SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« 「この悲しみの意味を知ることができるなら 世田谷事件・喪失と再生の物語」------スティグマを背負って  | Main | 「人間の価値を賃金の多少で差別したがるのは誰か」を読んで。 »

January 06, 2008

謹賀新年----ツラツラと年末年始を

遅ればせながら新年おめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

脈略もなく年末年始の様子をツラツラと。

今年は昨年末から東北の某地方都市、親類の家で過ごしていたが、当然ながら空の色が東京とはまるで違う。特に今年の年末年始は荒れ模様の天候。鈍色の空から舞う雪は、本当に絵に描いたような綺麗な六角形をしていた。きっと空気が澄んでいるのだろう。肌を刺すような寒さとまではいかなかったが、空を繰り返し仰いでも、重い雲は切れず、切れず。
考えてみれば、正月を東京以外で過ごすのは初めて。この時期の東京の空は青く、どこまでも青く澄み渡っていることが普通なので、こうした新年も新鮮でもある。

身内の決して軽くない問題に気を乱されながら、予定していたビルマ関連の原稿を仕上げ、取材先にチェックをお願いしたのがやっと大晦日。大幅遅れ。相手先にお詫びをする。年賀状も結局東京で書き切れず、プリンタ含めて滞在先まで持ち込み。どちらも年を跨いでがちゃがちゃやっていた。それが終わると、恒例の年賀メールの方の原稿書き。このあたりまでやったら3日になっていた。ましょうがないか。

ストックを持つのが面倒くさいのでここ何年も専らショートスキー。一時スキーとスノボに混じって、この中途半端なツールもゲレンデに相当数見かけたように思ったが、今年はほとんどお目にかからない。1日しか滑らなかったので、調子が戻ってきたころに終わり。この前滑ったのはいつだったかな。去年か、一昨年か。例によってあまり記憶無し。しかしスピード出ないんだよね。

商店街は軒並みシャッターが降りている。それも正月だから一時的にという風情でもなく、何ヶ月も営業していないような店がほとんど。東北地方の景気は相当に悪いとも聞く。もっとも他の地方も似たりよったりかな。

紅白は長すぎてだらだら。もういいんじゃないか。合間に雪片付け。ざっくりと重い。

戻ってきて今日は恒例の高校時代の有志による同窓会。昨年行かなかったので2年ぶり。いつも集合場所になるHの家にまたまた犬が増えていて驚いた。チワワの子犬が可愛すぎる。最初はモルモットかと思った。踏みつぶしそう。気をつけないと。

お開きの頃。10人でワインのボトルを11本も空けたとわかってこれも驚いた。ミュージックビデオがかかっていたが、昔のコブクロを見てあまりの今との違いにもびっくり。話題は毎年変わり映えがしないよ。いや、緩やかに爺臭く、婆臭くなってるか。やれやれ。

« 「この悲しみの意味を知ることができるなら 世田谷事件・喪失と再生の物語」------スティグマを背負って  | Main | 「人間の価値を賃金の多少で差別したがるのは誰か」を読んで。 »

Comments

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いしますとは言えません。
たぶん、ネットはほとんどしなくなるからです。
ただ、なんとなく、BigBangさんは持ち前のパワーを持ち続けて、もしかしたら、ブロガーとしてなにかをなしとげることができるのではと、エールを送ろうと。

もし、ネット・コミュニケーションが成長することがあるとしたら、

ハッカーは笑う
ケイティー・ハフナー/ジョン・マルコビッチ
NTT出版

この本にヒントがあると思っています。
主人公は二人です。
どちらもネット犯罪での有名人です。
そして、どちらも天才です。

もうひとつは、取材スタイルが参考になります。
アメリカのネット・ジャーナリズムは、だいたい、こんな感じです。

日本のブログは、主観とほのめかしが多すぎます。
たぶん、新聞なども同じでしょう。
たぶん、短くまとめないと読んでもらえないとなっているのかもしれません。

この点でいえば、BigBangさんは、常に長めであるし、
長期的に接点を持ち続ける点に魅力を感じます。
ぜひ、自主出版をするぐらいな。
あるいは、印刷物でないとしても、
読み応えのある、ネットの中にある書籍として。

私の予感だと、文章系は、同人誌のようになっていき、
規模がどんどん縮小していくと思います。
発展するのは、ネットのテレビ電話だと考えています。
現状の小さい窓ではなく、画面全部で、自然に動く映像の、
技術開発だと思っています。
2Dの写真技術ではなく、2Dを分析処理した3Dの延長でということで。
合成のようなという感じでしょうか。
いかに、転送データを縮小させて、PCの高処理で、
自然な動きのテレビ電話だと思います。
今年は無理そうですよね。

私の現実生活でいっぱいな一年になるはずです。
灯油が一番安いときは、18リットル500円でした。
それも玄関の前で。
今は、1500円を越えて、手で引いてこないとなりません。
こういう現実がたくさん起きるのでしょうね。

nonecoさん、どうも。水をかけるようだけど、正直僕は今後僕のブログに関して、何かがどうかなれるとは思ってないし、率直なところそっち方向にあまり興味もありません。本を出したければ、出したいと思ってそう動けばいいわけだし、ブログを仕事に結びつける気もない。

飽きてしまったらやめてしまうかもしれないし、ただ今は例の方向はご存知の状況だから、そのタイミングではないだろうし、当分は続けるでしょう。

元々、ブログに過度の思いは持ちたくなかったし、実際持ってもいないです。

あ、挨拶が遅れました。nonecoさんもネットから遠ざかるということだけれど、今年がよい年でありますように。

BigBangさま

ご無沙汰しています。お元気そうですね。
わたしもお正月は東京以外の場所で雪の中にいました。
もがけばもがくほど足をとられ、わたしは何も変わる事ができていません。答えを教えて欲しくても、さじ投げられるような情けない状態で。

良い年になりますように。ご活躍をお祈りしています。

deep_breathさん!!お元気でしたか?僕もよたよたと(苦笑)生きています。今年はお互い、よい年になるといいですね。時々は遊びになどいらしてください。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/17593238

Listed below are links to weblogs that reference 謹賀新年----ツラツラと年末年始を:

« 「この悲しみの意味を知ることができるなら 世田谷事件・喪失と再生の物語」------スティグマを背負って  | Main | 「人間の価値を賃金の多少で差別したがるのは誰か」を読んで。 »

-