SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« 「ブロガーXオーマイニュース『市民メディアの可能性』」レポート(1) | Main | オーマイニュースの広報感覚はどうだったのか---シンポジウムに関してもう少し »

September 03, 2006

「ブロガーXオーマイニュース『市民メディアの可能性』」レポート(2)

20060902_535

鳥越氏退場後、10分ほど休憩。

この間に、佐々木さんに声をかけようと思ったが見つからず。ナーバスな私は会場をきょろきょろ見回すが、知った顔はいない。どうしようかな、徳力さんと話そうかな。しかし徳力さんは忙しそうだな。

ガ島さんに挨拶でもしようかな。・・・まいっか。

などとぐだぐだしておりました。

で、シンポジウム再開。

冒頭で

平野氏
「準備ブログと本番ブログでは運用の方針を変えておりまして・・・諸々説明」
「実名については、(鳥越さんはああ言っていましたが)我々はかなり柔軟に考えています」

佐々木氏
「はっきり言いましてねえ、ちょっと(鳥越さんとは)1億光年の隔たりがある感じで・・・」(場内爆笑)
「ネット世界では言論がフラットになる。それがどういうことなのかを理解していないのではないか。果たして世界観を理解できるのかどうか?」
「今の編集体制っていうのは、本当に物足りない」
「編集部と言うのは「場」である。スフィアとの出会いがどういう状況になるかと言う意識を大事にして欲しい」
「世界をどう見ているかと言うこと。鳥越さんは、なんていうんですかね、田舎の人たちに書いてもらいたいみたいなそういう感じ。僕はもっと、専門家の集団っていうのかな、専門家って言っても、いろんな仕事に従事している人たち、そういうのを念頭においている」
「準備ブログの状況を見ていて、このままじゃまずいよね、変な方向に行ってしまうかもしれない。対立軸を作らなきゃとそういうことであの批判エントリーを書いたんだけれど、この掲載をめぐって、まあその(苦笑)一悶着ありまして。」

※横で平野氏が微妙な表情をしている。

「で、今回のイベントはガ島さんと一緒に企画して、まあブロガーとの接点と言うかオーマイとのスフィアの出会いみたいな・・」

山口氏
「韓国はみな実名だという背景があるんですね。匿名への懸念はわかるが・・。鳥越さんはコメントよりも記事書いてくれと。そういう立場ですね。」
「実名で徹底的討論する場と言うことなら、そういう場をつくってくもらいたい気もしますね。」
「もっと右の編集員も入れてね(笑)バトルとかもあるでしょう。」

ガ島氏
「現状分析としてですね、ライブドアニュースとJanJanとオーマイと、同じような人が参加しているような感じはありますよね」

磯野氏
「まず話題になることが必要。垂れ込みや内部告発とか」
「デスクチェックはどうなっているんでしょうか。大連の件であったんですが、自分のオヤジがどうとか、で、銀行には店長室じゃなくて支店長だとか、普通社長じゃなくて頭取だとか、表現一つ見ても事実とは違うんですよね。」

いちる氏
「鳥越さんは66歳ですね。戦争もぎりぎり経験している世代。知らなくても面白いという心は持っている。市民記者の開拓にとにかく熱心。。こういう66歳がいるということだけでも、オーマイニュースはすばらしいと思いますよ」
(会場拍手)

※このいちる氏の発言のニュアンスは微妙。皮肉じゃないですよね?私の再現も正確じゃないかも。もしもいちる氏読んでおられたらコメントいただければ幸い。

「まだ1週間ですよ。創刊して。こんなもんかなあという気もする」

ガ島氏
「みなさんは(パネラーに)市民記者登録しますか?」

磯野氏
「私は商売敵だと思ってるんで。笑 登録しません」

山口氏
「いや間に合ってます(笑)表現の場は別にあるので。生活の場に必要がない」

いちる氏
「ニックネームを許さないというのがね」

ガ島氏
「ちょっと会場に聞いてみましょう。この中で市民記者にこれから登録しようと言う人」
※1名が手をあげる

「あれ?あんなに鳥越さんが売り込んでいたのに。笑」
「ではニックネームが許されるなら登録するという方」

※10名ほどが手を上げる。場内にやっぱりねえ・・みたいな空気。

※ここで会場からの質問

質問者
「トラックバックはなぜないのか」

平野氏
「全記事検索機能はこれからつけますし、コメントへのフォローを見てもらえれば・・云々。」
「実装予定は・・何とも」

※回答ははっきりしないが要は予定はないようである。平野氏は気鋭のジャーナリストであることは明確で実質的にオーマイの中心人物であると思われるが、トラックバックの意義を理解している様子がない。RSSのことも聞きたかった・・

質問者
「タブーに挑戦というキャッチがいつのまにか消えたが」

中台氏

「あれはその何かキャッチが必要と言うことで、思い付きと言うか(会場笑)・・そうでしたっけ?消えていたことにも気がついていませんでした。ごめんなさい。」

ガ島氏
「ところでタブーって何ですか」

中台氏
「すくなくとも新聞が書けないことじゃないですかねえ」
「たとえば押紙のことですが、みんな知っているんですが、どこも書かない。私が調べた限りでは、20年くらい前に熊本日日新聞が、西日本新聞のことでそういうことを書いた。それくらい」
「後はマスコミと権力の距離感とか・・」

平野氏
「(タブーに挑戦とは)掲げてまで出すことかなーと個人的には思う。ジャーナリズム=反権力ではない。正義の概念は昔と変わってきているのではないか。マスコミの権力化がむしろ批判されている。若い記者の型どおりの正義感というかそういうのを見ると違うよと言いたい。だから安易にキャッチにいれるべきではないと思う」
「もっとも鳥越さんのような人も編集部にはいますが」(会場笑)

佐々木氏
「編集部内でも違うんですよ。いろんな対立がある。それを表に出したほうがいいと思う。そうでないとステレオタイプに・・・」

※横から平野氏が何事か佐々木氏に言う。制止している?佐々木氏、いいじゃないかという表情で続ける。

「実際編集部ではすごい議論があるんですよ」
「タブーの概念も違う。市民運動の人が劣化ウランを取材してくれと毎日新聞に言ってきて、地方版だったし、扱わなかったら毎日新聞は権力寄りだとか言われた。たとえば韓国の悪口をなぜ書かないかとか(このあたり少しBBの記録曖昧)」

ガ島氏
「タブーと言うのはまあ、部落開放とか基地とかそういうものなのかと、そういうことなんでしょうか。たとえば子供の事故とかで、親も不注意だとか社説に書くと抗議が凄いですよ。電話が鳴りっぱなし。書けないんです。そういうことはタブーですね。新聞の。で、そのへんどうなのかと」

いちる氏
「グーグルニュースとかアルゴリズムで、いいですよね。僕はノーイデオロギーでとにかく晒せばいいと思うんですが」

会場から質問(徳力氏)
「どういうターゲットを考えているんですか?書き手じゃなくて読み手として。話が書き手の側からばかりなので・・今発信したい人は増えてきているが」

平野氏
「まあその・・大企業を出て、ベンチャーで企業を起こして会社を大きくしていくとか・・そういう人たちの・・発信の場が・・そういう体験を伝えたい」

※平野氏の回答、よくわからなかった。ここわかる人いればフォローをお願いします。僕も集中力が落ちてきていたかも。

会場から(女子大学生)

「企業ジャーナリズムな感じが強いがそのへんどうか。普段ネットを見ない人のことは考えているか」

平野氏
「企業ジャーナリズムと言うのは・・よくわかりませんがニュースバリューの概念の問題ではないでしょうか。あれはニュースではないとかオーマイの記事も言われなすが、ニュースの概念が違うというか。」
「ネットを見ないというのは、まあこういうオフ会のようなものもその一貫ですし」

会場質問者
「私は市民記者ですがアクセス数は?」

平野氏
「例の田中さんの、釣られちゃった記事ね(会場から笑)あれは初日で60,000行きました。まああれは我々も楽しませてくれたというか(爆笑)そうか、左よりの甘い言葉を散りばめた記事は釣りかもしれないとか、そういう読み方をするようになっちゃって(笑)作られていないかと要チェックとか(会場笑) いいのがあっても釣りじゃないかとか。」「目標としては市民記者年内5000人、PVで月1500万ですね。月400万PVいかないと広告が入らない。今はなんとか(話題になったので)そのペースは越えている。」

その他にも記事のオピニオンに関する扱いとかいくつか質問あり。

※ここでようやく私の質問の順番が回ってきた。私がしたのは次の質問。

「訴訟リスクと言うのがある。釣り記事もそうだが、実名で書いて個人の周囲の人間が特定されるということがある。事実の確認も大切だが、そうしたリスク回避にどのような体制で臨んでいるのか。何人の人間が何時間かけているのか、分業なのか全体会議を毎日やっているのかとかそういう具体的なことを知りたい」

平野氏
「編集体制は、今9名。そのうち取材に2人くらい行く。で、3-4名が全ての記事に目を通し、まあじっくり考えるということになる。で、とりあえずは「ニュースのたね」に入れて夕方1時間くらい協議して、翌日朝出すものを検討する。で、次の日朝8時か8時半にアップする。」
「至急扱いのものは急遽別扱いするがその他は1-2日の検討リサイクル。ただ実際は記事が予想以上に多く集まっているのでこの体制は維持できないかもしれない。少し変えなければいけないと思っている」

私の記録はここまで。


●時間はすでに予定時間を大幅に回っていて5時近くになっていた。最後まで全ての質問にどうにか答えてくださったのはよかったと思う。

●聞けば私のすぐ後ろにkatshiさんが座っていたそうで、ご挨拶できずに残念。

●なにしろテープではなく筆記したものを起こしたので、漏らした部分や表記が不十分な部分がある。そのあたりはオーマイニュースの公式記事や、他の参加者の記録も見てフォローしていただきたい。冒頭に書いたように記述ミスがあれば確認され次第訂正する。

●徳力さん、ご挨拶もしないですみませんでした。またこんど。

ふー。感想などはまた別に書く。

« 「ブロガーXオーマイニュース『市民メディアの可能性』」レポート(1) | Main | オーマイニュースの広報感覚はどうだったのか---シンポジウムに関してもう少し »

Comments

 折角不特定多数の人間が集まって話してるんだから、テープが無いとか録音は各自の自由とか言ってないで、場として記録を残すべきだったんじゃないですかね?
 そのへんからして甘いというか。ビデオ回せばいいじゃなーいというか。そういう記録は少なくとも全員で共有すればぁ? という感じ。

 なんのための取材なんだかよく分かりませんな。

 メモしました→記憶を頼りに書きました→他の方のご意見も参照ください。

 これで75日後も「話が出来る」とは思わない。Bigbangさんが「一過性の噂の発信源になりました」程度のこと。

 で。そもそもなんでオーマイニュースを「取材」したんでしたっけ? 当初の動機や目的は何でしたっけ? そんな感じ。

 残念でしたので、次回ご健闘に期待します。がむばって。

うんこだか私だかハナ毛だかの人
うざいです。面白くもありません

というか、ウェブ中継するって言ってたんでしょ
それが土壇場でダメになったとか
それでもテープ持っていけってか?
ちゃんと読んでから書いてね>ハナ毛

あはは、書かれちゃいましたね(笑) エントリーではこの件スルーされるのかなと思っていたので、ちょっと意表をつかれましたよ。まぁでもOKです。
BigBangさんも参加されていたことがこことけろやんさんのブログで分かったので、僕の方から同席していた旨メールしたというのが、お互い手を伸ばせば触れる距離に座っていたことが後で発覚した経緯です。>ALL

 ↑のほうで馬鹿がなんか言ってるみたいですけど。そういうのは緑公園で言ってね。別にここでもいいけど。こことか最終弁当爺宅でわざわざ他名使ってまで言わんでもいいよ。

>場として記録を残すべきだったんじゃないですかね?

 基本はここなんで。それが出来なきゃ、わざわざ出かける意味も無い。というか、仲間内で好き勝手やってるだけってことをわざわざ報告してるだけでしかない。
 それが取材の結果なら、別にいいけど。

 そもそも物販等の商行為だったり情報を提供する事業を自分らの栄誉利得の為に行ってるんじゃなくて、情報提供そのものをパブリックの側面から見てるやろ。皆さん巻き込んでさぁさぁご一緒に、とか。情報出す・取る行為をみんなの利益、的に捉えてる。建前だけは。
 んだったら、説明会なり懇親会なり「外の人」と触れ合う機会があったときの内容を事後確認できるよう公的に保存するのは当然じゃね? という感じ。
 私的な結社の活動に私人が関わってなんかごにょごにょ言ってるレベルのことであれば、そんなもんわざわざ相手にしなくてもいいんだよね。根本的にどうでもいいから。

 で。そもそもなんでオーマイニュースを「取材」したんでしたっけ? 当初の動機や目的は何でしたっけ? そんな感じ。


 まぁ、建前だけにせよパブリックを前面に出してるような連中がそもそも建前すらあんまし守れてないというのであれば、そんなもん日本に根付くわけねえだろバーカとしか言いようがない。んだったら本音丸出しで欲深い・業深いヤツのほうが、いっそ潔い。中途半端に善人ぶってるから胡散くさいんでしょ。

BigBangさん、2回にわたるレポートお疲れ様でした。

すでにご存知の方も多そうですが、シンポのMP3ファイルを、参加者でもある山口浩さんがブログにあげていらっしゃいますね。合計190メガくらいあるので、ダウンロードは大変かもしれませんが。

こんにちは。
>ハナ毛くん
長くてウザいから、
極東ブログに閉じこもってろよ。
あと、R30さんに早くエントリ書けって伝えてチョウダイ。

>harmonikerさん
なるほど。
そういうのは、
オマイニュース本体でアップして欲しいな。
とあれ、暇があったら聴いてみよう。ガ島さんの声聴きたい、アイラヴ!


前回のエントリーにコメントした公開質問状への
オーマイ側の対応です
でんわがかかってきて、やりとりをしました、そのあと私は編集部にこのようなメールをしました。

本名です。

さきほど非通知で、しかも名乗らずに「オーマイ編集部」だと電話がかかってきましたが、これはそちらの編集員の方でしょうか?
威圧的に感じられました。非常識ではありませんか?
こちらは電話番号を知らせてるのに、そちらは非通知というのは、個人情報の悪用です。抗議します。
以後はメールにてお願いいたします。

こんにちは。

「ブロガーXオーマイニュース『市民メディアの可能性』」レポート、興味深く読みました。

気鋭のブロガーの質問ほど面白い話にはならないと思いますが、「市民メディア交流集会@よこはま06」という催しの中で、「いま始まった日本での試み~オーマイニュースは成功するのか?」オ・ヨホ(オーマイニュース創業者)、(9月9日)「先駆者が語る「市民記者、レポーターへの期待」」 竹内謙(日本インターネット新聞社代表)他、(9月10日)などを見つけたので、行ってみようかなと思いました。


市民メディア交流集会@よこはま06
http://alternative-media.jp/

皮肉じゃないですよ。純粋にリスペクトです。

>>お借りしますさん

あなたは、本名広男さんご本人だとは思うのですが、それであれば、そのコテハン・・違うか、まさに「本名」か。失礼・・で語っていただいたほうが、告発コメントにも説得力が増すと思うのですが、どうでしょうか。ちょっとわかりにくい印象です。

本名であろうがハンドルだろうが同一性がとれていれば等価だとおもいます。「おかりします」の本名です。本日編集部から電話がきて、本題とはべつに、2ちゃんからの、田代砲アタックについて話したのですが、田代砲を知らない、それどころか2ちゃんはチェックしてないとのことでした。インターネットにニュースサイトを持っている編集部としていかがなものでしょうか。ちなみに本名は本名です。

現在オーマイアクセスランキング1位
【グルメ】やんわりと溶けてうまい「タチウオの辛口煮付け」

「だから遅すぎると言ってるんだ」(パト2後藤台詞より)
田代でランキングは操作できることを言ってあったのに。

オーマイのシステムが若干変わりましたね。
こんなところにスポンタ氏がw
http://ameblo.jp/pasosavi/entry-10020054724.html


うん?リンク先が見つからないんだけど一時的なことかしらん?

はっはっはw 佐々木氏爆発w
http://blog.japan.cnet.com/sasaki/2006/11/post_9.html

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/11741127

Listed below are links to weblogs that reference 「ブロガーXオーマイニュース『市民メディアの可能性』」レポート(2):

» GripBlogとオーマイニュース [真プライベート・ロード]
この1ヶ月間、私は、インターネット上で収入を得られる仕組みをずっと考えていますが、既存のものではどこにも見当たりません。そして、ひとつの結論に達しました。ないのなら、自分で作っちゃえばいい♪私のように学歴やスキルがなくても、修行を積んでジャーナリストになれ..... [Read More]

» オーマイニュースは燃えているか? 〜「誰でも参加」のドクマから抜け出せ [すちゃらかな日常 松岡美樹]
 ひさしぶりにブログ界をのぞいてみると、オーマイニュース日本版をめぐって騒ぎが起きている。9月2日(土)には鳥越俊太郎編集長以下、編集部サイドとブロガーらが討論するシンポジウムも開かれた。そこでの編集部側の発言を拾ってみると、「誰もが参加できる媒体を」という呪縛に囚われているように見える。いわゆる「参加型ジャーナリズム」の限界が、まさにこれだ。  たとえばシンポジウムの内容をレポートした「ブロガーX�... [Read More]

» 日本版オーマイニュースは図書館関係者が持論を開陳する場として使えば宜しい [ウェブログ図書館 業務日誌]
 先日、当業務日誌ブログで言及(*1)した「日本版オーマイニュース」 ( http://www.ohmynews.co.jp/ )に関して、先月末の開始早々雲行きが怪しい ことになっている。... [Read More]

» 日本版オーマイニュースの迷走 [微熱日記]
韓国では大成功を博して、ソフトバンクの出資を受け、鳥越俊太郎氏を編集長に据えて大 [Read More]

« 「ブロガーXオーマイニュース『市民メディアの可能性』」レポート(1) | Main | オーマイニュースの広報感覚はどうだったのか---シンポジウムに関してもう少し »