SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« 小田和正という存在-月曜組曲での驚異4 | Main | 最後に詫びて死んだ青年2-そんな言葉で検索するな。 »

November 02, 2004

最後に詫びて死んだ青年---香田証生さんの死は軽くない

おそらくは思ったはずだ。
あの無謀なイラク攻撃が始まったとき、「こうした命」がいくつも犠牲になるで
あろうと予感したはずだ。
あの時。

イラクを米軍が根拠もない理由で攻撃にかかったときだ。

「こうした命」とは

警戒を知らない
悪意を図れない
戦いの本当の怖さを知らない
善意を善意として抱いている

世界中に幾億も散らばっている無辜の命である。

彼を軽率だとそしるのは易しい。

だが、沢木耕太郎の「深夜特急」は無謀な旅ではなかったろうか?
一之瀬泰三は?ロバートキャパは?

人は彼らと香田さんは違うと言うかもしれない。
彼らはジャーナリズムに命を捧げた勇者であり、香田さんはただの
物見遊山であったと。

だが、およそ物見遊山から始まらないジャーナリズムはあるのだろうか。
功名心を伴わないジャーナリズムがあるのだろうか。
そもそも私達は、慎重であれば人を救えるのだろうか?
あの時キャパが一枚の写真も残さず死んでいたら、私達は彼を
軽んじたのだろうか?

おそらく香田さんは間抜けなまでに善意であったのだろう。
そしてふらふらと国境を越え残虐な運命に見舞われた。
落ち度はあった。明らかである。

だが考えてみて欲しい。

こうした無数の率直で無辜の人々によって情報は伝えられ、国は再生を重ねてきたのではないか。
立派な信念や十分な備えを持ち国を超えた若者などいったいどれだけいただろう。

憎むべきは、こうした状況を生んだもの。
彼の命を絶った悪意の人々を育ててしまった
その裏にある本当の「軽率な者達」である。
巨大な力を持つからといって、その度外れた「軽率さ」をそのままにして、
私達は、この青年を卑下してはいけない。

少なくとも彼は無辜の誰をも傷つけていない。
彼の死を狂うほど悼んでいるであろう両親や友人を除いては。

最後の最後に彼は私達に詫びて死んでいった。
本当に詫びるべきは誰なのか。

香田さんは、最後の最後に重い言葉をきっちりと
残していったのである。

「すみませんでした」と。
私達はそれにどう答えるのか。

« 小田和正という存在-月曜組曲での驚異4 | Main | 最後に詫びて死んだ青年2-そんな言葉で検索するな。 »

Comments

はじめまして、TBありがとうございました。
夜中にこちらの記事を読んで、また香田さんの最後の言葉を思い出していました。小泉総理の軽率な言動、香田さんの若さゆえかの無謀な行動、テロ集団の残虐さ、そもそもこの戦争をしかけたブッシュ大統領及びアメリカ。どこに責任があるかというか、どこかに責任を見つけてそれでこの件は解決したと思ってしまうことの怖さも感じます。何かがどこかでおきるたびに物事は全てつながっていると思うので、私はすべてにおいて自分自身も潔白だと思えないところがあるのですが、今は香田さんのご冥福をお祈りします。

TBありがとうございます。
でも、戦場に入っただけだとタダのバカだと思います。

>だが、沢木耕太郎の「深夜特急」は無謀な旅ではなかったろうか?一之瀬泰三は?ロバートキャパは?

上記の全員の最大のポイントは、マスメディアで成功した人ということです。失敗すればただのバカです。

キャパが写真を一枚も残してなかったら、私たちの記憶にキャパは残りません。

成功すれば英雄、失敗すれば最大のそしりを受ける、それがマスコミ関係者の基本です。戦場でなくても、これは基本です。
そういう意味でも香田くんはただのバカに間違いありません。

きっと香田さんの唯一の罪は、間抜けなまでに善良だったことだと思います。そしてそれは彼が属する日本社会全体の問題でもあると思います。ナイーブ……、私たちはまさにナイーブなのでしょう。それをどうのこうの言ってもはじまらない。このようなつらい経験から学び、前に進んで行くしかないと思います。その努力のみが、ほとんど無意味に見える彼の死によってもたらされる喪失感を埋め得るのだと思います。

すみませんでした。。。重かったです、あの言葉。誰にむけての言葉だったのかはもう、知るすべもないのですが、あの状況で、どれだけの若者があの言葉がいえるのか。。。けして、他人の気持ちが考えられないような若者じゃなかったのではないかと思います。。。ご両親はきっと、誕生日には一緒に祝い、xmasにはプレゼント。。。かかえきれない愛情と思い出があるのでしょう。彼の行動どうこう、批判はあるんでしょうけど、人間として、いままでの愛し愛されてきた一人の人間の命が本人が傷つけてもいない者によってすべて過去にされてしまうのは、痛ましく無念。。。。です。

> 本当の「軽率な者達」

この言葉、思いつきませんでした。すごく言い当てていると思います。

> 巨大な力を持つからといって、その度外れた「軽率さ」をそのままにして、

そうでした。彼らこそものすごく軽率なのに、政府という名の権力であるが故に、少なくとも「軽率」という非難を免れている。
気づかせていただきました。ありがとうございます。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/1838130

Listed below are links to weblogs that reference 最後に詫びて死んだ青年---香田証生さんの死は軽くない:

» 香田証生さんの死 [GOOD HUMOR]
昨日帰り道、駅の売店に並ぶ新聞に「香田」「首切断」の文字が見えた時、一瞬足が止まった。以前のイラク人質事件のときは結局5人とも無事に戻ってきて、その時も掲示板な... [Read More]

» 人質救出にベストが尽くされたのか? [◆木偶の妄言◆]
残念ながら、イラクで武装勢力に拉致された香田証生さんは遺体で発見された。今回の人質事件で政府はベストを尽くしたのだろうか? 事件発生を聞いた小泉首相は細田... [Read More]

» 軽率だった事は変わりないが・・・ [ば○こう○ちの納得いかないコーナー]
イラクで人質となり、殺害された香田証生氏に関しては、その軽率さを非難する声も多いし、自分も物見遊山的な軽率さと非難して来た。しかし、今朝の新聞記事を読んで、単純... [Read More]

» 日本人拘束、最悪の結果に [にゃんの暇つぶし日記]
昨日イラクからクウェートに運ばれた遺体は香田証生さんではなかった。 そして今日、最悪の結果になってしまった。アメリカの国旗が近くに置いてあったという。 日本はア... [Read More]

» バクダッドの遺体、香田さんと確認 [一青窈blog]
最悪の事態を迎えてしまった。バクダットでアジア人らしい首が切断された遺体が発見された。この出来事の前にも香田さんらしい遺体が発見され、それが違う人物と報道された... [Read More]

» そんなに世の中甘くない [雑技漫筆 苦笑 モブログ]
そろそろ香田くん話は終わりにしたいんだけどさ、なんか香田くんが「帰ってきたら看護士になりたい」と言ってた話を後になって聞いて「本当はいい人だったんだ。香田くんゴ... [Read More]

» IRAQ [-- D r e a m s --]
香田証生さんが殺害された事は、御存じの方も多いでしょう。 非常に残念です。 前回同様、今回も「自衛隊の撤退」という要求をしてきました。 なぜ「自衛... [Read More]

» 「naive(ナイーブ)」な日本人 [物言えば唇寒し]
私の「ボランティアの責任について」という記事に対してトラックバック(最後に詫びて死んだ青年---香田証生さんの死は軽くない)をいただいたので、それに関してコメン... [Read More]

» 香田 証生さんに正直な感想 [無法地帯@大分]
拉致されていた香田 証生さんの死亡が確認されたそうで。 危険な地に踏み込んで、自分の目で確かめようとした彼の勇気には拍手を送ります。 しかし、私は彼に対し... [Read More]

» 命に違いが在るのか [言葉綴り]
故・香田証生氏を悼む。 新潟での地震と同時期に発生したイラクでの拉致殺害事件。 日本と言う国の内と外で大きな事件が発生し、 地震と彼への国の対応... [Read More]

» 香田さんが殺害されたという現実 [無法地帯@大分]
香田証生さんの殺害の瞬間の映像を見ました。彼の死の本当の意味、その現実と向きあうこと、事実を事実として書き残すことが大切だと感じました。 [Read More]

» かといって 答えがあるわけではない [ドクターTの医療奮闘日記]
一人の青年が何の理由もなく殺された という。 確かに彼が殺される理由はなかったが だが 彼が殺されない理由も なかった。 (いやむしろ すでに死すべき者の位置... [Read More]

» 吐き気がする週末 [Passing Strangers]
 職場の連中と週末にやっているバドミントンへの行き帰りは、気分を変えるためにいつ [Read More]

» 【イラク人質】「椰子の実」 [改善案まにあ]
香田さんの死が確認されたそうです。 突然「椰子の実」が歌いたくなりました。 [Read More]

» 香田証生くんの告別式 [blog::TIAO]
福岡から八木山峠を越え飯塚に出て、バイパスで直方へ向かった。 頓野で告別式のある善光開館直方会場を探すので少し手間取り、到着したのときには告別式が始まったところ... [Read More]

» 香田証生氏に関する無感動な一文 [生前葬]
 香田氏の目的についての分析は不要に思える。それは何らかの運動に利用する段階でのみ必要とされる。 [Read More]

« 小田和正という存在-月曜組曲での驚異4 | Main | 最後に詫びて死んだ青年2-そんな言葉で検索するな。 »

-