SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« 小田和正という存在-月曜組曲での驚異3 | Main | 地が揺れる深い夜に2---生き延びてくれた・・ »

October 27, 2004

地が揺れる深い夜に---みんな生き延びよう

うーん、久々に仕事が詰まってしまって追っかけられている。
本当はこんな夜にも少しでも進めたほうがいいのだろうけれど、ついブログを更新したり、サイトをさまよったりしてしまう。

こんな暇があったら少しでも仕事をした方がいい・・・などと苦しみながら今夜も結局違うことに精を出してしまっている人、多いんだろうな。

昨日から死の話ばかりでちょっと暗くなっているけれど、新潟の地震でショックや過労で亡くなる人が増えているというニュースを聞いて、
人は本当に強いのか弱いのか、わからないなあと思ってしまう。
中には責任感が強く、1人で倒れた祖先の墓石を起こしたり、親類みんなの無事を確かめに走り回ったりしているうちに亡くなってしまわれた方の話もあった。

普段から病気もしなかったというから、責任感が強かったんだろうなあ。

あんな大災害のただ中に放り出された経験はないから、なんともコメントのしようはないけれど、

人という存在は

失意+過労+寝不足

というあたりを組み合わせて攻撃されると、参ってしまうものらしい。そしてもうひとつ、
意外と命取りになるのが責任感というやつで、これがあるが故に苦しむ結果になっている人は本当に多い。

失意+過労+寝不足+責任感→死?(うーん)

たとえが非常に悪くていけないかもしれないけれど、大災害にあったとき、あるいは振られたとき、失業したときでもいい。

おおまかに言うと二通りあると思うのだ。

自分をひたすら責めて責めて責めて、反省しまくる人。
全てが自分の努力の不足、至らなさに結びつけ、さらにはそこから立ち直らない自分にまた腹を立てる人。

そしてもう一つは、全てを周りや他人のせいにする人。無責任な人。
自分は努力せず、極端に言えば寝たまま事態がどうにかならないかと願う人。

人間の歴史を、どちらの人々が切り開いてきたかは明らかで、
おそらく人間性とか言う言葉で優劣をつければ、これも明らかだ。

でも思う。本当の強さというのはどちらにあるのだろう。

この場合の強さとは「生き延びていくこと」だ。
どんな時にも絶望しないで明日を目指すというのは、
普通に考えれば前者の人々なのだけれど、ぽっきりと災害地で折れてしまった方たちを見ると、考えてしまう。

何の尊敬も得られないかもしれないけれど、「無責任な人々」が生き残っていき、
それでいて地道に再建に貢献していく場合もあるのではないか。
華々しくはないけれどね。
こういう乗り越え方もあるのではないか。こういう生き延び方もあるのではないか。
そしてそれは決して悪いことばかりではない。

とにかく眠らないと人間は崇高も卑もない。まず眠ることだ。
自分を責めすぎないこと。虐めすぎないこと。

そしてとにかく生き延びることだ。生き延びていくこと。
生き延びてさえいれば大抵のことはどうにかなる。きっとなる。

途中で投げ出さないこと。そうしようよ。
みっともなくても、格好悪くてもね。

●山古志村緊急BLOG
●新潟中越地震 被災者救援本部@2ch †

« 小田和正という存在-月曜組曲での驚異3 | Main | 地が揺れる深い夜に2---生き延びてくれた・・ »

Comments

トラックバックありがとうございます。

人が人のことを考えられなければ、生きていけないと思います。人は一人では生まれないし、生きてもいけません。
そういったことを皆が考えられたらいいのにと常に思っています。

大福さん。コメントありがとう。
多少ぼろぼろでも無責任でも、とにかく生きていきましょうよ、命を失わず・・ということが言いたかったのです。

極限の事態になったときに、ある程度無責任な状態になっても、「腹をくくって」乗り越えなければいけない場合もあるのではないかなあ、と思った訳です。

そうですね。とにかく生きていくことですね。
私のコメントしたことはまた別の話。
乗り越える強い気持ちを持ちたいものです。

トラックバックありがとうございます。まると申します。

うーん。人のせいにするっていうのがちょっとキライ。
墓石も親戚もほったらかしでもいいんですが、
あることをあるがままに受け止めてやたらと責めないって言うのは
無責任になるのかな?
墓石倒れてても、仕方ないよ、地震だし。
家が壊れてても、仕方ないよ、地震だし。

それよりも、いま、揺れ続けているあの新潟のパニックの中で
耐えられる精神力っていうのって、もっと根源的かな。
まずそこはどうおもいます?

トラックバックありがとうございます。
新潟在住のマンションセンターと申します。

雪国新潟はこれから冬に入ります。
でもどんなに寒くても、どんなに雪が降っても
春は必ずやってきます!!
新潟の人は春を待つ力が間違いなく強いです。
「春」は必ずやってきます。

まるさん。コメントありがとうございます。

>あることをあるがままに受け止めてやたらと責めないって言うのは無責任になるのかな?

別に無責任じゃないですよね。ただ、そうしたことも凄く気にして人並み以上に頑張ってしまう人がいる。そうした人が命を縮めてしまうのではないか。頑張りもいいけど、ここは耐えて、だらだらしてもいいから凌ごうよ。と言いたかったわけです。

>それよりも、いま、揺れ続けているあの新潟のパニックの中で耐えられる精神力っていうのって、もっと根源的かな。
まずそこはどうおもいます?

何気に耐えられているわけではなく、みんなぎりぎりのところにいるんじゃないかな?人それぞれ、絶望の色合いが違うでしょうし。今はまだ緊張していても、落ち着いてきたところからが大変ですね。


マンションセンターさん、こんにちは。
新潟市にお住まいなのですね。
怪我がなくて何よりでしたね。(といっていいのかな)
ちょっとくだけてしまうけど、ついこの前のドラマで「め組の大吾」(字あってる?)というのがあって、そこにあの「オレンジ」の消防庁の救出チームが出てくるんだけど、主人公の憧れの的で。
今日思ったんだけど、ああして自分達の手で人の命を、まさにこの場で助けるなんて経験は、僕なんかには一生できないんだろうなということです。
感動という言葉ではくくれないほど、とてつもない重い経験なんでしょうね。理屈も何もなくて、うれしそうな顔があふれていた。
コメントへの答になっていないようにも思いますが、新潟は越後長岡藩以来(?)気合入ってる県ですよね。大丈夫。

TBありがとうございました。お返事が遅くなり申し訳ありません。私も何度も生死の境をさまよったことのある人間です。だけどいつもギリギリのところで「生きたい」って思い今の自分があります。

BigBanさんがおっしゃるとおり、生きてさえすれば後は何とかなるものです。「生きる勇気」を持てば自然と前向きになれると思います。

今回、新潟中越地震で多くの方々が心に傷をおっているはず。力強く「生きるパワー」を持ってもらいたいと願ってやみません。

TBありがとうございます。ずるずると鬱状態に落ち込みそうなときにいただいたTBで、「健康」の側にわずかに戻ってこれたような気がします。BigBanさんの言葉には力がありますね。BigBanさんの記事を読んだ人が、私のように生きていく力を見出してもらえたら、と思います(この記事へのTB-chiiko通信さんの記事など-も凄く心に響きました)。

おふうさん、サイトとプロフィールを読ませていただいて、少し驚いています。(笑)
でもぎりぎりのところを抜けてきた人ほど、言葉や行動に説得力があります。
気持ちの表面のところで話したりしていないからでしょう。ぎりぎりを知っているから、ぎりぎりの人を助けられると思います。
地震のリンクつくるの大変だったと思う。
いろんな人にかわって、お礼を言わせてもらいます。ありがとう。

 TBありがとうございました。

「責任感」だけではなかなかここまで動けないんじゃないかという気もしています。困っている人がいると放っておけない人、他人が苦しんでいるのを見るのが自分が苦しむ以上に辛い人、というのは少なからずいると思うのです。「自分の責任だから」じゃなくて、好きで(というのも変だけど)やっていることだから、なかなか投げ出せないんですね。

 でも、誰かのために動けること、そのこと事体が生きる力につながることもあると思います。もちろん無理して自分が倒れてしまっては何もならないけど。だから、無理して誰も彼も助けようとするのじゃなくて、目の前の一人、自分の一番大事な一人を助けることに力を注いで欲しいと私は思うのです。もしもそれが自分の支えになるのならば。

saliさん。いつも記事を読ませてもらっています。そうなんです。saliさんはいつも物凄くがんばっていらっしゃる方のようなので、地震とは何の関係も無い記事でしたけど、ちょっと貼らせてもらいました。お疲れのようだったので。笑
少し気持ちを感じてもらったら、幸い。時には(互いに)無責任に力を抜きましょう。ではでは

うなさん、はじめまして。うん、いいエネルギーだと、人を助けることで自分が助けられていくというか救われていくということがありますね。それ、わかります。
自分を助けるために人を助けなければならないこともある。そうして自分のことを確かめていく。
自分を追い込みすぎず、「生き延びて」そのいいペースで人にも救われつつ、人も救いつつ生きていきたい。
そう思います。

トラックバックありがとうございます。
遅れましたが、先日はお話を聞いていただきまして・・・ありがとうございます。
ああいう状況で、ホントに生き延びることができる人は、本当に強いんですよね。
僕はいま自分のことで精一杯で、正直、震災に遭った方々のお気持ちを察する事は難しいです。
こんなの情けないと思うけど、自分が自分を持たないと、人の助けににはなれない気がします。

souと申します。遅くなりましたが、トラックバックありがとうございました。
コメントをずっと読んでみて、みんなそれぞれ色んな考えを持っているんだなあと感じました。
最近の私たちに足りないことは、自分以外の人に関心を持つことなんだと思います。関心をもつというのはワイドショー的に人をみるのではなくて、もっと深いところで人に関心を持つこと。もちろん自分も含めてだけどそうゆうのが最近の私たちには欠けているなあと思っていました。
でも今起こっている出来事を通して、(特にブログという場所を通してだけど)みんながこれだけ人とか家族とかが持っているつながりみたいなものに関心を持とうとしている、そのことに少し明るさを感じています。
あとはこの気持ちを忘れないことなんだけどね。

ではまた。

はまじさん、少しずつ元気になってきているように見えます。何よりです。
僕があなたの記事にTBしたのは、地震つながりということではないのです。どこか気持のところで、きつい状態に見えたつながりを持ちたかったのかもしれません。

souさん、はじめまして。
ブログがWeblogとしてスタートし始めたとき、あるいはそれ以前、インターネットで「日記」なんて書いて何が楽しいんだろうと思っていたんだけど、今こうしてブログが急速に台頭してきている現在、この仕組みは新しい何かを私達にまた持ってきてくれているということを強く感じます。
そしてそれは、こうした「危機」の時にこそ浮き彫りになりますね。
思えば阪神大震災も、インターネットに接する私達に多くのものを教えてくれました。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/1783372

Listed below are links to weblogs that reference 地が揺れる深い夜に---みんな生き延びよう:

» 自然災害 [triangle-studio]
新潟の地震は、発生してから3日経った今でも被害が拡大してることから、そのすごさが [Read More]

» 災害時のモラル [@松江times]
 新潟県中越地震の被災地でマスコミのモラルが問われる事態が巻き起こっているようだ [Read More]

» 思うこと [chiiko通信]
私はあなたになりかわることはできません。私はここにいて、あなたはそこにいる。ただ [Read More]

« 小田和正という存在-月曜組曲での驚異3 | Main | 地が揺れる深い夜に2---生き延びてくれた・・ »

-