SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« 謹賀新年--大災害に接して。 | Main | 不幸に敏感で幸福に鈍感であることの不幸3 »

January 05, 2005

ヒトの社会

年が変わり、動き出したのはヒトの社会だ。

ヒトの街の空気や喧騒は、
ほんの少しの間、改まった口調であなたに新年の挨拶をすると、
次の瞬間、くるりとキビスを返し、
いつものあの表情…幸福か不幸かわからないあの表情に戻って、
さっさと足早に遠ざかって行く。

で、自分なのだけれど、僕はもう一度、凛としてこのヒトの街を歩きたいと誓う。

あらゆる淀みを抱えても尚。

« 謹賀新年--大災害に接して。 | Main | 不幸に敏感で幸福に鈍感であることの不幸3 »

Comments

明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします。

いつものあの瞬間、ひやりとしますよね。
でも、暖かいものを感じる瞬間もあります。
みんなそれぞれに感じているのかもしれませんね。
で、私は私で、新年の新しい気持ちを大切にしたいと思います。
流されるのではなく、流れに乗っていきたいです。
今年もBigBanさんの記事、楽しみにしています。
ではまた!


あけましておめでとうございます。chiikoさん。こちらこそよろしくお願いします。
chiikoさんよりも、テーマに対して僕の方が根暗かな(笑)新年の挨拶のはにかみや、ちょっとした新鮮さがあっという間に街から消えていく悲しさみたいなものを、いつも感じるんですよね。ちょうどいまくらいの時期です。
ではでは。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/2478921

Listed below are links to weblogs that reference ヒトの社会:

« 謹賀新年--大災害に接して。 | Main | 不幸に敏感で幸福に鈍感であることの不幸3 »

-