SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« May 2007 | Main | July 2007 »

June 30, 2007

朝鮮総連問題---緒方元長官逮捕への疑問

緒方元長官が、詐欺容疑で逮捕というのは実に意外である。てっきり朝鮮総連が結託して競売逃れのための偽装売買を行ったという方向に行くかと思っていたら、緒方元長官が「代金を払う気がないのに」ありもしない投資話をもちかけて、総連から建物を騙し取ろうとしたという。また緒方長官に投資話を持ちかけたという投資家も、投資を確約したわけではないという。

実に不可解である。そもそも緒方元長官のような法律の専門家が、支払いもできない不動産取引を行って、建物を搾取することができるなどと、本気で思うだろうか。また、緒方氏は取引直後に、代金決済ができない場合には登記を抹消するという誓約書を差し入れている。つまり、登記移転後に代金が決済できなければ、当然のごとく登記が現状復帰されることを熟知していたし、事実その手続を行っている。

Continue reading "朝鮮総連問題---緒方元長官逮捕への疑問" »

June 29, 2007

更新

更新しました。

リアルとバーチャルの薄れゆく境界----やはり今、人生は複雑化しているのかもしれない(CNET Japan IT'sBig Bang!)

June 25, 2007

水の呪縛-----渋谷シエスパの爆発事故

円山町の「ユーロスペース」のカフェに、映画上演前の時間、しばらく座っていたことがあった。カウンターに、パンフレットがいくつか置いてあって、その一つを手に取ると、「シエスパ」というスパのものだった。「渋谷にスパか。へー」と興味を持って見始めた。パンフレットの写真がそれなりに豪華であり、なかなか興味深いものだったからだ。が、女性専用だという。「なんだ。」それを知った途端に興味がなくなり、それっきりそのことは忘れていた。

今回の事件で、最初てっきりユーロスペースも爆風を受けたのではないかと思った。ユーロスペースとシエスパが至近距離なのを記憶していたからだ。実際、後で調べたところでは、シエスパの本館とユーロスペースとは100mくらいの距離だった。もっとも今回悲劇が起きたのは、従業員用の別館だったので、実際の距離はもう少し離れている。住所もシエスパは円山町ではなく、松濤だった。自分と微かにニアミスした事故現場・・ということだけだったら、それもよくある話だったのだろうが、私の心に引っかかるものがもう一つあった。

Continue reading "水の呪縛-----渋谷シエスパの爆発事故" »

June 17, 2007

年金不備データ5000万件はどうやって生まれたか。怪しい計算でこじつける。

一般的にデータベースで、そのレコードが同一人物のものであることをどこで峻別するか。最良なのは、もちろんkeyとしてのIDを全人物に振ることであるが、それが難しければ、生年月日や電話番号、姓名ふりがな、あるいは住所や電子メールアドレス等の複合だろうか。レコードの量が、数百、数千、あるいは数万程度であれば、keyとしての統一IDがなくても、ある程度はこれで管理することができる。ところが、年金の支払受給記録のような、全国民を対象にするような巨大なデータベースの場合、どういうことが起きるか。戯れにモデルとして単純化して試算してみよう。

個人識別の手段としてもっとも使われやすい生年月日で考えてみる。対象は、この80年間に生まれたすべての国民とする。生年月日の組み合わせは幾通りあるか。(ここではうるう年はモデルから除く。また昨年生まれたばかりの乳幼児が自分で年金を支払うわけがないが、成人後にはその乳幼児のデータも問題になる可能性があるということで数値に含ませる。)1年間の生年月日は365通りであるから、80年間ではこれに年数をかければよいので、365X80=29200通りである。この80年間に生まれた国民が仮に1億人いるとすれば、1億人のすべてがこのどれかの誕生日に属していることになる。同一の誕生日に平均何人の国民が集中しているかというと1億÷29200≒3425人となる。

※以下怪しい計算が延々と続く。数字が超苦手な人と超得意な人はどちらも読まないように。。。

Continue reading "年金不備データ5000万件はどうやって生まれたか。怪しい計算でこじつける。" »

June 13, 2007

更新

更新しました。

日払派遣の労働力を利用する側について考える(CNET Japan IT'sBig Bang!)

June 02, 2007

邯鄲の夢(5)-----天上の人

有楽町西武がオープンしたのは、1984年の10月。この年の4月には、ダイエー系のプランタン銀座がオープンしている。この頃の西武とダイエーは、全国いたるところで商圏を奪い合って熾烈な戦いを繰り広げていた。今となっては想像しがたい時代である。

この頃、僕の勤務していた制作会社は、西武系の広告代理店I&Sから、有楽町西武のオープニングパーティ全体の運営を請け負っていた。会場は有楽町西武全店。館内全体を、中華をテーマにしたパーティ会場にしようという画期的な(当時としては)企画である。マスコミや関係者、そして得意先のみを対象にした盛大なパーティは、ダイエーに対する強烈な西武のライバル心も反映されていたと思う。

Continue reading "邯鄲の夢(5)-----天上の人" »

更新

更新しました。

「セカンドライフナイト in BarTube」で考えたRMTの現実(CNET Japan IT'sBig Bang!)

« May 2007 | Main | July 2007 »