SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« 更新 | Main | 更新 »

April 18, 2007

「失われた町」が導いてくれた場所---与那覇大智さんの個展に行ってきた

Yona

以前ここで、三崎亜記さんの「失われた町」についての書評を書いたのだが、(「失われた町」(三崎亜記)---澄み切った不条理な悲しみ)それをきっかけに、この書を読んで下さったという、画家の与那覇大智さんから、創作上のインスピレーションを受けることができたというメールをいただいた。で、与那覇さんの個展が銀座で開かれているというご案内もいただいたので、風の気持ちのいい日、銀座の個展会場に行ってきた。

会場に与那覇さんらしき方をお見かけしたが、こそっと入って一通り見てからおもむろに(笑)ご挨拶でもと思っていたが、気がつくと資料を手に持って与那覇さんが目の前に立っておられた。
「BigBangです」と挨拶すると、「わかっていました。なぜでしょう。」と笑っておられる。どうも会場に入ってきた瞬間にばれていたようです。ほんとになぜでしょう。ぎゃふん。

それはともかく、ひとしきりお話をすることができた。

与那覇さんの作品は、「自分が暮らした事のある場所の地図や、航空写真に穴を開け、そこから絵具を押し出し転写された点々を、水や絵具で押し出す」という手法で創られていて、点描が、やがて町を上空から見たものだと気がついてくるまでは、夜空に散らばる星のようにも思える。「HOME」と名付けられた、一連の作品群は、フィラデルフィアにしばらく滞在しておられた時に、自分の生まれた沖縄の町と、フィラデルフィアのその町並みとの間の距離や齟齬、そして同一なところに刺激を受けて、こうした作品を生み出すことになったらしい。

ご本人の話では、それ以前に筆で書いていくことに対しての、息苦しさ、つらい状態があったという。

「これなんですよ」と指さしていただいた作品は、キャンバスのほとんどを黒が占め、そこにほのかな光と見える白い描画がなされていたものだった。「失われた町」のイメージはその作品でもっともあらわされているということらしい。滞在中の夏の夕暮れに見た、庭の芝生の蔭から光の粒のように立ち上る蛍が印象的だったという記憶も、重ねあわされている。

与那覇さんがその作品を見ながらこんなことを言った。

「残照・・でしたっけ?」

「そうだったかな?」

与那覇さんが語りかけてくれたのは、あの作品に描かれる「失われた町、月ヶ瀬」に蜃気楼のようにまとわりつき、夜になると輝き、それを残った人々が見つめるうちにやがて消えていく光のこと。(あとで小説で確認したら「残光」と表現されていた。)そういえば、あの作品にも町の記憶をひたすらキャンバスに繋ぎ止めていこうとする、絵を書く青年が登場する。

「書かれているものは儚いけれど、航空写真というのは実はすごい情報量ですよね?そこから何か(力のようなものを)受けてしまって疲れてしまいませんか?」

などと理屈っぽく聞くと、与那覇さんは、故郷である沖縄の町を上空から見つめている視線は、空爆をしようという米軍の視線である。そのこともどうしても意識してしまうんですよ、というような話をしてくれた。そういえば、暗いキャンバスに点描で描かれた町は、絵具で炎に包まれているようにも見える。僕はどうしてもそういう話になると東京大空襲とか思い出してしまうなあなどという話をした。

それはともかく、会場に訪れる、与那覇さんの知己と思われる方々は、彼の「作風の変化」に軽い驚きを感じておられるようであることが、聞こえてくる会話の中から察せられた。同時にみな、創作者としての与那覇さんのことを、案じながら暖かく、大切にしておられる様子が伝わってくるようであった。与那覇さんは、そうした一人一人に対して丹念に創作の意図や、こういう作品を創るに到った経緯を説明しておられたが、私と与那覇さんは同じ小説を読むという「共通体験」があったおかげで、門外の抽象的な作品を制作者と共に囲むという緊張に接しながら、どこか安らいでリラックスして通じあえたような気がする。少なくとも私と与那覇さんは「月ヶ瀬」を知っているからである。これは与那覇さんにも話したけれど、もしも三崎亜記さんがこれらの作品を見たら、どんな感想を示すだろうか。それほど、与那覇さんの作品は、三崎さんの物語世界に通じるイメージがあったのである。もちろん、離れた場所にある魂が想ったものの仔細は違うものなのかもしれないけれど、三崎亜記さんの小説にも、「戦い」の影は確かにあったのである。

与那覇さんはしばらく、この手法の創作を続けるという。いつかどこかの「町」で、また一面の光の粒と蛍、そして彼の描く「月ヶ瀬」に会うことができるだろう。

外に出ると、風が気持のいい午後だった。光も穏やか。

それにしても、ブログでの出会いというのは不思議なものである。



【関連リンク】

与那覇大智
(与那覇さんの経歴と今回の個展の会場が見られる)

« 更新 | Main | 更新 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/14750779

Listed below are links to weblogs that reference 「失われた町」が導いてくれた場所---与那覇大智さんの個展に行ってきた:

« 更新 | Main | 更新 »