SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« 人を殺さないITと2007年問題----海辺のプラントで考えた | Main | ジャワ島大地震募金関連(備忘) »

May 29, 2006

「ローマの休日」の著作権問題-----つまり江川問題みたいなことらしい

Casab

最近、店先のワゴンのようなところで、わーっと山積みにして、著作権切れの「名画」DVDを500円とかで売っているところをよく見かけるようになった。

「よくやるよ。誰が買うんだ。どーせ飲んだ帰りの酔っ払いのオヤジが買うんだよ。こういうの。もう何年も映画なんてみてないなーなどと言いながら。やだね。これでも昔は映画青年だったんだなんて、おねーちゃんに見栄はって、あーいやだいやだ。年はとりたくない」

って何だかんだ思いつつ、「誰がために鐘はなる」と「ガス塔」と「カサブランカ」を夜の銀座でこないだ衝動買いしたのは誰ですか。

私です。

だって500円だよ。「カサブランカ」が。何度も見られてあのカサブランカが500円ぽっきり!!

これはどーゆーことか。文化的愚弄ではないか。著作権切れなのは知りつつ、しかも自分はちゃっかり500円で買いつつ、そんなこと思っていたら数日前のこの記事。

名画「ローマの休日」の著作権所有を主張する「パラマウント・ピクチャーズ・コーポレーション」が、同作の激安ソフトを販売する会社に販売差し止めを求め る仮処分を東京地裁に申請していたことが二十四日、分かった。同作などが公開された昭和二十八(一九五三)年は、著作権の保護期間内にあるのか、期間が終 了しているかが明確でない“空白の一年”で、映画の当たり年でもある。関係者の間では「五三年問題」と呼ばれ、司法判断に注目が集まっている。
 昭和二十八年に公開されたいわゆる二十八年映画には「ローマの休日」のほか、西部劇「シェーン」やSF「宇宙戦争」、小津安二郎監督の「東京物語」などの名画が多く、平成十五年十二月三十一日で公開後五十年を経過している。
 十六年一月一日、映画の著作権保護期間を公開後五十年から七十年に延長した改正著作権法が施行されたことで、保護期間の解釈に相違が出た。
 同法を所管する文化庁は、二十八年映画について「保護期間の終了した十二月三十一日二十四時と、改正法施行の一月一日零時は同時」とし、「改正法の施行時は著作権の保護期間内にあり、改正法が適用される」との見解を示している。
 パラマウント社側は「文化庁の見解は、昭和四十五年に同法が改正されたときの考え方を踏襲している。従来の考え方ならば著作権は継続している」と説明する。つまり、「ローマの休日」の著作権保護期間は、七十年ということになる。
 これに対し、一部の業者は「二十八年映画の保護期間は十二月三十一日で終了し、その後に改正法が施行された」と主張している。保護期間が終了した映画は 「パブリックドメイン」(公共物)となり、自由に使うことができるとして、著作権料を払わずに激安ソフトの販売を始めている。
 パラマウント社側によると、「ローマの休日」だけで、五百-千円のDVDが七、八種類も出回っている。同社は警察に相談したが、「海賊版かどうかは司法判断がないと分からない」と回答され、申請に踏み切ったという。

(産経新聞) - 5月25日

ふーん。つまり1953年(昭和28年)は「江川の空白の一日」なんだな。(??ひどい理解)
確か、僕が買った本屋の店頭にも「ローマの休日」はあったように思う。「東京物語」も。なんだ、これならもっと買っておけばよかったななどと、非常に月並みな感想。

しかしパブリックドメインになった映画は、こっちで自由に複製して売っても良い訳だよね?何だかオードリーやバーグマンがどこの四畳半とも暴力団の事務所ともわからん暗がりで、安物のDVDコピー機で次々と複製されている(妄想)のを想像すると、これまた胸が痛むのであった。

って思い切り世代の感傷が混じってしまった。

警察の「海賊版かどうかは司法判断がないと分からない」という回答も、まあもっともな答で、しょうがないんだろうはが、映画ファンの警察官が受け付けたとすれば激昂したのではないか。


« 人を殺さないITと2007年問題----海辺のプラントで考えた | Main | ジャワ島大地震募金関連(備忘) »

Comments

 アメリカ版でPDのDVDをいくつか買ってみたのですが製品としてはピンキリ、結局PDよりは多少割高になってもメジャーのリマスターされた版を購入するようにしています。
 やはりフィルムの作品がVHS程度の画質になってる、というのは辛いかなぁ… っと。尤も、リマスタリングされ過ぎて妙にシャープになり過ぎてエッジが立ち過ぎたりするのも困りものですが…

 そう言えばこれもアメリカ版ですが『意志の勝利』のデジタルリマスター版がリリースされましたがBB様は御存知でしょうか? リージョン1くさいのが難点ですが…

どうもです。

情報ありがとうございます。

>そう言えばこれもアメリカ版ですが『意志の勝利』のデジタルリマスター版がリリースされましたがBB様は御存知でしょうか? リージョン1くさいのが難点ですが…


このサイトにリンクした
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00004WLXZ/249-3088205-2757945?v=glance&n=561958&tagActionCode=bigban0e-22
と別のものですか?

Amazon.comによりますと…

BB様が紹介しているのは
http://www.amazon.com/gp/product/B00004WLXZ/qid=1148915488/sr=1-2/ref=sr_1_2/002-2792160-1928848?s=dvd&v=glance&n=130
 ですよね?
この版を更に調整し、
「2006 Digitally Remastered Windowboxed Transfer From a 35mm Fine Grain Element
Original German Language with Newly Translated Removable English Subtitles」
 っとしたのが
http://www.amazon.com/gp/product/B000E41MRC/qid=1148915488/sr=1-1/ref=sr_1_1/002-2792160-1928848?s=dvd&v=glance&n=130
 という版で別物かと。
ただAmazon.comでもリージョンunknownになってるのが難点ではありますが… (BB様が紹介なされてるのはRegion Allの表記があるんですけどね…)

なるほど、こちらのほうでしたか。しかし、再生できない可能性があるんですよね。。。

これは「民族の祭典」と並んでひとつぜひ持っていたいDVDなのですが。

突然で失礼します。
通りすがりさんご紹介のリマスター盤、リージョンAllのようですよ。
http://www.fantasium.com/detail.phtml?ID=OTH37777&PHPSESSID=a32cc0cc936929d83a44f2b245255686

ご参考までに。

>>fujita さん

あ、本当ですね。情報ありがとうございます。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/10286368

Listed below are links to weblogs that reference 「ローマの休日」の著作権問題-----つまり江川問題みたいなことらしい:

« 人を殺さないITと2007年問題----海辺のプラントで考えた | Main | ジャワ島大地震募金関連(備忘) »

-