SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« 自民党のブロガー会見(2)-------やっぱり呼ばれてから行くだけでは駄目だろう。 | Main | 自民党のブロガー会見-------自民党広報本部長への質問(2) »

August 29, 2005

自民党のブロガー会見(番外)-------自民党広報本部長への質問

このひとつ前のエントリーでも触れたGripBlogの泉あいさんからメールをいただいて、世耕広報本部長への質問を出してくれとのこと。泉さんは先日の「自民党主催メルマガ/ブロガー懇談会」に、「非招待者」として出かけていって、詳しいレポートや出席者の発言ログまでアップして下さって、頭が下がることしきりなのだが、何でもその後

自民党総裁の小泉さんへ取材交渉しましたが断られ、
それなら代理を立てて欲しいと申し入れましたが、やはり断られていました。
それで、先日世耕さんへ直接お願いしたのですが・・・。
ナント!8月29日に、自民党の世耕弘成参議院議員が、自民党の代表して単独インタビューを受けてくださることになりました。

ということで世耕広報本部長への質問を呼びかけることにしたとか。
明日お会いになるということで、どうしようかと思ったが、今日の明日でマニフェストをにわか勉強で読み込んで郵政民営化に関して気の利いた質問が僕に考えられるとも思えず、また世耕氏が広報本部長でいらっしゃることも考えて、下記の2つの質問を泉さんにお持ちいただくことにした。

実際問題、朝日や読売の記者が、「明日、与党の広報本部長に会うが、お前、何か聞きたいことがあるか?」などと声をかけてくれるなんていうことはあり得ないのであり、そういうところの新鮮さこそが、ブログ時代の核の部分だと思う。

質問は2つ。

1つは、郵政反対派の自民党への選挙後の復党の問題について。
もう1つは、公職選挙法とネットとの関係についての再質問。(これは、先日の懇談会でも質問の1つにあがっていたのだが、世耕広報本部長の答が少々本質から離れていたように思ったので再度聞いてみたいと思ったわけだ。

明日、どのくらい時間があるかわからないし、おそらく多くの質問を携えていかれるだろうから、私の質問を実際に泉さんが世耕氏にぶつけることができるかどうかはわからないが、駄目元でも、少しでも公的にしようと思い、あらかじめ公開エントリーを立てておくことにした。もしも世耕氏から回答をいただくことができれば、またとりあげようと思う。

#うーん、何だかこれも広い意味で自民党に乗せられているようにも思いますがそれは別として、泉さんのエネルギーには感服。がんばって行ってきてください。

【以下 世耕自民党広報本部長への質問】

(1)武部幹事長は27日夜、和歌山のほうで行った講演の中で、郵政民営化関連法案に反対し非公認となった前衆院議員に対し「立候補を今回は断念し(対抗馬の)公認候補を応援してください。そしたら今にも自民党に復党(復帰)できるのではないか。血も涙もないのではない」とおっしゃって立候補断念を反対派に求められています。
同時に「離党しないで立候補すれば永遠に自民党に戻れない。必ず除名になる」ともおっしゃっているのですが、そこでお聞きしたいのですが、自民党の場合、こういうケースでの除名、あるいは復党に関する基準は、党規約で明確に定められているのですか?

除名のほうは、おそらく規約があると思いますが、復党を許すことについては、それらの人たちが当選して自民党に戻ることで議席を確保できるという理由以外、非常にわかりにい部分がありますが、復党の際に決まっている手続きや基準などがあるのか、ないとすればどういう観点で復党を許すのか、ここのところが明示できることは重要だと思いますがこれについていかがですか?

2)先日のブロガーやメールマガジンを主催する方たちとの懇親会の中で、世耕広報本部長は公職選挙法とネットの活用の問題に関して、「我が党の中で非常に心配の意見が出るのは、誹謗中傷が行われるんじゃないか」というようなことを言われているのですが、むしろネットと公職選挙法の関連はデジタルデバイドの問題が主眼ではないかと思いますが、このあたりの見解はいかがですか?
選挙運動の手法が公職選挙法によって厳しく制限されているのは、財力等によって選挙活動が左右され、候補者間の平等が図れなくなるという理由が基本理念だと思いますが、インターネットによる選挙運動が、デジタルデバイドによる有権者間の政策情報格差を生む危険性を唱える反対論があると思います。インターネットを使いこなせるか否かで、政治判断が左右されるという危惧です。
ですがこれはもう少し古くなってきていて、これだけネットが普及し、ブログのようなものが出てきていて、自民党でもそれに耳を傾けようという時勢になっている。
その中で、古くからあったデジタルデバイドを公職選挙法の中で、ネガティブにこれからもとらえるのか、それとも、それはもう過去のものとして、飛躍的に普及したネットを活用した手法として、法の規制枠を考え直していくのか、こうした観点からの見解をお聞かせ願えませんか?また世耕議員は大変にこの点積極的でいらっしゃるのはわかりますが
他の自民党の議員の皆さんの一般的な感じ方はどんなものか、お話いただけませんか?

« 自民党のブロガー会見(2)-------やっぱり呼ばれてから行くだけでは駄目だろう。 | Main | 自民党のブロガー会見-------自民党広報本部長への質問(2) »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/5685029

Listed below are links to weblogs that reference 自民党のブロガー会見(番外)-------自民党広報本部長への質問:

« 自民党のブロガー会見(2)-------やっぱり呼ばれてから行くだけでは駄目だろう。 | Main | 自民党のブロガー会見-------自民党広報本部長への質問(2) »