SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« ライブドアの肩は持ちたくないが-アダルトの何が悪い | Main | 地が揺れる深い夜に---みんな生き延びよう »

October 21, 2004

小田和正という存在-月曜組曲での驚異3

小田和正という存在-月曜組曲での驚異
小田和正という存在-月曜組曲での驚異2


war.jpg

このテーマについて連作で書くことになるとは思わなかったな。(苦笑)

なぜかこの記事のアクセス数が凄くて、つい続編を書いてしまう。
というわけだけではないんだけれど。

一昨日のオンエアは深夜の車の中で見た。
以下はその内容。

ベトナム戦争を知っていますか?
(お若い方たち・・)
という彼の語り口。アメリカがベトナム戦争に多くの兵士を向かわせ、
日本がその拠点となっていたこと。
(知っていますか?お若い方たち・・・いつものようにそんな感じだ 笑)

アメリカが、ベトナムから大量の兵士を帰還させるという
ニュースが流れた夜。もしかしたらこれでベトナム戦争が終わるかもしれない
というニュースが流れた夜。
彼は銭湯にいたそうだ。

(1975年4月30日サイゴン陥落。世界が騒然としていた時間。僕は・・そうだ、高校生だった。)


#思わず見入る。

このニュースが流れた後でかかった曲は、自分にとっては忘れられない曲となったという。
この日の情景とその時の自分の気持の高ぶりを語る。

その後で彼が歌いだした「あの夜流れた曲」

あ・・「Blowin' in the Wind」 だ・・


How many roads must a man walk down
Before you call him a man?
Yes, 'n' how many seas must a white dove sail
Before she sleeps in the sand?
Yes, 'n' how many times must the cannon balls fly
Before they're forever banned?

The answer, my friend, is blowin' in the wind,
The answer is blowin' in the wind.

深夜の車の中の小さなモニタからあの高い声が響いた。
不思議なもので、彼がいたという銭湯の情景とその夜の高揚が
この曲で伝わってきたような気がした。

いまさらながらの「Blowin' in the Wind」なのに。

小田が続ける。

ベトナム戦争では多くのミュージシャンがあの戦争のことを歌った。
でも、イラク戦争ではどうだっただろうか。
あの時の戦争と今度のイラク戦争。何かが違ってきてしまっているように
思えてならない・・

どきっとした。

日本のテレビで「イラク戦争」という言葉を使ったミュージシャンに
記憶がなかったからだ。あるいはあったとしても、ごく少数で
あることに違いはないだろう。

人は年老いてくるといろんなことを語りだす。
昔の彼だったらきっとこんな風に、真っ向から戦争について語ることは
なかったのだろうけれど。

伝えたい気持が出てくるんだろうね。

「お若い方たちに」

その気持の向こうには、自分の人生もあるだろうけれど
「死の予感」もあるんだろう。

「残り時間」への思いが何か今までの自分の人生に
なかったものを持ってくる。その感覚が最近少しわかってきたように思う。

こんなところで、こんな時間に。
こんな小さなモニタで。
こんなことを考えてこの番組を見ていたんだ。


小田和正という存在-月曜組曲での驚異4へ

« ライブドアの肩は持ちたくないが-アダルトの何が悪い | Main | 地が揺れる深い夜に---みんな生き延びよう »

Comments

はじめまして。私もベトナム戦争の頃は高校生でした。クラブ活動が忙しくて世間に目が行かなかった時。自分の将来も見えなかった頃・・・まだ親父が生きてた頃。懐かしい。
実はあの番組は知人に録画を頼まれていただけで、始めの1分足らずを見て「撮れてるな」という確認をしただけなので、番組の内容はわからない。

関西では金曜日の早朝に放映されるふざけた題名の「月曜組曲」別に小田さんのファンでもないし。

私のマイカーにもTVがあるが、ほとんどナビのモニター用。

今月ブログを書き始めたばかりだが、さすが「小田和正」と「台風」は皆さんの関心が高い。トラックバックを見て驚きました。これからもよろしくお願いします。

わたしも、KAMOさんと同じ時代を通り過ぎてきたと思います。
でもあの頃は、今よりも色々な情報に、自分のアンテナの感度が良かったと思います。
もっともっと、新鮮に生きて行かないと思う此の頃です。

>KAMOさん
すっかりコメント返しが遅くなってしまいました。ありがとうございました。今週の月曜日は外出していて見逃したっと思ったんですが、放映はなかったようですね。
別に毎週見る気はないんですが!
おなじくらいの世代のようなので、このオフコースへの屈折はわかっていただけるでしょう?

>P=chanさん
はじめまして。確かに「新鮮さ」を保つことは難しい。でもアンテナは深さと鋭敏さを増しているはずですよ。そうですよ、きっと。

趣味で音楽を作っています。
よければぜひ聴いてみてください。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~kid-stuff-music/bigdeal.mp3

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/1734687

Listed below are links to weblogs that reference 小田和正という存在-月曜組曲での驚異3:

« ライブドアの肩は持ちたくないが-アダルトの何が悪い | Main | 地が揺れる深い夜に---みんな生き延びよう »