SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« 天にノドンの唾を | Main | ココログ48時間メンテナンス »

July 08, 2006

ことのはを巡る未解決の問題・備忘録---夏の宿題編

さてよっこらしょという感じである。最近、厳しい国際情勢の現実に耐えかねて(?)、何でもネタ化してしまう悪い傾向があるが、このエントリーはネタ化しないで、きっちりとやっておこう。

趣旨は、「ことのは問題」に関する残っている問題点について今一度確認し、記載を残しておこうと言う事である。もちろん記載するだけではなくて、一つ一つ消えていくことが、全ての関係者にとって望むべきことであると思うが、それが一挙になされる可能性は少ないので、この夏の間にいくつかでも消えること、さらには何ヶ月、何年かかかっても、少しずつでも減らしていければと思っている。

留意したのは下記の事項。

●ことのは問題に関する、いくつかのまとめサイト(こことかここ)が充実しつつあるので、その観点から経緯を時系列整理するのは他にまかせる。またこの4ケ月私が繰り返してきた同じ理屈を繰り返すのも疲れたので、ここでは、それぞれの人物が説明を求められていること、まだ説明を終えていない(と思われている)ことのみに絞って個人別に書き留めておこうと思う。

●これは備忘録である。書きとどめておかないと忘れてしまうので、自分のためにも作成しておこうと思ったのであり、それぞれの個人にさらに回答のプレッシャーをかけようというものではない。(但し継続的注意を喚起し、説明を推奨する目的は否まない)

●当然ながら、全ては私=BigBangというフィルターを通して整理したものである上、「ことのは問題」は広大な領域に及ぶ。漏れ、見落とし、追加すべき項目、削除すべき項目があったらコメント欄等でで指摘してもらいたい。

●一度に全部網羅するのはきついので、このエントリーはたぶん修正や加筆を重ねて書くと思うが、いずれにしても1ケ所にまとめて書いたほうがいいと思うので、項目提示は全て同一のエントリー(つまりこれ)に加えていこうと思う。私の体力と気力と知力(最近物忘れが多い)根気不足の事由であり、その都度pingを何度も飛ばしてやろうなどという姑息な理由ではないから、誤解なきよう。

●ここに取り上げる当該人物は以下の4名とした。

・松永英明さん
・泉あいさん
・umeさん
・BigBang(私ね)

である。他に入れるべき人物がいればご指摘願いたい。

※佐々木氏や歌田氏、湯川氏、R30氏の言動や発言に対しても批判があり、ご本人達が説明すべきことは多いと思うが、それらの多くは「ジャーナリスト」としての観点、あるいは「人」としての観点からの問題であり、説明責任という言葉の流れとは少々異なるように思う。また「ことのは問題」と呼ばれる問題の本質とは、いささか乖離する要素があると思ったので、ここでは取り上げなかった。しかし、だからと言ってその問題や批判が重要ではないという意味ではない。他に切り離して論じたほうがいいと考えている。

●4名の中で、BigBang=私を、私自身が取り上げることで公平さが欠け、混乱する恐れもあるが、BigBangに対しても、さらなる説明を求める声が一部あるのは事実であり、一方で「某所での状況」が一向に進まないので、私自身が把握している範囲でここに記載することにした。
(ただし、これは他の3人に比して、今後も私が優先的に説明を行っていくという意味ではない。4名の中で、事実の説明にもっとも多くの文言を費やしてきたのは明らかに私であり、そのバランスは、今後一定の考慮がなされるべきであると自分としては考えている。)

●読者が把握しやすいように、それぞれの事項に順にNOを付与した。松永英明氏をAとし、順に泉あい氏、ume氏、BigBangをB,C,Dと振っていき、さらにそれぞれの事項のコードをA-1,A-2,A-3,A-4等の要領で順に振ることにした。

● ●に比べて○は優先度が多少低いと思われる項目。

では始める。

A【松永英明さんが求められていること】

A-1)
●民主党と自民党のブロガー懇談会に出席したこと、特にFlash発売日に自民党のブロガー懇談会に出席したことの経緯、動機の詳細説明
※既に民主党に関しては若干の説明があったが不十分であると私は思う。また自民党に関してはコメントがされていない。

(A-2)
●オウム脱会届提出の意志の有無。もしくは未提出の理由
※本人が未だに提出したと明言していないので、未提出を前提にしている。

【加筆7/8】
もちろん「脱会の意志はない」も回答の1つである

【加筆 9/15】
備忘録ことのはインフォーマル(9/12)に松永さんの説明が掲載された。

----------------------------------------------------------------(ここから)
# 「退会処理作業」は完了しました。公安調査庁もその事実は確認済み。
# 退会届は、退会処理作業に入るための手続きの一つ、と考えてください。繰り返しますが、退会処理作業は完了しました。
# 退会であり、出家でも在家でもありません。グレーな教団外信者でもありません。
# 教団から公安調査庁への定例の報告は、1月31日時点の2月提出分の次は、4月30日現在の状況を報告する5月分がありました(その次は7月31日締めの8月分、以下3か月おきに更新)。この5月報告分で自分の名前はすべて削除されることを確認しましたが、それが提出され、確定する5月15日ごろまでは言及したくありませんでした。確定する前にいらんことを言ってポシャるのはいやだったので(加藤の乱を見よ)。
# この公安調査庁への報告に虚偽があると、それは活動停止処分や教団解散を招く不法行為となります。したがって、教団は、実際に信者として活動している人間をやめたと報告することはできません。また、教団に入っていなくても、非常に関係の深い元信者については別枠で報告しています。それくらい慎重になっているわけです。しかし、私はその報告のいずれにも含まれていません。
# したがって、2月1日に教団を離れ、5月15日ごろ退会を証明する報告がなされた、という次第です。


(ここまで)
----------------------------------------------------------------

この「公安調査庁への定例の報告」というのは、一般は見ることが出来るのでしょうか。いや、これはこの松永さんの声明を信頼しないということでは決してないのですが、当の松永さん自身は(正しく手続きがされているのか)確認ができるのだろうかと少々疑問に思った次第。何にしても、この項目からは削除します。


(A-3)
●GripBlogの報道機関構想に対して関与した範囲と作業内容、経緯の具体的開示と説明

【加筆 12/13】
12/9に「泉あいさんに渡した「みんなのニュース」案の全文と解説」(絵文録ことのは)が詳細にわたって、松永さんによってアップされた。ここでは、松永さんが泉さんの報道機関構想に関して提示したという「みんなのニュース」案が公開されたが、結局GripBlogの報道機関構想には、採用されなかった。とされている。
経緯と計画を公開していただいたことは有意義であり、松永さんの決断を支持するが、正直なところ、これが泉さんとの話し合いにより、もっと早くなされれば良かったのにと残念に思う。事情はあったのであろうが。
この件に関しては、他に思うこともあるが、私としてはこの場面で一字一句を捉えて端的なコメントをすることは差し控える。現在オウム/アレフの物語が、進行途中であり、引き続きその進展を見守りたいと思う。

(A-4)
●オウム反上祐派に対する松本家の関与に関する再説明
松永英明インタビューで語られた、オウム反代表派と松本家の関係性が最近の報道と異なる。そのため、ここに残した。


(A-5)
●教団系出版社・東山出版社の整理経緯と代表辞任の手続きの状況
※手続き方法がわかればすぐ着手したいとおっしゃっていたと思う。

【加筆8/24】約1ケ月ほど、ご本人自らご説明があるのを待っていたが、今日まで反応がないので。松永英明さんは、東山出版の代表職を既に辞任されていることを、登記上確認したので、この項目を削除する。

※【加筆 8/26】辞任日は登記上4月12日。また、「ご本人自ら説明があるのを待っていた」とは、この件を確認したことを7月にメールで知らせ、ご本人自身からネットに対して公表することを薦めていたため。但し、松永氏が入院中の可能性もあるため、このメールを確認しておられたかどうかは不明。

この件は法律的処理がなされていたことには、もちろん一定の意味があるが、ご本人からの説明があって、初めて事実評価がなされるのがふさわしいと今でも思っている。そうした意味で、「誰でも確認できる情報」を私が確認したこと自体の意味は、ないとは言わないが「それだけのこと」とも思っているので、敢えてエントリーは立てない。宿題についてのリンクは可能な限りここにまとめるというのが初期の原則であったということもある。(もっとも、ちょうどココログの不調の時期であったこともあり、ユーザーカルマなどは記事が分散した。これについても一定のリンク整理を検討中。)

(A-6)
○現在の健康状態の状況とブログ再開の予定
※病気の状況などはプライバシーも伴うので必ず公開しなければならないという訳ではないと思う。ただ、健康状態が当初の予想よりも悪いのであれば、松永さんの今後のネットでの発言は制約されることが必至であり、その観点から無視できない事項であるため、ここに入れておく。

※尚、松永さんに関しては河上イチロー時代の活動に関しても多くの疑問が寄せられていると思うが、私自身が河上イチローの時代を直接「目撃」していないこと、また「ことのは問題」と一部離れる問題も多いと思うので除外した。


※【加筆7/8】松永さんについては未だに入院中の可能性もある。その場合にはここを読むこともできない状態であることも想定される。それについては解決のためのリスク要因の1つとして考慮すべきであろう。万一そういう事態であれば、一刻も早いご回復を祈る。(単に回答してもらうために、ではなく)

※【加筆9/8】退院されて、ブログが再開されたので削除。まあ、ここを見てやってんじゃねーよと言うだろけどね。一応。
 

B【泉あいさんが求められていること】

(B-1)
●松永さん及びumeさんがGripBlogの報道機関構想に対して関与した範囲と作業内容、経緯の具体的開示と説明

(B-2)
●(上に関連して)報道機関設立企画書の成立過程
※ファイルの管理の問題

(B-3)
○GripBlog及び報道機関構想におけるスポンサー、スポンサー候補について
※これは具体的に法人や個人名をあげる必要はないと思うが、資金源について関心を持たれているので、できれば詳細説明をしたほうがいいと思う。

(B-4)
○今後のGripBlogの運営方針の説明
※もしも本家のGripBlogを継続するのであれば、再度行った方がいいと思う。現在は「廃墟化」しつつあるので。

※その他、umeさんに関する説明があるかと思うが、これは次項でumeさん自身の要説明項目に入れた。


C【umeさんが求められていること】

(C-1)
●松永さん及びumeさんがGripBlogの報道機関構想に対して関与した範囲と作業内容、経緯の具体的開示と説明


(C-2)
●「退職勧告」と「警察訪問」及びその後の一連の「解雇騒動」に関する詳細説明
※一連の出来事が時系列的にはっきりしないこと、その後全く説明や報告がないことが、umeさん自身の存在と信用に関する疑念に繋がっているので。

(C-3)
●黒崎さんに対する「名誉毀損」の訴訟に関するその後の経緯の説明
※同上
※尚、ここで「umeさん」に質問を記載するのはumeさんが実在することを「前提に」した場合、という但書付である。後の私に関する課題で、ここの部分に関する表現が問われているが、条件分岐について理解をしてもらいたい。万一後にumeさんの「非実在」あるいは限りなく「無関係の人物による偽装」などが明らかになったとすれば、この質問は遡って無意味化する。詳しくはまた別に。

D【BigBang(私)が求められていること】


(D-1)
●報道機関設立に関して「関係者」でありながら、特に報道機関構想に関するネットへの説明が遅れ、そのために混乱を広げたのではないか?という指摘への説明。


【8/28 加筆】
指摘は主として現在GripBlogに長文コメントを連続掲載している通りすがり氏によるものであるが、現在までのところ、「遅れた時期の指摘」について明確になっていないと受け止めている。これについては、幾度かやりとりを重ねてきたが、単純に議論や互いの質疑によるもので解決できる性質のものでもないと考えている。

私のこれまでの議論の進めかたやエントリーについて、批判すべきと考える方は、批判エントリーをあげていただくしかない。その批判を甘んじて受けるべきと考えれば受けるし、また、反論すべきであると考えた場合には今後も反論する可能性があるが、批判者と私との考え方の、基本的考え方の相違であるとしか言いようがないものについては、これ以上議論の方法がないように思う。

つまり、私の「ことのは問題」への対応が、総体的乃至は根本的に適切でなかったと思う人には、「そうですか」としか言いようがなく、それ以上説得する言葉を捜すのは難しいということである。




(D-2)
●「ユーザーカルマ」という用語を使い、umeさんや泉さんに対する合理性なき疑惑を拡大したのではないか?という疑念に関する見解の表明。



【8/28加筆】
ユーザーカルマに関する議論は一定の段階に達したと考えている。この件に関する主要リンクを加筆する。

私の見解としては下記をお読みいただきたい。
■[夏の宿題]ユーザーカルマと「宗教性」(月も見えない夜に)


(この件に関するその他のリンク)
 

■ユーザーカルマについて(アレフブロガーの時代)

■BigBangブックマーク「売文日誌」
(売文氏との議論ブクマ)
■真夜中は別の人 -  「Grip 報道メディア」における「ユーザーカルマ」とは
■真夜中は別の人 -  Digg/Pliggにおける「カルマ」とは

■真夜中は別の人-[ことのは騒動] スラッシュドットの「カルマ」とは
真夜中は別の人「カルマ」再考


(D-3)
●umeさんの実在/非実在に関する「曖昧な」態度に関する説明。


【8/28 加筆】
この件に関しては本日現在、トリルさんのumeさん(と思われる人物)への接触が継続している。現在のところ折衝は難航しているようだが、ここから数週間のうちに、umeさんより重要な情報が提供される可能性は消えていない。
トリルさんの「最終報告」をお待ちしてから、コメントしたいと思う。もちろんどのような結果が出ても、ここで再度コメントするつもり。



(D-4)
●関係者(泉さん、松永さん)と知己でありながら、直接彼らに会って問題の収拾を図ろうとしないこと、また初期の頃ume氏からの会見の提案を拒絶した理由の説明。

以上である。

全部とは言わない。「夏の宿題」と題したとおり、せめて各項目の半分くらいがクリアされて、気持ちのよい秋を迎えられることを期待する。

どうですか。残りのお三方。

« 天にノドンの唾を | Main | ココログ48時間メンテナンス »

Comments

まあ、こうやって事務的に整理しちゃうと、夏の間に半分くらいは、さくさく終わりそうな気もするんだけどねえ。泉さんなんて、そんなに多くないじゃんとか。そうもいかないかね。

こんにちは。
内容については、
一読した限り結構だと思います。
が、(A-3)あたりに誤記?があるようです。
ripBlogという表記。つまらないことだけど、
今後、この場で闊達な議論が行われることを期待しているので、指摘しておきます。

以下は、私の備忘録です。
提示された宿題(の中の幾つか)への回答は、
次のステージ?へ進むための前提だと思っています。
とくに松永さんに関わる部分。

ありがとう。けろやん。訂正しておきました。
ところで

>以下は、私の備忘録です。

から先は?切れちゃったのかな?

訂正ご苦労様です。

>から先は?切れちゃったのかな?
本エントリから論点がずれてしまう
ことに危惧を感じたので、切ったのです。

他のトコで書いた記憶があるけれども、
「騒動」はともかく「問題」については、
私としての松永氏への思いを書いて、
自分の中でケリをつけたいと考えています。
これが、私の宿題です(ってエラソウですけどね^^)

横レスちっくでごめんなさい。

ちょっとお伺いしたいんですが、BBさんをはじめ、今回の皆さんは、ネット者主導の報道機関ってのはあるべきだと思っているんでしょうか。

私は報道はともかくも、個が自由に言論が発信できて、なおかつ社会に一定の影響力を発揮できる場所が、どうしても必要だと思っているんですが…。

でもって、活動してきたんだけど、ライブドアPJダメ。JANJANダメ。つかさダメ。ギルモアダメ。グリップダメ。
今回、オーマイジャパンもダメそうな感じで、なんとかならないかなぁ…。って、発言してるんだけど。

そういうものを生み出すキッカケとして、今回の事象を使わなければ、もったいないなぁ…。と、思うんすよ。

スポンタさん。横レスチックというか、正直それはここではスレ違いですかね。

オーマイニュースには、ちょこちょこと僕もちょっかいを出していますが、ポジティブに(つまりオーマイニュースに期待をするという意味で)書いた原稿がちらりとありますので、気が向いたらはてなの方にでもアップしようかな。いやしないかもしれませんが。

ともあれ、僕は「市民参加ジャーナリズムとはなにか」的議論には正直あまり関心はありません。オーマイニュースが何か変なことを書けば突っ込むし、(この間の米軍の基地と北朝鮮のミサイルの記事はひどかったが)JanJanでも同じ。

「形態」や「あるべき論」としてはあまり関心を持っていないんですね。いい記事が上がるかどうかで、それが「市民記者です」と言われれば、あっそうですかと。

ごめんなさい。

ということは、今回のコトノハ一件は、BBさんが個人的利害のために追求したということなんですか。

もしそうなんだとすれば、ブログという第三者に見えるメディアでやる必要はないと思います。メイルや書簡で直接やればいい。

それぞれの発信者が、「私怨を公憤に高めていく」努力をしなければ、何も始まらない。

トリルさんがこの件に突っ込んでいるのは、私怨を面白がってのことではないと思いますよ。

もちろん、当事者に公憤に高める意志があろうとなかろうと、そんなことはどうでもいいし、私怨のままであろうと、判例として社会に残っていく。だから、私は言及してきたわけです。

やはり、私は場違いのようでした。もうしわけありませんでした。

>ということは、今回のコトノハ一件は、BBさんが個人的利害のために追求したということなんですか。

おや、それは飛躍ですよ。ネットにおける「参加型ジャーナリズム」なる言葉で語られている概念、諸機関を信頼できないということと、ネットにおける公共とはイコールではない。
僕はネット上の公共を信じていますが、じゃあ、それはブログの集合体で良いじゃないかと。良くないというのがスポンタさんの立場であり、それもある程度までは理解しますが、はてなにも書きましたが、そのアプローチの角度が私とあなたとは違うような気がしますね。違うということは、「違う」ということでしかないわけですが。

僕のはてなの方のオーマイニュースのスレッドあたりでやっていただく分には「場違い」ではないと。思います。

ごめんなさい。Just No commentと理解すべきでした。

実際にお会いしていないと理解できないことも多々あるし、仕方のないことです。先日も、ある先生の著作を読んで、真実を書いていないずるい人だなぁと思っていたら、実際にあったら、私よりももっとキツイ真実を聞かれもしないのに吐露していた。本だからかけないことがあったんでしょうね。同様に、きっとBigBangさんも、ブログでの感じとリアルな感じで違うんでしょうね。

そのはてなのサイト、いけてないんですがURL教えてもらえますか。

たぶんけろやんさんのとっからリンクでいけるんだろうけど、行けてないのがかなりある。その中のひとつでしょうね。

これって、まんま答えたからといっても、これまでのいきさつ上、取っかかりでしかなくて、それでお終いっていうものじゃないよね?
話の辻褄が合っても、現実に何か確認できる足場が無けりゃ、全部良くできたお伽話って事もある訳だし。

遊び半分「此処だけの話」というタイトルで、全部自分で答えて、umeさんにメールして感想聴いたりしてみたよ。

インプレッションで出せたら出してみる。

トリルさん、もうそろそろ「インプレッション」では、また混乱させるだけではないかな?

むしろ、(断片的には教えてもらっているけれど)umeさんとの中間報告のようなものはまとまったりしない?

うーん、一応、インプレッションと中間報告の違いを定義してくれませんか?
現状では、藪をつつくように彼自身が何か答える気は無いようですよ。

うーん、そう言われれば難しいんだけれど、何かをこたえる気がないのであればしょうがないですよね。それで終幕だとトリルさんが思えば、トリルさんなりの感想=インプレッションか、これは。で幕でしょうかね。

結局、今更ながら、弁護士など挟んでプライバシー漏洩リスクを回避できるなら、協力するという言質は今のところ貰っているの(笑)
子供の使いみたいでかっこ悪いから、一応、滝本弁護士に依頼という形で的を絞って相談してみようと思ってます。

1)泉さんにumeさんを同定して貰う。
2)umeさんが3/13午後に都内警察署にオウム風評被害などで相談した事実を確認する。

話を持っていったら、後はumeさん本人に連絡させるか、連絡先を滝本弁護士に伝えようと思う。
この辺は経済的事情次第になる(苦)

今は、某ソフトで自動車免許の番号から、名前・住所・電話番号等がネットで分かるらしいので、umeさんが滝本弁護士に免許証のコピーでも送れば1)は直ぐ確認できると思う。
2)については、当事者が一緒に出頭する必要が無くて済むなら、書類だけなのかな?

で、プライバシ-とかに掛かんない部分は、色々、大体800分以上話してるから、詳しかったり、周辺の事情が想像できるぐらいには、聴いてはいるの。

私の狙いは、空中楼閣(グリップの言い分)に現実の足場を着けるか、騒動とあの報道機関コンセプトを完全に分離したい、って事なんですよ。
倫敦橋さんトコにもチラリとありました、報道の有り様・新機軸ね。
あれがこのままエンガチョ扱いは、とても不味いなーと、公平に見て思うのです。

だから、そういう意味で、そっち方面では、今後もジタジタしますよ。

>この辺は経済的事情次第になる(苦)

ここが以前から全くわからないんですが、なぜトリルさんがそれをかぶらなければならないのでしょうか?

儂も分かんない。
甘やかし過ぎとも思っている。

「以前から」という事は、東京へのバス代とかからの話という意味なんでしょう?
だったら

1)成り行き。
当初は、関西で飯でも食って、その警察署に行けばオーケーと思っていた。
東京と言われて、引き下がるのも悔しいじゃない。

2)私も含めて誰も被りたがらないが、大の大人が同道巡りしていても、多分色々大事なモノが失われるような気がする、という事。

倫敦橋さんトコから切り抜き

>・編集の手が入らない=インタビューは無編集なほどよい。
>・客観性よりも主観的に書く方がよい。
>・事実関係のチェックは、読者のコメントで…
>んんん~、こうやってみるとGripBlogになってしまうなぁ。

報道機関構想のコンセプトはエンガチョにしてはならんだろうなと思う。
つまり泉ぁぃさんと分離してしまうか、くっつけてしまうかハッキリしないとね。

とはいえ、個人でできる事やって良い事という限界はある(笑)

指摘しておいた方がいいと思うから書くけど、ここでも滝本弁護士に依頼というのはわけがわからないですよ。

夏の宿題・松永さんに関する箇所(A-5)を加筆・削除しました。

上記、松永氏の辞任日とこの件に関する経緯について、若干補足しました。

私の宿題箇所D-1、D-2、D-3に関して加筆しました。

ご紹介いただいて恐縮です。公平を期すために以下のようなエントリもありましたことをご報告します。

「カルマ」再考
http://d.hatena.ne.jp/yetanother/20060722/1153554162

>yetanotherさん

反応が遅くてすみません。リンクを加えます。

松永さんが退院されてブログが再開されたので(A-6)を削除加筆しました。

松永さんより、脱会の経緯について説明があったので、(A-2)を加筆削除しました。

「BB大本営発表」は怖い。

  ↓ GripBlogのコピペ。

http://gripblog.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_21df.html#c2899487
-----
いまさらですが一応「夏の宿題」の8/28の追記分について答えておくと、

●「時期」というのは、報道機関に飛び火した時点で即自らの関与を開示すべき
であると、既に、何度か、指摘しています。

●「ユーザーカルマ」において、松永さんに対する疑惑が「疑惑として妥当」か
、つまりその根拠などについては未だ明らかにされていないのです。
http://d.hatena.ne.jp/j_m_w_t/20060802/1154499575で指摘されているように
、BigBangさんの回答は不適切で且つ不十分であることも指摘されていますが、
それに対して何ら回答はありません。

●「議論の進めかたやエントリーについて、批判すべきと考える方は、批判エン
トリーをあげていただくしかない。」というのは、失笑ものであろう。
この点は、既に「具体的に」何度も指摘している。例えば、「対等」な議論を望
むとBigBangさんが主張し、その「対等」を具体的に定義することを私が要望し
たが、未だ回答はない。もちろん「対等」でないと具体的に指摘でき、それがお
かしいからこそ、BigBangさんの想定する「対応」を仔細にお聞きしているわけ
です。


どれも過去に指摘済みのことであり、それらの論点をあたかもなかったかのよう
に振舞えば、議論なんぞ積み重なっては行かないでしょう。過去にさんざん繰り
返されたことなのですが、まあ、またか、としかいいようがありません。

そして、またこちらも、改善の見込みが立たないことも、また明らかであるとは
思います。その意思がない、といったほうが正確でしょうが。
----

>>オナニストさん

他で他人が行っている質問をコピペしてくるだけなら、嫌がらせとみなして対応しません。もしもあなたが、Gripの通りすがりさん本人であるか、この件に関して責任を持って質問している人であるというなら別ですが。

>もしもあなたが、Gripの通りすがりさん本人であるか、この件に関して責任を持って質問している人であるというなら別ですが。

失礼な人ですね(苦笑)

どちらのひとでもありませんが、無視されている情報があったので拾ってきただけですよ。

何が失礼なのか全くわかりませんが、とにかくご親切にありがとうございました。

通りすがり=オナニストのエディタの改行は全角で36行w

>失礼な人ですね(苦笑)
>どちらのひとでもありませんが、無視されている情報があったので拾ってきただけですよ。

ま、この程度の奴ですw

36文字、ですね。間違えましたw
この人にとっては「失礼」とか「不適切で且つ不十分」と自分が言えばそうなるんでしょうw

Gripのコメント、派手に消されちゃいましたね。また。

あと、「BB大本営発表」とか言われるけれど、私のブログで私が書いているんだから、それはそうなるかと。大本営発表になっていないブログがあるのかと。もちろん主観性と客観性の間の線のバランスという点はあるけれど。

まあ、ここは小本営くらいだし。その程度でよろし。

全くのスレ違いで申し訳ないのですが、

松永がオーマイニュースと接触をもったようですね。
http://www.ohmynews.co.jp/News.aspx?news_id=000000002238
もともと左がかっていたオーマイを使ってマスコミ界や政界に接近するかもしれません。十分な注意が必要です。
もしオーマイニュースと渡りがつけられるなら、直接スタッフに警告したほうがいいかもしれませんね。

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/10839791

Listed below are links to weblogs that reference ことのはを巡る未解決の問題・備忘録---夏の宿題編:

» [ことのは騒動] 不思議な巡り合わせ [けろやん。ブログ。]
  年甲斐も無く(失礼)遊んでいたBigBang氏が、今朝、直球を投げた。 ことのはを巡る未解決の問題・備忘録---夏の宿題編   奇しくも7月8日である。第二土曜日である。第二土曜日といえば、デジタル・ジャーナリズム研究会の討論?日であることは、「ことのは騒動」に関... [Read More]

» 東急不動産の不誠実な姿勢 [東急不動産東急リバブル不買宣言]
東急不動産の自社物件再確認の取り組み姿勢は同業他社に比較して不誠実である。耐震強度偽装事件発覚後、ルポライターの泉あい氏はデベロッパー各社に質問状を送付した。質問内容は以下の通りである。 1.偽造問題発覚後、貴社内で耐震構造の再確認はなさっていますか。 2.なさっ... [Read More]

» [夏の宿題]ユーザーカルマについて [月も見えない夜に。]
ことのはを巡る未解決の問題・備忘録---夏の宿題編 ココログで始めようかと思っていたが、ここのところメンテだ何だで落ち着かないので、とりあえずここで。 (D-2) ●「ユーザーカルマ」という用語を使い、umeさんや泉さんに対する合理性なき疑惑を拡大したのではないか?... [Read More]

» [夏の宿題]「風評被害」とは何か-----空疎な観察者は誰か [月も見えない夜に。]
2BAD(売文日誌) に答えよう。  ・BigBang氏が公開した情報で「pligg」を想定するのは難しい。  ・一方で、松永氏との関連からオウム関連でないかとは疑える。  ・スラッシュドットなどの関連が示唆されようと、その示唆は単に   可能性を読者に与えるだけで特に確... [Read More]

» BB氏への公開質問状 [ネットジャーナリストを生暖かく見守ろう]
がっかりした。 BigBang氏はもっとまともな人かと思っていた。 だが、買いかぶりすぎたようだ。 ・・・というようなBB風の書き出しで始めてみよう。 まず、私の松永氏についてのスタンスとしては ①松永氏には今回の件では明らかに道義的に責任がある。 ②なぜなら...... [Read More]

» [夏の宿題]風評被害とは何か--補足 [月も見えない夜に。]
議論を継続するならエントリーにタイトルくらいつけて欲しいが 売文日誌の http://d.hatena.ne.jp/j_m_w_t/20060715/1152956401 に関して。 ここも妙な話である。「pligg」にだけ辿り着いてもまるで無意味だったと言う事が 解っていないようだ。重要な事は「ユーザーカルマ... [Read More]

» 「公開質問状」に関して [月も見えない夜に。]
BB氏への公開質問状(ネットジャーナリストを生暖かく見守ろう) に答える。 この質問状の要点は要するに 追記〓長い文章ですが、質問は一つだけです。   BBさん、あなたは何を信じ、何を許すのですか? いや自分しか信じないし、誰も許すつもりはないのであればそれはそれ... [Read More]

» [夏の宿題]風評被害とは何か--補足2 [月も見えない夜に。]
どうも各所で話題になっているようで、ようやく自分も気がついたのだが、 GripBlog報道メディア設立企画書について思うこと(5) の赤字部分。 #最近になって、「スラッシュドット」において、やはりほとんど同様に、ユーザー数値を「カルマ」と呼んでいることを知った。... [Read More]

» どうでもいいことだが、そのマニフェストに従ってみよう [foolpackの日記]
BigBang: ことのはを巡る未解決の問題・備忘録---夏の宿題編 Grip Blog: 松永さんと滝本弁護士のインタビューを終えて 引用部は、GripBlogのスポンサー探しに協力しようとした時点の話であり、それ以上でも以下でもない話です。 http://d.hatena.ne.jp/foolpack/20060830/p1... [Read More]

« 天にノドンの唾を | Main | ココログ48時間メンテナンス »

-