SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« あれから10年----ソフトバンクも成熟したとつくづく思う。 | Main | 空気の乱れ----北朝鮮への人間的希望 »

March 26, 2005

あれから10年----ソフトバンクも成熟したとつくづく思う。-2

さっそく記事を引用して論じてくださったところ(「世の中不思議で面白い」さん)がありまして、直接記事内にコメントしようと思ったんですが、文字数オーバーになってしまったので、ここでご勘弁。

>うお!フジサンケイさん!放送やコンテンツは未知な領域だとい断言する運用会社にいきなり180億円預けるんですか!!
>「両社からノウハウなど経営資源を提供してもらう必要がある。資本関係を持つのは、関係を密にするための手段。ファンド設立のついでに貸し株の話が出たのではない」

私が「骨太」と表現したのは、貸し株を正当化するために並行して(これはもちろん内容はかなり怪しい)投資組合を合わせ業にすることによって、法廷闘争になった時に裁判所の目を欺くための手をちゃんと打っているということです。もちろん、実際に闘争になった時に、どう判断されるかはまた別の問題ですが、少なくとも意識はしている。

通常なら貸し株を頼まれる=引き受けるだけのフレームであってもおかしくないのです。それを「嘘で無い程度に」ソフトバンクグループの利益、孫正義の顔色への配慮、フジサンケイグループのIT事業への取り組みの姿勢の「演出」、そうしたいろんなものを合わせ業で投資ファンドの設立という形で持ってきた。その手練に対してあえて「大人の」「骨太の」とコメントしているわけです。ここは、事業の中身について精読するしてもおそらく意味はないでしょう。要は恩を売った訳です。フジサンケイに。

>これ全然説明になってませんから。ライブドアの関係がある時期だけどフジサンケイは180億円を出すんですよ?実際に資金が動くでしょう(笑)。フジテレビにしても「ガバナンスの安定に注力する現状」ってこれライブドアのことでしょ?「フジテレビへの買収圧力に対する防衛策」だと言ってるように聞こえます。

いや、そうでしょう。「買収への防衛」ですよ。それはみな分っていますでしょう?それにこんな理屈をつけるところが良くも悪くも大人です。

>(2)このプレゼンって素晴らしい?
>このプレゼン資料をご覧になってどうです?ホリエモンが言っている事業メリットとどう違うのでしょう?正直この2枚なら15分で私でも書けます。何のメッセージもない状況をまとめただけの、コンサルで言えば「お金が取れない」スライドです。他のもっと凄いのがあったのかな?

私もプレゼンをする人間なので10-15分でこんなの書くと思います。(笑)私は堀江氏に皮肉で言っているのですよ。「この程度」のものも堀江氏が用意したのは見たことがありませんが。

>(3)このフレームでライブドアの提案よりも良い物が出来る?
>今回のフレームでSBIが提供するメリットは「インターネット分野における事業ネットワーク」「ベンチャー企業育成実績」と「ファンド運用ノウハウ」だと言っています。逆に言えばこれだけです。更に言えば、今回のファンドは単に「映像・音楽・出版などのコンテンツ事業、メディア関連事業、ブロードバンド関連事業」に投資するとしか言っていません。

ライブドアと比較してあげたいですが、比較できません。ライブドアはこの程度のものですら用意していないからです。記者会見の説得力は「いかがわしい」北尾氏の方が「同じくいかがわわしい」堀江氏よりも上です。それは大人のいやらしさも含めて上だと言うことです。
hbikimoonさんはちょっと正面からこの事業の話を受け止めすぎていないでしょうか?全体戦略(法廷闘争もにらんでの)として総合的に、そしてあくまでもライブドアの「実力」との比較論で見てみてください。

そして確かに10年前のソフトバンクは(当時孫さんですが)「この程度のフレーム」すら、やはり用意できていなかったのですよ。記憶が正しければ。

【3/28加筆】
hibikiさんから再度サイトの記事でコメントしていただいたのでもう一度加筆いたしました。例によって私は戻しの文が長く字数制限にひっかかります。Yahooブログ、もう少しコメント欄の字数増やしてくれるといいですね!


>まずは、私の記事に対してコメントや新たな記事を書いてくださったBigBanさんとぶんだばさんに感謝です。大人気blog筆者のお二人にコメントをいただけるとは!感激です。

ぶんだばさんはともかく・・私のサイトに関してそうした言い方をされると過分ですのでご容赦を・・苦笑。

>ただし、これがライブドアと比較して上手いかどうかと言うのは少しライブドアに酷だと思います。ライブドアはフジサンケイに「恩」を売ることが出来なかったですし、正門から行って依頼をしても無駄だったでしょう。また、日経ビジネスによれば、楽天ですら駄目だったようですから、ホリエモンの物言いや服装を直しても無駄だったでしょう。

>あと、経験から言いますと、ある関係で放送局の経営層の方と話したことがありますが、感想としては「理論」で話せる相手ではなく既得権益に守られた官僚のような方々でした。こうした方々を相手に、ライブドアがフジサンケイグループと提携するために、「どう上手く立ち回れば良かったのか」は私には分かりません。

大変に難しかっただろうというのは認めますが、最初の入り口での交渉の始め方のテクニックは今後彼にも良い勉強になったのではないでしょうか。物言いや服装を直すというよりも、最近の慎重になっている堀江氏を見てこれがもっと最初からあれば、過剰ともいえるニッポン放送側の反感を引き出さなくてもすんだのではないかと思います。惜しかった。まず感情的な部分を引き出さずにすんだのにと。(しかも相手は旧体制の経営側だけではない。労も敵に回してしまった)
SBIは全体状況を見たうえでの後入りですから、そうした意味では単純に比較されるのは酷でしょうが、北尾氏に「他人の玄関に土足で・・」と表現されてしまうような「やり方」で当初堀江氏が入ったのは事実。楽天の場合は週刊誌の情報なのでちょっとそれ以上はわかりませんが・・


>(2)「このプレゼンって素晴らしい?」について

>ホリエモン若しくはライブドア関係者がフジテレビに対してどのレベルの資料を見せたのか、何も見せていないのかは私にも分かりません。ただ、見たことが無いからといってこのレベル物をライブドアが書けない・用意してないとは判断できませんよね?

見せていないものは往々にして存在しないとみなされませんか?今回世論や幅広く「労」の理解も得ることが必要でしたから、あるいは密室では何か見せたのかもしれませんが、堂々と早い時期にメディアにプレゼンテーションすべきでしたね。それでだいぶ世論にも「労」にもライブドアのスタンスを訴えられたのではないでしょうか?


>また、下で比較してみましたけど、口頭でホリエモンが言っているレベルのほうがSBIが紙で言っていることよりもまだ具体的だとは思うので、プレゼン(口頭+資料)という比較で見ると、資料の有無を問わず私にはホリエモンのほうが「まし」だと思えます。


産経新聞に対してこんなインタビューに応じているのですね。知りませんでした。ただ
これは3月25日のものですね。相当最近になってようやくここまでしゃべるようになった。しかも、内容についてはメディア論について問おうとする産経の疑問に十分答えてはいない内容です。ポニーキャニオンの社長が、「要するにあの人のやりたいことはジャパネットたかたでしょう?」と表現しましたけれど、私の目からもそれ以上の可能性のようなものが感じられません。時間もあまりとれなかったようですが、最初からこういった試みはどんどんやればよかったですよね。
内容については人によって評価の軸は違いましょうし、何ともそれ以上はいえませんが、この産経新聞のインタビュー自体は知りませんでしたので、hibikiさんから教えていただいたことは有意義でした。ありがとうございました。

>(ライブドアがフジサンケイと組んでやりたいこと)
>・物販
>・会員組織化
>・オークション企画
>・金融商品も経済番組とか金融系の番組なんかをやることによって、お客さんを誘導して販売
>・成果報酬型広告自社広告の枠を使ってビジネス
>・紙面に採用されなかった記事・写真の活用
(出典:Sankei Web)


SBIは投資会社ですから、大枠のフォーマットを提案しているだけですが、各所に目配りが届いているのと、北尾氏の言う「大人の解決」にこの投資ファンドを応用して提案してくる可能性があります。そういった意味で、今週の両者の会談でどのような落としどころが探られるかについては注目したいと思っています。


>(SBIがフジサンケイGと組んでやりたいこと)
>・「映像・音楽・出版などのコンテンツ事業、メディア関連事業、ブロードバンド関連事業」に投資する
>(出典:CNET JAPAN)

« あれから10年----ソフトバンクも成熟したとつくづく思う。 | Main | 空気の乱れ----北朝鮮への人間的希望 »

Comments

同じく引用していただいたけどリンクなしでしかもタイトルが途中までだったんで(うちのタイトル、途中までだと同名がものすごい多いんです)お願いしてきました。

わたしはプレゼンは10年以上前にしかやったことありませんが(見たことはあります)あんなもんじゃないかなあと思いました。そしてホリエモンは言葉で喋っているのしか見たことがありません。うちの会社(いたところ)ではプレゼン用の図を「まんが」と呼んでいましたが、そのまんがにすらできなかったんじゃないかと思っています。

少なくともどういう形で提携し、どう事業を進めるかだけでもさくっと作った(たぶん私も15分でつくると思う)のは非常にスタンダードであり、特にその手法について問題はないと思いました。

BigBanさんコメント&リプライ記事ありがとうございます!!ぶんばださんから頂いたコメントに対するレスも含めて再度書かせていただきましたのでTBさせてください。

ありがとうございます。再度記事「あれから10年----ソフトバンクも成熟したとつくづく思う。-2 」に加筆させていただきました。字数の関係でそちらにコメントできなくてごめんなさい。

TB&ご回答有難うございます。Yahoo! Blogのコメントは本当に字数制限が厳しくて困ります・・。今回の件でもそうですし、西武の件でも感じましたが、日本の大企業の社員はまだまだ就職でなく就社なんだなぁと実感しました。そうした労に対しては、ホリエモンがどんなアプローチを取ったところで無駄だったようには感じています。

hbikiさん、いつもどうもありがとうございます。ところで西武の記事、この記事へのTBでいいのですか?私のほうはコクド関連の記事をhbikiさんの記事にTBさせていただきましたが・・

今日数ヶ月(一年以上?)ぶりにワイドショーをみたところ、北尾氏がいろいろ述べていたんですが、もうホリエモンに対して「おこちゃま」扱いで笑いました。最初こそ「彼は優秀だと思います」ですけどあとがケチョンケチョン。「おまえ基礎からやり直し」といいたそうでした。

そして逃げたホリエモン。ちなみに「貸し株」は想定内だったそうですが、SBIは「想定外」だったそうです。初の「想定外」発言!!

横レスですが、hbikiさん:
>日本の大企業の社員はまだまだ就職でなく就社なんだなぁと実感しました。

そのとおりです(それも大企業に限りません)。中途半端に今スカウトだとかリストラだとかが入っていますが、歴史的に日本では就職したら退職するまでそこにいるのが当たり前でした。そして会社をそれなりに愛し、だからこそ一生懸命働いて、高度経済成長ができたのだと思います。
堀江氏はそこを全然わかっていない。人を人だと思っていないから、会社という器だけを見ているから、ああいう結果になったのだと思います。少なくとも北尾氏はそこはわかっている。これは大きな違いだと思います(なおホリエモンの社長日記の過去版では北尾氏をケチョンケチョンにけなしているところが紹介されていました。やれ野村證券じゃ社長になれないからソフトバンクか、とか。社長にしか意味がないのかよ?!)

BigBanさん>私のコクドについての記事は、日本人全般の企業に対する甘えの構造について扱ったものなので、BigBanさんのこの記事内の「労使関係」に対応してTBさせて頂きました。

ぶんだばさん>そうですよね。私も最初の会社にいたときは同じ認識でした。会社に愛着を持つことは大切だと思います。経営者をコンサルする立場としては、どう社員の方々に会社に愛着を持たせるかも考えてきました。

しかし、私は昔の日本人会社員の意識構造が良いとは全く思えていません。自らの仕事よりも自らが属する組織だけを見ている人は、会社に甘えている人だと思いますし、ホリエモンが会社という器だけを見ているのと同じレベルにいる人だと思います。

また、北尾さんについては、あまり詳しくは言えませんが、究極の派閥主義者といえる方です。自分の子分以外は同じ会社の同僚・後輩・先輩であっても全て敵という方ですので、この方もホリエモンと同じかそれ以下だと思っております。

BIgBanさん、横レス失礼いたします。ごめんなさいね。

hbikiさん:
基本的に間違ってらっしゃるようですが、私は北尾氏を評価していませんよ。ただホリエモンのおこちゃまさを堂々と言ったことに対して喝采を送っただけです。彼のうさんくささはすでに様々なところで報道されていますし(第一SBIのCEOな時点でうさんくさ)。ただ、M&Aに関する、日本人の体質への思いやり(それを含めないと絶対にうまくいかない)への知識や技術は、ホリエモンよりもずっと上だと思いましたし、ホリエモンには「人格の底が浅すぎ」という、最大の欠点があります(北尾氏は、あくどい分その「浅さ」は見えません。)。

日本人の愛社精神について「現在は」そのとおりだと思います(ちなみに私は愛社精神のなさすぎる会社に入りましたので、愛社精神がイマイチわからないのですが)。
ただ、歴史的経緯をみれば、日本人の気質と会社という組織(奉公、というイメージだったのだと思います。最初は)とを考えてみた場合、組織の中にいれば安全で、その組織で求められている仕事をしていれば安全だったのが、これまでの日本人です。
それがいきなりリストラだ、というので「その会社でしか通用しない知識・技術」を持ったおじさんたちが放り出されて困惑している、というのが現状ではありませんか?
その組織で当たり前の常識を信じて数十年働いている人に対して「甘えている」「ホリエモンと同レベル」と断じるのは、私は彼らに対してあまりに残酷だと思います。
(リストラが一般化したあとも、さらに自分のリストラの可能性をまったく考えず、ブラッシュアップしない人に関しては、「怠惰だ」と思いますが)

コメント遅くなりました。

ニッポン放送に関しては社員が太平の眠りをむさぼっていたとか、既得権益を逃したくないだけだとか、いろいろ言われていますが、愛社精神自体が必ずしも進歩と対する概念ではないと思います。実際、このために日本はかなりのことがやれてきた。

現経営陣がとてつもない無能であったなれば、やはり社員も堀江部隊の到来を歓迎したでありましょうし、単なる保守以上の意味が、つまり守るべき何がしかがニッポン放送のこれまでの道程にはあったのではないかと推測します。

それが、多くのタレントをこの騒ぎの中、出演拒絶を表明させる所以でもあるでしょうし、社員を一概に低いレベルと談じず、注意深く今後も見ていきたいと思っています。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/3441594

Listed below are links to weblogs that reference あれから10年----ソフトバンクも成熟したとつくづく思う。-2:

» フジテレビ VS ライブドアにソフトバンクが参戦 [星を見る人]
ライブドアとフジテレビの戦いに突然 ソフトバンク・インベストメント(SBI)が参戦。 ニッポン放送を巡る問題はライブドアの勝利。 ニッポン放送はライブ... [Read More]

» ■大人の対応?:フジとSBI(2)■ [世の中不思議で面白い]
まずは、私の記事に対してコメントや新たな記事を書いてくださった[http://ultrabigban.cocolog-nifty.com/ultra/ '... [Read More]

» 西武・コクド問題をコンサル視点で見てみると・・・ [世の中不思議で面白い]
何と3名もの方がファン登録をしてくださいました!!感謝の意味も込めて、ファン登録してくださった方限定で、これから書こうと思っていることのリストを公開させていただ... [Read More]

« あれから10年----ソフトバンクも成熟したとつくづく思う。 | Main | 空気の乱れ----北朝鮮への人間的希望 »