SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« 最初の記憶----辿れない道 | Main | JR西日本の会見報道に思うこと----世界は過ちと無謬の2色ではない。 »

May 08, 2005

小田和正という存在---「月曜組曲」のDVD発売

oda
あの「月曜組曲」の全11回の放送(ノーカット)が、DVDになって5/25に発売になるということを、「新・ネモの雑記帳」さんの記事で知った。今、予約受付中とのこと。タイトルは、「風のようにうたが流れていた」。番組では1話30分だけど、DVDでは1話あたり50分弱、全11話で計560分・94曲という超大作に仕上がっている。(Amazonより)

これはこのサイトで紹介しないわけにはいかない。この番組の連続記事で、多くの人と知り合うことができて、今も交流が続いている。当ブログの読者も増えた。でも半年近く前のことだけれど、ずいぶんと昔のことのようにも思えるよね。この半年でもいろんなことがあった。違いますか?

#このサイトもこの記事の終了後、ちょっと硬派に走ったかな・・(笑)

番組中で流れた「たしかなこと」も同時にシングルリリースされる。

【当ブログ関連記事】
小田和正という存在(連続エントリー)

【以下Amazon.comより転載】
2004年10月からTBSで放送された小田和正の初TVレギュラー番組のDVD化。幼少期に聞いた唱歌から、学生時代夢中になった洋楽フォーク、オフコースそしてソロ活動まで、小田自身の半生を振り返り、その時々に出会った名曲や自身の曲をトークと共にスタジオライブで歌い上げる。アマチュア時代にコンテストで知り合った財津和夫など、人生の節目節目に出会ったミュージシャンをゲストで迎えセッションも行っている。DVD化に際し、小田のスタジオ登場から退場まで、収録模様をほぼノーカットで再編集。未放送の楽曲8曲やトークを追加し、放送では1話約30分だったのが、DVDでは1話あたり50分弱、全11話で計560分・94曲という超大作に仕上がっている。84ページに及ぶ附属ブックレットに、全歌詞と小田がトーク中でふれた人名・楽曲・出来事などの用語解説付き。

【収録内容】
《Disc: 1》
【第1話】(ゲスト・島倉千代子)LET IT BE / 朧月夜 / 赤とんぼ / 卒業式 / あめにはさかえ / キサス キサス キサス / からたち日記 / あの頃にとどけ / 風のようにうたが流れていた
【第2話】悲しき片想い / HAPPY BIRTHDAY SWEET SIXTEEN / イエスタディ・ワンスモア / ムーン・リバー / 銀座カンカン娘 / 夢で逢いましょう / 黄昏のビギン / いつか どこかで
【第3話】ユア・ソング / LEAVING ON A JET PLANE / 風に吹かれて / A SOALIN' / 夢のカリフォルニア / SO FAR AWAY / 水曜日の午後 / 風のようにうたが流れていた
《Disc: 2》
【第4話】(ゲスト・山本潤子)WITHOUT YOU / 竹田の子守唄 / JANE,JANE / 卒業写真 / 忘れないわ / 歌を捧げて / YOU'VE GOT A FRIEND
【第5話】(ゲスト・ムッシュかまやつ)想い出の渚 / 二人だけの海 / どうにかなるさ / ノー・ノー・ボーイ / ゴロワーズを吸ったことがあるかい / バン・バン・バン / 春夏秋冬
【第6話】明日に架ける橋 / 神田川 / 心もよう / 明治ブルガリアヨーグルトCM / エメロンクリームリンスCM / あの素晴らしい愛をもう一度 / 風 / 地球はメリー・ゴーランド
《Disc: 3》
【第7話】(ゲスト・財津和夫)SMILE / ファンキー・モンキー・ベイビー / 心の旅 / 今だから / 魔法の黄色い靴 / 人生を語らず
【第8話】EVERY BREATH YOU TAKE / 眠れぬ夜 / さよなら / 生まれ来る子供たちのために / Yes-No / YES-YES-YES
【第9話】ホテル・カリフォルニア / いつも いつも / たそがれ / 哀しみを、そのまゝ / 君にMerryXmas / もっと近くに / 君住む街へ / NEXTのテーマ-僕等がいた-
《Disc: 4》
【第10話】(ゲスト・鈴木雅之)まっ白 / good times & bad times / woh woh / 別れの街 / 私の願い / ラブ・ストーリーは突然に / キラキラ / SOMEWHERE
【第11話】(ゲスト・スターダスト・レビュー)WONDERFUL TONIGHT / 言葉にできない / 今夜だけきっと / 遥かな想い / 風のささやき / 僕の贈りもの / たしかなこと / 明日 / 風のようにうたが流れていた / キラキラ / 銀座カンカン娘 / ラブ・ストーリーは突然に

内容(「Oricon GE」データベースより)
2004年10月よりTBSで放映された、小田和正初のテレビレギュラー番組「風のようにうたが流れていた」が待望のDVD化!時間の都合上放送されなかった映像を追加した完全版。

« 最初の記憶----辿れない道 | Main | JR西日本の会見報道に思うこと----世界は過ちと無謬の2色ではない。 »

Comments

こんにちは。
久しぶりの書き込みです。

この番組、結構見てました。
最終回の総集編は豪華でしたねぇ。

小田さんの実力を思い知らされた番組でした。

他の人のヒット曲で、その人のイメージで固まっている、
もうその人しか歌えないだろうと思っていたような曲でも、
小田さんが歌うとオフコースの曲みたいに聞こえるという。

セッションをやると、
互いの個性がはじけ合うような
熱さがありました。

すごくいい番組でしたよね。

お久しぶりです。
DVDのセットなんて買った事ないんだけど、ちょっとこれは迷っています。(笑)ほしいかも。

>小田さんが歌うとオフコースの曲みたいに聞こえるという。

そうですね。あのボーカルの「底力」。どんな曲も自分に引き寄せてしまう。久しぶりに番組を懐かしく思い出しましたが、・・・今年はまさかないよね?「クリスマスの約束」 笑

はじめまして。
よろしくお願いします。
今から発売が楽しみですが、個人的には発売自体が流れたと言われている過去3回(2001~2003)の「クリスマスの約束」のDVDの発売の方が楽しみでした。
2004のクリスマスの約束はビデオに収めたんですが・・・。

はじめまして。
ふとしたことで辿ったネモさんの記事がなければ知らずにいましたよ。さっそくいろいろ知り合いにも流してしまった。
このDVDの10,000円ちょいは高くないかもしれないなあ。過去放映分については出ていないんですね。ちょっと2004年分については特別なオンエアーになりそうでしたしね。

#もし先にお買いになったら感想記事などを・・と頼んだりして。

ご無沙汰しております。
今年も「クリスマスの約束」が放送されるようですね。
昨年で終わりと思っていたので、とっても楽しみです。

お久しぶりです。収録に行った人の話を少し聞いてしまったので、逆に残念です・そうですよね。今年は絶対オンエアはないかと思っていましたが、最後最後と言いつつ続くんでしょうね・苦笑。また記事は結局書くんでしょうが・・→私。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/4032980

Listed below are links to weblogs that reference 小田和正という存在---「月曜組曲」のDVD発売:

» 月曜組曲DVD発売! [日々のキリトリ帳]
いやはや困ったニュースが飛び込んできた。 昨年の暮れ頃、月曜の深夜にTBS系で放 [Read More]

» 月曜組曲DVD来ました [ある鬼女のチラシの裏]
ディスクの中身はまだ全部見てませんが(だって全部で約5時間半)、最初からこの内容 [Read More]

» そうかな/小田和正 [ネット通販案内所別館]
そうかな小田和正おすすめ平均 新譜を聴きたい!、はやる気持ち分かります。でもその [Read More]

» 景色がCMの1シーンに。。。 [*しし座のB型は今日も不機嫌*]
今日から車での音楽を小田和正の『そうかな』に変えた。ほとんどがタイアップ曲なので [Read More]

» そうかな [現代音協楽]
2000 年 4 月発売の「個人主義」から、約 5 年振りとなるオリジナル・ア [Read More]

» 小田和正「たしかなこと」 [お気楽極楽ブログ]
友人の結婚式にご招待を受けて、2次会の幹事もやることになった。 新郎・新婦といろいろ話してて、新婦からとてもいい曲を教えてもらったのでメモ。... [Read More]

» 小田和正.57歳今の思い。 [ほんのちょっとだけ感想。]
今回のツアーは半年で40公演29万人を集める予定。 50代のアーティストでは最大規模でコンサートでは少しでも ファンに近ずきたいという思いから広い会場に飛び込んで 走り回り、3時間で歌う曲は30曲年齢を感じさせない 歌声とステージは感動。 ---インタビューにてコメン..... [Read More]

« 最初の記憶----辿れない道 | Main | JR西日本の会見報道に思うこと----世界は過ちと無謬の2色ではない。 »