SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« 更新 | Main | 麻生氏はやはり情報を開示すべきだった。----密室禅譲の時代の終わり »

September 13, 2007

安倍首相辞任を表明----凄惨を知らぬ「美しい国」は弱かった

テロ対策特別措置法の継続がならなかった場合、実質的に辞任を示唆した「職を賭して」発言の時には、これは民主党を相手にした、ぎりぎりのブラフかと思った。民主党が「国際公約」に反して、再三の米国からの働きかけにも関わらず、同法の延長に反対するなら、安倍は首相を辞める。当然ながら政治には空白ができるし、対米国においても、日本は苦境に追い込まれる。それでもよければ反対してみろという、賭けかと思えたのである。

ところが、今日の急な辞任を受けて関係者の発言を聞いていると、すでに参院選の敗北以後、首相の心身は限界に達しており、どうも先の発言も深い思惑からではなく、既に政治的な決断能力を失っていたからであるという見方が強いという。

民主党の小沢代表と会談できなかったことを、最後まで首相は言及し、あたかも民主党の非妥協的な姿勢が、辞任に繋がったが如くであったが、小沢代表によれば、民主党への申し入れは腹を据えた勝負を挑むものではなく、「ご挨拶をしたい」などという曖昧なものであり、代表質問の前に何を悠長なと、小沢代表は会談を断ったという。

要は、諸所で安倍氏の判断力は破綻しており、正常な判断ができなかったというのが実際のところであったようだ。このタイミングでの辞任発表は政治的責任からすれば最悪であろうが、松岡元農相の例もある。実に無責任な軽挙ではあるが、あるいは在任中に最悪の事態になる恐れすらあったかもしれない。自ら職を辞するぎりぎりの力がまだこの人に残っていたことをもって、我らは次善の事態とすべきかもしれない。

それにしても、安倍氏の精神が、あるいは首相の激務には向かなかっただけではなく、その信条である「美しい国」も今となっては空しい理念に思える。「美しい国」どころか、自ら実に美しくない去り際を安倍氏は見せていったわけであるが、その言葉と裏腹に「テロとの断固とした対決」など、おおよそ、彼には土台無理だったろう。

先日、インド洋で給油活動に協力する自衛隊員の取材VTRを見た。どんなときに一番喜びを感じるかと聞かれて、給油した他国の船舶に感謝されるときと述べたときの、若い隊員たちの表情は確かに純粋であり、「美しかった」かもしれない。だが、テロとの対決とは、油を差しただけで終わるわけではないのだ。給油した船は、やがて洋上で敵にまみえるかもしれない。戦闘状態の中で相手を殺傷する場合も当然あるだろう。自衛隊員の給油した燃料は、殺傷のための環境を「友軍」に提供する、きわめて戦闘性の高い行為である。
洋上の夕日に輝く隊員たちの汗は確かに美しかろうが、美しさはそこで美しさとして完結されるわけではないのである。つまり表面的な「美しさ」はこの世界の「醜悪」や「凄惨」と表裏の関係にある。
もちろん、内政でも同様であり、先の小泉前首相が「痛みを伴った改革」と言ったときほどにも、この甘いマスクの首相に「痛み」の意味がわかっていたか。美しさの向こうにある凄惨が見えていたか。

決して米国の為政者を賛美するわけではないが、少なくとも彼の国には、この凄惨から目を逸らして空虚な「美」を唱える大統領はいないだろう。そこが、我々の国に欠けている決定的な覚悟であり、最後に涙目になって小沢氏の非情に恨み言を言いながらこの場を去った安倍首相は、まさにその「甘さ」を体現していたかもしれない。

真に凄惨を見つめて、なお美を唱えることが出来るなら。せめて今はそうした次の傑を望むのみである。

« 更新 | Main | 麻生氏はやはり情報を開示すべきだった。----密室禅譲の時代の終わり »

Comments

給油活動は、アジアの問題でもあるので、
タイ、日本、ベトナムで協力しておこなうといいのでは?
ベトナムをいれるのが味噌であり、
日本は、指揮権はもたず、自衛隊員(人)と船(物)と「金」をだせばいいと思う。

それと、これからは、首相の問題でなく、
閣僚の問題だとおもう。
安倍首相が一番まずかったのは、
自民党全体の中で、有能な人材を登用しなかったこと。
その上、結局、閣僚が辞めることになるのに、
潔く早めに辞めさせていれば、
国民の不満は膨らまなかったはず。

野球の采配と同じで、
どんどん、ピッチャーもバッターの代打もだして、
選手交代した方がいい。

あと、首相は、監督なんだから、
ちゃらちゃら、テレビとかには出てほしくない。
出るなら、休暇のとき。

安倍首相が就任したとき、こんなに弱いリーダーだとは思いませんでした。
こんな無様な辞め方をするような腹の据わっていない男を国のリーダーとして頂いていたのかと思うと情けない限りです。
次は、リーダーらしいリーダーに首相になってもらいたいと思います。

>だが、テロとの対決とは、油を差しただけで終わるわけではないのだ。

 分かって書いてらっしゃるんでしょうから別にいいんですけど、戦略的には兵站活動って凄く重要ですし、実際に前線で戦う側からすると援軍の有無って士気に凄い関わりますから、「油を差す」みたいな単純な省略では収まらないと思いますけどね。
 兵站が無い(滞る)と分かっている状況では一撃必殺的にやり返せば相手の反撃を抑えられるというムードが湧きますけど、兵站がシッカリして何度追い払ってもキリが無いと思わせれば、それだけでも十分精神的なダメージを与えられます。精神云々以前に、普通に「目の前の敵が減らない」訳ですから、いろんな意味で効果が大きい。
 兵站活動するのは、そういう意味で前線で血を流し肉を飛び散らせるのと同じくらいの意味合いがあるので、油差してるだけ、みたいな見下しは何だろね? と思うんですが。

 後方支援=留守番、くらいの意味で考えてませんか?

>後方支援=留守番、くらいの意味で考えてませんか?

いえ。考えていません。

おじゃまします。
給油活動が重要なのはたしかですが、日本がこのオペレーションを選んだのは、比較的費用が安く、しかも危険が少ないからでしょう。海上までアタックできる反米勢力はいないと思われます。

わたしが自分で覚悟したいな、と思っているのは、かりに自衛艦が補給先などで自爆攻撃を受けたとき(2005年にアデンで米艦が攻撃されましたね)、戦闘行為中なのだから当然ありうるリスクだということ、攻撃してきた側も「戦争」の一方の当事者であり戦士としての勇気は認めるべきなのだろう、ということです。「邪悪な犯罪者」ではなく…。
「戦争」をしているわけですから。

兵士の勇気や美を嘉するというのは、政略上の都合やプロパガンダにのせられた軽挙ではなく、けっこう大変なことだと思えます。

いや、安倍さんが「覚悟」があったなら、いいんです。この問題に関して。
給油活動への賛否の議論や国民の「覚悟論」はその先にあるわけですが、大事なことは、安倍氏が覚悟もなく美辞麗句を並べていなかったのかということなんです。ここで書きたかったのは。

まあ、これもいささか過去の話題になってきましたけれどね。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/16431274

Listed below are links to weblogs that reference 安倍首相辞任を表明----凄惨を知らぬ「美しい国」は弱かった:

» 安倍政権崩壊・抵抗勢力の反乱 [罵愚と話そう「日本からの発言」]
 争点はふたつあって、改革と改憲だった。改憲とは、つまり、国家観とか歴史認識の話題で、保守回帰と呼んでいいと思う。小泉前首相は、理念や政治体制には無関心な政治家で、改革ざんまいで、改憲に関心はなかった。改革だけで5年の長期政権を維持して、それでもなお道なかばというか、端緒をつかんだにすぎない。自民党内の抵抗勢力の排除に5年かかったと表現してもいい。ひきついだ安倍総理はそれに改憲を足して、二本柱を政策の中心にすえた。  政権発足直後、中国と韓国との外交関係を修復する必要から、靖国を棚上げに...... [Read More]

« 更新 | Main | 麻生氏はやはり情報を開示すべきだった。----密室禅譲の時代の終わり »

-