SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« February 2007 | Main | April 2007 »

March 25, 2007

「猫の神様」----失われていく命と性と「美しい文章」

Nekono_1


彼が死んだのは、暖かい春の陽射しが差し込む、穏やかな朝だった。10年と8ケ月一緒に暮らしたというのに、それはとてもあっけないお別れだった。

という一節から始まる東良美季の「猫の神様」は、アダルトビデオのライターをしながら一人で暮らす著者が、雨の夜に道に捨てられていたのを連れ帰り、10数年を共に暮らした「ぎじゅ太」と「みャ太」の2匹の猫の命、そして彼らの命が失われていくのをどうすることもできずに、ただ見つめる日々を、美しい文章でしたためた1冊である。

2匹のうちの1匹、ぎじゅ太が失われたとき、悲しみの中で筆者はこう書く。

Continue reading "「猫の神様」----失われていく命と性と「美しい文章」" »

March 22, 2007

更新

更新しました。

「粘菌コンピュータ」は心を持つのだろうか-------キューブリックも予想していなかったこと。(CNET Japan IT's Big Bang!)

March 20, 2007

「ドリームガールズ」---圧倒的な美と才能。いずれもが狂おしかった。

Dream

1960年代。シュープリームスとダイアナロスのサクセスストーリーをベースにしながらも、現実をおそらく超えるかもしれないドラマティックな映画に仕上がっている。「ドリームガールズ」は、かつてブロードウェイミュージカルとして1981年に公開された舞台の映画化である。

何といっても、ダイアナロスをイメージしたディーナの美しさ、そしてそれを演じるのが大スターのビヨンセと来れば、物語のフレームは出来上がってしまっていると、観る前には誰もがそう思うだろう。実際、ビヨンセ演じるディーナの美しさと言ったら、気が遠くなるほどである。売り出し前の、初々しい秘めた美しさを持った愛らしいティーンの時代から、センターに起用され、次第に自信を持ち、輝きを増していく、その「美人っぷり」と言ったら!人間とは思えない。溜息が出るというような紋切り型の表現では収まらない。何と言ったらいいのだろう。ビヨンセ!ビヨンセ!この人はこんなにも美しい人だったのかと、改めて見直した。目をこすったと言ってもいいかな。

Continue reading "「ドリームガールズ」---圧倒的な美と才能。いずれもが狂おしかった。" »

March 17, 2007

堀江被告に懲役2年6ケ月の実刑判決---「無反省」と「脅迫」

執行猶予なしの実刑判決は、最近の日興コーディアルの例などから見ても、重すぎるという声が多いようであるが、判決要旨からまとめてみた。

(1)ライブドアの自社株売却益の利益計上・架空売上計上について

→投資事業組合は脱法目的に結成されたものであり、売上計上の許されない自社株売却益を記載した虚偽の有価証券報告書を提出、架空売上を前提とした連結経常利益が記載された虚偽の有価証券報告書を提出することを認識、認容し、宮内被告との間に共謀が成立する。

(2)ライブドアマーケティング(LDM)における虚偽事実の公表について

→LDMがマネーライフ社との株式交換に関して行った04年10月25日の公表の一部に虚偽。11月9日の公表も虚偽。堀江被告は虚偽事実に基づく業績状況を公表することを認識、認容し宮内被告との間で共謀が成立する。

Continue reading "堀江被告に懲役2年6ケ月の実刑判決---「無反省」と「脅迫」" »

March 15, 2007

桜開花予想で気象庁計算ミス。野暮な話ではある。

桜開花予想で見込み違い--原因は入力計算ミスだとか。桜の開花予想も、「電子的に」なされていたのだと、あらためて感心するとともに何とも妙な気分ではある。

気象庁は14日、桜(ソメイヨシノ)の第1回開花予想(7日)で、全国で最も早い開花を予想していた静岡市のほか、東京、高松市、松山市の計4地点について、計算ミスから、本来より3~9日早い予想日を発表してしまったとして謝罪し、訂正した。

そのうえで第2回開花予想を発表、56地点のうち40地点で第1回予想よりも1~6日遅れるとした。
第2回予想で、最も早く咲くと見られるのは静岡市、福岡市の21日で、平年よりそれぞれ7、5日早い。横浜市が22日、東京と名古屋市が23日と続き、平年より5~6日早いとしている。
(Yahooニュース 桜開花予想、気象庁が謝罪・訂正…静岡市は21日に

Continue reading "桜開花予想で気象庁計算ミス。野暮な話ではある。" »

March 10, 2007

更新

更新しました。

「携帯電話の番号登録機能が使える銀行員は50%」という怪説は本当か。トンデモか。(CNET Japan IT's Big Bang!!)


 

デジタルカメラへの長い道のりをぐだぐだと。

今日はあまり書かなかったカメラの話。

大学を出て最初に就いた職種がスタジオマンという僕は、スタジオでアシスタントをしながら、ブツ撮りの技術を徹底して教え込まれた。当時のスタジオマン、それも新米の仕事はどんなことかというと、まずは掃除とブツ(撮影物)の運び込み、セッティングと磨き。セットの解体と組み立て。後片付けと掃除。となっていて、ライティングや露出、フィルムの詰め替えなどという「高等技術」に手を出させてもらうには、ざっと1年近くはかかる。それまでは、カメラの近くに寄ることも許されない。

数々のドジを乗り超えてようやく、カメラマンの視線で、カメラの横から被写体を見ることを許される。この時点までで、僕のいたスタジオはブツ撮りが多かったけれど、たまには広告写真でヌードなどというのもある。そうした場合にはチーフ以外は外に出るのが決まりなのだが、「血気盛ん」な年頃でも不思議と、それでどうこういうことはない。もはや連日の疲労と寝不足で、浮ついた気持ちになる余裕もないのである。淡々と本番時には外に出て、撮影が終わるのを待つ。終わった合図が来ると、粛々と中に入って後片付けをする。

Continue reading "デジタルカメラへの長い道のりをぐだぐだと。" »

March 03, 2007

僕が「意志を持った悲観主義者」でありたいと思う理由。

■悲観主義とオプティミズム(My Life Between Silicon Valley and Japan)

アランの「定義集」には少々関心を持ったが。

間違いなく僕は悲観主義者・ペシミストであるだろうと思う。物事の未来を、楽観的には考えない。まず最悪の状態を思い描き、心のレベルをずんと落とす。落とすところまで落とした薄暗い井戸の底に降りて、密かに心の中で線を引き、時には陽光の差す上方を見上げる。

自分が落とすところまで落としてしまったその線よりも、多くの場合、現実はほんの少し浮上した場所を流れていく。少しましであることが多いと言ってもいい。心象よりもほんの少し浮上した現実を流れていく未来を、僕は線の場所から眺めて、「予想よりも遥かに良かった」展開に安堵し、散々嘆いて絶望を口にする周囲に向かって、言う。

「ほら。大したことはなかったではないか。」と。

Continue reading "僕が「意志を持った悲観主義者」でありたいと思う理由。" »

March 02, 2007

Photoshopのウェブアプリが無料で登場ということだが

結構大騒ぎになっているわけだが。

Photoshopのウェブアプリ版、無料で半年以内にリリース予定(Gigazine)

Photoshopも大事に大事にアップグレードしてきたのは、もう遥か昔。最近はPremier Elementsとか、Piccasoとか、FireFoxとかちゃらちゃら使っていて、重量級のPhotoshopを使うこともついぞなくなってきていた。で、今頃無償化といわれただけなら驚かない。

このニュースが本当に衝撃的なのは、実はそれ以外の部分にあるのではないかと思ったので、ちょっと書いてみた。どうも最近IT関係はあっちに書いちゃうんだけれど。まあお読みください。


Photoshop無償Webアプリ化がもたらす衝撃の焦点はどこだろう(CNET Japan --IT's Big Bang!)

« February 2007 | Main | April 2007 »

-