SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« 堀江貴文の病理4------フジマキはこう言っている | Main | 刹那の1秒だったとしても »

February 27, 2005

堀江貴文の病理5-----亡霊の記憶

【参考前記事】
堀江貴文の病理------カネが全てではない理由の考察

フジテレビの新株予約権発行は、商法上は限りなく違法に近い奇策だけれど、戦略としては良く考えられた手だと思う。
まず間違いなく、ライブドアが申し出た差し止めの仮処分は裁判所に認められると思うが、フジ側が抗告することにより、戦いを高裁、最高裁と長期戦に持ち込むことができる。法廷闘争は、体力のある者に有利であり、買収資金をリーマンからの非常に不平等で高コストなMSCBに頼っているライブドアには不利である。

あえて違法性の疑いを承知した上で、法廷に事を持ち込み、長期戦の構えを見せると共に、目下進行しているTOBをそのどさくさに加速させ、気がつけば殆どの浮動株をフジサイドに集めようという老練なフジの策であろうし、端緒をつけたのが、ライブドアの違法すれすれの時間外取引による大量株取得(合法であるとされているが、大量株取得の打ち合わせや準備が時間内であった場合には、これも違法性を指摘される可能性もある)である以上、フジもなりふり構ってはいられないということだろう。

もちろんこれほどメディアの巨人を「本気」にさせていることだけでも、「若いのに良くやっている」という見方もあろう。

だが、「遠景の批判」と「近景の批判」を混同してはならない。堀江の若さや思い切った手法、不動と思われたメディア支配への切り込み、ネットと放送の融合の未来像の提示(IT関連なら誰でも承知している近未来を、語っているだけである)をもってして、天晴れと支持する声があるけれど、それは別の問題である。「なかなかよくやっているじゃないか」という消極的な支持と、ライブドアがこの国のメディアの一角を占めるにふさわしい企業であるのかどうかという問題は、混同してはならない。

新しい勢力が常に正しく、古い勢力が間違っているわけではない。そのことが新しいだけという理由で支持をされているとなれば、どうしても自分には過去のある出来事------
第一次世界大戦後の、戦後処理への不満が世に満ちた閉塞感の中で、思い切った言動と攻撃的な姿勢で瞬く間に大衆の心をつかんで結果として自国民とヨーロッパを混乱のただ中に導き、史上稀に見る災禍に陥れた、ある人物と政党の登場の記憶が、どうしても心によぎる。

思えば、そこにはゲッベルスという、希代のメディア操作の知将があり、大衆を自分達の思う方向に巧みに誘導し、地獄へ連れて行った。その時も人々は、彼の、そして彼らの「新しさ」に熱狂したのである。

そこまで深刻にとらえるほどのことではないと言う人もいるかもしれない。だが忘れてはいけない。思えばオウムもまたその登場の初期において、人々からは「際物」「お笑い」として見くびられ、甘く見られる一方で、一部の優秀な若者を魔術のように引き込んで行った。その後の経過は知っての通りである。

そういう意味ではもっとも早くオウムに警鐘を鳴らした江川昭子氏の感性は、このケースでも信じるに値すると、僕は思う。

「世界が変わる」「世の中が変わる」という言葉に乗せられて、あらゆる「新しいもの」を支持するのは閉塞感のある社会に時折見られる危険な兆候である。
ただ、これまでのところ、堀江にはゲッベルスのような巧みな人心掌握とは程遠い貧困なプレゼンテーション能力しかないのが、幸いであるが。


« 堀江貴文の病理4------フジマキはこう言っている | Main | 刹那の1秒だったとしても »

Comments

はじめまして。Gimmick(ギミック)と申します。

久しぶりに江川さんを思い出しました。(●^o^●)
堀江さん、さすがブログ屋さんだけにご自身でもブログやってますね!昨日知りました。(~_~;)

ブログだと、インタビューでないので、言いたいことがいえてさぞかしすっきりしているのでしょう?アレだけ忙しいのに結構書いています。本人???

また勉強しに来ま~す!(^o^)/゛

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/3090577

Listed below are links to weblogs that reference 堀江貴文の病理5-----亡霊の記憶:

» ゲッベルス [臥薪嘗胆]
BigBanさん(でいいのかな?)の「堀江貴文の病理------カネが全てではな [Read More]

« 堀江貴文の病理4------フジマキはこう言っている | Main | 刹那の1秒だったとしても »