SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« 堀江ライブドアへの批判は一元的ではない。-----億通りのモジュール | Main | コメント削除の件 »

March 06, 2005

この者メディアに石打つ前に-----「近景の批判」と「遠景の批判」

最近、僕が癖のように使う言葉がある。
それは「遠景の批判」あるいは「近景の批判」という言葉である。

おそらく僕は「遠景の批判」という言葉を、事象に対して、どこか人ごとのような、
無責任な、遠くから見て勝手なことを言っている・・・というほどの意味で用い、
「近景の批判」という言葉を、対象から逃げず、しっかりとリスクテイクして、
渦中にいる者として発言している・・・というほどの意味で用いている。
(実際に渦中にいるかどうかは問題ではない)

まあ、逃げて遠くからエールを無責任に送るよりは、精神の領域だけでもリングにあがりましょうよということだ。
もちろんこれは自戒も込めて使っている。

この言葉のバリエーションで「遠景の戦い」と「近景の戦い」というのも使う。(ほぼ同じような意味)これほどまでに批判しまくっている堀江氏であるが、少なくとも彼は「遠景の戦い」はしていない。
しっかりと巨大なリスクをとって戦っているということの領域においては敬意を払っているつもりである。
ただ方向性を批判しているだけである。

なぜこんなことを書き始めたかというと、ここのところのいろんな一連のこと(NHK VS 朝日新聞のこととか、ライブドアのこととか、フジテレビのこととか)を通じて、あらためて「メディア」についての理解の仕方というか、「メディア観」のようなものが、人や世代によって、驚くほど千差万別であることに気づき、共通言語がないことに気がついた。
一度このあたりこのことも書いていきたいなあと思ったことに出発点がある。
まあ、ここでわかっていると思うが僕は職業としてのメディアに従事する人間ではない。
だが、親子の関係が疎であった父が、新聞社を経て映像ジャーナリストであったことがあり、(まあ、ある意味そうした激務も一因として、僕の家は崩壊していったという意味でも)この職業に対して人事ではないある種の思いを持っている。

書こうとしていた記事は、伝えることの「悪魔性」のようなものについてで、つまり伝えることのできる最前線に位置し、強大なメッセージ発信力を持つ者たちはいわゆる「勘違い」に陥りやすい。
そのあたりが、ライブドアのような安直な新興勢力につけ込まれる原因にもなっているのではないか・・というようなことが書きたかった(別に過去形ではないのだけれど)わけだ。
そうしたある種の勘違いや傲慢さは、人としては最低でも、職業人としては優秀であったであろう父の言動にも、しばしば感じられるところが多かったのである。
このサイトのライブドア関連の記事にコメントをくれる人とのやり取りを通じても、そのあたり一回整理したいなあと思っていたわけだ。

そんな記事の構想をぼんやりと考えていたときに、いつも敬意を持って拝読している報道人「札幌から ニュースの現場で考えること」さんのこの記事この記事を読んだ。そしてそのつながりで一部の人の間で今大きな話題になっている、同じくガ島通信さんのこの記事とコメントも読んだ。

で、結果的に言うと僕は自分の書こうとしているメディアに関する記事は、やはりどうしても「遠景の批判」でしかないことに気がつき、自省した。
「札幌から ニュースの現場で考えること」さんや、ガ島通信さんたちは、「近景」どころかまさにその渦中で格闘していらっしゃる方たちであり、その奮闘のディテールを見るとき、どう書いても自分の記事ごときは「遠景」にしか今はなりえないと思ったのだ。
もしかしたら、その思いは、すでにいない父へのある種の思いにも、もしかしたら接続されているのかもしれないのである。

もちろん、僕もあなたも、全ての人は、それぞれの「近景」とそして「遠景」を抱えて生きているわけである。それは全ての人が避けて通ることのできない共通の運命だ。
だから全てを「近景」として背負い込むことを呼びかけることはできない。当然のことである。
誤解されないように願うが、「遠景」の事柄に対して発言するなという気も、毛頭ない。

だが、言葉を発しようとするのであれば、言論を綴ろうとするのであれば、少なくともこのことに時折は心を配るべきであるというのが、僕の考えである。

とかく「メディアは・・・」とか「フジテレビは・・・」とか、「遠景に立つ人」ほど大上段に構えがちであるが、このお二方のような言論人もいるのであり、この時代に呼吸をしておられる。その事実に謙虚に感謝したい。

おそらく朝日新聞にも、産経新聞にもこうした言論人は多くおられるであろう。
それを心に描き、またそれを願う。

そして白状すればおそらく、僕がメディアについて書くときも、
あるときは父と戦い、あるときは父を擁護しているのかもしれないのである。

しっかりと「近景」で書ける時期が来たら。

それをもう少し待つことにする。

« 堀江ライブドアへの批判は一元的ではない。-----億通りのモジュール | Main | コメント削除の件 »

Comments

私の拙いエントリが、こういう読まれ方をしていることを知り、とてもうれしく思いました。ありがとうございました。

ただ、おそらく、メディアの中で働く私やその他大勢の人が抱えている今の悶々とした気持ちは、別にメディアだからこそ、のもではありません。自動車業界には自動車業界の、流通業界には流通業界の、中小零細には中小零細の、それこそ私がすぐには想像できないような思いを抱えて働いている人が山のようにいるはずです。

たぶん、私などは業界内のことでああでもない、こうでもない、などと言っている時間はないはずなのです。もっと、そうした人の声を聞き、伝えるべきを伝えなければいけないのではないかと。報道は評論ではなく、「事実」の積み重ねです。それすら満足にできていないのに、報道のあり方一般について、評論家みたいな発言を繰り返していいのだろうかと自省します。

私は「信じるところに道は通ず」という言葉が気に入っています。ここ数週間は少しへこたれ気味ですが、またこの言葉を思い出し、楽観主義を懐に、前を向いていきたいと思います。

ありがとうございました。このエントリは励ましの言葉と受け止めました。

コメントありがとうございます。

確かに、多くの業種や業界で、なにも「赤ちょうちん話」と呼ばないまでも、昔から無限のストレスは生じています。
ですが、今特にテレビや新聞といったメディアの世界は、既存の価値や仕組みが急速に崩れ、新しい価値観や体制が急浮上しており、これから数年間は、従事している方達にとっては大変な時代になるように思っています。

(これとは全く違った意味ですが、金融の業界も、怒涛の再編がようやくピークを超えたところかなと思いますが。)

こうした中にあって、部外の者には、部内の人よりも見えるものがあるのは確かです。ですが、やはり部内の人にしか見えないし、語っていただかないとわからない部分もあるのです。

そういう意味では、記者の方が、組織ではなく、個人の生理的感覚を失わずにやっていらっしゃる個人ブログは貴重ですし(中には問題のあるものもありますが)たとえ業界内批判を交えても、続けていって欲しいなあと思っています。

ほとんど実名で展開されているわけですし、当ブログの受けるプレッシャーなどとは格段の違いがあると思います。
それは私の言葉に置き換えれば(すみません)、必ずしも「遠景の評論家の言葉」とは一致しません。そう思います。

今後ともよろしくお願いします。


私は福岡の住人です。そして今、地震報道のただなかにいます。で、報道の相変わらずの有様にうんざりしています。神戸の地震のときに安心報道という重要な問題提起がなされていたはずなのに、その後も災害が幾多あったのに、相変わらず災害内容ばかりがクローズアップされた報道ばかりで、不安を増幅さているように感じています。どのような性質の地震がおこって、今後どんな予測がされているのか、またそれにどんな行政の対応が用意されているのか、ほとんど情報が有りません。遠景の人が近景のポジションをとるのは欺瞞でしょう。が、遠景だから届けられる情報があるでしょう。近景のふりした遠景情報はごめんこうむりたいよ!!

福岡にお住まいとのこと。大事にならなかったでしょうか?メディアはどうしても「絵になる」映像を何度も何度も繰り返す。本来の役割である、有用な情報を早く正しく伝えるということが、どうしてもおざなりになりますね。
数日たって、ようやく報道としては落ち着いてきているようですが。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/3194891

Listed below are links to weblogs that reference この者メディアに石打つ前に-----「近景の批判」と「遠景の批判」:

» 代官山、1980年 [札幌から  ニュースの現場で考えること]
ひどい熱のせいで数日前から、ほとんど眠ってばかりいた。その熱もようやく下がったら、眠りすぎたせいか、今度は眠れない。眠れずに森達也氏の本をひもとき、ページを拾い... [Read More]

» 藤代裕之〜裸の駄々っ子(1) [真性引き篭もり]
「ガ島通信研究」 ガ島通信を読んでいない人達に送る、ほんとうのガ島通信。 [Read More]

« 堀江ライブドアへの批判は一元的ではない。-----億通りのモジュール | Main | コメント削除の件 »

-