SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« 2ヒット残された父の痕跡----残された1/2 | Main | 間違いなく、深く深く孤独 »

February 14, 2005

夜のピクニック---鮮やかな夜の不思議


picnic

深夜は、非日常的な時間だ。夜の帳が下りてくるだけで、普段見慣れた級友の顔や、馴染んだ校舎や校庭が、全く別の顔を見せる。
遠い高校生時代の文化祭の準備で遅くまで残ったほの暗い教室や廊下。そして夜が更けるに従って、今まで見たことのなかった魅力的な表情を見せる友。

僕もあなたも、その不可思議な雰囲気に魅せられた経験がきっとあると思う。

夜は不思議だ。
特に感じやすい年齢の頃、圧倒的で劇的な時間と世界を僕達に見せてくれる。

「夜のピクニック」は、夜を徹して八十キロを歩き通す、「歩行祭」という、学校行事の一大イベントを持つある高校の一夜を舞台にして、異母姉弟である主人公と同級の男の子が、互いを許し、理解していく物語である。
自分達に全く原因のない「不幸な関係」に苦しみ、父母を恨むこともできず、理不尽とわかっていても2人は、互いに対して素直に心を開けない。2人を気遣う友人達に対しても。
そんな2人のこだわりは、ある友人の絶妙なサポートによって、劇的に凍解する。

どうしても自分の境遇に重ねざるを得ない部分があったからだろうか。2人の心が初めて向かい合うシーンは、心に染みた。

作者は「6番目の小夜子」を書いた恩田陸。さりげないプロットの中に不安な思春期の心情を鮮やかな花園のように巧みに、夢のように散りばめる。見事な小説だった。

« 2ヒット残された父の痕跡----残された1/2 | Main | 間違いなく、深く深く孤独 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/2929711

Listed below are links to weblogs that reference 夜のピクニック---鮮やかな夜の不思議:

» 売りたい本2005年本屋大賞作品 [及川的大人のブログ]
大賞「夜のピクニック」恩田陸(新潮社) 夜のピクニック恩田 陸 新潮社 (2004/07/31)売り上げランキング: 616おすすめ度の平均: 若者たちへ・・・ 貴子・起こり得た奇蹟。 世代を超えて楽しめるAmazon.co.jp で詳細を見る 2位「明日の記憶」萩原浩(光文社) ...... [Read More]

« 2ヒット残された父の痕跡----残された1/2 | Main | 間違いなく、深く深く孤独 »