SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« 板門店レポート(5)----奥の軍人の背後には | Main | 板門店レポート(6)----若い兵士たち »

November 16, 2005

満月の夜に----木偶の如く

人に寄り添うということ。
人に寄り添うということ。

人の気持ちに寄り添うということ。
人の気持ちに寄り添うということ。

不安になっている人のそばにいるということ。
ただ、じっとそばにいるということ。

こんな単純なこともできないで木偶の如く生きている今夜。

満月の夜だ。

« 板門店レポート(5)----奥の軍人の背後には | Main | 板門店レポート(6)----若い兵士たち »

Comments

BigBanさん、おはようございます!
満月は過ぎてしまいましたが、この季節、夜空に浮かぶ月は格別にきれいです。
生きているって、ただそれだけですばらしいです。
満月に願いは託しましたか。叶うといいですね。
きょうもよい一日を。ではまた!

今晩は。

何かがあったとき、起きたとき、気がつけば空に月が満ちているのに気づくという感覚は時折味わいますが、これは誰にもあるのでしょうか。それともただの気のせいでしょうか。

本当にこの時期、夜に浮かぶ月は美しいと思います。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/7135446

Listed below are links to weblogs that reference 満月の夜に----木偶の如く:

« 板門店レポート(5)----奥の軍人の背後には | Main | 板門店レポート(6)----若い兵士たち »