SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« 悪夢の予想-----郵政法案の再審議で大変節が始まるぞ。 | Main | 投票日の翌日に------偽のテントウムシ »

September 12, 2005

1行目か。外れにも程がある----自民大勝

およそすべての予想は、外れるために成されるとも言えるのである。それにしても限度というものがある。ここで前日に行った郵政法案の行方に関して、何行目で外れるであろうかと密かに予測していたが、まさか投票日に、それも1行目で外れるとは思いもしなかった。

悪夢の予想-----郵政法案の再審議で大変節が始まるぞ。



(予測1行目)
>●小泉自民党で単独過半数確保。しかし公明党を入れても3分の2には届かず。郵政民営化法案の衆院での再審議で可決する見通しが立たない。

驚嘆。


【補足】
まあ、今だから腹立ち紛れに言うわけではないが、当ブログは現状の公職選挙法の解釈には納得しかねるので、あえて意図的に「抵触の可能性を回避」していなかった。これについてはまた後日。

« 悪夢の予想-----郵政法案の再審議で大変節が始まるぞ。 | Main | 投票日の翌日に------偽のテントウムシ »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/5906245

Listed below are links to weblogs that reference 1行目か。外れにも程がある----自民大勝:

» コクミンは「小泉純一郎」にYESと言った──擬似・大統領選だった第44回衆院選 [すちゃらかな日常 松岡美樹]
 衆院選で、自民党が単独絶対安定多数を超える296議席を取った。歴史的な勝利だ。小泉さんは「郵政民営化に賛成か反対か」を問う選挙だ、てなシングルイシュー戦略を取った。だけど自民党に入れた人たちは、ホントに「郵政民営化そのもの」に票を投じたのか? そうじゃないだろう。「何か改革をやってくれそうな小泉純一郎という人間」にYESと言ったのだ。いわば今回の選挙は擬似・大統領選だったのである。  もうこの先、10年く�... [Read More]

» 小泉・自民党圧勝というけれど [5号館のつぶやき]
 ようやく終わってくれました。内容に満足しているわけではまったくありませんが、正直言ってほっとした気分です。くだらない選挙に国中が振り回され、国費が750億円以上もつぎこまれ、その上どのくらいになるか想像もできない金が各候補者によってつぎこまれ、テレビ番組がつまらなくなっていた時期が終わってくれたことには素直に喜んでいます。  選挙そのものに対する私の第一の感想は、こんなくだらないことに国力を注いでいていいのか、です。  結果はあんなものですが、それにしても内田樹先生がおっしゃっているよ... [Read More]

« 悪夢の予想-----郵政法案の再審議で大変節が始まるぞ。 | Main | 投票日の翌日に------偽のテントウムシ »

-