SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« 更新 | Main | 更新 »

June 02, 2007

邯鄲の夢(5)-----天上の人

有楽町西武がオープンしたのは、1984年の10月。この年の4月には、ダイエー系のプランタン銀座がオープンしている。この頃の西武とダイエーは、全国いたるところで商圏を奪い合って熾烈な戦いを繰り広げていた。今となっては想像しがたい時代である。

この頃、僕の勤務していた制作会社は、西武系の広告代理店I&Sから、有楽町西武のオープニングパーティ全体の運営を請け負っていた。会場は有楽町西武全店。館内全体を、中華をテーマにしたパーティ会場にしようという画期的な(当時としては)企画である。マスコミや関係者、そして得意先のみを対象にした盛大なパーティは、ダイエーに対する強烈な西武のライバル心も反映されていたと思う。

さて、当日。最大のメインイベントは、総帥、堤清二氏の内覧である。10名近くを従えて大名行列を行う堤清二氏の内覧はセゾンの中でも有名であり、関係者にとって最大の緊張を要する瞬間である。下っ端の制作会社の、そのまた下っ端でしかない僕にとっても、めったに経験できない場面だった。もちろん生の堤氏を見たことは、それまでに一度もない。

果たして、エスカレーターの持ち場で心臓を高鳴らせながら待っていた僕の前に、その人は現れた。初めて堤清二氏を目の当たりにした瞬間だった。

ところが予想もしない登場の仕方に、僕はあっけにとられた。僕のいるフロアに、当然上りのエスカレーターに乗って現れるとばかり思われた堤氏は、何と下りのエスカレーターに乗って現れたのだ。上りで来るとばかり思って配置についていた僕はパニックになった。

一体どういうわけなのだろう。

答は単純だった。堤氏は、有楽町西武の屋上にあるヘリポートに空からヘリで降り立ったのである。それだけの話ではあったが、事前にそれを知らされていなかった僕たちは右往左往する羽目になった。
有楽町西武に堤氏がどのくらい滞在したかは、もう覚えていない。しかし、天上の人は上から降り立ち、そしてまた風のように「上へ」と帰って行ったのである。その記憶は今でも鮮明に覚えている。

まさにこの頃=有楽町西武オープンの頃が、西武セゾングループの絶頂期だったと思う。銀座の、ど真中にヘリで降り立った堤氏は、その絶頂を全身で纏っていた。

« 更新 | Main | 更新 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/15292598

Listed below are links to weblogs that reference 邯鄲の夢(5)-----天上の人:

« 更新 | Main | 更新 »