SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« 更新 | Main | 「ミャンマー(ビルマ)情勢緊急集会----これまで何がおきてきたのか」(JVJA主催)出席報告(1) »

October 02, 2007

ミャンマーのこと---相対主義の地獄を超える

この記事について少し。

インターネットを遮断したミャンマー軍事政権とブロガーの戦い - IT's Big Bang!

CNETのほうで、あまり政治的な議論は、おそらくそぐわないだろうと思いながらも、ネットが遮断されたミャンマーでのブロガーの情報発信について書いた。これは情報システムの話だろと。幾分確信犯的にやったところもあったのだが、後段でつい価値判断を思わせる表現を交えてしまい、私のこの問題への関わりがあるいは浅薄に見えたか、finalvent氏の、そしてそれに対するエレニ氏のエントリーと続くことになった。

●この事態はちょっと微妙(finalventの日記)


●ブログの使いよう(エレニの日記)

まず、私の記事は即座に現在のミャンマー軍政の全体的な批判に繋がるものではない。ご指摘の通り、自分はこの件に関して継続的なウォッチをしてきたわけではないからであり、今回のエントリーの中心は、非武装の市民と僧侶によるデモに対して武力制圧に出た今回の行為、そしてネットを遮断して海外への情報流出を阻止している行為への個別的な批判でしかないと思ってもらってよい。

もう一つには、(おおよそ今日の日本において、彼の地と同じ状況になることはそうそうないであろうが)自分としてはこうした「暴挙」に体制が出てきた場合に、ブロガーにとってどのような抵抗方法が存在しうるかという、実践的なケースとして、注目を持って見ている面もある。

それは押さえた上で。

ミャンマーを巡る状況にどのような事情があっても、外国との情報遮断を「暴挙」と呼ぶことは適切だと私は考えており、総合的な事情と切り離しても批判されて然るべきだと考えているし、それをすべきであると考えている。

おおよそ政治を為すにあたり、絶対的な平和主義、絶対的な非暴力主義というのは、私はあり得ないと思っており、いかなる政権であっても根本的には暴力から逃れることは出来ないだろう。にも関わらず、一方で政権の、あるいは政策の「絶対悪」は、確かにあると考えており、今回の背景にある(かもしれない)、中国や欧米の諸勢力の思惑や事情とは切り離しても、非武装の市民に向かって発砲することや、外部への情報伝達の道を絶つこと、裁判無で極刑を強行すること等々は、断じて合理的に擁護されるべきではないし、強く批判されなければならないと考えている。この視点は揺らぐべきではないと思う。

これは、軍政であるからNOとか、民主的政権であればYESとかいう問題ではなく、その政権への国民の支持の多寡とも関係がない。他から切り離して、こうした行為は単独で批判されなければならず、停止されなければならないと考えるし、現在のミャンマーの状況はまさしくその状況であると考えている。

※1990年5月の総選挙でNLDと民族政党が圧勝したにも関わらず、軍政が選挙結果に基づく議会招集を拒否し居座ったことは、歴史的な事実として認識されても良かろう。ここで軍政は正当なミャンマーの政権であるという根拠すら失うのだが。

過剰な相対主義の元では、時として人は何も語れなくなるし、どんな行動もできなくなる。理由は簡単で、おおよそどんなことにも「表」と「裏」があるからだ。極端な相対主義に陥ると、あるひとつの行為を批判することが、他方で新たな悪を作り出すことに、あるいはいまひとつの「善」を排除することに繋がると思い当たり、結果身動きがつかなくなる。誠実であろうとすれば尚そうであろう。
おそらく実際に世界はそうしたものであろうし、だからこそ、しばしば私達は、過剰な情報の作り出す迷宮にはまり込む。そしてそこから抜け出すことは出来なくなる。誰も真実を知ることは出来ないし、知ろうとする欲求がよりその主体を一層がんじがらめに拘束することになるからだ。つまり背景を深読みするあまり、絶対的な悪の概念が持てなくなり、目の前にあるほんのシンプルな悪すら批判できなくなる。

私はそれを恐れる。

軍政崩壊後のミャンマーの混乱を根拠に、あるいは多民族の複雑な構成を元に現状の体制を擁護するとすれば、それもまたあらゆる圧制に対して同様の論があてはまり追認することになろうし、実際スターリン支配下の旧ソ連でも、毛沢東の文革下でも同じ論が用いられた。実際に現状の政権が崩壊した後に何がおきるか合理的な予想はできないにも関わらず、あらゆる圧制には存在理由があるということになり、つまるところ暴政の正当化に繋がりかねない。

当時私は成人していなかったが、相対主義の陥った地獄の象徴、その強烈な記憶としてベトナムがある。アメリカがベトナムに介入したことが正しかったかどうか。北爆が適切であったか否か、これについて語るなら、話は永遠に終わらないだろう。ベ平連は日本から飛び立つ大量の爆撃機に異を唱え、日本各所で脱走兵を助けた。人道的見地からの行動はしかし、赤いベトコンを助けることにならなかったのか、インドシナを赤化することに寄与しなかったのか。一方で、赤化を防ぐために脱走の米兵は過酷に死ななければならなかったのか。そしてサイゴンは?この問いに答は出ていない。現在までも、そしてこれからも議論は悪夢のように続く。

しかし物事に表と裏があるからと言って、隠された事実があったからといって、我々はソンミ村で起きたことを知るべきでなかったと言えるのか、枯れ葉剤について知るべきでなかったのか、反共のために黙るべきだったのか。いかなる事情があってもソンミ村の虐殺はあるべできはなかったし、枯葉剤によるシャム双生児が誕生する事態は避けなければならなかった。そこのところは決して揺らいではならないと思う。戦いにおける正義がいずれにあったのかということとは別に。

これは他人事ではなく、かつての戦争で我らの祖父母の頭上に降り注いだ焼夷弾にしても、原爆についても当てはまる。ここで現代の米国の多くの人々の主張は、大日本帝国の行為への評価をもって、あるいは戦いを終焉させるための、不可避の手段として、それらを正当化することである。東京大空襲でも同様の主張がなされたことを僕は知っている。果たして我らの父祖は、大日本帝国の罪により、焼かれて死ぬにふさわしかったろうか。当時知られていなかった大陸での残虐行為(があったとして)のために、死してしかるべきだったろうか。

非武装の市民を戦闘に巻き込むことは犯罪であるという国際的な合意がある中で、ここで構造的な「悪」があれば、犠牲を個人に強いても構わないという乱暴な飛躍があり、そうした欺瞞は現代でもあらゆるところで続いている。それどころか、未だに多くの米国人は事実を知ろうともしない。

ブロガーの役割が、主体の一貫した継続的な責任表明であるべきだというのは、平和国家に住む者としては、おそらく誠実な姿勢であろうが、そうしたことに逡巡している間に時は経過し、暴挙は続いていくかもしれない。電話もネットも新聞も止められている国に対峙するにあって、我らのこうした「知的誠実さ」が、「意志の継続」が、決定的な意味を果たして持つだろうか。その誠実さは自己への生き方への誠実さであっても、彼らに対する誠実さになるのだろうか。100日だけ関わることしか出来ないなら、1秒も関わらないほうがましであると、言っていいのだろうか。

かのエントリーでは、日本にもたらされていない、否、日本語化されていない情報のほんの一片を伝達した。そしてそれは、自分という主体の継続的な主張や思想の表明ではもちろんなく、単なる一時的な伝達であるかもしれない。無責任の謗りがもしあるとすれば、それもわからないでもない。だが1分であれ、10文字であれ、情報の伝達がどんなかたちであれなされなければ、我々は彼の地の出来事への価値判断もできないであろう。もちろん情報の取捨選択は厳になされなければならない。最低限の判断の材料として、現代のミャンマーで何が起きているかを知らせることは、甘い正義感ではなく、不可避のソリューションだと思う。

仮に自分が継続してできなくても、その後を誰かがリレーしていくかもしれない。その誰かが息を切らしたら、今度は自分がまた走る。そういう形があっても、否、人にとってそれこそが苛烈な問題に対していくための唯一の方法ではないのかとすら思う。100m走れなければ1mも走るべきではないとは、自分は思わない。

ブロガーの、いやブログを書く者としてコミットできる可能性が少しでもあるとすれば、僕はほんの少しバトンを前に向けて進めて行きたいと思う。その距離はきっと、途方もなく、馬鹿げて小さいものでしかないこともわかっているが。にも関わらず走らないよりはましだと思っているわけだ。一方で目は凝らしていくのは言うまでもない。


【参考リンク】
ミャンマー暴動メモ(極東ブログ)
ミャンマーの政変、複雑な印象とちょっと気になること(同上)
「非人道的」とはどういうことなのか。批判の限界(1)-(4)(BigBang)


【追記】
誤解のないように追記しますが、私のこのエントリーは、特定の明確なブロガーに向けて書かれた物ではない。従って、他への批判として書かれているのではなく、自分も含めて陥りがちなあるティピカルな論点への評価であり、それ以上ではありません。そういう意味でfinalventさんから再度の「反論」をいただく種類のものではないというのは、その通りだと思います。

 

« 更新 | Main | 「ミャンマー(ビルマ)情勢緊急集会----これまで何がおきてきたのか」(JVJA主催)出席報告(1) »

Comments

はじめまして、この度のエントリは、いろいろ考えさせられることが多くありました。失礼ながら、拙ブログのエントリで、リンクを貼らして頂き、少し引用させて頂きました。不快、不愉快なら、その旨、お伝えください。すぐに取り消しますので。

どうぞ、よろしくお願い致します。

>forrestalさん

始めまして。

>>不快、不愉快なら、その旨、お伝えください。すぐに取り消しますので。

とんでもない。読んでいただき、引用していただいてありがとうございます。当該テーマ関連の記事、読ませていただきました。「一寸先は闇」(苦笑)のような拙ブログに関心を頂き、感謝します。


BigBang様

ありがとうございます。私のブログもいつまで続けられるのやら、「一寸先は闇」です。(笑)

相対主義には、私も悩まされたことがありました。相対化していくとキリがないんですよね。真理や本質に辿りつくことは大変、困難ですし、それも又、相対化される。「この世界に絶対なことなどない」という言葉は、大変好きなのですし、常に、相対化して、多角的、複眼的視点で、捉えることは、重要です。そう心がけています。だから、白か黒かそういうことではないし、メリット・デメリットの総合的な解釈、判断になってします。
ただ、これは、その現象・事態の根本要因(背景も含めてです)を追求する営みであり、実際の現状にどう対処するかとは、違うレベルだと思うんですよ。もちろん、この両方のレベルは、リンクします。同時並行して行われるべきですね。

結局、現状~である。としか言えないのです、私には。

長文、駄文、失礼いたしました。

どうぞ、今後ともよろしくお願いいたします。

こんにちは。

僕には国際政治や「ブロガーの立つべき位置」のことは
よくわかりませんから(すいません)、
またしても空気を読まない的外れな発言を
してしまっているのかもしれませんが。

僕はBigBangさんのバトンの一部を受け取りました。

それまで知らなかったことを、
ちゃんと見ていなかったことを、
BigBangさんを通じて、
とりあえず「知った」わけですから。

全然受け取れていなくて、
落っことしてトラックの外に蹴飛ばして
どっかへ転がしてしまっているかもしれませんが、
一瞬でもバトンに手の先が触れました。

これからもよろしくお願いします。

ボクシングファンさん、ご無沙汰しております。
時々、怪しいバトンも渡していると思うので(苦笑)ご注意ください。

それはともかく、この後JVJAさんの報告会のルポに入ります。たどたどしいですが、また読んでいただければ幸いです。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/16635920

Listed below are links to weblogs that reference ミャンマーのこと---相対主義の地獄を超える:

» 中国当局、拘束中のネット反体制活動家を逮捕 [インドア アンテナ]
中国当局は、国家政権転覆扇動罪の容疑で身柄拘束していたインターネットで活動する反体制派のフリーライターLu Gengsong(51)容疑者を正式逮捕した。1日、Lu氏の妻、Wan…… [Read More]

» ブロガーは何が出来るのか? [forrestalの回顧録]
■皆様も、ミャンマーが、報道規制に踏み切ったことは、ご存じだと思う。今回は、その [Read More]

» ビルマについて思うこと [green]
今月は書かないでおこうと思っていたが、BigBang さんによる、二つの記事、 It’s BigBang - インターネットを遮断したミャンマー軍事政権とブロガーの戦い BigBang - ミャンマーのこと---相対主義の地獄を超える を読んで、ビルマについて思うことを書くことにした。それに... [Read More]

» ビルマの殺戮・数千人の僧侶を焼き殺す弾圧? [米流時評]
      ||| ビルマのキリングフィールド |||ミャンマー軍事独裁政権の恐怖政治・血の粛清の実態 抗議デモ参加で連行された僧侶・学生6千人を虐殺? 川には僧侶の死体浮上、兵士が逮捕者を焼却炉で焼き殺しているという証言も タイ・バンコック発 AP通信特報 |ミャンマー郊外の高校では100人が銃殺された。逮捕されたデモ参加者は、政府の焼却炉で生きたまま焼き殺されている。行方不明の僧侶は、川にうつ伏せの死体になって浮んでいる。 Myanmar's True Death Toll May ... [Read More]

» ヤンゴンで恐怖の人間狩り・EUミャンマーを取引停止処分 [米流時評]
    ||| ミャンマー政府軍恐怖の人間狩り |||国連特使離陸直後から徹夜でヤンゴン市内のデモ参加者を強制連行 EU が貿易取引停止決議 米・豪、国連へ非難決議案、中・ロ傍観 ミャンマー・ヤンゴン(旧名ビルマ・ラングーン)発 |ミャンマーの軍事独裁政権は現地時間で3日水曜、国連からの特使がヤンゴンを離れた後、市内全域で再びデモ参加者の摘発を開始し、それまで以上の市民を逮捕連行した。国連の特使は、国際的な非難の嵐を巻き起こした、政府軍のデモ参加者に対する暴虐な弾圧を終わらせようという試みで... [Read More]

» ビルマの圧殺・捏造報道と「僧侶狩り」 [米流時評]
||| ビルマの圧殺・捏造報道と「僧侶狩り」 |||メディア報道を否定するミャンマー軍政、捏造情報をリリース ネットを切断し情報伝播を妨害、僧侶デモの指導者4名捜索中 ミャンマー・ヤンゴン(旧名ビルマ・ラングーン)発 |5日金曜(米国時間で4日木曜)ミャンマーの軍事政権は、先週ヤンゴン市内で繰り広げられた民主化運動のデモに参加した僧侶を数百人拉致しており、政府軍の警備隊はデモを主導した4人の僧侶を捜索していると発表した。ミャンマー国営テレビの報道では、500名以上の僧侶が投獄されており、10... [Read More]

» なぜビルマの声は我々の声なのか [米流時評]
||| 米流時評:ビルマの声は我々の声 ||| 米流時評アピール:「なぜビルマの声は我々の声なのか」 かつて国連は、世界平和のシンボルであった。第二次大戦後の戦勝国のルールで補強されたコンセプトではあったが、ヒットラーのような独裁者の出現を2度と許さないという一点では、誰も異存なくその方針を支持したはずだった。国力の大小にかかわらず、全ての国が総会での議決投票権を持ち、少なくともそのシステム自体が「民主主義」を具現化したシンボルであったはずだった。 しかし昨今ではどうだろう。つい最近の... [Read More]

» 中国とミャンマーに気を使う無能な国連への怒り [米流時評]
 ||| 独裁政権に左右される無能な国連への怒り ||| ミャンマー独裁政権の使者と化した無能な特使と無機能な国連安保理 特使「歴史的会談」と自賛 その間政府軍の拉致数千人・死者数百人 ニューヨーク発/ミャンマー・ヤンゴン発 |5日金曜、ミャンマーの軍事独裁政権と今週会談した国連派遣のイブラヒム・ガンバリ特使は、その内容を次のように公表した。「ミャンマー政権のタンシュウェ最高司令官に対して、ある特定の条件の下に民主化運動の指導者で幽閉中のアウンサン・スーチー女史と会談を持つよう、注意深く進... [Read More]

» 弾圧にグローバルな怒り・24都市でミャンマー抗議デモ [米流時評]
    ||| 世界24都市でミャンマー抗議デモ |||ミャンマー独裁政権「血の弾圧」に抗議して 世界24都市で抗議デモ 世界を無視する独裁者に届くか? 英国が新たな経済制裁をEUに提案 ロンドン発 |6日土曜、ヨーロッパでもアジアでも世界中の都市が、ミャンマーの軍事独裁政権に反対する抗議の列に加わった。弾圧のあったミャンマーでは、民主化運動に対する弾圧で殺された犠牲者や逮捕者を忍んで、追悼と鎮魂を祈る献灯が終夜行なわれた。 【写真:ジャーナリスト長井氏の死を悼んでジャカルタの日本大使館に... [Read More]

» ミャンマーデモ指導者獄中で拷問死 ローラ・ブッシュも抗議 [米流時評]
   ||| デモ指導者、尋問中の拷問で獄中死 |||ミャンマー軍事政権に逮捕された自由化抗議デモ指導者が獄中死 民主化グループの疑惑:ウィン・シュウェ氏の死因は官憲の拷問 タイ・バンコック発 |先月末の軍事独裁政権に対する大規模な抗議デモを主導して逮捕されたミャンマー反政府運動の指導者が、官憲側の取調べ尋問中の拷問によって死亡したと、民主化運動グループから現地時間で10日水曜発表された。人権擁護団体「The Assistance Association for Political Pris... [Read More]

« 更新 | Main | 「ミャンマー(ビルマ)情勢緊急集会----これまで何がおきてきたのか」(JVJA主催)出席報告(1) »