多かったですね。僕としては、その批評で期待がかなり膨らみました。読後の感想としては・・・なるほど訳がわからなってのもあながち外れじゃないですね。つまり、奥が深いのです。物語は変則的な一人称で進んでいきます。どういう風に変則的かというと物語に属さない登場人物の視点で進んでいくんですよ(うまく説明できないですけど)それはおそらくこの物語の観測者であり、その観測者の視点でフィルタリングされたものを読... [Read More]

« 消え行く場所-昭和28年の都営住宅 | Main | QRコードBlog!-ははは。おもしろい。 »