SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« 生きていこうと今は思う。 | Main | 「非人道的」とはどういうことなのか。批判の限界(2) »

January 13, 2005

安らげる場所に。

深夜の小田急線。
一斉に携帯電話が掲げられている。
にょきにょき。

祖母よ。あなたはかつて言った。
深夜の高速。
「この人たちはみんな、一体どこに行くの?」

お婆ちゃん。
今なら僕は、答がわかる。
あなたの問いに答えられる。

みんな帰ろうとしているんだよ。
安らげる場所に。自分の場所に。

« 生きていこうと今は思う。 | Main | 「非人道的」とはどういうことなのか。批判の限界(2) »

Comments

深夜帰る場所が、疲れた体を休める場所が
心から安らげる場所とイコールであるといい。

私もそんなに「不幸」というわけではないのに、
そんな事を思ってしまうのでした。

今頃見渡す限りの銀世界ですか?

妹さんの結婚式が素晴らしいものでありますように。

>深夜帰る場所が、疲れた体を休める場所が
心から安らげる場所とイコールであるといい。

そうだね。本当にそうだね。
札幌行、気にしていてくれてありがとう。
支えられて生きることが幸せですよね。
そして誰かを支えてあげること。

deep_breathさんの眠りが幸せであるように。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/2565730

Listed below are links to weblogs that reference 安らげる場所に。:

« 生きていこうと今は思う。 | Main | 「非人道的」とはどういうことなのか。批判の限界(2) »