SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« セカンドライフのベースとなった小説「スノウ・クラッシュ」に描かれた未来は最高にクールだ | Main | 更新 »

September 27, 2007

乱数表で死刑を執行したらどうかと言った鳩山法相

新聞等の見出しでは「署名なしで死刑を」となっていたが、「署名なしで、乱数表か何かで死刑を」ということだったらしい。

死刑を受けるべき人間は執行されないといけないが、(法相は)誰だって判子をついて死刑を執行したいと思わない」と発言。執行の順番について「ベルトコンベヤーって言ってはいけないが、乱数表か分からないが、客観性のある何かで事柄が自動的に進んでいけば、次は誰かという議論にならない(鳩山法相)

俺は執行したくないというのであれば、執行書に署名をしなければいい。杉浦正健元法相は在任中には、ついに死刑執行命令書にサインしなかったらしいが、記憶が朧だが他にもそのような「粘った」法相が過去に何人かいたはずだ。死刑に対する言論的な批判は当然あるべきであろうと思うし、法相になったことにより、直ちに例外なく死刑執行書への署名を拒めない、つまり無条件の法順守しかないとまでは私は思えない。死刑反対論であれば、堂々とその主張を立法の場で展開すればいいだろう。その上で国務大臣の執行義務との関係も議論すればいい。あるいは辞することになることも当然あろう。

ところが、彼がここで言っているのは死刑執行廃止論ではない。死刑執行の最後のボタンを自分が押すのは嫌だと言っているのであり、またその行為を最後の一人に委託するのは酷だと言っているようだ。では、一体誰が一人の人間の命を奪うことの最終責任をとるのか。それを乱数表に委ねるというのは悪質な責任放棄であろう。

そもそも鳩山氏に誰かがその役割を強制したわけではない。その役務がつらいというなら、彼は法相を引き受けるべきではないし、その自由がある。

「とてもあんなもの署名はできないなあ、寝覚めが悪くてなあ」
「うん、そうだなあ、くじか抽選で決めてくれれば楽だよなあ」

などという次元の会話は、庶民には許されようが、国政の重要な一端を担うもの、それも政府内の、法務大臣としては許されないお粗末な発言であ る。報道ではあまり追及されていないようであるが、私はこの発言一つをとっただけで、鳩山氏は法務大臣として不適格であると思う。さすがに後から乱数云々 は不適切だったとして取り消したが、取り消せばいいという問題ではない。一時的にしろこの程度の認識を公に吐露した鳩山氏は猛省すべきだ。


先日辞任した安倍前総理の例をまた引くわけではないが、そもそも何を思って彼らは重職を引き受けるのか。その覚悟が感じられない。私はある意味で、閣僚で なくても、政治家は1人の人間であることすら、一端は超越しなければならない局面があると思っている。政治には元来人を人として見詰めた末に、そこから離 れなければより大きな非道を招く恐れのある事態に対して、自分の人間としての苦しみを棚に上げても執行しなければならない局面があるはずである。その苛酷 を引き受けてくれるがゆえに、国民は彼らに社会的敬意を払い、待遇を保証する。政治家になろうとするものなら常識的な覚悟であると思えるが、それすらも危 うい政治家が多すぎると思う。これを「苦労知らずの坊ちゃん」と呼ぶのは易いが、安倍氏や鳩山氏のような「出自の卑しくない」政治家だけに限られたことで はないように思う。果たして政治家の苦しみを引き受けずに、特権だけを享受しようと言う傾向があまりにも強すぎるのではないか。

その観点からMr_Rancelotが言われた

よろしいか。大臣は国家を背負っているのだ。その意味が鳩山法相にはお分かりでないようだ。機能としての自分を掲げることが出来ぬならば、政府になど入るべきではなかろう。(「死刑」/green

 

には全く同意である。

誰もあなたに、あなたの意に染まない行為を強制しているわけではない。責任を負いたくなければその場所に立つべきではない。立ち去ればよい。あなたにはその自由があるはずだ。

« セカンドライフのベースとなった小説「スノウ・クラッシュ」に描かれた未来は最高にクールだ | Main | 更新 »

Comments

基本的には法律とそれに則った判事の主体性を持った判断に帰すべき責任論であろうかと。ですから判決のその場で6ヶ月以内で安楽死する薬を飲んで頂くのが妥当でしょう。法相は超法規的措置などが起こらないように身を以って法治社会を守ることが仕事かと。

で、法律の方ですが、極刑と無期刑の間に差が大きすぎなのが一つの原因かも。無期刑はほんとに無期でいつ何時仮出所で地上にヒョッコリと芽を出すやも知れません。ここは一つ終身刑を真剣に考慮すべきでしょう。遺族の応報感情を癒しつつ法治社会を守るには、この世から居なくなってもらえば良いわけで、セカンドライフなりサードライフなりを絶海の孤島に構築し、そこで死刑相当者に暮らしていただくという案は如何。そこの社会を無法社会にするか超法治ガチガチ社会にするかは議論を待つところ。意外と尊師なんかがそこの社会のリーダーになったりして。まず、死刑廃止が難しければ、終身刑を定めて様子を見るのも一案かと思った次第です。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/16589071

Listed below are links to weblogs that reference 乱数表で死刑を執行したらどうかと言った鳩山法相:

» 気になるニュースを紹介 [気になるニュースを紹介]
気になるニュースを紹介します。 [Read More]

» 鳩山法相の死刑制度に対する見解について [ブログ一撃チェキ!]
死刑「執行は自動的に」…鳩山法相、辞職後の会見で鳩山邦夫法相は25日、内閣総辞職後の記者会見で、死刑制度について「判決確定から半年以内に執行するという法の規定が事実上、守られていない。法相が絡まなくても、半年以内に執行することが自動的、客観的に進む方法がないだろうか」などと述べた。法相の信条や宗教的理由で左右される現状に疑問を呈した形だ。(毎日新聞)法相が機械的に時期や順序などを判断して職責を全...... [Read More]

» ・「死刑執行を乱数表で決める!?」〜 鳩山法相の発言 [杉浦 ひとみの瞳]
本日福田内閣総理大臣が誕生し、法務大臣を留任となった鳩山邦夫法務大臣が、死刑執行について、死刑囚も被害者もビックリするような発言をしました(発言時は、再任前かも知れません)。 「法務大臣が絡まなくても、自動的に客観的に進むような方法を考えたらどうかと。法務大臣に責任をおっかぶせるような形ではなくて」(鳩山邦夫 法相) また、もっと驚いたのは 「“乱数表”なのかわからないけど、どういう方法があるのかわかりませんけども、客観性のある何かで事が自動的に進めば、『次は誰か』とかの議論にならないとすれば・・... [Read More]

» <鳩山邦夫法務大臣>「友人の友人にアルカイダ」・バリ島の爆破事件の警告を受けていた! [☆今日の時事問題☆彡時事問題とニュース百聞]
鳩山邦夫法務大臣は10月29日(月)、東京都内の外国特派員協会で講演し「私の友人の友人にアルカイダがいる。バリ島の爆破事件に絡んでいたが『バリ島の中心部は爆破するから近づかないように』とのアドバイスを受けていた」との仰天エピソードを披露した。鳩山法務大臣自身が爆破事件を事前に知っていたと誤解されかねない発言で、講演後「(直接の)友人から爆破事件の3、4カ月後に聞いた話を申し上げた。真偽は確認してないし(アルカイダのメンバーとの)面識はない」などと釈明したという。 この日、法務...... [Read More]

» 鳩山法相の友人の友人はアルカイダ。バリ島爆破を事前に知っていた!? [今日の時事問題とニュース百聞]
鳩山邦夫法務大臣は10月29日(月)、東京都内の外国特派員協会で講演し「オレの友人の友人にアルカイダがいんべぇ。バリ島の爆破事件に絡んでいたが『バリ島の中心部は爆破すっから近づかねぇように』とのアドバイスを受けていた」との仰天エピソードを披露したべ。鳩山法務大臣自身が爆破事件を事前に知っていたと誤解されかねねぇ発言で、講演後「(直接の)友人から爆破事件の3、4カ月後に聞いた話を申し上げた。真偽は確...... [Read More]

« セカンドライフのベースとなった小説「スノウ・クラッシュ」に描かれた未来は最高にクールだ | Main | 更新 »

-