SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« GripBlogインタビューを読んで----松永英明氏に誤解を謝罪する | Main | 生き急ぐことととか、メリーゴーランドとか------堀江貴文氏の保釈 »

April 25, 2006

GripBlogインタビューを読んで(2)----R30は何者なのか

R30氏が今回のインタビュアーの1人に名を連ねていたことは、大いなる驚きであった。敢えて「火中の栗」を拾う「そぶり」を見せてくれたことは評価に値する。しかしそれはあくまでも「そぶり」であった。

R30--今回のインタビューを終えてみた僕自身の結論は、「松永氏は普通の日本人と同じぐらいにguilty」というものだった。理由を知りたい方はぜひインタビューを最後まで読んでください。ここでつまみ食いのように書くと誤解を受けそうなので。

R30--この問題に簡単に結論を付けることなどできない。なぜならそれは、松永氏だけの問題でも、アーレフ信者と被害者との問題でもなく、おそらく日本人全員の問題だからだ。自分自身の過去の反省をうやむやにしてきた我々日本人自身が背負っている十字架を見ずにオウムを罵倒する人は、まさに自分を嘲っているのと同じである。

そうやって、視点を我らよりも30cm上に置き、無難に普遍化することはた易い。そうした意味でこのR30という希代のブロガーが今までしてきたことは、絶え間ない「趣味による」普遍化の重層的な繰り返しであったとも言える。
民主党懇談会でほとんど一言の発言もなく速記に集中し、誰よりも早くその特報エントリーを速報アップした上で、ブロガーの「はしゃぎすぎ」を500マイル離れたところから1人侮って見せた彼は、その同じ筆によって、今回は2ケ月もの長きにわたって、この問題の問題点に対して沈黙した末に、極めて恐るべき、そして優秀なオーマー「松永英明」を、我ら日本人の「普遍の問題」として捉え、「趣味として」そして「仏教徒として」、この事件をこともあろうに、アジアと日本の問題にメタ昇華して、今後も華麗なるアルファブロガー人生を続けていこうとしているのである。
泥水に一瞬身を浸すと見せて、鮮やかにタオルで身を拭い、「天からの視点」を自分に完備する手際の良さは見事としかいいようがない。それが2006年の「アルファ中のアルファ」の極めつけの芸である。

>R30 :それって戦後50年、なぜ日本がアジアとの関係を決算できなかったのかというのとほとんど同じ質問ですよね。

>R30 :というわけで、公安が烏山の前にいるのは日本国憲法をGHQに押し付けられたのと同じレベルの話じゃないでしょうかという。

>R30 :まーね。でも、それで僕が言おうとしたのは何かと言うと、日本は今アジアから、「日本が憲法改正したらまた攻めてくるのか」と言われてるのと同じで、内部の本質的な反省がない中で、外から与えられた枷だけで今そこに踏みとどまってるだけじゃないのかというのが、今のアーレフだっていうことでしょう。あんた方はこの10年間であの事件の内部的な問題として何を反省したんでしょうかという質問に、「今は僕は何もそんな危険なことは考えてないから」と言うのは、外の人が要求する説明にはなってないんだよね。つまり世界観がああいうことに結びついたという解釈なのか、それとも単なる組織問題として、アホなイエスマンをたくさん省庁のトップにつけて、イエスマン同士が功名争いしてサリンを作りましたみたいな話なのか、それとも何なのかという、そこの問題をどう自分たちなりに結論出しているのか、全然わからないじゃないですか。


>松永 :だから、教義によって事件が起こったとみんな思っているんだけど、中にいる人たちは、教義と事件が結びついていないわけ。
>R30 :それって、戦争責任のとり方について日本を批判するアジアと同じだと思う。僕は特定アジアというよりは、タイという表面的には極めて親日な国で、ものすごい勢いで非難された経験があるので、やっぱりその辺の感情が、日本人が思いもよらないレベルでアジア人の根っこに深くあるというのは、すごくよくわかるのですよ、実は。決して中国人や韓国人が国内政治のために言ってる話だけではないということも僕はものすごくよくわかるのね。だからたまたま日本はその後もまた経済大国になれたので、みんなしょうがないからね、あんだけ自分の国よりでかい国なんじゃ文句言ったって始まらないかなというので黙っているけど、多分経済的な力がない国であれば、確実に日本人はオウムみたいに徹底排除されてた。今の話を聞いているとすごくそう思う。多分、力のない人たちって、散り散りになって最後のひとりが死ぬまで「お前らには内在的に危険な論理があるんだ」と言われ続けて終わるんだと思うんだよね。そうならないためには、そこにやっぱり何かが必要なんでしょうね、何かが。反省と言うとすごい軽い言葉になっちゃうんだけど、事件を起こした本当の原因を探し出して批判しないと、多分これって終わらないのかなという気がしていて。

>R30 :「私はそうは言えません」というレベルにあるならば、逆に言うともう、これってアジアと日本の戦争責任問題と同じだぞと。日本人って実はアジア人からこういう風に見られてるんだぜ。それって俺たちがオウムってことなんだぜ。と言うしかないんだよね、そう思う。

>R30 :それって、「戦争をなぜ日本が起こしたのか、お前は靖国に行って参拝することをなぜ反省しないのか」と未だに言われてる話と構造が全く同じで、「いや、私はそこまで考えていませんでしたよ」というのと、ほとんどレベル的には同じですよね。
単にそれが非難する側とされる側の両方の集団を比べたら、される方の日本の経済力が圧倒的にでっかいから、する方は黙ってるしかない、みたいな。そういう感じだよね。

私はR30氏の異常なバランス感覚に絶望する。実にインタビュー中、オウム真理教事件を日本とアジアの戦後の関係に比すること4回。GHQの占領と烏山本部を取り囲む公安を比すること1回。信者の心的自由を、靖国神社参拝問題に比すること1回(これはもともと松永氏の論である)。いったい氏は、今までどんな歴史観を、哲学を形成してきたのだろうか。そのあげくが自サイトでのこの台詞。

本的に、僕自身はこの話に「民主党ブロガー懇談会に参加した」という以外ほとんど何も接点がなく、で、もちろんあの時には泉さんとの面識もなく、松永氏がアーレフのサマナであったことなんかも知りもしなかったし、その後各所でいろいろあったらしいトラブルにも関与していない。なので、今回のインタビューについても、興味本位で聞きに行った以上の何者でもない。ただの「趣味のジャーナリズム」だ。
 趣味であるからして、今後松永氏の発言の裏を取るべく取材するつもりもないし、その義務もないと思っている。だから「R30は松永の発言に信憑性を認めるのか」とか詰め寄られても、答えられるわけがない。そんなことは読み手がネット上に書かれている情報と照らし合わせて判断すべきことだし、松永氏の主張に教団のプロパガンダや陰謀を読みたい人は、勝手にそう読めばいいと思う。

首都の中心部に対して加えられ、多くの罪なき人を殺害した現代のテロ行為と、その後も体系的に(4/25修正)事件を総括することを終に今日まで成しえないでいるアレーフとその信者を、近世の国家と国家が対峙した、日中あるいは日韓の関係に敷衍して一緒くたに論じて、恥じることのないその無神経さと、今も苦しみ続ける被害者がいることを知りながら「趣味だから」と言ってのける、その「傲慢で偏った知のあり方」に、私は今唖然としている。

少なくともこの数年、この人物をアルファブロガーとして奉じなければならなかった、この国のブロゴスフィアの悲劇を今心より嘆く。

« GripBlogインタビューを読んで----松永英明氏に誤解を謝罪する | Main | 生き急ぐことととか、メリーゴーランドとか------堀江貴文氏の保釈 »

Comments

うーん読みようでは「松永君、ああたの言い分は結局、小泉君の開き直りと大差ないんでないの?」と言いたいようにも読めますが。日本とアジアの関係にたとえて松永氏をかばうんなら、いつまでも批判してるアジアが悪いってことになるが、R30氏が言いたいのはそうじゃないだろうし。正直何が言いたいか分からん。

いいタイミングなのでお聞きしますが、あなたいったい誰なんです?
あなたも民主党の懇談会に出てたんですよね?
なら素性を明らかにしてくださいよ。
あなたが何らかの宗教団体の関係者(信者含む)、市民団体関係者、右翼、左翼団体関係者、その他の各種団体関係者ではないか。
「純粋な日本人」なのか。
その辺を明らかにしてくださいよ。
もちろんあなただけではなく出席者全員が素性を明らかにすべきですが、
私は特にあなたの正体について知りたいのです。
誰なんですか?

もちろん答える義務はありませんから、嫌だと思うのならお答えいただかなくて結構です。
ただあなたの今までの行動から見て、やましいことがないと言うのならきっと自分から正体を明かしてくれると期待しています。

私の「正体」については、「絵文禄ことのは」の松永英明氏、GripBlogの泉あい氏始め、R30氏、小飼弾氏、FPN徳力氏、民主党前原「前」代表といった錚々たる方々が正しくご存知ですから、お問い合わせを入れたら如何?

教えてくださるかどうかは知りませんが。

うん。第一印象がBBさんと同じかな?
松永さんがどうこうと言うのもだけど、R30さんの立ち位置とかが「へー」って感じ。
もうそれだけで確かにエントリー上げられるわ。
R30さんトコは防護障壁高そうね。
儂は「私」さんの味方をする(笑)
「私」さんがどう振る舞うかわからんけど、もう決めた。

> お問い合わせを入れたら如何?

自分からは答えられない理由がある、と理解してもよろしいんですね?

とりあえず「聞け」と言われたので調べますが、その結果は公表させていただきますので。
公表しないでください、というのならそれはそれで尊重しますが、今までのあなたの立ち振る舞いからはそんな発言は出ないと信じてますよ。

おや、脅迫ですか。

誤解をされませんように。

あなたの個人的関心を満たしたいなら「聞けばいかがか」と申し上げましたが、その結果をネットで公表する許可など出していませんよ。

意に反して脅迫的目的で個人情報を公開するなら、然るべく対応しますので。

どこが脅迫なんですか?
金銭の要求もしてませんし、身体に危害を加える旨も通告してませんが。

別に個人的関心だけで言ってる訳ではないんですがね。
民主党という最大野党に関わった人間の素性が一切明らかではないのが問題なのは松永氏の件で分かったでしょう?
あなた自身もそういうスタンスで発言をなさってます。
ならばご自身で明らかになさったらどうですか。
住所氏名を公開する必要はありません。
おかしな団体に属していないという証拠さえあればいいんですが。

「おかしな団体」とは具体的にどこを指すのでしょうか?私には意味がわかりませんが。

>おかしな団体に属していないという証拠さえあればいいんですが。

あなたが列挙された団体例があなたにとっての「おかしな団体」でしょうか?私はその価値観を共有しませんが、お答えしておきますか。

>あなたが何らかの宗教団体の関係者(信者含
む)、市民団体関係者、右翼、左翼団体関係者、

全部NOです。

>その他の各種団体関係者ではないか。

各種団体ってどこ?

>「純粋な日本人」なのか。

私の知る限り純粋な日本人です。

逆にお尋ねしますが、あなたがこれらの団体を「おかしな団体」と考える根拠を教えてくださいませんか。また、「純粋な日本人でない」場合、この件に関するどんなことが問題になるのですか?

この(インタビュー)の人達、「反日」仲間でしょうか?

朝鮮「寒流」の真似して「中流」ガールズを売り込んで、
もしかしたら政治家や企業家に斡旋して橋龍や自殺した外交官みたいに
ゆすろうとしてた、なんて考えると面白い。

民主や自民の懇談会にでたのも、暴力団が堅気の人に近付いて、
その後で「暴力団と付き合ってたゆーのが公になってもいいんですか?」と
ゆすろうとするのと同じ線だとすると納得しやすい。

umeは梅原ハシシで松永が河上イチローとしてネット工作してた時から日本破壊工作のパートナーだとするともっとわかりやすい。

松永は元々オウム教徒らしからぬ行動があったというのも
偽装脱会どころか、そもそも偽装入会してたのだとするとさらにわかりやすい。

寒流、中流、web2.0、アレフブロガー、参加型ニュース、ライブドア、中国と北朝鮮、統一創価、すぐに「それは差別だ」という発想になる被差別意識と恫喝や攻撃性を共有するはてな?な人たち。

いや、証明になってませんよ、それじゃ。
口でならいくらでも言えますから。
そこまでやりたくないというのなら別にいいです。
こちらも公表しませんので。
ただ、「政党の活動に素性の分からない人間が関わることができる」という前例ができたということは確かですが。

> あなたがこれらの団体を「おかしな団体」と考える根拠を教えてくださいませんか。

おかしな団体に所属していないかと聞いただけで、前にあげた団体すべてがおかしいなどとは言ってませんよ。
その中にはおかしな団体もあるってだけです。
まあ政治活動に関わるべき団体かどうかって問題もありますが。

> また、「純粋な日本人でない」場合、この件に関するどんなことが問題になるのですか?

在日朝鮮人、在日韓国人、外国人が日本の政党の活動に参加している可能性があったので聞いただけです。
その是非は保留しますが。

理解力の足らないお馬鹿さんがいるみたいなので、替わりに例をあげて説明しておきましょう。

■公表したらまずいことの例

「id:kyomoeクンの本名は○○○○」

■公表してもいいことの例

「id:kyomoeクンは、彼女いない暦29年」

誰も本名公開するなんて言ってないんだけど。
「住所氏名を公開する必要はありません」って書いたの読めませんでしたか。

まあ彼女いない暦29年かどうかも事実かどうか分からないんですがね。
あ、kyomoeさんの話ですか。俺じゃないのか。

ま、そうイライラなさらず、一回抜いてから寝てくださいな(笑)

素晴らしいエントリだと思います。
R30も本件で、現実世界を突き抜けて、
ブログ世界に昇天してしまうのではないかな?

R30氏のトコに書き込めなかったので、こっちに書こう。

菊地直子は教団関係者であり指名手配犯でもあるのだよ。
指名手配犯に敬称をつけるなんて無知じゃない限りできないと思うがねぇ。

R30のところに書き込めない
という人が多いですね。
なにがアルファなんだかね。
・・・ぼやきをすいませんでした。

氏は、典型的な新自由主義者です。旨く立ち回り、ようやく勝ち組の一端にひっかかっていると思いたいのだけれども、そこから転落する不安に絶えず脅えている。
奇妙な攻撃性がありますが、うつむいた猿の如く用心深い。眼がぎらぎらしています。
記事は大量に書けるものの、あまり文章は旨いとは言えないですね。
歴史認識は、何処かから借りてきたような代物です。つまり俗論に近い。
とうに論破されているテーゼを使って、オウムやカルトの問題を戦後というものにすりかえている。ニヒルに笑ってみたいのでしょうが、では自分は何なのかという内省が、絶えず先送りになっていることも特徴です。

これでマーケティングを名乗るのは自由ですが、おそらく20代後半までの方にしか通用しない。論に深みがないんです。目先の損得経済を語らせると、まあまあですが。
「才あって徳なし」
徳というのは何かというと、簡単に言えば想像力のことなんでしょう。
#マーケティングも最後には、それに近づいてゆくものなんですけどね。

怒りを文章に著わすのは大変な作業だと思います。

表現方法としては「無言」と言う手法が結構効くのですが
ブロガーが無言になってはしゃれになりません

感情まで代弁していただけるとは思いませんでした。

まだまだ先は長いでしょうが、是非真のブロガーとして
頑張ってください。

今度はR30氏に転換したようだが。
黒崎さんと「通りすがり」さんは何と戦ってるんでしょうか?

オウムとは比較にならないほどの殺人を
繰り返してきたキリスト教についてはどう
思いますか?
そのキリスト教系の学校に多くの人間が通い
税金が払われてることはどうですか?

単に力を持っているかどうかの差でしょう。
どう思うもクソもない。
宗教だろうと個人的な主義だろうと同じこと。

しかしR30の(呼び捨てで十分です)「インタビュー」にはあきれました。
芸能界のヨイショ記事よりひどい。松永がここのコメント欄で「首相の靖国が~」とか詭弁をしゃあしゃあと言ってましたがR30もそのマネをするとはねw

数十件の殺人事件、数千人の傷害事件を起こした犯人の頭の中には、
↓の殺人説法・ヴァジラヤーナの影響が間違いなくあったと思います。
http://www.bekkoame.ne.jp/i/sinzinrui/vkyogaku.htm
あちら側の理屈でそれを正当化されても、こちら側に影響を与えるのならそれには関係なくこちらの理屈で裁く、それだけのことです。
こちら側の法律を守る気がないなら困難があるのは当たり前でしょう。

地蔵(はてなid:kyoumoe)といい、泉さんのコメント欄のあめぐり(id:amegriff)といい、どうやらDer Angriffの連中は自分たちが「盛り返してきた」と勘違いしているようですねw 
こいつらは”はてな”で、松永とつるんで荒らし回ってるネットチンピラなので気にしないでください。>BigBangさん
あめぞう・Der Angriff 残党WATCH
http://d.hatena.ne.jp/Fukui_Toshiki/20060329#p15
http://ex9.2ch.net/test/read.cgi/net/1145530875/
 jizou(kyoumoe)
元あめぞう芸能板管理人の乱道夢幻。
三才ブックスのゲームラボで「健全な青少年の為のツールレッスン」という連載をやってる月宮恬然というエセライター。
カブロガニ三兄弟の末弟。「借金をしても返さない」という芸を身につけており、債権者から罵倒されて逆ギレするのが常。
 amegriff
あめぞうやDer Angriff界隈のブラックバス、 別名ショタ萌えであやしい系掲示板も運営。
金玉男という名前を使うこともある。 カブロガニ三兄弟の長兄であり京都市右京区在住のカリスマNEET。
※自前のサイフなんて
http://d.hatena.ne.jp/Fukui_Toshiki/20060316#p9

それにしてもそっち側の人間は論点ずらしが大好きですねw
>けん・cyberbob:-)

なんでBigBang氏はインタビューの場に参加してないの?こんなに一生懸命騒いでるのにハブ?

はい。HUBですけどハブです。笑

>なんでBigBang氏はインタビューの場に参加してないの?こんなに一生懸命騒いでるのにハブ?

湯川秀樹やガ島ショコラも入ってないしね。湯川さんがあのインタビューをどう思ってるか聞いてみたい。

しかし驚いたねR30には。
何の関係もないアジアだの日本だの持ち出して。
俺たちへの反対者はウヨで軍国主義者で2chねらで嫌韓厨ってか(笑
ただレッテル貼って終わりって、それがアルファブロガー流なんでしょうか(笑

正直ここまで馬鹿だと思ってなかった。
これでブログジャーナリズムだのWEB2.0だのの幻想はこれで完全にとどめをさされましたね。
こんなものだったのでしょう。

 あれ、単なる野次馬企画じゃん。

 別に思想的にどーこーとか読者に対して挑戦的・挑発的とか思うのは「記事見て思う奴が勝手に思え」ってだけで、内容的にはどーってことない、聞きたかったから聞きましたレベルでしかない。
 あと、靖国や日本の国体をダブらせて物を言ってるのは、読者よりも被取材者に遠慮してるっつうか、ああいう風に適度に肩持った言い回ししないと「掲載許可が下りない可能性がある」からでしょ?
 どこの誰が「貴方の悪口言って評判取りたいんで取材させてください」で許可しますか?

 そおゆう部分もあるから、せいぜい2重3重に好意的(笑)に解釈して、「そう書かざるを得なかった理由」とか加味して読んであげれば? と思った次第。

 表面ばっかり撫で回して読んだ気になってるのは、何処の誰なんだい? ってことも考えないと。字面見て批判するだけだったら小学生でも出来るでしょ。

「私」って捨てHN、なかなかいいですね。
「私」ってバカだなって書いたら私がバカみたいになりますからね。

うん、まぁそうなんだけど、導入部からズーッとそれで、後半もそれで、最後の方はR30さんの自分語り風になって・・・・座談会として呼んで座談会として終わった。

馴れ合うために?思想的な近似値を採っただけでは、同席者のイメージが損なわれるだけではないかなぁー。

ゴメンね「私」さん。

>私さん
どーってこと無い事を書くのがブログなんですよね。
掲載許可を取って書かなくてはならないんだブログは、へー
それで政党の懇親会に出れるのはすごいですよね。

そい言う諸々の
裏が見えるアナタって素敵。

アホな私にはわかりませんでした。
裏を判りやすく教えてネ。

ひょっとしてR30の知り合い?


野田氏のスクープと、自らの支離滅裂で当事者意識の欠落した言動が原因で経済的にも精神的にも窮地に陥った、「ブログ界の伏魔殿・松永英明」。

その場限りの思いつきだけで無責任かつ稚拙な取材を繰り返し、ジャーナリスト(自称)としての信用が完全に吹き飛んだ、「幼稚な確信犯・泉あい」。

早い話が、ネットにおいてもリアルにおいても、にっちもさっちも行かなくなった疑惑のブロガー二人の利害が一致した時点で、この対談は「敢えて」ではなく、「必然的に」成立したのですよ。

さてここに「参加型ジャーナリズム界の小心卑屈なグル・湯川鶴章」と「軽薄な太鼓持ちIT宣教師・R30」が加わって、残念ながらこの流れは止まらないわけでありますな。

「R30氏を呼び捨てにしてまで書く意図はなかったんですが、うっかり敬称を抜かしたタイトルでアップしてしまった。あ・・と思ったんですが、今更訂正してももうRSS流れちゃっただろうなあ・・とそのままにしました。
まるで仮谷さん事件で薬の量をまちがえたオウムみたいですね(笑)」

ともしも私が書いたら、どんな感じがするだろうか。比較していいことと、いけないことがある。談笑していいことと、いけないことがある。もしかしたら人間だから話しているうちにくすっとしてしまうことはあるかもしれないけれど、それを公表したときにどんな人が読む可能性があるか、考えなければならない。

泉さんにこの難局を回す力がないのは、ご本人が認めている通り。問題は残りの3人でして、特にR30氏の勘違いぶりは、私には極めて印象的だった。
その一方で、今でも松永氏、R30氏の存在に傾倒する若者はたくさんいる。そうした背景があるのに、出来上がったインタビューは、オウム、それも反上祐派の松永さんの主張を宣伝しただけの、非常に危険なものに仕上がってしまった可能性があると思います。(出なかったほうが良かったとは思っていませんが。いろいろなことが見えたし)

このインタビューを読んだ違和感は、即時表明しておかないといけないと思ったのが、いささかR30氏にはきつい表現になった理由です。

>>通行人さん
>どーってこと無い事を書くのがブログなんですよね。

 そうなんだ? ふーん。ブログの掟がどうなのかは知りませんけど、普通他人から聞いた話を自分のトコに書くとき(取材や座談など)は、相手の許可を得て話してくれた相手に粗相のないようにしておくものだと思いますけど。
 誰が相手であれ、取材しました記事にしましたっつうなら、その時点である程度の関係ができるわけですし、関係が出来た以上、なるべく友好を保っておくもの。そうしないと次回次々回以降の取材を申し込めなくなるし、ある程度馴れ合っておくから突っ込んだ話をしてやり込めることも出来る。
 人間関係の構築無しに、初手から喧嘩腰で掛かってくる奴を相手にひたすら下手に出る人間は居ない。どんな奴でも「話をする」以上は、それ相応の礼を以って遇すべし。そんだけでしょ。

 ただ単にそれだけでしょ。あと、取材や座談の常として、書き手が話し手に対して遠慮して好意的に書くことは、よくある話。その場合は、内心どう思ってるの? という部分をある程度推察する必要がある。好意的な書きっぷりをしてるけどホントに好意的なのか? と。

 それから、私は別にR30氏やオウムの肩を持ってるわけではないですよ。R30氏の行動はどちらかと言えば否定的に見ているし、心情的には完全な反オウム主義なんで、そもそも取材をしてしまうっつう選択肢自体、私自身にはあり得ない。
 その「あり得ないこと」をやっちゃうから、そこに関して(のみ)凄いですねある意味神ですねって言っただけ。

 R30氏のお宅でもそれなりに発言してますけど、そういう部分も加味して考えていただければ、少なくとも「私」がどういう目で氏を見ているのか。そこだけは分かるんでないかと。分かんなきゃ、別にいいです。

 誰がどう見てもどーでもいい事を書くなら書き捨てで結構でしょうし、いちいち相手の許可を得る必要も無い。
 今回のケースだとどーでも良くない事案ですから、少なくとも話し手に対して礼を失するのはマズい。何はともあれ「話して貰う」とこから始めないと、いまこうして我々が松永&R30叩きをすることもない。
 よく言えばインタビュアー悪く言えば太鼓持ちが職種の人って、そういう場面では読者よりも話し手の機嫌を伺うものですし、そうじゃないとそもそも話を聞きたくても聞けない。私は読者の代表者だ読者を代表して貴様に問いただしたいことがある! みたいな大上段なスタンスで話なんか出来るわけない。
 少なくとも「話した」「なんか聞いてきた」「聞いたことを書いてみた」までは、普通はやんねえ。やんねえことをやったら、そこは凄い。

 それ言ったら泉あい氏も似たようなもんだけど、泉あい氏の場合は民主党の懇親会に紹介するとか、抜き差しならん現場に顔出してるからアウト。R30氏の場合は、そこで知り合ったのをいいことに今後のお付き合い(笑)の一環としてネタにしてるから、セーフ。そういう感じ。
 メインディッシュはアウトで、前菜やデザートはセーフってところか。

黒崎@仮想マーケティング

「私」さんどうも。
R30氏のところで、よく馴れ合い漫才されているのは知っていましたが、今回のあなたの論は擁護としては苦しいですね。中学生が業界通であることを匂わせて、周りを煙に巻くことにも似て。ヨイショ記事書かなければ取材させないって、そういうもんではないんだよね。PR記事じゃないんだから。そしたらそこに「広告」って入れないとならない。
ご存知でしょう、シャッチョサン。

ま、それはともかく。
はっきりしているのは、R30氏がこれから、政治とか経済とかそういったものをネタに書いてゆこうとする時、必ず今回の件は引き合いに出されるだろうということ。
彼は教育関係の企業にいるとプロフにありますが、そして松永氏もこんど歴史か何かの本の企画があるとかインタビューでは言っていましたが(5)、ナルホドねと外野は思う訳です。
オウム現役信者に歴史教育書の執筆をされてはたまらないと思う父兄は、全国にどれくらいいるでしょうね。
同時に、オウム事件を戦後の日本になぞらえ、分かったようなことを言ってしまったR30氏は、従来にも増して勤務先が推定されるようなことは避けなければならなくなったと。

R30。彼は今回、セルフ・マーケティングに実は失敗した。という側面があるんです。
彼が得意なのは、携帯の未来像とかそういった日経BP的なライティング。
それも仮想のものでしかないんだけれども。
あの空疎さは、彼の持っている本質、存在の形なんでしょうね。

黒崎@自分だけ

もうひとつ。
松永氏のインタビュー。これは湯川さんにとって、全体としてはとても不利益なものになる可能性があると推察しています。
湯川さんが属する通信社や関係するだろうスポンサー企業にとって、この程度の宗教観あるいは歴史認識の公の場への提示は、この後オウムに詳しい方に話を聞く予定があると断りがあったとしても、とうてい受け入れられるものではない。
それらは全て、反射的に湯川さんに戻ってくることを覚悟されなければなりません。
理由はおわかりですよね。

本インタビューは、火中に栗を拾うなどというものではなく、登場人物、彼らの本質を露呈してしまったものだと思います。それは、現在大変な窮地にある湯川氏の逃げ場を剥奪し、自分達は安全なところにいて、歴史や現実に苦しんでおられる方を相対化して眺めているという視点に繋がっています。
つまり、相手の置かれた立場に対する想像力はほとんどなく、ベースにあるものは社会的ダーウィニズム(生存競争ね)でしかないのか、という疑問さえ生じる(これ、ちょっと分かりにくいですか)。

本件は、これを出すことによって周囲にどういう影響があるのかということを、現実味を持って感じることのできない人たちが集まっていた、ということではないですかね。
つまりは、自分の精神世界と経済活動にしか興味のない、子供たちの集まりだった。
またそれは、アルファとか呼ばれた一部ブロガーの特徴のひとつであったのかも知れないと、私は思うようになっています。

 あとねえ。私、インタビュー記事読んでないわ。
 面倒臭いもん。あんなの全部読むのかったりーし。

 だーかーらー。
「普通はやらない」「神かキチガイ」「シャッチョサン自身はどう思ってるの?」と書いてるよ?
 私は否定的なんですってば。擁護? ハァ? って感じ。
 弾けちゃった一点に関してはスゲーなって褒めてますけど。

>中学生が業界通であることを匂わせて、周りを煙に巻くことにも似て。
 それは、言われなくても普通に感じることでは? 「私」に対してそう思わない人が居るなら、そっちのほうが(おつむが)心配。これもまた、過去から今まで度々自己申告してます。

>ヨイショ記事書かなければ取材させないって、そういうもんではないんだよね。PR記事じゃないんだから。そしたらそこに「広告」って入れないとならない。
>ご存知でしょう、シャッチョサン。
 そらまあ、普通はご存知ですよ。

 そじゃない取材(笑)をやろうとしたら「ダメだ」って突っぱねられる可能性だってあるでしょ。その場合「ダメだ」って突っぱねた側が意固地になったら、どこぞの週刊誌の追っかけか江川紹子みたいな形でしか取材(笑)できないじゃん。
 そういうのを避けたかったら、ヨイショだろうが馴れ合いだろうが、とりあえず懐に飛び込んでそこから書かないと意味ない。っていうか短期間でズバッと書けない。

 読者がそういうの見てどう思うかはともかく、どういった形であれ、ある程度の一次情報が提示されないことにはそこから先の話が続かん。相手の存在そのものが無視で消えるわけじゃないんだから、ある程度「今どうなのか?」くらいは認識する必要があるんじゃないの?
 たまたま、シャッチョサン自爆してネタ提供しただけでしょ。

 くどいようだけど、私は擁護してないっつうの。そーやって即○×付けるのよせっての。

 今回のケースでR30たん風向き悪くなって不利だと思う向きもあるだろうけど(私もそう思ってる)、今後オウムがなんかやらかしそうになったり世間の目がオウムに向いて何か話しないか? ってな雲行きになったとき、なんだかんだで「渡りのある人」が決定的に有利になる。
 泥縄式正義派気取りで「その場で」取材を申し込んでも洟であしらわれる可能性だってあるわけだから、ある程度渡りをつけて口を滑らせてしまう可能性を持った手駒を持っておいたほうが、後々お得なんじゃないですか? とか。

 擁護するわけじゃないけど、その程度にゆとりを持って見ておいたほうがいいんじゃないかと。それでなくてもシャッチョサンは宗教にハマった過去があることを自己申告してるわけですし、フツーに考えて、彼も(ある意味)危ないと断ずるのが常道。
 そういう人が何かやるんだから、そらまああいう結果になるんでは? とか。そういった判断があまり散見されないのは、如何なものかって感じ。
 ちょっと(読み手としての)判断が性急過ぎる気がします。

>私さん

R30さんの今後の「渡りのつけ方」など心配してあげる必要はありませんし、元々1回きりの「趣味であった」、得意然として言ってのける人です。仕事上の自分の商品価値と注目度を常に優先して考えて動く人でもあります。

対象を初頭から怒らせてコメントがとれなくなったらまずいとおっしゃいますが、そんなことはインタビューでは基本中の基本。今回に限った話ではありません。だからと言って、取材対象の言い分をそのまま流すインタビューは、決して信頼されません。前提を踏まえてなお、こちらの聞きたいことを聞き出すのがプロのインタビューではありませんか。(もっとも今回のインタビュアーの誰が真にプロなのか疑問の点はありますが)

今後のことを考えるも何も、記録はこうしてネットに永遠に流れます。次回を考えて云々は通用しません。2度目は基本的にはないのです。流れた内容に違和感があれば、直ちにおかしいと表明するのが、こちら側の態度としては当然であると私は考えます。

もしも、「こちら側」の評価に何か反論があるなら、泉さんなり、R30氏なりが反論すればよいのです。ネットには常にその場が開かれていますので。

こちら側であれこれ、R30さんの今後の「渡り」のポジションを考えてあげる必要はありますまい。

それともう1つ。

今回のインタビューは、あれほどの混乱の末に、かなりの時間をかけて、行われたものです。この結果は大きく重いものだと私は考えています。

性急すぎるといわれますが、特に松永氏とはFlash公開以来の無数のやりとりがネットの随所にあります。その集大成が今回のインタビューであり、その後2度とその機会がないとまでは言いませんが、ある程度の評価をされるのは当然であり、性急とまではいえないのではないでしょうか。

私は今回のインタビューがなされたことは評価しますが、その内容についてはエントリーに書いたとおりの評価です。読み手全てを代表できるとは思っていませんが、性急どころか、辛抱強く待ってきた結果であると、私自身は受け止めています。

横レスのようでごめんなさい。

結局のところ、アレフと語源を同一にするアルファ感で集まった人たちの会合だったんでしょうね。
トップブロガーたちを扱った本が、アルファを冠したことは慧眼ですね。

ご存知かもしれませんが、アルファ感とは、イヌの飼育で言われることで、その集団で自分が一番だと思う絶頂感のことです。アルファ感が壊れていないイヌは集団に適合できず、人に噛み付くのです。

オウム真理教が教団名をアレフと変えたことに、彼らの危険性が温存されたことを読み取っていない社会も素直すぎるのですが…。

黒崎@肝試し

「私」さんって面白いひとですね。
R30氏が肝試しして戻ってきた英雄みたいに思っているのかな、と。
気持、分からなくもないですけどね。

過去に宗教に嵌まろうが何しようがそれは個人の自由なんですわ。
青年期にはありがちなことです。でもそれはあくまで個人的なことでね、R30氏や松永氏の精神世界の遍歴に、世間一般は何の興味もないんですよ。
その効用が認められているのは、いわゆる文芸や芸術の世界だけかも知れません。

自分が社会の中のひとつの点である、という認識に立つところから大人ってのは始まるものですが、それがどうも参加者には見当たらないんだな。
R30氏は、精神世界の混迷から一気に経済社会へ。全てをマーケティングや効率やITという切り口で考えることにした。中古マンション購入と転職とかね。
単なる裏返しの物語でしかないんです。
でもよく読むとね、彼の揺らぎとそれを無理やり振り切ろうとする心の動きが透けてみえるんです。

#黒崎夜話
http://kurosaki-yowa.seesaa.net/

この「私」って人も傲慢ですね。
他の人にああしろこうしろとうるさい。

ことが発覚してもう十分時間が経っているのに「性急だ」とさ。
松永もなぜか盛んと時間稼ぎをしようとしてましたね。

「援護してない」、「援護するわけじゃないけど」、とか言いながら
褒めたりして、読み手の態度を批判することで結局援護してるのでしょう。


傲慢で押し付けがましいオウムみたいな連中が
愚かな言い訳や援護を試みて次々に正体を晒していく例がまた一つ。


今回のインタビューを私は高く評価してますよ。
あまりにも傲慢で詭弁ばかりでオウム体質丸出しなので、
ライブドアだのWeb2.0だのといったカルト商法のマヤカシに
だまされる人が少しは減るでしょうから。


おまけに、松永やR30といった人たちへの評価を読めば、
それを書いた人のことが凄く良くわかって本当に便利。
まさに理想的な展開ですね。
今後も、彼ら困ったチャンたちの必死のパーフォーマンスで
傲慢カルト体質についての理解が高まると良いですね。

R30氏のセルフマーケティングそのものが「裏返しの物語」で、今回の一件には「揺らぎとそれを無理やり振り切ろうとする心の動き」が見えるって、なるほどなという見解です。私は、R30氏が「ただの趣味」とあえて言い切ってみたところに、「揺らぎ」を見てます。一時期のガ島さんとも共通してます。R30氏や松永氏の「精神世界の遍歴」には興味ないんですが、両氏が自身の揺らぎをどう自己参照してエントリするのかは、ちょいと興味あります。

R30さんトコでの「私」さんの立ち位置と、「ネットは新聞~」での儂の立ち位置が、ダブルダブル(笑)

でね、ブロガーである「裸の王様」に「あんたはホントは裸なんだよ」とエントリー上がる度に嫌みったらしく耳打ちしているんですよ。
それを馴れ合いと言われれば、確かにそうなんですけどね。

耳打ちされて、それを否定しない・それを遊んでみる事ができるようだから、耳打ちした方にしても今まで付き合って来た・居心地が悪くないというところがある。

でなければ、そんなサイトはとっくにスルーするか逃げ出している。

R30さんトコがああいうエントリーを出して一番驚いてるのは「私」さんじゃないかな。

今更、皆で「王様は裸だ」と大合唱されてもね。
「何故、群衆なの?シャチョサン」
「どういう狙いの自爆自演なの?」

さてR30さんはこの件で何か続けて語るのだろうか?
湯さんは中途半端に喋ってからは黙り決め込んでしまったし。
フーッ。

>黒崎氏
 わかってないなぁ、といったところ。

>R30氏が肝試しして戻ってきた英雄みたいに思っているのかな、と。
 だから、それは向こう(R30氏)が申告してることでしょ? それ見て「あーそうなんだー凄かったねー頑張ったねー」って言ってるだけで、いちいち(棒読み)って付けなきゃならんのかと。

 あと、R30氏自身不必要に悪乗りしやすい性格っぽいんで、とりあえず褒めるだけ褒めておいて、そっから調子に乗ってどこまで突っ走るか見ておきたいんですよ。
 別に言い分に賛同して頑張れ頑張れってエールを送ってるんじゃなくて、とりあえず褒めておいたらコイツどこまで逝くんやろ? みたいな。
 そういう風に見てるから、今この場でさっさと結論出して行動を掣肘するような真似したら次に何やらかすか見られないから、だから「性急」と言ったわけで。

 アナタは「私」のこと面白がってるかもしらんけど、私はアナタのこと面白くもなんとも思わんのですけど。
 結果が出たらその次何仕出かすか見たいわけで、決定的にヤバくなればそこで大叩きで構わんわけで、そうなる前に掣肘されてもね。

>>トリルさん

>立ち位置が、ダブルダブル(笑)
 見てないけど、ダブりますか。そうですか。んじゃ、そういうことで。

>「裸の王様」に「あんたはホントは裸なんだよ」とエントリー上がる度に嫌みったらしく耳打ちしているんですよ。
>それを馴れ合いと言われれば、確かにそうなんですけどね。
 ボケたら突っ込む。基本ですよね。

>耳打ちされて、それを否定しない・それを遊んでみる事ができるようだから、耳打ちした方にしても今まで付き合って来た・居心地が悪くないというところがある。
 居心地悪くないからダラダラ付き合ってるのと「つるんでる」「信者(笑)」を混同する奴って、アホにしか見えませんけどね。

>R30さんトコがああいうエントリーを出して一番驚いてるのは「私」さんじゃないかな。
 あの程度じゃ、べつに。実は現役アレフ信者です、とまで言われれば驚くかもしれん。

>今更、皆で「王様は裸だ」と大合唱されてもね。
 そういう時は「王様、次は何をお召しで?」って言わなきゃ暴走列車楽しめんでしょうにね? 勿体無い。

>そういう時は「王様、次は何をお召しで?」って言わなきゃ暴走列車楽しめんでしょうにね?

 普通こういう楽しみ方したら絡まれるほうはムカつくかキレるんですよ。それは常識だから否定しない。ただ、ネット界隈だと一時期の緑あんちゃんとか黒いシャッチョサンとかそうだけど、そういう楽しみ方してもキレない、むしろ悪乗りして自分も楽しんじゃうタイプの人って居る。
 そういう人を発掘したり即席漫才やったりして遊ぶのが楽しみでネットやってるんで、そういう感性が無い人からすれば、私の行為なんて傲慢以外の何者でもないですね。確かに。そこは否定しない。
 ただまあ、赤の他人をとっ捕まえてオウムと同一視するような奴に「傲慢な」とは言われたくないですな。お前も傲慢やろって簡単に言い返せちゃうから、つまんない。

>私さん
>ただまあ、赤の他人をとっ捕まえてオウムと同一視するような奴に     
「傲慢な」とは言われたくないですな。お前も傲慢やろって簡単に言 
 い返せちゃうから、つまんない。

言い返せちゃうからつまんないなら
一生懸命コメント書かなくてもいいじゃんw

大人は勝ちの決まった勝負はしないもんすよ

2ちゃんの勝利宣言そのもの。
ネトアの鑑キターーーーーーですw

ヲチ版にテンプレとして残しておきましょうw

>こちらの聞きたいことを聞き出すのがプロのインタビューではありませんか。
 それ、誘導尋問って言うんだけど。知ってた? 実際にやっちゃったら、一番非難の対象になるんですけど。知ってた? 知ってるよね。

>だからと言って、取材対象の言い分をそのまま流すインタビューは、決して信頼されません。
 へぇーっ。そぉなんだー。そういう感性が流行ったのは10年くらい前じゃないかぁー? 私とか現場に居た頃(10年くらい前)は、「読者の知性・読解力を侮ってはいかん、中途半端に加工するくらいなら垂れ流して判断は読者に委ねろ」って言う層と「読者の望むものを提供しなければいかんそのためなら加工上等」って言う層があったなぁー。
 いまどーなってんだか知らんけどー。

 世間一般は「何はともあれ正直に」っていうのを珍重すると思うんでー。垂れ流しのほうが読者思いだと思うけどなー。

 だいたい「こちらの聞きたいことを聞きだす」って、「こちら」とはどちらなんだよー? 誰のこと指してるのー? もしかしてアナタかい? そんなわけないよねー? 別に「私これからオウマー松永にいんたぶーしるんで何聞いたらいいか教えてチョ」とか告知するわけねーだろ。
 読者の望むもの、みたいな物凄いあやふやで判別しづらいものを、さも在るかのごとく言うなよ。
 それ見つけ出したら真のプロで、見つけられない(読み手に気に入られない)物を出したらプロ失格みたいな言い分してたら、大概の発表物は100%の支持を得ることなんかないんだから、1%でも気に入らねえって言う奴が出てソイツがゴネ出したらどうしょうもないねって言ってるようなもんじゃん。そういう1%は損切りですかそうですかー。
 少なくとも「こちら」とは「何処の誰」なのか、そこハッキリしろよー。

 だいたい、現場では「読者の期待に最大限応えられるよう努力する」ことはあっても「こちらの聞きたいことを聞き出す」みたいな凄い突っ込んだ要求には応えられる訳ないから、結局は「自分の信じるままに入手できる情報を最大限入手して」「極限まで嘘や加工無しで」発表するモンなんだよ。
 そうでもしなきゃ、やっとられんわ。

 R30氏の書き方が変に読者に喧嘩売ってるとかムカつくとか、そういう部分で気にイラネーって連呼するのは全く読者の自由かと思うけど、そもそもの仕事の仕方にまで口挟んでガタガタ言うなら、だったらテメーがやれって話になるでしょうに。
>こちらの聞きたいことを聞き出すのがプロのインタビューではありませんか。
 これ、具体的にどうなのか・どうするのか、腹案があって言ってるの? そんなのないよ私プロじゃないもんそこから考えるのがプロの仕事でしょーって、無駄にハードル上げるつもり?
 プロ(笑)はあくまで仕事のプロであって読心術のプロを兼ねてるわけじゃないんだから、そうやって中途半端な言い分やって安易に足を引っ張るなよ。

>こちらの聞きたいことを聞き出すのがプロのインタビューではありませんか。

 と言うんであれば、
※「こちら」とは誰かハッキリする
※「聞きたいこと」とは何かハッキリする
※「聞き出す」に当たっての手法を指定するのか一任するのか決断する
※「プロ」に仕事を期待する以上、対価を支払う用意があるのか確認する
※「ありませんか」じゃなくて「あるので」「やれ」でモノを言う

 このくらいやんないと「プロ」を相手にモノを言えるとは思いませんなー。まさか、人をタダで使おうって根性じゃないよね? 対価払うよね? 払った対価に対して望まない商品を提供されたからムカついてるとか、そういう話じゃないよね? 向こうが勝手にやったことに対して勝手に食いついて、気に入らないからガタガタ文句言ってるだけでしょ?

 そんなんで情報取って帰ってこられる訳ないだろっての。自分の中の理想の仕事象とごっちゃにしてないか?
 基本は「取って来るだけでも大変」だから、取って来た手法や内容に関してあんまりガタガタ言わないモンなんだよ。どーしても気に入らなかったら「○○の話の取り方とか上手かったねー。でも××のこととか聞いて貰えればもっと良かったかもー」みたいに適度に褒めて乗せるくらいじゃないと。

 大上段に「ハイダメ、やり直し」「俺らの望むものを取って来い」みたいな言い方するなら、そりゃ対価払え馬鹿ってことになる。
 その準備なり用意なりは、あるの? ないんでしょ? どうせ。

 だったら、気に入る入らないのことで文句言う程度なら、それこそ相手に気ィ遣えっての。タダで人を使うなバカタレ。何様のつもりなんだ。

>>bigbangさん

 中途半端にサラリーマンやって中途半端に偉くなると、だいたい
>こちらの聞きたいことを聞き出すのがプロのインタビューではありませんか。
 みたいないい加減な注文出すんだよ。下請けとか、仕事貰わないと生きていけない人たちはそんなんでも知恵を絞って対応しようと努力するし、その結果「気にイラネ」で突っぱねられても、生きていくために涙を呑んだりする。

 そういう手合い(発注側)がいざ会社を変わるとかして以前のスタンスでモノを言えなくなったら、途端に「お前何様のつもりだ」って叩かれまくるんだよ。
 そういう経験してんのかね? やってねえだろ。

 大 上 段 で モ ノ を 言 う な 、 バ カ タ レ が 。

 自分が類似の仕事をしてる私ならこうやった○○氏のやり方は間違ってる、と言える立場の奴がそう言うならまだしも、「プロって○○じゃないですか?」レベルの奴が何言ってんだ。そんならお前が直接情報取って来い。

 取れるんか? 取れんのか? どっちなんじゃ。

 さっきテキトーにインタビュー記事流し読みしたけど、取って来た内容なんざそりゃ噴飯モノだろうよ。何お前勝手に意気投合してんだ調子合わせすぎだろう馬鹿、と。その程度に怒るだろ。そりゃ。
 でも、それと「そもそも情報取って来れんのか」は別問題だっつうの。取って来なけりゃそういうことを言う機会すら無いわけだから、どんな内容であれ、取って来たことそのものに関しては苦虫噛み潰してでも褒めなきゃやっとれんだろがっての。
 そんなの「私」の思い込み、俺たちには関係ないねって言うなら、それこそ、自分らで最初から最期まで勝手にやれ人に頼るな乗っかるなって話で、なんだかんだで乗っかってるくせに何調子に乗ってガタガタ言ってんの? と言うのは、そんなに傲慢かね? ってところなんだけど。

まあ、お里が知れてきたというか、口汚い言葉で何を興奮しているんでしょうか。言葉数が多い割には何を言いたいのか、あなたこそさっぱりわかりませんね。あなたがあのインタビューをおやりになったのですか?違うでしょう?


代価を払えなどと何を高いところから威張っておられるのか。

ここであなたの考える「取材観」を演説されても、ああそうですか、あなたがおやりになるならそうされればいいでしょうとしか言いようがありませんね。ここで「そもそも情報とってこれんのか」などと、なぜあなたが叫ぶのか。

それともあなたR30さん?

聞くべきであったと「私」が思ったことはエントリーにはっきり書いたでしょう。読まれましたか?それをR30氏や泉さんは聞かなかった。聞いたほうがよろしかったんではないですか?アジアがどうのと見当はずれのコメントをはさむ暇があったら、そういう質問をされたほうが良かったんではないですか?と申し上げているんですよ。

もう1回貼っておきます。

------------------------------------

●民主党のブロガー懇談会出席をFlashに報道されたまさにその日に、自民党のブロガー懇談会に出席するという理解しがたい行動に出たことの理由とその経緯。

●泉さんの報道機関設立企画構築を松永氏が「手伝った」という、その具体的な作業内容。

●未だに実在さえ疑われているume氏「失職」への、多大なる責任への松永氏の考え方。そして長年のパートナーを巻き込んだ多大なる災難の「元凶」であるはずの松永氏に向かって、それを一言も追求しない泉さんの「平静」の理由。

●「地下鉄でサリンを撒いたこと」以外のオウムの過去の所業への考え方。つまり坂本弁護士一家殺人事件、あるいは仮谷清志さん拉致殺人事件、松本サリン事件などへの関与に関する考え方。

●明確にオウムを「脱する意志」(あるいは乗り越える意志と言ってもいいのかもしれない)の存在。

なんだかなぁさんは、何をそんなに熱くなってらっしゃるのかしら。

>>bigbangさん

 質問1、2は聞かなきゃ分からないだろうけど、3、4、5は、わざわざ聞かなくても文章読んでいれば適当に散りばめられているので、質問するのは2度手間だと思います。
 実在が疑われる存在であれば、知りませんの一言で終わりなので、聞く価値もないと思いますが。だから聞かなかったんでしょうな。

>お里が知れてきたというか、口汚い言葉で何を興奮しているんでしょうか

 何を基準に? 文章? だとするなら、私はありもしない感情がそのまま文章になってしまう人間なんですね。初めて知りました。興奮している、と認定されたら興奮していることになるのですか? ふーん。

>見当はずれのコメントをはさむ暇があったら、そういう質問をされたほうが良かったんではないですか?と申し上げているんですよ。

 だから、プロ相手にそれを提案するなら、雇用関係を結べば? と言ってみたり。そういうんじゃないなら、R30氏が趣味ですテキトーですって言った以上、提案が受け入れられる余地なんか無いでしょ。
 余地が無いにも関わらず提案しているのが、よく分からない。

>言葉数が多い割には何を言いたいのか、あなたこそさっぱりわかりませんね。

 たぶんこの辺でお互い様ってことかもしれませんね。

> 質問1、2は聞かなきゃ分からないだろうけど、

おや、1ケ所意見が一致しました。安心しました。

>たぶんこの辺でお互い様ってことかもしれませんね。

じゃあ、お互い様ということで。

多分「私」さんが言ってる様なことは、煽り目的の人には通じないし、そうでない人には既に了解済みの事ですよ。

だから「私」さんが此処で繰り返し騒いでみても「私」さんの評価や価値が損なわれるだけではないかと思います。

「私」さんもBBさんが指摘してるような問題点があるのは全く同意されるでしょう?結局は。

ならば、視点を変えるか、切り口を変えるか・・・問題点ははぐらかせてしまうのは避けた方が良いでしょう。
そういうつもりがないのなら誤解されるだけです、「私」さん。

欧米式の契約社会には適応できそうにありませんね。

 問題点がありました、直してください、は意味ないでしょ。直すわけ無いんだから。
 問題点がありました、気に入りませんから契約解除(出てってください)ならあり得るかもしれんけど。

 それか、どこか別の「我こそはR30より素晴らしいインタビューを実践してみせる」と息巻く人に、こういう方向性で攻めてみては? と助言するか。その程度。

 それ以上、個人に対してダメだ直せボケって言うのは、雇用等明確な上下関係が無い場合だと、単純に言いすぎでしょ。そこまで他人のやることに踏み込んでもしょうがない。
 あーやっちゃったんだー。そうなんだー。ふーん。くらいに留めておかないと。そういう部分で他人に対して必要以上に期待しすぎるというか、関わってより良くしたい的な、考えようによってはお前他人様を人形扱いしてないか? みたいな、そういう部分は宜しくないですな。

 オウマーとかそういう系の人は、世間一般に溢れる「そういうところ」が、気に入らないんじゃないの? と思ってみますな。人のやることに不必要に突っ込みすぎなんですよ。いざ「私」にやり返されたらbigbangさんが不愉快であろう事は無論、それこそ「私」にそれなりのシンパシーを感じている(?)トリルさんでさえ「評価が下がる」と心配するでしょ。
 そういう部分に敏感な人が、オウムみたいなカルト系集団に依存しちゃうんではないですかね? あの系の世界って、不必要に他人を刺激しないから居心地いいでしょうし。

 で、いわゆる「親切な」世間一般は、そういう部分に鈍感ゆえに彼らを無用に追い詰めるというか。そんな感じ。

 「自分のやってること」は大概自分なりに加減して自家中毒起こさない程度に中和してるものですけど、その按配がごく特定の他人に通用しなければ、通用しない人たちはアレルギー反応を起こす。
 そういうもんかと。

>>トリルさん
 私とか素で演劇体質なんで、自分で思ってなくても雰囲気でなんとなく対象物の本質に成りきって演技しちゃうんですよね。
 成れてるとは言いませんけど、成ろうとすることによって、なんとなく見えてくるものがある。
 その序でに他にも見えるものがあるならそれでよしって感じなんで、評価の高下は始めから気にしちゃいないです。

 好きなら好きでいいし、嫌いたければ嫌えば? としか。

 そういえば、上のほうで私の言動を誰かさんや誰かさんに引っ掛けて寸評してる人が居ましたな。

 ということは、それなりに対象物の本質に近づいたって事なんでしょうな。

 どうなんだか知りませんけど。

まあ、こういう方が今までアルファブロガーつうのを支えてきたということで。
代表的、読者の声ということで。
社会経験のない方々の希望の星、R30氏を影ながら支えていってやってください。

まあ、そう、興奮しなさんな。

R30はご本人が言うように趣味の範囲でやったのでしょう。なのでそういうのに責任はありませんとやってから放言。
それに対して「ちょっと待て!」と言いたくなるわけで、まあR30はそういうところありますよ。今までにもあったし。
ただねーなんせ猫も杓子ものアルファーだし。そういう人は自身の文章で読者を増やしてきたわけでもあり、
やっぱ期待するものはあったですよ。それが読んでみると
合掌・・・
こんなもんなのかなーと残念でした。まっ向き不向きと言うのはありますからなー。

「他人のやることに踏み込んで」ばかりの「私」さんが
こんなこと言うとは、爆笑ものですね。


「私」曰く、
> それ以上、個人に対してダメだ直せボケって言うのは、雇用等明確な上下関係が無い場合だと、単純に言いすぎでしょ。そこまで他人のやることに踏み込んでもしょうがない。
> あーやっちゃったんだー。そうなんだー。ふーん。くらいに留めておかないと。そういう部分で他人に対して必要以上に期待しすぎるというか、関わってより良くしたい的な、考えようによってはお前他人様を人形扱いしてないか? みたいな、そういう部分は宜しくないですな。

以前のコメントでの「私」の発言例、
>そおゆう部分もあるから、せいぜい2重3重に好意的(笑)に解釈して、「そう書かざるを得なかった理由」とか加味して読んであげれば? と思った次第。

> 表面ばっかり撫で回して読んだ気になってるのは、何処の誰なんだい? ってことも考えないと。字面見て批判するだけだったら小学生でも出来るでしょ。


>大 上 段 で モ ノ を 言 う な 、 バ カ タ レ が 。

「無自覚」、これも傲慢でオウムみたいな人間の特徴です。

だから他の人をあげつらうつもりで、自分がやってることを
批判してしまう。

自分が傷つく事を極度に恐れ、自らの行為に対する批判を
避けてしまうので、自分たちの傲慢さや愚かさに目が行かなくなり、
もっと無自覚になって、さらに傲慢になり、どんどん悪循環が進んで
この様な人達になるのでしょう。

そして、極度の恐れは「攻撃性」という形でも出てくるわけですね。


「恐れ」との付き合い方を学ばなかった人達なのでしょう。


この様な人達の割合いが増えると、世の中は乱れます。
この様な人達が多かったり、管理する組織や国は、
遅かれ早かれ自滅の道を辿ることでしょう。

ただし、この様な人達が小数存在するのは、
私たち自身も陥る危険性のある「愚かさ」に接する
とても良い機会を与えるので、好ましい事なのでしょう。

彼ら自身の為を思うなら、非常に忍耐強い教育やセラピーが
必要となりますが、ある意味「感染性」もありますし、
まずは、自分自身が恐れの無限回廊に陥ってミイラ化しないよう、
恐れや痛みなどから目を逸さず、それらに「正直」に
生きるよう注意する方が先かと私は思っています。

でないと、「私」さんの様に、もっとイタイことになってしまいますので。

わたくし自身の中にも存在する愚かさを
拡大して見せつけられている様で、本当に痛々しい、
ということなのです。

>「私」さん
>好きなら好きでいいし、嫌いたければ嫌えば? としか。

結局はそうなりますけどね。
座標軸を持つ・持ってると見なされる事はコミニケーションを取る上で重要な財産だと思いますよ。
此処はBBさんが仕切っているので未だズーッとマシなんですよ。
少なくとも無駄に感情的な書き込みは入りづらい。
痛みを共有するような余裕も散逸できる?
今はR30さんトコも一段落着いてるようですし、拙速に反論するよりは一日置いてみるのが良いかと愚考する次第です。

>此処はBBさんが仕切っているので未だズーッとマシなんですよ。
>少なくとも無駄に感情的な書き込みは入りづらい。

最近のトリルさんには、
滅法幻滅していましたが、
この部分は、目からウロコでした。

>拙速に反論するよりは一日置いてみるのが良いか
>と愚考する次第です。

これも、イイコトですね。
私は、熱くなって書いたカキコミを後から見直して、
ああ!恥ずかしいことを書いてしまったものだよ!!
と頭を抱えたことがあります。

>けろやん。さん
>最近のトリルさんには、滅法幻滅していましたが、

期待されて踊るのは嫌だなぁと言いながら、結構サービス精神は旺盛な方だと思います、儂。
で、何か幻滅させましたか?
身に覚えはないのですが?
巡航速度で推進中ですよ。
ま、湯さんはへたり込んで川に流されそうですが、立ち上がらないなら仕方ないでしょう。
良かったら、何を幻滅されたのかお教えください。
面白い反応があるかも知れませんよ。

>私
さんの人気に嫉妬w

オールスターキャストってこの事ですね
うらやましい。

>>トリルさん

 私がやってることは

>わたくし自身の中にも存在する愚かさを拡大して見せつけられている様で、本当に痛々しい、ということなのです。(通過人さん)

 …であってね。そう思われれば、上手く逝ったんだなとしか思わないんですけどね。
 別に誰側の立場に立って何か言うとか、そういうのは無いんですけど。なので「R30を英雄視(笑)」「イタイこと」なんて言われても、それが「アンタの中にある愚かしさの拡大図なんじゃない?」としか。そこを自覚しないまま叩き書込みが横行するのを見るのは心苦しいので、まずは自覚せよって意味合いでダダーッと書くんですけどね。
 読んでて意味の分からない長文や言ってることとやってることがぐちゃぐちゃとか地金(笑)が出るとか、そりゃ当然かと。自分で文章読んでませんもん。テレビ見てネット麻雀やりながら印象的な単語と音韻だけ踏んで読めればいいやでガーッと書いてる程度なんで、意味までいちいち把握してません。
 ふと暇が出来てレス読んで、そっから自分の書いた文章読んで「へぇー。読者側はこう読むんだー?」って思う程度ですよ。
 真面目に書くなら、もう少し真面目に書きます。
>座標軸を持つ・持ってると見なされる事はコミニケーションを取る上で重要な財産だと思いますよ。
 そのとおりかと思いますので。

>此処はBBさんが仕切っているので未だズーッとマシなんですよ。

 そらまあ、そうと看做さなければそもそも書きません。一応、人見て書いてますから。簡単にはキレなさそうな、思慮深い人のところでしか暴れませんよ。
 書き込むに当たって重視するのは、何はともあれ管理人が思慮深いか否か。そこだけ良ければ後はどうにかなるので、その他は(とりあえず)知ったことじゃないです。


 書いた本人がほとんど何も考えていないテキトーな文面でも、みんな結構マジんなって受け取っちゃうんですね。
 文章を読むことの恐ろしさだと思います。

>私
>テキトーな文面

ツボに来ちまった

これが精一杯なのに
虚勢を張ってw
wktk

>けろやん。さん

さっきの儂のコメント自分で読み返してみたら、偉そうで嫌になった。
楽しんでいる人には楽しんで頂きたいと、サービス精神旺盛な儂は思います。

落胆させるような事があったなら、是非、お知らせください。
芸を磨いてリベンジしたいと思います。

>通行人さん

R30さんトコが何事もなく新エントリー上げたから、もう来ないかもしんないよ「私」さん。
ちょっと勝手が違うようで、いつもの冴えが空回りしてたような気がするよ。
ちょっとルーチンワーク気味になってたかもね「私」さんの芸風。

>私

邪魔。
R30と同じ傲慢さがあるから「痛く」ない。出てけ。
お前がどうのとか関係ない。今回の経緯を把握してない奴の書き込みはいらない。

>このキャンペーンをアドバイスしたマーケティング・プランナーの方、ネットマーケティングの要諦はそういう細かいインターフェース・デザインの部分なんですよ。そこのところ、連合の方々にもっとちゃんと教えてあげてくださいな。

というR30氏の新エントリの結語を読むと、
「私」さんの言っていることも少し分かる気がしました。
持ち上げれば、持ち上げるほど、どこまでも突っ走っていく人物像。
直感的には傲慢で、醜い人間だけど、
端から煽り立てるとおもしろく踊りそうな。

どっから見ても
R30「私」=GripBlogの「なんだかなあ」
だね。
興奮すると
一 文 字 飛 ば し
にすんのねこいつw

顔真っ赤にして何か言ってるけど、他人には何言ってるのかさっぱりわかんないのなw
こいつたぶんはてなのclawじゃないかと思うw

>まさとさん
R30のとこの「私」の筍がどうたら、
っていうのは、なんなんですかね?
実際に、R30=「私」だったらおかしな人ですね。

なにはともあれ、
R30はコメント・レギュレーションで、
炎上を免れましたね。コメント欄の過疎ぶりが哀れですけど・・・。

>管理人さん
本筋外れたコメントを失礼しました。

↑上の2人は誰が誰だか分かってもないのに思い込みや思い入れであれこれ言う人ってことは確定ですな。
 この場に限り。他の場でどうかは知りませんが。
 で。そういうのを当事者は「コイツなんも分かってねえな」って目で見てるものですよ。ご用心、ご用心。

>↑上の2人は誰が誰だか分かってもないのに思い込みや思
>い入れであれこれ言う人ってことは確定ですな。
俺が適当に言った言葉にマジレスしてる、なんぞと必死で逃げるバカに言われたくはないでしょうねw

>↑上の2人は誰が誰だか分かってもないのに思い込みや思
>い入れであれこれ言う人ってことは確定ですな。

俺が適当に言った言葉にマジレスしてる、なんぞと必死で逃げるバカに言われたくはないでしょうね(わらい

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/9754411

Listed below are links to weblogs that reference GripBlogインタビューを読んで(2)----R30は何者なのか:

» [ブログ世界] ことのは騒動2.0 [けろやん。ブログ。]
 「あちら側」と「こちら側」。   というと[http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%B7%E8%B5%B0%E7%8E%8B_%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC:title=漫画「迷走王ボーダー」]を思い出してしまうのですが、最近では、web2.0(死語?)から派生して、使われることが多いですね。例えば、マイクロソフトは「こちら側」の企業戦略であるのに対して、グーグルは「あちら側」の救世主であるという具合で、どうも「あちら側」... [Read More]

» 「松永英明さんへインタビュー」について [ブロシキ]
◆[http://gripblog.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/__b8d1.html:title=] 松永さんへのジャーナリスト志望の泉さん、フリージャーナリストの佐々木俊尚さん、元記者のR30さんによるインタビュー記事。五回分。 何かあるみたいな予告はあったんだけどこういう形だったのは結構意外。俺はてっきりkanos・・・ゴホッゴホッと勝手に予測してたんだけどともかく興味深く読んだ。んでこれはこれで面白かったんだけど個人的にはやっぱりあのcatfrogさんとか... [Read More]

» オウムと第二次大戦と当事者意識 [Proving grounds of the mad over logs]
Parsley氏のエントリとコメント欄を読んで、だらだらと感想を述べてみる。... [Read More]

« GripBlogインタビューを読んで----松永英明氏に誤解を謝罪する | Main | 生き急ぐことととか、メリーゴーランドとか------堀江貴文氏の保釈 »

-