SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« Time is on my side(2)-----光は今でも味方しているのか | Main | 何歳までが夭折?-----僕はもう「夭折」できないのか »

July 26, 2005

夭折という言葉を噛み締めた-----杉浦日向子さん逝く

天才に限って若くして逝くという、良く言われる言葉がここまで真実だと思わされるのはどうしてなんだろうか。

杉浦日向子氏の早すぎる突然の死を悼むブログが多くアップされている。

いつも着物をきりっと美しく着こなしておられた、背筋を伸ばした姿が目に浮かぶ。

「コメディー お江戸でござる」は見ることができなかったが、江戸風俗を、信じられないくらいの考証力で、宝石のように散りばめて書かれた、漫画の一際の美しさにも魅了されていた。

なんとあの荒俣宏氏と結婚されたときには、余りの組み合わせの「妙」に本当に驚いたものだったけれど、そして離婚したときには、そりゃそうだよなーと思ったけれど、今思えば大変な「出会い」だったのだろうなあ、と思う。
全く異なるキャラクターだけれど、自分としては、サルトルとボーボワールのカップルに、二人を何となく勝手に重ねていたような気がする。

いろいろなブログの追悼記事を読んだけれど、「深夜のNews」の真魚さんの書かれた、一節が染み渡った。

(真魚さん、勝手ながら引用させてください。僕はあなたが書かれた以上の追悼は書けない。)

「あまりにも早すぎる訃報だった。できることならば、年老いた杉浦さんが書く江戸時代が読みたかった。しかし、もうそれもかなわぬ話になってしまった。もしかしたらこの人は、江戸時代から現代の日本に、ひょっことやってきて、数々の作品を書き、そしてまた江戸時代にひょっこと帰っていったのかもしれない。

 杉浦日向子さん、ありがとうございました。これからは、いつでも江戸の街をぶらつくことができますね。そちらも、さぞや蒸し暑い季節になったと思います。風鈴の短冊が舞い、辺りが暗くなると、さっと夕立が来て。そして、しばらくすると、遠くでカナカナとセミが鳴き始め、通りが明るくなる。少しは、涼しくなりましたでしょうか。お好きだったという永代橋から眺める江戸の夕暮れは、どのように見えるでしょうか。」

(杉浦日向子は江戸に帰ったのだと思う---深夜のNEWSより)

杉浦さん、ありがとう。

安らかに。安らかに。

« Time is on my side(2)-----光は今でも味方しているのか | Main | 何歳までが夭折?-----僕はもう「夭折」できないのか »

Comments

僕も今日このニュースを聞いて大変驚いた一人です。

何というか、僕の場合は少し歪んでるんですが、
僕、杉浦先生が「好みの女性のタイプ」だったんですよ。
テレビで見るのがすごく楽しみだったんですよね。

もう随分前になりますが、
「夜中の学校」ってテレビ東京の深夜番組で、
江戸学の話をしていたのをたまたま見たのがきっかけでした。

講義は面白いし、顔は好みだしで、
もうすっかりファンになっちゃったんですよね。

「お江戸でござる」はできる限り見るようにしてました。
番組が始まってから35分くらいしたらテレビをつけるのが
ポイントなんです。杉浦先生以外興味ないし。

若い頃は可愛かったですが、
「できることならば、年老いた杉浦さんの」姿も
ずっと見ていたかったなぁと思います。

などとストーカーチックなことを言いつつ、
ご冥福をお祈りしたいと思います。

惜しいです。
著作物、今さら集めようかなぁ。

今晩は。
NHK嫌いが災いして「お江戸でござる」を見ていなかった。杉浦さんが亡くなってから、いろんな人の話をネット上で聞くと、何だかとてもよかったようで、見ておけばよかったと残念な思いをしています。

ボクシングファンさんの気持ちはわかります。僕は、それほど「萌え」ではなかったけれど、そういう人の気持ちはわかる。(変な言葉使ってごめん)

「いい女」でしたよね。悪い意味ではなく。そういう人は、「年取ったときの姿も見たかった」と言ってもらえる。

年をとると、もっと良くなったんじゃなかったかと思ってもらえる。そう思われることは、簡単ではないと思います。もちろん男も。


BigBanさん、

引用して頂き、ありがとうございました。昨晩より、寝る前に杉浦さんの作品を読み直しています。この人の江戸時代を見る視点は、当然ながら歴史学の視点とは本質的に違います。遠い昔の過去の江戸ではなく、自分が暮らしている東京の今ここにある江戸を感じます。

本来は江戸時代だけではなく、僕たちは鎌倉時代だって平安時代だって、杉浦さんのように自分たちの暮らしとつなげて捉えることは可能であるはずで。それができないのは、僕たちの感性と想像力が枯渇しているからなのだと思います。その意味で、杉浦さんは過去とのつきあい方を教えてくれたような気がします。歴史とは、どこぞの方々が言われるような、民族の誇りとか愛国心を喚起させるものだというのは野暮で無粋な歴史の接し方であり、本当は生活に根ざした、もっと豊かで多様なものなんですね。

それにしても、たくさんのブログで杉浦さんを惜しむ声があるのは驚きました。杉浦さんの作品が好きな人って、それほどいないと思っていました。小さなメディアとしてのブログの意味がよくわかります。雑誌『ユリイカ』が杉浦日向子を特集したことがあったかあ、と思っちゃいます。

トラックバック有難うございます。
昨日から大勢の方の追悼文を読み巡っております。
私同様、杉浦さんは「帰った」のだ、と感じた方が
多いようですね。本当に、そうとしか思えないもの。
真魚さんの文章に杉浦ファンの気持ちはすべて言い尽く
されていると思います。

BigBanさん、
トラックバックありがとうございます。
私も昨日から、皆さんのブログを巡って
改めて杉浦さんの遺したものの大きさを感じます。
ああ、本当に、杉浦さんは江戸に帰られたんですね。

杉浦さんの作品、
私はごく最近読み始めたばかりで
それまで漫画家だったというのも
知らなかったぐらいなので
これから少しずつ
その足跡をたどって行きたいと思います。

はじめまして。TBありがとうございました。
今週はじめ、仕事帰りの電車の中で近くの人が読んでいた夕刊紙の見出しに「杉浦日向子さん死去」とあったのを見たとき、すごくさびしかったです。
高校生のころに愛読していた「大江戸観光」あたりをもう一度読み返してみようかと思います。


まとめてのコメントで失礼します。

>真魚さん
>>本来は江戸時代だけではなく、僕たちは鎌倉時代だって平安時代だって、杉浦さんのように自分たちの暮らしとつなげて捉えることは可能であるはずで。それができないのは、僕たちの感性と想像力が枯渇しているからなのだと思います。

そうした感じ方ができるというのは、凄いことだと思います。確かに大河ドラマはいろいろな時代を描きそれはそれで表現としては意味が無いわけではありませんが、その時代にのめりこんだ人の感性で、描き出すというところからは遠いところにありますね。


>fatmamaさん

こんばんは。「江戸に帰った」という表現は真魚さんもそうだけれど、本当にいろいろな人が使っている。やはり何かを伝えていかれたから、共通の思いが残ったんだろうなあ。「江戸へ帰る」・・・・


>ゆっちさん

こんばんは。僕にとってはやはり杉浦さんは漫画家。それほど多くの作品を読んでいるわけではないので、いまさら残念だけど、これから読んでみようかと思っています。

>なべらさん

こんばんは。本当にみんな杉浦さんが好きだったんですね。何度も書くけれど「大江戸でござる」を一度くらい読んでおけばよかった。NHKのバラエティっていうと偏見があったんですよね。多くの人が素晴らしいと書かれているので本当に残念です。再放送とかするかな。

僕もこれからいろんな作品を読んでみようかと思います。杉浦さんは逝っても、作品はみんな残っているわけですから。でも亡くなった方の作品を読むのはつらいんですよね。それも直後だと。


Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/5154369

Listed below are links to weblogs that reference 夭折という言葉を噛み締めた-----杉浦日向子さん逝く:

» 杉浦日向子さん [5号館のつぶやき]
 NHKテレビなどで何回かお見かけしたくらいで、著作は読んだことはありませんが、見てきたように江戸を語る語り口はなんとなく気になっていました。そのうちに、まとまった本なども読んでみたいと思っていましたが、まだまだ若く見えるししばらく先でいいかな、などと思っていたのですが、なんと22日に亡くなられていたとのこと、ショックを受けました。見た目よりは遙かにお年を召しておられたようで、46歳とのことです。  1988年にあの怪しげな趣味人、荒俣宏と結婚していますが、半年で離婚したことは強く印象に残って... [Read More]

» 杉浦日向子さん『江戸へようこそ』 [chiiko通信]
私にも憧れの女性がいます。聡明で美しく輝いて今を生きている人。ずっと先の道を歩い [Read More]

» 杉浦 日向子さん逝去 [++つぶやき手帳++]
<訃報>杉浦日向子さん46歳=江戸研究家、エッセイスト (7月25日:毎日新聞) 若すぎる・・・学生時代に読んだ「合葬」。もう20年も前になるのか。 江戸時代の人間像をこれほど精力的に描き、紹介しようとした人は希有だった。 この人のおかげで「江戸」に関心を持った人は多いと思う。 近代以前の人間、また社会の相貌を生き生きと映し出すことによって、近代が逆に浮かび上がってくる、そんな仕事をしてくれた人ではなかったか。 ほんとうに惜しい人を亡くした。 合葬 杉浦 日向子 ... [Read More]

» 杉浦日向子 百物語 [ナオのアート道]
 杉浦日向子さんが逝去した。  かなり驚いた。それで昨日は、気を静めようと美術館に行った。まぁ、もともと行く気はあったんだけど。  まるびぃのスイミングプールで永遠に続くかと思われる波紋の広がりを見ながら、あーあ、死んじゃったんだなぁ〜 としみじみ思... [Read More]

» 杉浦日向子さん死去 [Still Life---極東喫茶室より]
あ〜なんか最近訃報ばっかり書いてる気がする・・・。 漫画家・文筆家・江戸風俗研究家の杉浦日向子さんが、22日に下咽頭ガンで亡くなっているのがわかった。46歳だった。 杉浦さんといえばNHKの「お江戸でござる」のイメージが強いが、その前から彼女は漫画家として活躍していた。やはり題材は江戸の人情もの・小話がほとんどだが、読んでいるとどこか「くすり」とさせられたり、「どきり」とさせられたり。 『百物... [Read More]

» 杉浦日向子さん [ブログションガネー]
22日に、江戸風俗研究家の杉浦日向子さんがなくなられた。 高校生のころに歌舞伎を [Read More]

» 巨星堕つ [Myrrha RIOT!!]
訃報:杉浦日向子さん46歳=江戸研究家、エッセイスト ウィキペディア:杉浦日向子 日向子姐さん。 貴女様に直接逢った事もない私が、貴女をこう呼ぶのを今日だけはどうか お許し頂けないでしょうか。 貴女が既に漫画家としての筆を折った後、私は貴女の漫画を... [Read More]

« Time is on my side(2)-----光は今でも味方しているのか | Main | 何歳までが夭折?-----僕はもう「夭折」できないのか »