SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« 夜のピクニック---鮮やかな夜の不思議 | Main | 堀江貴文の病理------カネが全てではない理由の考察 »

February 16, 2005

間違いなく、深く深く孤独

君と2人で、息を潜めて覗き込む深い夜。

僕達は今この時間、間違いなく、深く深く孤独なのだけれど、
君の暖かさが、かえって暖かく、より暖かく感じられるのは
なぜなんだろう。

今思い出したんだけれど、遠い昔。
僕もはっきりとは思い出せないくらい、遠い遠い昔。

君と僕とは、やはりこうして身を寄せて
息を潜めて、今夜よりも深く暗い夜を覗き込んでいたような気がする。
あれはいつだったんだろう?そして、どこだったんだろうか?
僕は忘れてしまったのかな。

君は覚えていないかな?
あの時と今と・・
いや、やめておこうね。そんな話は。
もう少しこの深い孤独に浸ってから、何かを話そう。

僕達は今この時間、間違いなく、深く深く孤独なのだけれど、
君の暖かさが、かえって暖かく、より暖かく感じられるのは
なぜなんだろう。

なぜなんだろうね。

もう眠った?・・・


« 夜のピクニック---鮮やかな夜の不思議 | Main | 堀江貴文の病理------カネが全てではない理由の考察 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/2947229

Listed below are links to weblogs that reference 間違いなく、深く深く孤独:

« 夜のピクニック---鮮やかな夜の不思議 | Main | 堀江貴文の病理------カネが全てではない理由の考察 »