SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« 小田和正という存在-月曜組曲での驚異8 | Main | 相対化を超えて。ココログも超えて。 »

December 15, 2004

流星群-歩道橋の上から

star

ふたご座流星群は見逃してしまったが
何年か前、しし座流星群を見るために、1人で朝早く起きて
近所の歩道橋の上から、空を睨みつけていたことがあった。
その時も雲が空一面に広がっていて、それでも雲の隙間から沢山の
流星が飛び交うのを見ることができた。

しし座流星群はかなり話題になっていたので、歩道橋には何人か
人が集まってきて、みんな雲間の空を、僕と同じように一心に
睨みつけていた。飛び交う流星に時折歓声があがる。

1人で歩道橋の片隅にしゃがみこんで、何だか難しい顔をしながら
一心に空を眺めている人もいる。
友達と連れ合ってはしゃいでいる女の子もいる。

人が一心に、何の利益にも(笑)ならないもののために真剣に
同じ方向を寒さに震えながら、見上げているこの風景が、とても
好きだと寒さの中で思った。

僕の自慢の一つは、天文少年だったころの名残で、どんな季節に
おいても、どんな時間でも、空さえ見上げれば主だった星座や
星の名前がわかり、そして東西南北の方向がわかることだ。
空さえ見える場所なら、きっとジャングルの中でも道に迷わないと
思う。

今でも僕の使っているサーバやコンピュータにはその名残で
全て星や惑星の名前がついている。

育った都営住宅の屋上に、祖母に手伝ってもらい望遠鏡を出し
月や木星、金星、何億光年も先の星雲を息を凝らして眺めていた時代。
まだ女の子とつきあったことがない、遠い昔。
いつか好きな子と一緒に望遠鏡で星を眺められたらいいなどと甘い夢を
描いていたことを思い出す。
結局そんなロマンティックな(ある種非現実的な)経験はついぞし
たことがない。

いつでも1人で夜明けまで、丸い望遠鏡の視界を飽かず眺めていた。

歩道橋に上がってくる女の子の中には、無邪気に

「見えますか」
「どっちを見ればいいんですか?」

などと声をかけてくれる子がいる。
今夜ばかりは、見知らぬ誰かも、一緒に空を眺める仲間だ。

自信をもって星座の方向を教えてあげながら、
そんな夜は天文少年であった子供時代を密かに、そして少しだけ
誇りに思うのだ。

« 小田和正という存在-月曜組曲での驚異8 | Main | 相対化を超えて。ココログも超えて。 »

Comments

TBをありがとうございます。
雲間でも、流星が見えると、誰かに言いたくなりますね。
冬の星座のオリオン座も判らない仲間ばかりで、話のねたになりませんが。。。

>mariさん
しし座流星群ごらんになったんですね。あれは僕の見た中でも最大級でしたね。雲さえ晴れていれば、もっと素晴らしかったと惜しまれます。
オリオン座を知らなくても生きていけますが、知っていると尚可(笑)かな。

おはようございます!
BigBanさんは天文少年だったのですね。
最初の時からお名前が素敵な方だなと思っていました。
私は空を眺めるのは好きですが、天文的な知識は全くありません。太陽と月と金星、オリオン座と北斗七星ぐらいしかわかりません。

仲間というのは、何か固定した仲間ではなくて、ある日ある時その場所で1つの目的のために集まって、またそれぞれの場所に散っていくのがいいなと思っています。

誇りに思うことがあるのはいいことですね。
トラックバックありがとうございます。
私も送らせていただきます。では、また!

TBありがとうございました。
夜空を見上げて、星座がわかるなんて尊敬してしまいます。
冬のソナタで、主人公が夜道に迷った時、恋人のチュンサンが
「空を見上げてポラリス(北斗七星)を探してごらん、方向がわかるよ」って言うひとコマがありました。
BigBanさんもこんなセリフ言えますね。

ところが同じ場所で数年前より確実に星は見えなくなり残念です。

TBありがとう~。
夏の夜空も良いですが、
やはり冬の星空は格別ですね。
凛とした空気で、満天の星空を眺めているだけで
素敵ですよね!
私には、星座の知識が無いのが残念ですが
流れ星を見るのが何よりも楽しみです。
また、天体ショーの情報があれば教えてください。

>chiikoさん
>>仲間というのは、何か固定した仲間ではなくて、ある日ある時その場所で1つの目的のために集まって、またそれぞれの場所に散っていくのがいいなと思っています

うん。そうですね。
全面的に賛成です。でも意外とこれが難しい。綿々と「何か」に執着してしまったりします。極論を言うと会社などもそうなればいいと思いますけれどね。なかなかいろんな制約を乗り越えるのが面倒です。

>popuri さん
それはあまりに有名な冬ソナの台詞ですね。比べていただくのは何だか・・恐れ多いですね。(笑)ただポラリス程度は基本のように思いますが、それでも知らない人もいるかなあ。最近は・・子供たちとかどうなんだろう。


>スーさん
今晩は。うーん・・カーチャが可愛い・・(笑)そればかり見てしまった・・

>BigBanさんへ

こんばんは~
はじめまして★★★
ブログをはじめたばかりなので「カーチャのホリディー」
を見て下さって、すっごく嬉しいです。
また、カーチャを見たくなったら、いつでも訪問して下さいね。
可愛い写真を載せておきます。
「カーチャが可愛い???」とんでもない!!
よく見ると、おじいさん顔でしょ・・・また、面白い写真を
載せておきます。 

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/2271743

Listed below are links to weblogs that reference 流星群-歩道橋の上から:

» 「ジャコビニ彗星の日」 [chiiko通信]
最近は星がとてもきれいです。昨晩はふたご座流星群のピーク。冬の澄んだ空気、新月直 [Read More]

» ふたご座流星群見たよ! [シュナのホリデイ]
13日夜の11時頃、ふたご座付近から流れ星を見た。わずか20分 ほどで3個も見た [Read More]

« 小田和正という存在-月曜組曲での驚異8 | Main | 相対化を超えて。ココログも超えて。 »

-