SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« 桜の木の下で-----人と永遠に別れるということ。 | Main | 歴史教科書の見直しやりましょうよ。 »

April 12, 2005

対中国・外交力が求められる---街頭の愚か者を相手にする必要はないが。

中国の反日デモの状況は急を告げている。

かつてここで「中国-サッカースタジアムにいる愚か者達をかばう必要はない。」という記事を書いた。アジアカップにおける重慶のスタジアムで、傍若無人の振る舞いを重ねた暴徒達について、日中の不幸な歴史を理由に、同情すべき点や共感すべき点は一切無いという趣旨であった。

が、今回の反日デモの事態はそれよりもはるかに悪い。暴力が日本公使館にも向いているに関わらず、中国の警察機構がそれを見過ごしているという、法治国家としてあるまじき事態が生じている。
自国政権へのいかなる政治的行動も許さない強権国家が、外国への民衆の狼藉には目をふさいでいる。国家が関与して事を助長させていると思われても、異議のはさめない状況である。

これでは、せっかく日中の友好のために尽力してきた人たちの、これまでの努力が水の泡にも帰すことにもなりかねないと思うと非常に残念である。

日中関係は、今や相互の経済的交流無しには成立しない。対中貿易は、2004年に中国(香港を含む)への輸出が11兆8300億円、輸入は10兆3700億円で総額22兆2000億円。2004年の日本貿易速報値によれば、すでに日本の貿易額の20%が中国本土で、25%が中国圏(中国・香港・台湾)になり、対米貿易が20%を割っている。日本にとって中国はすでに米国を超える貿易相手国になっており、日本の経済成長はまさに中国の経済発展に依存している。
また中国の2004年の貿易相手国は、EUが第1位で、米国が第2位。日本は中国の貿易相手国としては第3位である。EUや米国の後塵を拝しているとは言え、当然中国にとって無視のできない数字であることは間違いない。
臥龍通信第98号/日本の対中貿易より引用)

問題があるとして縮小が叫ばれている対中ODA(政府開発援助)も、一時に比べて大幅に減少したとは言え、2003年度にも総額で1080億円が実行されている。
中国にとっても日本は重要な経済的パートナーであるはずである。

経済以外にも、再開が期待される6ケ国協議で、この時期に日本・中国・韓国の足並みが乱れることは、他ならぬ北朝鮮の思う壺であり、今、北東アジアが分裂することは、後顧に憂いを残す事態と言っても過言ではない。

日本大使館に投石し、日の丸を燃やし、何の罪も無い日本レストランや日系企業の看板を破壊する多くの中国人群集の報道映像に多くの日本人は唖然としていると思うが、僕が最大に懸念するのはこれを契機にまた国内の「嫌中」派が、そら見たことかと、こちらも負けず劣らずの、低レベルの荒唐無稽なナショナリズムを振りかざしてくることである。

まず冷静にならなければならない。街頭に飛び出して過激な行動をするしか能の無い多くの大馬鹿者たちの挑発に、私達は乗らないようにしよう。
群集心理に乗じて騒いでいる彼らの行動の先には、何の未来もない。自国への政治的行動が強権で封じられているからといって、矛先を日本へ向ける行為は、かの国の政権を安穏とさせるかもしれないが、彼らの国の未来にとって百害あって一利ない行為である。

私達は彼らに冷静な哀れみの視線をおくるべきであっても、同じ低レベルでヒートし、荒唐無稽なナショナリズムでこれまた対抗する愚も犯すまい。そして、こうした愚かな一部の者たちを根拠に、中国人全体への民族的敵意を示すことも厳に慎もう。投石をしているような馬鹿者は、ほんの一部の救いようの無い連中だけである。

どこの国にも馬鹿はいる。それだけのことである。

そしてその上で、今回の事態に責任をとるべき中国政府には最大限の抗議をすべきである。現代の国際社会であるまじき、不作為の罪を犯しているのはかの国の政権である。
一説には、急速に豊かになり、インターネットで当局の思惑を超えた速度で連携し始めた中国の諸団体の行動を、北京が制御できなくなっているという観測もある。
かつて天安門事件を起こした中国は、その後の回復に長い時間を費やした。中国にとってのトラウマにもなっているはずである。
今回のデモ行動が突発的に、万一自国に向かうことになれば、北京にとって大変な事態にもなるだろう。

こうした事態を考慮しても、日本は冷静に国際社会にもこの事態の愚を訴えるべきである。そして同時に、今こそ高度な外交戦略を展開してもらいたい。

教科書見直しにしろ、常任理事国の問題にしろ、戦後賠償にしろ、「街頭に出たたかだか数万の愚か者」の行動で物事が動くようなことは何一つありえない。そのことの主張は芯を通すべきであるが、その一方で、周辺国を含めての外交戦略は緻密に敏速に展開されるべきである。

今回の事態の収拾の如何によっては小泉政権の根本も揺るがされることにもなりかねないし、何よりも、これしきの自国に纏わる事態を収束する外交力もない国であれば、日本に常任理事国になる資格はない。そうではないか。

« 桜の木の下で-----人と永遠に別れるということ。 | Main | 歴史教科書の見直しやりましょうよ。 »

Comments

BigBanさま
tbありがとうございました。
おっしゃるとおりだと思います。
これしきの外交問題も対応できないこの国が、常任理事国など、チャンチャラおかしいですね。(笑)

衆愚社会と言われて、久しいですが、政治をしっかり見ていかなければいけませんね。また、お伺いしますので、宜しく御願いします。

PS、、、、小田っすか?ぼくは、「緑の日々」     好きです。オフコースですと「いくつ     もの星の下で」(鈴木作品ですが)      が、好きなんです。!
     

BigBanさま、はじめまして。
tbありがとうございました。
記事を拝見して目から鱗が落ちました。
私も日本が「常任理事国」なんてとんでもないと思っているクチですが、言いたい事が上手く纏まらなかったもので。
日本は昔から外交下手が指摘されています。今回の騒ぎも上手く収拾できるか疑問です。
何が起こっても私達はまず冷静にならなければ。

TBありがとうございました。私からもTBさせてもらいました。
私も冷静に静観していようと思っていたのですが、中国側のあまりに人を小バカにしたようなコメントについムッとしてしまいましたので、少しだけですけど中国で被害に合われた日本人の為、ささやかな報復記事書かせて頂きました。

>私達は彼らに冷静な哀れみの視線をおくるべきであっても、同じ低レベルでヒートし、荒唐無稽なナショナリズムでこれまた対抗する愚も犯すまい。そして、こうした愚かな一部の者たちを根拠に、中国人全体への民族的敵意を示すことも厳に慎もう。投石をしているような馬鹿者は、ほんの一部の救いようの無い連中だけである。
↑冷静に考えればそうなんですよね.私も重々わかっているつもりです.でも,こんなに何回も見せられると,もう嫌悪感と侮蔑の感情しか持てなくなってきます.

しかも中国のお偉方も,この行為について補償も謝ることもしないと言う.「日本人が悪いからだ」という理由で,大使館に石を投げたり,車を壊したりして良いという理屈は,「アメリカが悪いから,自爆テロは行っても良い」というアルカイダと,そう違わないと思う.

こうやって中国が嫌いな人が増えてくることは,回りまわって自分達にとって損だと思うのだけど・・・・.

常任理事国に関しては,日本にもなる資格はないんでしょうが,こんな国が常任理事国にいることも私には不快です.
せめて,私達の税金がODAという名目で中国人に使われている状況を早く止めて欲しいなぁ.

多くのコメントありがとうございます。

>nobuoさん

>>これしきの外交問題も対応できないこの国が、常任理事国など、チャンチャラおかしいですね。(笑)

国民も、こうした事態に動じず、もっともっとタフにならなければならないと思います。日本は国際社会で外交巧者とはとてもいえない状態ですからね。

>>PS小田っすか?ぼくは、「緑の日々」     好きです。オフコースですと「いくつ     もの星の下で」(鈴木作品ですが)      が、好きなんです。!

そうですか。よろしければぜひぜひ、小田和正のカテゴリーもお読みください。「月曜組曲」という昨年放映されていた番組の評論が中心です。


>YOSHIさん

はじめまして。コメントありがとうございます。今回の事件をうまく乗り越えられないと影響は非常に大きいと思います。東シナ海での海底資源の採掘の問題もあり、前途多難ですが・・冷静に事態を見ながら、発言すべきところは発言していきたい。しかし忍耐が必要とされますね・・じりじりするときもあります。

>タカボンのパパさん

今回のかの国の態度はちょっとひどすぎますね。向こうもまさか心の底から、発言どおりのことを思っているとは思えないのですし、どこかでバランスをとってくるとは思っているのですが、日中双方にとって大変に残念なことです。

>ととさん

はじめまして。

>>せめて,私達の税金がODAという名目で中国人に使われている状況を早く止めて欲しいなぁ.

どう間引いても、ODAは必要ないと私も思います。核兵器の破棄くらい、日本はODAの条件にできないものでしょうか。唯一の被爆国として・・これはまた別の問題ではありますが。今後ともよろしくお願いいたします。

TB頂戴いたしました。どうもありがとうございます。
アジアの問題は根深いですが、まずもって日本の統一した歴史認識が教育の中で子供たちに教えるところからはじめないと、何年たってもこの問題は解決しないでしょうね。

今後ともよろしくお願いいたします。

TBさせていただきました。
毎度毎度のデモンストレーションに対して、日本(政府やマスコミ)も十年一日の対応をしているところが、外交的センスがないように感じられます。

コメントありがとうございます。
仰るとおりですね。タフな国にならなければいけないと思います。まずは、自らもそう有りたいと存じます。
さて、早速拝見しました。又、番組も時々見ておりました。!!!良い番組ですよね。
ブログ大変興味深く。これからも時々お邪魔します。

では、失礼します。


こんにちは。

>アジアの問題は根深いですが、まずもって日本の統一した
>歴史認識が教育の中で子供たちに教えるところからはじめ
>ないと、何年たってもこの問題は解決しないでしょうね。

困難な作業ですが、そして私も少しお茶らけた記事を書いてしまいましたが、本当に歴史の見直しは始めたほうがいいかもしれない。その際、これも困難かもしれないが、彼ら中韓にも歴史の再認識を迫るようなところまでできるといいのですが、そのためには日本国内での、有る程度の下地が必要だと思います。

とにかく目をそむけてはいけないのは、確かです。歴史の総括は求められているのだと思います。

やみくもな反省ではなく、「総括」です。

はじめまして。
>僕が最大に懸念するのはこれを契機にまた国内の
>「嫌中」派が、そら見たことかと、
>こちらも負けず劣らずの、低レベルの荒唐無稽な
>ナショナリズムを振りかざしてくることである。
私はここの部分に非常に同感。
この中国問題でブログめぐりをしていると、非常に幼稚で感情的な「嫌中」まるだしにした記事が
多く見られて、非常に不愉快な思いをすることが多いです。
(はっきり言ってこの記事のTBにもそういう記事が見当たりますが、、、)
そういった中、貴方の記事は、必ずしも賛成できない部分もあるけれど、
冷静に持論を述べていらっしゃって好感が持てます。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/3666558

Listed below are links to weblogs that reference 対中国・外交力が求められる---街頭の愚か者を相手にする必要はないが。:

» 中国と日本、打撃を受けるのはどっち? [時事を考える]
中国で日本企業が活動できなくなったら打撃を受けるのはどっちなんだろ、日本の技術を [Read More]

» 無政府の共産中国 [Troubled days 悩み多き日々]
<はじめましてTBありがとうございます>とうとう、日本人の中国留学生まで、可笑しな中国人達の犠牲になったようである。何の罪も無い日本人留学生を、襲う野蛮で低級な民族の中国人は、完全に秩序を失っており、これを制止できない共産中国政府は、無政府組織としか呼べない状況にあるようだ。彼らの「中国政府は感知してない」が、本当であるとすると、中国には政府が無くなったと言うしかない。本当に中国政府があるなら、この程度のデモなど鎮圧するのは簡単ではないだろうか。... [Read More]

» 朝日新聞今日の朝刊-社説その2 [猫背で三十路の・・・]
リンク: asahi.com :朝日新聞今日の朝刊-社説. 珍しく朝日が中国政府 [Read More]

» 中国の発言に??? [ひま人の風]
>>中国側に責任は無い・・??? では、今回のデモでの中国人の過激な行動に激高し [Read More]

» もう,うんざりなんだけど [元気じゃぁ~.でもたまに愚痴るぞぉ~♪]
テレビをつけると,中国・中国・そして韓国・・・・ 新聞広げても,中国・中国・そし [Read More]

» 社会:怒れる中国、憤る韓国 [Chin's Bar]
 アジアの反日感情が爆発している。  アジアの、というのは語弊があるか。  実際には、中国と韓国が日本に対して大荒れだ。 [Read More]

» 大人の対応が必要だと思います。 [一寸の虫に五寸釘]
ここ数日、中国のデモが話題になっている。 暴徒から在中邦人を保護するのは治安維持をする中国政府の責任か、 はたまたデモの原因である日本の責任か、 などと両国政府の間で議論が交わされている(のかな?) そもそも今回のデモのきっかけは何だったかというと、日本の教科書検定が歴史を歪曲している、ということだったと思う。 そこで考えてみると そもそも日本の教科書検定内容を知るためには中国国営メディアが報道しなければ市民はわからな�... [Read More]

» 続・中国の「反日」デモ [札幌から  ニュースの現場で考えること]
昨日のエントリ 中国の「反日」デモ の続き。 現地の報道によれば、北京のデモは一万人程度に達し、日本大使館や日本レストランへの投石等が行われ、窓ガラスなどが壊される被害が出ている、という。こりゃあかん、である。 2000年の沖縄サミットのころ、中国も主要国に加え、サミットに参加させるべきだとの議論があった。日本政府も水面下で動き、小渕内閣は中国参加を沖縄サミットの目玉にしようと考えていた。もちろん、実現はしていないし、米英を中心に「共産党独裁の中国と、曲がりなりにも民主主義国家になったロ... [Read More]

» そんなに嫌なら、中国市場から撤退せよ!できんべ [反米嫌日戦線 LIVE and LET DIE(三流偏向不公正独断蝦夷自分趣味)]
中国版2ちゃんの輩が、暴徒化しているようだが、口先ばかりの日本人に中国大使館攻撃の覚悟はあるのか? [Read More]

» 造反有理! [ニュースに反応!]
中国の反日サイト“反省” 「デモ予想外の暴走」北京デモで中核的役割を果たしていた組織のひとつ「中国918愛国ネット」は十一日、反日デモ参加者に「過激な行動は停止せよ」と訴える声明を発表。 また「中国民間保釣(尖閣諸島防衛)連合会」の掲示板も「反日デモの変質を防ぐための提案」など反省を促す書き込みが相次ぎ、今回のデモ暴徒化は反日活動家内部では予想外だったことがうかがえる。ということらしい。 中国にいったことのない筆者には本当のところはわからないが,中国人の友人から話を聞くかぎり,支那本土の... [Read More]

» 中国で、再度反日デモの呼びかけ [Y's WebSite : Blog 〜日々是好日〜]
日本の国連安保理常任理事国入りに反発して、4月9日に中国の北京で、10日には広東省の広州やシンセンなどで起きた反日デモ。一旦は中断といったことで事態は沈静化へと動いていましたが、12日に温家宝首相が訪問先のインドで、デモ活動について言及したことにより、今週末に... [Read More]

» 対中共ODA一部停止へ [一日考察 色々な感想]
中国情報局より 政府が2008年度をメドに対中ODA一部停止方針を公式に中共政府 [Read More]

» 中国の反日デモ [日々の徒然]
最近のニュースを見ると、中国で何か凄いことになっているらしい。 私より一回り年上 [Read More]

« 桜の木の下で-----人と永遠に別れるということ。 | Main | 歴史教科書の見直しやりましょうよ。 »

-