SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« IT's BigBang! 更新 | Main | IT's Big Bang! 更新 »

January 24, 2007

「名もなき毒」を読んだ-----恐れるべき毒は我等の内に

Namonaki_1

「誰か」の続編となる宮部みゆきの作。巨大コンツェルン総帥の娘婿になり、グループの広報誌編集部に所属した元編集者杉村三郎を主人公にした第二作である。

読み進めば読み進むほど、幾度もカバーを眺め「名もなき毒」というタイトルを確認する。それほどに、この小説を的確に表現している秀逸な表題である。経済的安定に恵まれ、平凡日常な毎日をおくる主人公の孤独、空虚感だとか、喪失感は一作にも増してこの小説に彩を与えているが、だからこそ起きる事件の生々しさ、この世俗の毒々しさが鮮やかに浮かび上がってくる。

富と愛情、堅牢な地位。表面的には全てを持っている主人公、というおよそ小説にはまったく似つかわしくない「困難な」キャスティングを敢えて行い、にも関わらずドラマティック極まりなく人間群像を描いていく作者の手腕には、相変わらず舌を巻く。「理由」や「火車」で描いたような、特殊なプロットであれば、いかにも「小説になりそうな」のだが、そんな舞台仕立てを、敢えて全て捨てて、ある「くびき」のようなものを、自分に課して「挑戦的」に書かれた、という風に思える。   

ストーリーのセッティングは、それら個性的な作品に比べ、遥かに「凡庸」にシフトしているのだが、並々ならぬ「力」でこのフラットな物語世界が後半、鮮やかに「揺れる」感覚を味わうことが出来る。読書の醍醐味といえるだろう。

異常な舞台仕立てで書くならば、どんな「まずい」書き手でも、素材に助けられて。ある一定の段階までは読者の関心を引っ張ることが出来ようが、この連作に用いられている舞台は、どこまでも飄々たる杉村三郎の性格そのもの通りに、平々としており、下手な書き手が迷い込んだなら、とんでもなく退屈な凡作になるはずである。

それを、まったく先を読みきれない、しかも雰囲気のある、一級の推理小説に仕上げる力は、並みの「小説家志望者」を打ちのめすだろう。本当のプロとはこういうものである。などと嫉妬する段階はもちろんとうに過ぎた距離感である。当たり前。

「毒」という言葉は、この小説ではダブルにもトリプルにも、多重な意を込めていられているが、一番恐れるべき「毒」は我らに内在する心の奥であろうし、その毒は、毒が撒かれる前の生活や人生が凡庸であればあるほど、その刃をもって、鋭利に襲い掛かってくるのである

文句無く第1級のストーリーテラーの技に酔いしれた後、そんなことを思ったのである。

« IT's BigBang! 更新 | Main | IT's Big Bang! 更新 »

Comments

舌を巻く作家は多いけれど
打ちのめされる、ひれ伏してしまうという感覚を想起する作家は限られます。
それでも何人かいますが
宮部みゆきさんは間違いなくそのトップクラスですね。
ほかには横山秀夫さん、桐野夏生さん……
ミステリ作家をすぐ思いつくのは、このジャンルが長く隆盛で、突出した才能が集まったからだろうな。

美也子さん、どうもです。横山秀夫は、「半落ち」しか読んだことないですね。桐野夏生は大体読んでいます。確かにミステリに才能が集まっていますね。現代社会の構造というか、激変しているので、新しいプロットには不自由ないというのもあるのかもしれません。ネットを舞台にした面白いミステリを誰か書かないかなあ。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/13647206

Listed below are links to weblogs that reference 「名もなき毒」を読んだ-----恐れるべき毒は我等の内に:

« IT's BigBang! 更新 | Main | IT's Big Bang! 更新 »

-