SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« 本当は中国で何が起きているのか----制御しないのではなく、できないのではないのか | Main | 種明かし »

April 20, 2005

ライブドア、フジ傘下へ---カメは遠くなりにけり

という表題は、皮肉に過ぎるだろうか。
でも、1473億円もらって、投資金額に比せば440億円プラス。第三者割当もして、フジは堀江についで第二位のライブドア大株主。事業提携の話はまあ、当たるも八卦、当たらぬも八卦として、この図式では、要はお金をもらってフジサンケイグループの一翼に加えてもらって喜んでいると、そういう風にしか見えない。

普通ならたとえ5%でもいいから、ライブドアにフジの株式を持たせるでしょう。それが対等の企業の資本提携というもの。それが全く持たせてもらえない。
最近は改心したように見せているけど、お前のような奴はとても信用できないから、いかほどの株式も持たせるわけにはいかない、飴をあげるから当分静かにしていなさいと、フジからすればそういうことでしょうか。あるいはライブドア、相当資金的・市場的危機感を強めていたか。

ここではずっとライブドアと堀江氏を批判してきたけれど、実に面白くない結末であることは間違いない。英雄視しすぎていた人はがっかりしたろうね。

この資金を糧に新たなM&Aやるとか、ポータルに投資するとか言っている。現金な性格のようだからこの数ヶ月自分の言ったこと、したことはもう忘れて、それこそたくましく、ちゃっかりと次のことを考えているかもしれない。

ずいぶん勉強したでしょうから次はうまくやろうね。堀江君。

ただ、M&Aなどと言わずライブドアはまだまだ既存の事業にも投資どころがあると思うぞ。ポータルもそうだけど、あのどうしようもないアダルトブログとか、ライブドアPJとか。
いや、アダルトやめろとは言いません。好きなんでしょう?違うか。
・・そうではなくていかにもつくりがちゃち。ライブドアPJに至っては物申す気もない。これだけお金あれば、ヤフーのまねではないユニークなサービスも開発できるのではないか?

とにかくライブドアにこの事業あり!というものがないのが、この企業の信用がいつまでたっても上がらない原因。何か一つしっかりとしたものでができれば、世間の目も変わると思うよ。「3度目の正直」は鮮やかにお決めください。こけないでね。

しかし悪夢のような4ショットでしたね。

カメさんは相変わらず

「こんな形でなく知り合えたらいい仕事ができたよねって話しました。」

相変わらず大甘カメさんで大笑いしてしまったが、いいじゃないか幸せならば。
あ、やめるんだっけ?そういえば。
いい仕事・・なんてこういう言い方がオールナイトニッポンだよね。(笑)
時代は流れているのでした。

カメは遠くなりにけり。

まあ、みんなも勉強になったし楽しませてももらった。トリックスターとしての役割は十分に果たした堀江君。結末はつまんないけどまあまあ、フジが落城しなくて僕はよかった。これでまたフジテレビの馬鹿とか、産経の石頭とか悪口が言える。

放送と通信の融合という禅問答のような深遠なテーマはもう少し先に伸びました。

« 本当は中国で何が起きているのか----制御しないのではなく、できないのではないのか | Main | 種明かし »

Comments

いつも思うんですけど、かめさんはいい人なんですよ。この難局を乗り切るには不適切なほどいい人。たぶんAMをのんびり作っているには最適だったんでしょうが。日枝とはそこが違いますね。

それにしても、ホリエモン、次も同じようなことやると思いますよ。
だって、野球→馬→マスコミ
全部同じ手だもん。
あの人は大言壮語しかできないんですよ。そして常に!ビジョンがない。ビジョンを隠しているんじゃなくて「ビジョンがない」んですよね。

まあ、お金を儲けたい「だけ」の高卒一人っ子ぼっちゃん(自称グルメ)だから、お金がゲットできたという点では「想定の範囲内」でいいんじゃないんですか?
倒産も免れたし。(私は社会的な意味で、倒産して欲しかったですけどね)

ちなみに私も提携プロジェクトはないだろうと思っています。
株を買ったのは、提携という名の、それこそ「支配」じゃないかと。
すでにSBIとのファンドが出来上がっていますしね。ネットとなにかするなら、そちらでするでしょう。


こんにちは。ぶんだばさん。

>いつも思うんですけど、かめさんはいい人なんですよ。この難局を乗り切るには不適切なほどいい人。たぶんAMをのんびり作っているには最適だったんでしょうが。日枝とはそこが違いますね。


えてして、資本主義世界、あるいは産業世界と言ってもいいかもしれないけれど、「いい人」は無能になる場合があります。カメさんがいい人なのは、まったくおっしゃるとおりですが、資本のマキャベリズムの中で通用する人ではないことは確か。
まあ、フジ側も、ニッポン放送をめぐってここまで激しい状態になるとは予想していなかったので、ああいう人にまかせていた。そういう意味で日枝氏も甘かったですね。


>株を買ったのは、提携という名の、それこそ「支配」じゃないかと。
すでにSBIとのファンドが出来上がっていますしね。ネットとなにかするなら、そちらでするでしょう。

間違いないでしょうね。堀江本人の中でも、新しいおもちゃ=現金をもらったので、次のことで頭がいっぱいではないですか?業務提携のための委員会も、有形無実になるのは時間の問題かと。


Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/3775510

Listed below are links to weblogs that reference ライブドア、フジ傘下へ---カメは遠くなりにけり:

» ホリエモンに落胆&フジ社員に喝 [時事を考える]
ヨミウリに堀江社長「わくわく」…フジ社員ら不安隠せずと出ました、SBI北尾さんの [Read More]

» 「負け犬のでかい顔」の記者会見見てます [徒然なるままに時間のあるときにPCに向かひて]
もう興味をとうに失っていたのだけれど、やはり「柳沢吉保(もしくは田沼意次)レベルの大物悪」ことSBIの北尾(私見です、念のため)投入が効いたのかどうか、合意になりましたね。 つうわけでわたしはホリエモンの負け犬コメントを生で見ています。 まあ、ホリエモン的には、お金ゲットできたし、倒産の危機もたぶん脱したから、よかったね。 またおいしいもの食べられるもんね。 痛風と糖尿病には注意しろよ。 …し... [Read More]

» インターネットとメディアの融合とは ライブドア vs フジテレビの今後 [社長の本音日記]
ライブドアとフジテレビの和解を受けて、一体誰が得したのか、マスコミなどでも分析や世論調査が盛んですが、マネーゲームとしての買収劇は終わったものの、そもそもホリエモンが唱えたインターネットとメディアの融合についてはこれからが本番と思われます。 小学生まで... [Read More]

» ぎこちない「和解」 堀江氏「想定範囲」強調 [ニュース26時の時間]
2カ月余りにわたって国民の関心を呼んだ騒動は、勝敗がはっきりしない「消化不良」の [Read More]

« 本当は中国で何が起きているのか----制御しないのではなく、できないのではないのか | Main | 種明かし »