SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« September 2006 | Main | November 2006 »

October 31, 2006

公取委が景表法違反の疑いでソフトバンク調査-----予想外割のギリギリ落とし穴

やはりきたかという感じである。

公取委がソフトバンク調査 景表法違反か

 公正取引委員会が、ソフトバンクモバイルの携帯電話の広告内容が景品表示法などに違反している疑いがあるとして、調査を始めたことが31日、分かった。公取委は30日、ソフトバンクモバイルの担当者を呼んで説明を受けた。

 ソフトバンクモバイルが顧客同士の通信料金を「通話0円、メール0円」と強調しているのが景品表示法の「有利誤認」に当たる可能性があると、KDDI(au)とNTTドコモが指摘。KDDIが公取委に相談を持ち掛けていた。ドコモとKDDIは、午後9時から翌日午前零時台までの無料通話時間に制限があることなど条件の表示が小さく、顧客に誤解を与える恐れがあると主張している。

 また「通話0円、メール0円」を利用する際に新たに契約が必要となり、この契約に基づく基本使用料について「定価9600円」を2880円へと大幅に割り引くとしている点に対し「そもそも定価の意味が不明」などと指摘、「不当表示」に当たるとしていた。

 ソフトバンクモバイルは「公取委に説明をしたのは事実だが、法律を守っていると考えている」(広報部)と反論している。(共同)

Continue reading "公取委が景表法違反の疑いでソフトバンク調査-----予想外割のギリギリ落とし穴" »

October 30, 2006

ソフトバンクのシステムトラブルは「解約殺到」が原因?-----予想外割のギリギリ落とし穴

僕の携帯はauだし、NTTドコモにそれほど親近感を抱いているわけではないが、今回は社長と「気があった」ようで。

「孫社長は言いたい放題で、いい加減」NTTドコモ社長、会見で苦言(IT Plus)

 NTTドコモの中村維夫社長は27日 都内で会見し、2006年9月中間期の連結決算を発表した。会見では、ソフトバンクモバイルの孫正義社長が26日に始めた新しい料金プランに質問が集中、 中村社長はソフトバンクの新聞広告を手に掲げながら、「孫社長は23日に会見したときから言いたい放題言いっぱなしだが、あまりにいい加減で怒りを覚え る」と苦言を呈した。主な一問一答は以下の通り。

   (中略)

――23日以降のソフトバンクの発表の仕方はどうか。

 (ソフトバンクが出した新聞広告を示しながら)ゼロ円、ゼロ円、2880円なんて大きく書いてある。それに対し て、かなり重要な条件が欄外にいっぱい書いてある。「ソフトバンク孫正義」と大きく書いてあるのに注釈の字は小さい。法律的にはよく分からないが、これを 見ただけで加入した顧客は請求書を見てびっくりするのではないか。

で、それよりも驚いたニュース。

Continue reading "ソフトバンクのシステムトラブルは「解約殺到」が原因?-----予想外割のギリギリ落とし穴" »

October 29, 2006

ソフトバンクのCMは今も「ボーダーフォン」-----予想外割のギリギリ落とし穴

よく消費者金融や、生命保険のCMを見ていると、最終画面の下のほうに、米粒のように小さい文字が数秒映っていることがある。言うまでもなく、あそこには、契約関連で明記しなければならない条項や、例えば消費者金融であれば「借りすぎに注意しましょう」とか、告知する企業にとっては、余り言いたくないけれど、一応書いておかないと怒られるので、書いておきますよみたいなことが書いてある。

で、「通話料・メール代 \0」を繰り返し言っているソフトバンクの「予想外割」TVCMである。画面下のほうを見ると、米粒どころかノミかシラミくらいの大きさの文字が並んでいる。しかも5秒どころか3秒くらいでぱっと消える。およそ人類には全く読むことができない。絶対誰も読むことのできないものを、絶対読むことのできないような表示の仕方で表示して、あれで何かがクリアされるということ自体が不思議だが、ソフトバンクの「予想外割」の告知の仕方は、「ボーダーフォンボーダフォン」を引き継いだからでもないだろうが、それこそ「ボーダー」である。

Continue reading "ソフトバンクのCMは今も「ボーダーフォン」-----予想外割のギリギリ落とし穴" »

October 25, 2006

BigBangは、なぜBigBangなのか

予告しておく。誰が読んでも愉快な話ではない。

本来こういうネタははてなの方でやるんだが、このブログの話なのでここでやる。久しぶりの自分語りだから、そんな話は聞きたくねえって人は、すぐにほかへ行っておくんな。石松。

概ね書いたけれど、人と「多少異なった」幼少時代をおくった。で、それはもういい。失ったものも膨大にあるが、得たものもあるだろう。おそらく。一直線のコンプレックスや、馬鹿のような優越感に溺れる年でもない。はっきりしていることは、膨大に失ったものがあること。そして、その半面で得たものも膨大にある。それだけである。

はっきり言えば、後ろに誰もいなかった。いたのは、祖父母のみ。で、一定の年齢になれば、「あるべき家庭」に戻るはずだった。temporaryな環境で、いつかは終わるtemporaryな感覚を持ち続けた。結果的には、temporaryではなかったのだが、おそらくそれはハプニングだ。

Continue reading "BigBangは、なぜBigBangなのか" »

October 20, 2006

ジェンダーを超えた孤独----中村中「友達の詩」

このところiPodで中村中(なかむらあたる)というシンガーの音楽をずっと聴き続けている。iPodがいいのは、同じ音楽を異なる風景やsituationの中で聴いて何かを「確認」できることであり、その音楽を聴いている自分の精神状態というか、気持ちというか、そういうものも何度も「確認」できることにあるように思う。

さて、中村中だけれど、ご存知の方も多いと思うが、「彼女」は性同一性障害というカテゴリーが当てはまる人である。戸籍上は男性として生を受けたが、心は女性である。その後、おそらく手術などをされたのだと思うが、現在は見かけ上も、声も本当に女性そのものであり、しかも美声である。

よく伸びる高音は言うに及ばず、元来「男性であった」ので女性にはなかなか出ない、低い声も持ち続けており、その両極が彼女の声と表現に深みと奥行きを与えていると思う。

Continue reading "ジェンダーを超えた孤独----中村中「友達の詩」" »

mixiの画像表示に関する脆弱性と、上場企業としての対応のあり方

これはちょっと驚いた。

この欠陥は、mixi内でアップロードされた画像が、mixiにログインしていなくても画像のURLを指定すれば誰にでも閲覧できてしまうというもの。もっとも、数百万人の会員がいるとされるmixiでは、いずれにせよ誰にでも見られるのに等しいのだから問題じゃないという考え方もあろう。しかし、「友人まで公開」に設定している日記の画像はどうだろうか。普通のユーザなら、写真画像も「友人まで公開」だと信じて貼り付けるのではなかろうか。(ミクシィ、画像に認可制御なしの欠陥を改修できず、ヘルプで弁解(スラッシュドットジャパン)

mixiのメインコンテンツは mixi.jp ドメインで提供されているけれど、画像は img1.mixi.jp ドメインで提供されているため、正常に Cookie が飛ばないといったあたりがネックになって、なかなか改善に至らないのではないかと思います…が、いろいろやり方はあるだろうにと思います。([SECURITY] mixi にアップロードした画像ファイルが認証なしに閲覧可能な件について(葉っぱ日記)

Continue reading "mixiの画像表示に関する脆弱性と、上場企業としての対応のあり方" »

October 12, 2006

北朝鮮核実験に寄せて・電波な予測になればいいけど予測する今後の朝鮮半島

果たして、中国の動向が鍵になるのはその通りだと思う。国連の制裁決議に反対さえしていてくれれば、変な言い方だけれど落ち着くのだけれど、ここのところに来ての、ビミョーな立ち居振る舞いは、妙に気になる。

電波な予測だと言われることを覚悟して言えば、中国の南下=北朝鮮への侵攻は本当にあり得ないのだろうか。

北の核弾頭の限界は、予測によれば4.5トン。大陸間を通すためには、1.5トンまで下げることが必要で、そのために必要な時間は、たとえ今回の実験が失敗であったとしても、100年よりは短く、いや10年よりも短いだろう。
仮に10年としても、そしてその間に北が軟着陸崩壊する幸せな乙があるかもしれないにしても、西海岸を核が射程に納める事態を、果たして米国は看過できるか。

Continue reading "北朝鮮核実験に寄せて・電波な予測になればいいけど予測する今後の朝鮮半島" »

October 09, 2006

映画「ワールド・トレードセンター」が描けなかったもの-----未だ途上にあって

Wtc

いわば9・11は人類にとって不可知のブラックボックスであったのであり、そこに投げ込まれた「値」は至るところでエラーを起こして演算不能=コンフュージョンとなっており、その出力結果を知ろうとする我らの試みは、ことごとく拒絶されて現在に至っているように思う。

にも関わらず、それは確実に「起きた」ことなのであり、脳内造影でも妄想でもない。(おそらく)

ワールド・トレードセンターの惨劇を扱ったドキュメンタリーとしては、当ブログの「神が命じた場所に立った兄弟-9・11から3年」でも扱った、9.11 N.Y.~同時多発テロ衝撃の真実~がとにかく圧倒的な臨場感と恐怖に満ちており、凡百のレポートやノンフィクションなど寄せ付けないと今も尚思っている。

Continue reading "映画「ワールド・トレードセンター」が描けなかったもの-----未だ途上にあって" »

October 05, 2006

三島VS東大全共闘の映像を見て---一夜の記憶は夢だったのか

あるいはこういう経験を与えてくれるのが今の時代の奥底に隠された力なのかも知れない。YouTubeをあてもなくザッピングしていて出会った、「三島 vs 東大全共闘」の映像。1969年5月13日。動く三島、話す三島がそこにいた。

どぎもを抜かれた。

もとより三島には間に合わなかった。気がつけばこの作家は市谷の自衛隊駐屯地で茶褐色の楯の会の軍服に身を包んで声を張り上げていたのであり、訳がわからないうちに割腹自殺を遂げていた。とりたてて小説を読み込んでいたわけでもなかったが、ただその日の衝撃は子供なりにも重く記憶に残っている。

Continue reading "三島VS東大全共闘の映像を見て---一夜の記憶は夢だったのか" »

« September 2006 | Main | November 2006 »