SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« 夕刻の頃。ぐっと。 | Main | 寒夜 »

December 01, 2005

広島の事件で----産経の主張

finalventさんの日記経由で。

これも結局根は同じ話か。「外国人摘発数の増加」を言うならば、「在日外国人全体の数の増加」を、母数として同時に論じなければ、在日外国人が「可哀想」だ。善意か悪意か知らないが、書いてて気がつかないかね。


来日外国人による犯罪は、年々増加し、わが国の治安悪化の大きな要因となっている。警察庁によれば、今年上半期に摘発された外国人は前年同期(一-六月)に比べ3・4%増加、約一万八百人で圧倒的に中国人が多く、次にブラジル人となっている。

外国人の来日は増えこそすれ、減りはしまい。法務省や警察当局にとっての課題は、来日外国人の就労先や居住地などをいかに把握して、犯罪防止につなげる か。それには、治安の最前線に立つ交番の役割は大きい。また、これからは地域社会が彼らとともに安全・安心をどう守るかを考えることが必要な時代になった といえる。(産経朝刊 主張 12/1 【主張】広島女児殺害 地域一体で安全高めよう


【追記】

ここまで書くならこちらも半端にしておくことは許されないだろう。ここから引用。

「外 国人登録者数は197万3,747人で,前年に引き続き過去最高記録を更新している。この数は,平成15年末現在に比べ5万8,717人(3.1パーセン ト)の増加,10年前(平成6年末)に比べると61万9,736人(45.8パーセント)の増加となっている。外国人登録者の我が国総人口1億2,768 万7,000人(総務省統計局の「平成16年10月1日現在推計人口」による。)に占める割合は,平成15年末に比べ0.05ポイント増加し,1.55 パーセントとなっている。」 {平成16年末現在における外国人登録者統計について(概要)より}

【参考記事】

なぜ僕は未だ誰も殺していないのか(2)---「暗闇」を「暗闇」から覗き込むということ。


« 夕刻の頃。ぐっと。 | Main | 寒夜 »

Comments

ご主張の、趣旨が良く理解できないのですが。

入国している外国人の総数が増加すれば、犯罪もそれに線形に比例して増加するのは当然だとのご主張でしょうか?

だとすると、いささか被害者にとっては納得できないご発言ではないかと思います。

件のペルー人の入国を阻止できていれば、女の子の命が失われることが無かったと思いますが?

こんばんは。

>入国している外国人の総数が増加すれば、犯罪もそれに線形に比例して増加するのは当然だとのご主張でしょうか?

とんでもない。ですが産経の主張は、どう読んでも、外国人の犯罪が著しく急増しているので問題だという主張だと思います。それは、実態に即してどうなんだと、考える場合に、1億人の外国人に対して100人が犯罪を犯すのと、10億人の外国人に対して100人が犯罪を犯すのと、どうなんだというのを知ることは、重要だとまず思ったのです。そうでないと、こうした不幸な家族を生まないための施策が、一部の在日外国人に圧力をかけるばかりで、何も生み出さない危惧はあるのではないかと。

外国人犯罪が問題なのか、それとも外国人はどうでも良くて、犯罪に対する一般的な対策が問題なのか、それを見極めるために必要なデータだと思ったわけです。

反論ありましたら伺います。

百万分の一と一千万分の一は異なるとのお話ですか?
犯罪統計を見たわけではないけれど、日本人の犯罪率と比較して、仮に、外国からの入国者において犯罪率が高いとした場合、犯罪抑止の観点からは重大な関心事になるというのが産経の主張のようにも読めますが?

言葉がまだ足りませんか?
産経の記事の趣旨は記事中にもあるように

>来日外国人による犯罪は、年々増加し、わが国の治安悪化の大きな要因となっている。

ということ。
その実証として、犯罪者絶対数の増加のみをあげて、全体の在日外国人数の増加に触れていない。
そのために

「来日する外国人全体数に占める犯罪者の比率が高まっているのかどうかがわからない」

これが1点。で、その比率が出たとして

「日本人全体における犯罪率の増加と、外国人における犯罪率の増加を比べて、外国人が著しく犯罪を犯しすくなっているのかどうかがわからない」

これが2点目。

この言及がないために、記者が「犯罪者統計」をどのように読んで、外国人犯罪の増加によって「日本の治安が脅かされている」と考えているのか、不明確に感じたということです。


>この言及がないために、記者が「犯罪者統計」をどのように読んで、外国人犯罪の増加によって「日本の治安が脅かされている」と考えているのか、不明確に感じたということです。

産経新聞の記事が、統計分析についての説明が不足していると言うことが問題であるとの指摘なのですか?

外国人犯罪が増加していることは事実なのですから、それ自体の対策が必要であるという主張は、具体的な資料分析があれば容認できるということですか?

質問を繰り返されるのは、あなたとしてどのような意図があるのか見えないのですが、私の前回のコメントで、私の疑義の意味は説明を尽くしていると思います。それ以上に踏み込むデータを今私は持ちません。
あなたのスタンスが見えないのですが、犯罪統計のデータでも引用していただき、何か論点を提示していただくならともかく。


>来日外国人による犯罪は、年々増加し

来日する外国人の増加に伴い、外国人による犯罪は、年々増加し

これなら良かったってことですか?

このテーマには疑問形でコメントする方たちばかりですね。コメントされるなら、オピニオンをどうぞ。私は端的に繰り返されるご質問に、延々と答え続けるミッションは持ちません。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/7411631

Listed below are links to weblogs that reference 広島の事件で----産経の主張:

» 気がつけば師走 [5号館のつぶやき]
 もう12月も2日を過ぎてしまいました。  2期制を採っている大学では、後期の半分が終わったあたりということになります。2005年度の4分の3が終わってしまったということです。残りの4分の1しか残っていないので、今我々がいるところは卒業・進学のための第4コーナーです。息を止めてでも駆け抜けなければならない最後の直線の手前というわけですので、直線にはいる前にもう一度最後の作戦を練り直すなら今ということになります。  来年度に向けての体制を立て直すために一日くらいをかけてゆっくりとものを考え... [Read More]

» 事件取材と弁護士 [ニュースの現場で考えること]
山川草一郎ジャーナルさんが、「語り始めた弁護士」というエントリを書かれている。広島の幼女殺害事件で、ペルー人容疑者の弁護士が報道陣の取材に応じたことを前向きに評価する内容だ。 日本の刑事司法制度下では、事件の容疑者に対する接触・接見は相当に制限されている。容疑者が起訴されて、「被告」になれば、最低でも国選弁護人が選ばれる。しかし、起訴前の段階では、弁護士が手弁当で駆けつける「当番弁護士」(ただし、普通は1回しか来ない)か、もしくはお金のある人は私選の弁護士を付けることが可能だ。つまり、刑事司法... [Read More]

« 夕刻の頃。ぐっと。 | Main | 寒夜 »