SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« キッズは、そばに来なくていいぞ | Main | グーグルの「次善の策」----中国市場での長い憂鬱 »

March 25, 2006

「私たちは平等に価値がない」ことを噛み締める

それで結局私は思うのです。「人間は平等に価値がないのだなあ」と。支配階級が被支配階級に向ける視線、差別するものが差別を受ける側に向ける視線というものは、結局自分に還ってきます。差別してなんとも思わない人間というのは、やっぱりその程度の人間にしか見えないのですよ。
 だからといって差別される側が偉いということもなく。ただ、人間はどこまでいっても人間である。同じ一つの秤に載せられた運命共同体である、そんな境地にまで達してしまいました。
 そしてとても愉快にこの小説を読みました。(「家畜人ヤプー」:私たちは平等に価値がない   -tracker's burrow)

最近、よく電車やバスの中で人のブログを読む。この記事も夕方、バスの中で小さな携帯電話の画面の中で読んだ。

「平等に価値がある」のではなく、「平等に価値がない」という否定話法に少し驚いて記事の小さな文字に見入った後、しばらく窓の外に流れる雨の街を見ていた。

しかし思えば「平等に」価値を否定されたほうがまだ幾分肩の力が抜けるというか、少し楽になるような気もする。あるかないかわからない、何かの「我らの中の価値」を具現化しようと、無理をして頑張るよりも、「平等に価値がない」と言われたほうが、よっぽど楽というものではないか。
「差別する人間はその程度の人間にしか見えない」が、「だからといって差別される側が偉いということも」ない。tracker's burrowさんのベースに流れているのはいつも乾いたニヒリズムのように思えるのだけれど、他方で希望に続く言葉にも読める。

元来あちらのコメント欄で書いたほうがよかったのかもしれないけれど、ここに集う我らで共有することがふさわしいようにも思えて。

長い1週間だったなあ。今週も。

« キッズは、そばに来なくていいぞ | Main | グーグルの「次善の策」----中国市場での長い憂鬱 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/9244905

Listed below are links to weblogs that reference 「私たちは平等に価値がない」ことを噛み締める:

« キッズは、そばに来なくていいぞ | Main | グーグルの「次善の策」----中国市場での長い憂鬱 »