SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« 更新 セカンドライフ関連です。 | Main | ビルマ、パゴダの影で-----ビルマ憲法国民投票を間近にして »

February 25, 2008

三浦和義氏拘束----疑惑の銃弾から27年

27年前にロスで起きた、いわゆる「疑惑の銃弾」と呼ばれる保険金殺人疑惑で、三浦和義氏が、サイパンで拘束されたと聞き、非常に驚いている。この事件にはロス市警はかねてからこだわりを持ち、日本での無罪確定に相当の苛立ちを持っていたというから、おそらくは入手しているだろう、新しい証拠とともに機会を狙っていたのだろうが、それにしても、被告人の母国で最高裁で最終的に無罪確定している事件を、あえて今更摘発に至ったというのは、きわめて異例の前例のない事態であるという。何がロス市警をここまで突き動かしているのだろうか。

それにしてもどこにでも、いつでも不用意なことを言う人はいるもので、黒鉄ヒロシがテレビ番組の中で、これは沖縄の米兵不良行為問題から日本の人々の目をそらすための、米国のデモンストレーションだなどと、真顔で語っているのにはあきれてしまった。黒鉄ヒロシの漫画は大好きであるが、この人はどうもワイドショーのコメンテーターになってから、しばしばこうした、苦笑してしまうような軽率なトンデモ発言をする。さすがに、他の出演者からたしなめられていたが。

あらためて久しぶりに昔の映像を見ていると、三浦氏の27年の風貌の変化にしても、一美さんの狙撃現場となった元駐車場にしても、荒れ果てていて、あらためて時の流れを感じるわけだが、再婚相手となった女性は美人であったし、(この人とは離婚後、また再婚したと聞いたが)2人で、ショルダーバッグを肩から下げて、空港の通路を闊歩する長身の三浦氏の映像は、今見てもスタイリッシュな印象を受け、あの当時彼の個人的な性癖と合わせてこの事件が異様なほど注目を集めたのもわかるような気がする。

おどろおどろした、闇と謎を感じさせる彼の性格や生き方に加えて、この事件がロスで起きたということに、今とはだいぶ違う、どこかファッショナブルで、人を惹きつける要素があった。怖いものみたさに、トレンドがかぶった感じというのだろうか。一美さんの殺害された駐車場の写真には、確かロスではおなじみのPalm Treeが写っていて、あのころのロスは今よりも遥かにある種のステータスの匂いをかもし出していたような気がする。つまり、おかしな言い方なのだが、今思えば、何だか非常に「ファッショナブルな」事件だったのである。そうした部分も、今はすっかり色あせた印象があるが、あれもあの時代こそがなしたことではあるだろう。思えば三浦事件はバブルまっ盛りの日本の80年代の傍らで進行していたのだと、今になって知る。

それにしても、まさに国境をまたいだ、劇場型犯罪の極致でもあったわけだが、のちに元女優に依頼した殴打事件では最終的に有罪となっている三浦氏の最終的なありようも、どこか落ち着かない不可思議な状態にはなっていた。

黒鉄ヒロシの陰謀論には到底同意しないけれど、これほど昔の容疑で、最高裁で無罪確定した日本国民を拘束するのに、日本の司法当局に事前に何の連絡も打診もなかったというのも、妙な話ではあるし、こうしたことが、今後一般化された場合には、自国民を守るという日本外務省の海外機関の立場上も、決して喜ばしいことではないだろう。そうした意味で、27年の時を経て、報道の切っ先が今後どちらの方向に向かうかも、改めて問われるように思う。

« 更新 セカンドライフ関連です。 | Main | ビルマ、パゴダの影で-----ビルマ憲法国民投票を間近にして »

Comments

こんにちは。
陰謀論者の私ですが、
>沖縄の米兵不良行為問題から日本の人々の目をそらすための
というのは考え付かなかったなあ。陰謀論者失格です。

さて、TVなどで「放言」するのは、その影響度合い(?)(みたいなものについてはhttp://d.hatena.ne.jp/kerodon/20080120/1200790469で書きましたが)から確かに問題だと思いますが、個人的には、色々な可能性を考える姿勢を持ちたいと思っています。これは、BigBangさんへの皮肉ではなく、ここで出す話ではないとは思いますが。

いずれにせよFBIが入手したと報道されている「新証拠」が、如何なるものなのかが気になるところです。

riceballすみません。リンクが、フンジャラケッケになってしまいました。

ここに書きました。

http://d.hatena.ne.jp/kerodon/20080120/1200790469

スパムコメントみたいで、本当にすみません。

どうも。今夜というか朝方ロス市警が会見をするみたいですね。やはり実行犯が見つかったんですかねえ。

こんにちは。連投失礼します。
市警の会見(15分程度だったそうな)では「新証拠」が示されなかったみたいですね。そこで推測してみます。

「残された車」の残存物をDNA鑑定
→実行犯特定・拘束
→実行犯が告白---(A)
という流れかな?とか思います。しかし、(A)が「新証拠」として三浦氏にリンクさせ、今後、逮捕・起訴に持って行くのは無理があると思います。

どうも。共謀に関する米国での法的解釈が違うようですから、実行犯不詳のままでも起訴に持ち込めるようですね。そこを「滑り止め」にしているので、あの自信につながっているのではないでしょうか。「新証拠」もあるのでしょうが、それは決定的なものとまではいかないかもしれない。

国際的といえば、
パリ市街が魅力的!
フォンの広がりに驚いた。市も公共施設や公園に積極的に設置しているみたいだし。
パブリクな場が無料無線LANで広がるって、
まさに、ジョブスがAirに力を入れているのはこのあたりに秘密があるのかもしれない。

何がいいたいかというと、
家の中で、パソコンに向かっているだけで、
活字からはじまり活字だけで終わる不健康さってない! 
このことからの開放される!!

一ヶ月程、ネットのコミュニティから完全に離れて、
ニュースや調べものにしか使わないでいると、
いかに、ネットコミュニティの異常さを、
あらためて感じさせられる。
「家の中にいて、何ができるの? できるように思えるなんて、気持ちが悪い!」

はてなは、京都に移ったらしいけど、
ネットの中に力を入れるより、
ネットの外の活動に力を入れればいいのに。
京都もフォンで完全に無料無線LAN化したら、
海外の観光客はより喜ぶわけで、
それに、社長はカフェカフェってよく書いているけど、
カフェでネットを利用しやすくなんてしていないと思うし。

なので、新年度は、セカンドライフより、
無料無線LANに関心を深めるつもり。
それと、外国発のfonだけでなく、
日本は大学を中心にした無料無線LANが構築されることに密かに期待したい。
早稲田中心でもいいけど、
日本中の大学構内は、同じ無料無線LANで結ばれていて、
学生は、自分の大学だけでなく、
他の大学を訪れて研究学習しやすい環境をね。

ま、できれば、
政治家が無線LAN構想をたててくれてもいいかも。
市町村レベルでもできるし。
インフラを支えるのは、
インターネットを利用している国民ということでね。

こういう風になるなら、ADSLから光になるのは、必然的に広まるだろうな。
光で金とって無線で金もとるのはダメだろうな。
この点でも光の人にfonの新しい独自のノードを無料配布してもいいと思うし。

あとは、高機能高性能小型PCの開発かなぁ。
たぶん、1チップパソコンかも。
1チップにメモリーも記憶メモリーもBIOSもなんでもかんでも。
マザーボード不要というやつで。

とにかく、引き篭もりネットは最悪。
言うは易しすぎる。
大人げない。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/40254809

Listed below are links to weblogs that reference 三浦和義氏拘束----疑惑の銃弾から27年:

« 更新 セカンドライフ関連です。 | Main | ビルマ、パゴダの影で-----ビルマ憲法国民投票を間近にして »

-