SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« January 2006 | Main | March 2006 »

February 28, 2006

「気の小さい大人たち」を読んで、あのことを思い出した。

tsurezure-diary:気の小さい大人たち

これを読んで思い出した。

検閲というのとはちょっと違うかもしれないけれど、遠い昔、中学二年生のときの、ある朝が思い出される。その日は、文化祭の初日だった。前日の夜遅くまで、僕たちは教室の飾り付けをしていた。その中でもメインは、各教科の教師の特大の似顔絵のモザイク。班毎に教師の顔を書いて組み合わせたので、モンタージュみたいな間抜けさと、それでも各教師の特徴を大げさに捉えた、いわばパロディみたいな大型の似顔絵が、教室の壁一面に出来上がって、前日満足して家路についたのだった。

ところがその日の朝。

Continue reading "「気の小さい大人たち」を読んで、あのことを思い出した。" »

February 23, 2006

奴隷になるなら1人で行け----僕らは「人力検索はてな」ではない。

議論になったときの戦い方と言うのは、その人それぞれで特徴があり、鋭いとか鋭くないとかいう以前に、意表をついたような論法で向かってきてくれると、これはこれで趣があって楽しいものだけれど、品がないだけではなく、退屈極まりないのがこれ。実に楽でずるい戦い方である。

「どこに書いてあるんですか。早くリンクを示してください」

これが使われる心理の裏には、相手がそう簡単にそのリンクを示せるわけではないという思い込みがある。で、万一不幸にも相手が見つけてしまったらどうするか。そうすると今度は

「それは、あなたの記事の内容と違います。不満足です」

Continue reading "奴隷になるなら1人で行け----僕らは「人力検索はてな」ではない。" »

February 19, 2006

一生メールします。-----本条かおりの深すぎる愛情

From: 本条 かおり
Date: ??/??(??)??:??
Subject: 一生メールします。

このまま連絡してくれないと私は一生貴方にメールしないといけなくなります。そんな迷惑は掛けたくありません。だから一回だけ、一度だけでもいいから私に連絡して下さい。いらないフリーアドレスでもいいですし、電話なら非通知でもいです。連絡くれるなら何でもいいです。
私もうどうしたらいいのか解りません。こんなに何回も言ってるのに信じてくれないなんて…一体どうしたら連絡してくれるの?

Continue reading "一生メールします。-----本条かおりの深すぎる愛情" »

ITで負けるというのはこういうことを言うのだ。-----堀江メールの真贋騒動

極めて重要な事実を含んでいると思われるメールが、重要証拠として情報筋から届けられたらどうするか。まず間違いなく自分であればそのヘッダを検証しようとするであろう。OutLookやOLEなどでは、標準的出力ではメールヘッダの全てが印刷されない。だが、情報提供者が何らかの形でメールのオリジナルの電子データを持っているのであれば、それは入手することは可能である。ReceivedやMessage-IDを見ることで、昨今の送信者偽装のウィルスメールを見破る場合など、かなりの情報を得ることができる。
Receivedを追っていけばメールがネットワーク上の正しい経路を経て、配信されていることをかなりの確度で確認できるし、送信日時も特定できる。ReceivedにしろMessage-IDも偽装は可能であるが、その偽装行為そのものも安直に行えば、かえって足がつく契機になる。

Continue reading "ITで負けるというのはこういうことを言うのだ。-----堀江メールの真贋騒動" »

February 15, 2006

囲まれているのはそっちだろう。-----今井ブログの出来事を見て。

唐突な話から入る。

今年は雪がひどかったが、そのひときわ激しいときに、スキーに行った。スキー場にある、セミビュッフェ形式のレストランは食事を待つスキー客で、ごったがえしていた。そのうち異変に気がついた。いくらなんでも遅すぎる。いつまで待っても列が進まない。不思議に思って前のほうを見ると、スタッフがほとんどいない。アルバイトも当日ゲレンデまで上ってくることが出来なかったのかもしれない。100人近くいる客への食事の対応を、ほとんど1人の女の子がやっている。さばききれないのは明らかだ。かなり大変なことになってきている。彼女は熟練者のようだが、それでも追いつくものではない。動きの悪い新人風の男の子に苛立たしげに指示を飛ばすが、不慣れなようで彼はあまり役に立たない。客の列がざわつき始めた。これではいつになったら食べられるかわからない。
これは誰かがそのうち文句を言うかと思ったが、意外なことに、誰も文句を言うものはいない。みな、ただ気の毒そうに1人で奮闘する女の子を眺めて、じっと進まない列に並んでいる。
見たところは気の短そうなあんちゃんも多く、すぐにキレる最近の若者というイメージとはちょっと違う。へーと思った。

Continue reading "囲まれているのはそっちだろう。-----今井ブログの出来事を見て。" »

February 14, 2006

遠い路----私たちの心の上に降る雪

韓国ドラマと言うと、橋田須賀子のドラマのように台詞の間がなく、かまびすしい印象がある。やたらと出演者がわーわー言っている感じがあって、「なわけねーだろ」なんてノリで冷やかしながら観るなら結構楽しいんだけれど、少し心が疲れているときや沈んでいるとき、静かにストーリーに浸りたいときには不向きである。冬ソナはもちろん、「天国の階段」や、あの大涙ドラマ「私の頭の中の消しゴム」もその例外ではなかった。泣けー笑えーっと画面全般から来る全力の念波が、それでなくても不安定な心には苦しいときがある。

そんな韓国ドラマのイメージを変えてくれたのが、「深夜のNews」でも紹介されている『遠い路』だ。

Continue reading "遠い路----私たちの心の上に降る雪" »

February 11, 2006

女王蟻の自由について-----皇位継承権は政治の問題なのか

女王蟻の存在は蟻の群れにとってどのような意味を持つのだろうか。女王という名にふさわしくなく、その生命と存在はどこか物悲しさを伴っている。働き蟻など他の蟻は一見女王にかしづき、女王が巣社会の頂点に立って君臨しているように見えるが、実はたった一匹の女王蟻は、子孫を増やすためだけに存在し、生きる。その女王を囲む働き蟻たちは、女王を崇め、保護するように見せかけながら、女王の自由を許さない。実は見方を変えれば女王蟻の側こそ、無数の働き蟻に囲まれた奴隷であると言う見方もできるのである。

天皇は日本国民統合の象徴だ。国民の意見が分かれている問題では、一方にくみする発言は控えた方がいい。これは皇族も同じである。
 天皇陛下は記者会見でたびたび女性天皇や皇位継承について質問されたが、回答を控えてきた。皇太子さまも会見で質問されたが、やはり答えなかった。
 おふたりとも、憲法上の立場を考えてのことにちがいない。
 寛仁さまひとりが発言を続ければ、それが皇室の総意と誤解されかねない。そろそろ発言を控えてはいかがだろうか。(2月2日 朝日新聞 寛仁さま/発言はもう控えては)

Continue reading "女王蟻の自由について-----皇位継承権は政治の問題なのか" »

February 09, 2006

天皇制がわからないことについての、短いぼやき

僕は天皇制がわからない。

女系?男系?
女系だと父方から万世一系に辿れない?
その意味がわからない。

命をかけて守るべきものを守る?
それは男系天皇制のこと?
発言の意味がわからない。

Continue reading "天皇制がわからないことについての、短いぼやき" »

February 08, 2006

言葉がころんと

言葉がころんと転がると
悲しい気持ちがころんと転がる

悲しい気持ちがころんと転がると
言葉がやはり、ころんと転がる。

ころん。ころん。

こうしているうちに
こうしているうちに
何か他のものが出てくるといいのにね。

君を元気づける、何か別のものが。



February 07, 2006

ミュンヘン----国家の絶対的物語と3人の女

munich

1972年9月5日にミュンヘンオリンピック会場で発生したテロ事件、いわゆる「ミュンヘンオリンピック事件」を題材にした作品。ミュンヘンオリンピック開催中にイスラエル選手団を襲ったパレスチナの武装組織「黒い九月」は、イスラエル代表チーム人質11名を全員殺害した。
オリンピック開催中の出来事というショックもさることながら、その後のイスラエルの情報機関モサドと「黒い九月」の報復合戦は世界中を舞台に多くの死者を出した。
原作は、今は本名を変えて米国に住む、元暗殺隊長の告白に基く凄絶な復讐の記録「標的(ターゲット)は11人―モサド暗殺チームの記録」。スティーブン・スピルバーグが映画化したもの。
全編、復讐を進行するモサドの暗殺部隊リーダー、アフナーの視点を中心に果てしない殺戮と終わりのない報復の泥沼に手を染めていく人間たちのドラマが描かれる。苦しく長い164分。

Continue reading "ミュンヘン----国家の絶対的物語と3人の女" »

February 03, 2006

この世界には2種類の人間がいる(番外編)---東横イン宿泊キャンペーン

この世界には2種類の馬鹿がいる。
東横インの社長と、東横インの社長である。

東横インでは、新規オープンホテルのオープン記念キャンペーンとして『サンキュー!ゴメンネ!キャンペーン』(開業後おおよそ1ヵ月間、シングル \3,950、ツイン・ダブル \5,390、ただし期間を通してお一人様2泊まで、また実施期間はその都度異なりますのでご確認ください)をおこなっていますが、このキャンペーンでご 宿泊の際にも金券のご利用がOKとなっています。ご家庭の中で死蔵されている金券等がありましたら、ぜひご利用ください。
詳しくはこちらまで。

            

馬鹿でゴメンネ!・・・
もう終りにします。

この世界には2種類の人間がいる2---バリエーションで遊んでみた

好評につき(どこがだよ)
バリエーションで遊んでみた。

●この世界には2種類の人間がいる。
ホリエモンでしか世界を見ることが出来ない人間と、それ以外の人間である。

#今、いっぱい。

●この世界には2種類の人間がいる。
朝日新聞でしか世界を見ることが出来ない人間と、それ以外の人間である。

#いやな奴だ

●この世界には2種類の人間がいる。
給与明細でしか世界を見ることが出来ない人間と、それ以外の人間である。

#ふつーだよ

Continue reading "この世界には2種類の人間がいる2---バリエーションで遊んでみた" »

この世界には2種類の人間がいる



この世界には2種類の人間がいる。
株価でしか世界を見ることが出来ない人間と、それ以外の人間である。





訴訟と自殺----引き篭もりよ。君は塔を見ないのか

親愛なる真性引き篭もり氏のエントリー。

「やります!」と言っておいてやらないという、普通は人間の評価というものに対してマイナスに働く振る舞いが(少なくとも本人の脳の中では)プラスに働く極めて珍しいフレーズこそが「自殺」と「訴訟」の2つなのである。(ブログにおいて、訴訟の二文字と自殺の二文字は同質である/真性引き篭もり

いや、今回のエントリーはどうだろう。訴訟も自殺も、出来もしないでいるくせに、そんなネガティブワードを口に出して、ポジティブになろうとしている厨房のことなんざ、天才であるところのあなたは、相手にしないでもいいだろう。

Continue reading "訴訟と自殺----引き篭もりよ。君は塔を見ないのか" »

February 01, 2006

杉村太蔵君。今君の事どころではないんだけれど。

あのぽかん顔を右に45度回転させても苛々する。
左に45度回転させても苛々する。
上下さかさまにして見ても苛々する。
裏から見ても苛々する。
こうやっていじっているうちに、何か別の生き物に変わってしまえば
いいのに。

杉村太蔵君。

今は君の事どころではないんだけれど、
寒い夜には君の顔を思い出す。

無人島で2人だけになるとしたら残念ながら僕は
堀江君を選ぶ。君ではなく。


【参考リンク】
杉村太蔵ブログ

ライブドア訴訟が弁護士事務所のマイブームになるのか?

こういう表現で募集をかけられてしまうと、何だかなあという思いが禁じえないのだけれど、ライブドア株主に損害賠償請求を呼びかけている弁護士事務所がある。

ライブドアが有価証券報告書に虚偽したことにより損害を受けた方の相談が急増し、損害賠償請求することになりました。
損害を受けた方、事務所に相談にいらしてください。
相談は無料です。
集団で訴訟提起する予定ですので、一人一人で訴訟するより効率がよいと思います。
第一陣として先着200名様限定とさせていただきます。(弁護士法人ITJ法律事務所 ライブドア株で損をした人、損害賠償請求しましょう

まるで特価キャンペーンのノリであり、弁護士さんも、今回の22万人という桁外れの株主に対して千載一遇のビジネスチャンスなのかと、夜中にお茶を飲みながらしみじみ考えてしまうわけだけれど、この事務所によれば裁判所費用は2万円、着手金5万円、報酬金回収額の15%のAプランと、着手金は無しでその代わり報酬が回収の20%という2つのプランから選択できるのだそうだ。

Continue reading "ライブドア訴訟が弁護士事務所のマイブームになるのか?" »

« January 2006 | Main | March 2006 »

-