SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« 板門店レポート(終章)------心に残る「緊張」と「滑稽」 | Main | なぜ僕は未だ誰も殺していないのか(2)---「暗闇」を「暗闇」から覗き込むということ。 »

November 30, 2005

アクセス忍者TOOLSの色仕掛け---嫌なことに気がついてしまった

何だかすごく嫌なことを見つけてしまったんだけど、この会社のアクセス解析、僕も使っているし他にもいろんな人のサイトで見るんだけどさ。なんで無料版のくるくる手裏剣って、携帯サイトで見ると、突然アダルト系の広告バナーに変ってるわけ?みんな知ってた?(それもクリックするとちゃんと携帯電話用につくられた出会い系のサイトへ飛ぶんだ)
このサイトも携帯で見るとしっかりアダルトサイト宣伝してるぜ。まいったな。
試しに他の人のサイトも見てみたけど、ぜんぶそうだな。きっとほとんどのユーザー気がついてないんじゃないの?見てごらんよ。試しに。
意図的に携帯からのアクセスにはバナー変えるようにスクリプト組んでる?なんて姑息なことをするんだよ。忍者くん。僕はそういう奴だとは知らなかった。色物やりたいならやりたいって最初に言ってくれよ。そういう奴かよ。
通常PC版からは「吹き出し虚無僧」なんて可愛いサイトに飛ばしてるくせに、携帯ユーザーにはいきなり色仕掛けか?それとも有料版へ変えろっていういやがらせ?

#これ気に入ってたのに、一気に嫌になった。どうしようかな。Google Analyticsもココログに仕掛けると、何だか解析結果がトップしか取れなくてはっきりしないんだよね・・サイドに入れればいいのか・・

« 板門店レポート(終章)------心に残る「緊張」と「滑稽」 | Main | なぜ僕は未だ誰も殺していないのか(2)---「暗闇」を「暗闇」から覗き込むということ。 »

Comments

そう!そうなんですよ。
私も先日そのことに気づいて、ほかの解析を探してるんですけど、なかなかいいのがなくて。
頭にきてますよ。

こんばんは。そうですか。さすがに気づいておられましたか。そういえばなおこさんのサイト、前には張ってあった忍者がいなくなっているような・・自分の会社の広告リンクだけ出している地味な会社だとばかり思っていたんですけれどねえ。油断も隙も無い・・という感じ。

いや、実はですね。
こんなこと書くとどうなのかなー。
うちは、サブタイトルの欄にアクセス解析のソースを貼ったんですよ。
ところが、タイトル部分には画像を使ってるせいで、忍者が表示されないんです。すごい裏技じゃないですか?でも、バレたら叱られそう。
狙ってそうしたんじゃなくて、偶然の産物なんですが。
だもので、もしや携帯からアクセスしてああいう現象が出るのは、一種の懲罰かと(笑)
ほかの人のところを確かめるってとこまで頭が回りませんでした。ほほ。


今晩は。

>うちは、サブタイトルの欄にアクセス解析のソースを貼ったんですよ。

凄い・・どうしてそんなことを思いついたんでしょう。(忍者の人、ここを見てたら見逃すように)なおこさん、もしかしたら適職が他にあるのでは?なんて・・。

>もしや携帯からアクセスしてああいう現象が出るのは、一種の懲罰かと(笑)

ちゃうちゃう。そんなことはないです。そんなことで罪の意識を持つのは、いつまでも昔のくだらないことにこだわって、軋轢を起こしているどこぞのBigBanと同じになるからやめたほうがいいです。

で、アクセス解析どうしようかなあ・・・

まだこの話題を引っ張っちゃいますが、
忍者のアイコン、前は数秒間表示された後消えたのに、
今は薄く残るようになりましたね。
商売っ気が強くなってきた感じ。

こんにちは。

>今は薄く残るようになりましたね。

あ、本当だ。なんにしても変え時なんだけどつい面倒で、まだそのままにしています。しかし携帯とPCの配信基準を分けるところがどうもわからないですね。かといって問い合わせするまでの執着もなく。。。

(あるいは単にPC用のスクリプトと携帯表示用のスクリプトをわけただけであって「結果として」携帯用にはアダルト系の広告主が「たまたま多い」で、「表示されちゃった」と。こういうことかもしれないけれど)

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/7389244

Listed below are links to weblogs that reference アクセス忍者TOOLSの色仕掛け---嫌なことに気がついてしまった:

« 板門店レポート(終章)------心に残る「緊張」と「滑稽」 | Main | なぜ僕は未だ誰も殺していないのか(2)---「暗闇」を「暗闇」から覗き込むということ。 »