SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« オウム事件・高裁の控訴棄却決定に思う。---村井秀夫を刺した男の残像 | Main | 桜の樹と天空 »

March 30, 2006

Vistaを待ちながら----混迷するMSのOSリリース

Vista_2

桜の季節。

もうすぐVistaが出ますよ、出ますよと壊れた時計みたいに会議で繰り返す奴がまた大量発生していませんか?いませんか。そーですか。
XPが出てから早や5年。何もしないでじっとMSの新OSを待ってきたおバカ開発者が指折り待ち望んでいたもの。

それがWindows Vistaである。

「ウェブ進化論」で言われている「こちら側」と「あちら側」とは程遠い現実がここにはある。どっちが「あっち」でどこからが「こっち」なんだか。遠い遠い夢。

とうの昔からMSのリリースするOSの「テール」が長ーく伸びてしまい、新OSが出てもユーザーのOSチョイスの選択肢がひとつ増えた(増えてしまった) だけ。混乱の根源村祭り程度になってしまった市場への認識も危機感もない。まだユーザーが一斉にマシン買い換えて新しい環境に移行すると思っているのか ね。おめでたい。迷っている会社が出すものは迷いを深めるんだよ。煩悩が深いからね。寿限無。寿限無。主よ。彼らをお許しください。彼らは自分が何をしようとしているかわからないのです。

「先輩?先輩?なにぶつぶつ言ってるんですか?」


マイクロソフトの頭上に垂れ込めるWindows Vistaの暗雲

Windows Vistaの発売が再び先送りされたことで、Microsoftの直面する課題の大きさが改めて浮き彫りになっている。その課題とは、同社にとって最も重要な製品の最新版を理にかなったスケジュールで出す方法を見つけ出す、というものだ。
 今回の計画変更により、Windows XPが公開されてからWindows Vistaがリリースされるまでに、5年以上の間隔が空くことになる。さらにMicrosoftは、新しいオペレーティングシステム(OS)への搭載を予定していた主要な機能の多くを縮小しなければ、この投入スケジュールでさえ実現できそうになかった。
 WindowsはOS市場での独占的なシェアをほぼ維持してきているが、Microsoftが定期的に製品のアップデートを出せなくなっていることから、同社のキャッシュフローに対するリスクが高まっている。 (文:Ina Fried(CNET News.com))

【詳細レポート】Windows Vistaの機能を,製品種別ごとに一覧比較


そもそも要らないよ。こんなに。

「やっぱりソフトハウスには新OSが出るのは朗報なんですよ。来年ですよ。来年。1月に出ます。」


「インターフェースMacみたいですよ。かっこいいですよ。」

ってお前の話はわかったから。聞きたくないよ。長生きしろよ。
Vistaの後5年くらいまた遊べると思ってるだろ。世の中そんなに甘くないぜ。

ヤフー、日本でも「Yahoo! 360°」を開始してSNSに本格参入

ほれ。

「ところでウェブ進化論って流行ってますよねー。やっぱりこれからはMovableTypeですかねー」

・・・・・・・黙ってろ。アーメン。

« オウム事件・高裁の控訴棄却決定に思う。---村井秀夫を刺した男の残像 | Main | 桜の樹と天空 »

Comments

がーん。vista5年もかかるんですか・・・。
vistaになったら
新しいの買うかなぁとか思ってたのに_| ̄|○

いや「あと5年」じゃないですからね。よく読んでくださいね。w

うはw

調べる気力もなくなってしまったんですが_| ̄|○
vistaってロングホーンの新名称??? かな???

立ち直ったので調べてみたら
なんとなく意味わかりました。?・笑。

失礼しました。

>vistaってロングホーンの新名称??? かな???


はい。そうだと思います。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/9325533

Listed below are links to weblogs that reference Vistaを待ちながら----混迷するMSのOSリリース:

« オウム事件・高裁の控訴棄却決定に思う。---村井秀夫を刺した男の残像 | Main | 桜の樹と天空 »

-