SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« ビルマで解放された山路徹氏がラジオに電話出演 | Main | 愛はあるんだろうけどな。 »

November 15, 2010

アウンサンスーチーの帰還・ビルマは動き始めるか

Suukyi

ぎりぎりまでどうなるかとハラハラさせたが、自宅軟禁が切れる13日(土)の夕方、アウンサンスーチー氏はついに解放された。当初は無条件解放をめぐって、居住をヤンゴン市内に限るとか、国内旅行の制限など条件を軍政が主張しているのではないかとも言われたが、実際には無条件という形だったようだ。実際スーチー氏は14日には30カ国の外交官と面談し、集まったおよそ5000人の支持者に向かって演説を行った。演説の音声はDemocratic Voice of Burmaによって中継された。

一時は健康問題も深刻にささやかれていたので心配したが氏の声は非常に力強いものだった。さすがに肉声が響いてきたときには胸に迫るものがあった。

2007年に彼女の長い友人である宮下夏生さんの話を聞き半生をまとめたとき(「アウン・サン・スーチーという意志」)から、この人の肉声はもう聞くことができないかもしれないと想像することは自分にとって非常に精神的につらいものがあったからだ。
それが(全く理解出来ないビルマ語であるとはいえ)スーチーその人がライブで民衆の前で自由にしゃべっているのだから。

演説の要旨は以下のとおり。(ツイッター上で英語訳が流れたものをまとめたもの 正確さについては後日検証)

「どうか希望を失わないで欲しい。諦めなければならない理由は何もない。物事は簡単にはいかないが、我々は共に戦わなければならない。」

「私はいつも人々の側にいる。今後も民主主義のために働くつもりだ。思っていることを自由に発言できなければいけない。言論の自由を守らなければならない。」

「人々が思っていることを自由に言うことを躊躇しているのはわかっている。でもどうか思っていることを発言して欲しい。力を貸してほしい」

「わたし1人では民主化を達成することはできない。あなた方と共に行うのだ。私たった1人で、この国に本物の民主主義をもたらすことはできない。」

「私に対して沢山のいろんな期待があるのはわかっている。だがまず私は自分の宿題を片付けなければならない」

「我々は民主主義を勝ち取るためにともに手を携わなければならない。対立を煽ってはならない。

全体的に軍政への直接的な批判は避け、精神的、抽象的に人々を鼓舞する内容だったと思う。また自分への民衆の過度な期待が集中することにも用心深く牽制している。

また軍政については

「私は軍政を敵視していない。丁重に扱ってもらった。人々のことも同様に丁重に扱ってもらいたい」

「話し合いの場を持ちたい」

と慎重な表現をとり、先の総選挙の不正の件などへの直接的な批判も口にしなかった。

ある意味、氏の演説はこういう形しかありえなかっただろうと思う。不正な選挙とは言え、軍政は総選挙で圧倒的な議席を獲得し、中国、インドなどを始め、諸国は資源に富むビルマを支配する軍政に対して敵対的な態度を取りづらくなっている。(特にインドの「変節」は欧米諸国から強く批判されている)
制限のない解放とは言え、前の2回もそうした制限はなかったにも関わらず、軍政は理由をつけて彼女をすぐに再拘束している。

そういう中でも西側諸国からの経済封鎖は軍政の足を大きく引っ張っており、もしもスーチー氏を利用するとすれば、西側への絶大な知名度と信頼を誇る同氏の仲立ちの役割だろう。それを彼女もよくわかっていると思う。ある意味ではそこにつけ込むことでしか、軍政との交渉のテーブルはないだろう。

希望的観測を言えば、軍政がスーチー氏に「イチャモンをつけて」4度目の軟禁に踏み切ってもお互いに得なことは何もないはずだ。前の3回の拘束とは違うシーンになっていくかもしれない。(かなりこれは希望的だ)そのあたりで両者の微妙な力の均衡が成立するとすれば、当面ビルマ情勢は急速には動かないかもしれない。

ただ、今回の選挙をボイコットしたNLDと袂をわかった「国民民主勢力」(NDF)もスーチー氏の復帰によりNLDへの再合流を口にしているという。タイ国境周辺で国軍への参入を拒絶しているカレンの武装勢力もここしばらくは戦闘を停止しているが、スーチー氏ではラチがあかぬと判断すれば、いつまた戦闘を再開しないとも限らない。またビルマには2200人とも言われる政治犯が投獄されており、中には65年(!!)などという法外な刑期に服させられているも活動家もいる。

スーチー氏の解放によってこれらの政治犯の存在をうやむやにし、選挙結果を既成事実にしようという可能性がある軍政に西欧諸国は警戒を強めている。

事態が急速に動くこともあるかもしれない。

いずれにしても長く「忘れられていた」カリスマの復帰は十分衝撃的であり、彼女の人気や吸引力は今でも衰えていないことを世界に見せつけた。そしてツイッターと国を超えた動画放送の自由化など全く新しい時代に解放され、国際社会の監視体制が格段に上がっているということも、前の2回とは状況が異なる。軍政が甘く見ればこれらの情報の力によって倒されるだろう。

ビルマの第二幕いや幾度目かの幕が少しでも幸福に上がることを祈りたい。

« ビルマで解放された山路徹氏がラジオに電話出演 | Main | 愛はあるんだろうけどな。 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/50033714

Listed below are links to weblogs that reference アウンサンスーチーの帰還・ビルマは動き始めるか:

« ビルマで解放された山路徹氏がラジオに電話出演 | Main | 愛はあるんだろうけどな。 »