SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« April 2011 | Main | June 2011 »

May 14, 2011

映画「100,000年後の安全」-- 「忘れ去られるべきこと」を忘れないこと。放射性廃棄物最終処分場「オンカロ」の挑むもの。

10_photo

「ロケットに乗せて太陽に打ち込んでしまう事も考えた。しかし打ち上げに失敗するかもしれない。海底深くに埋める事も考えたが、地形が変わらないとは限らない」(映画より)

原発に賛成の立場を取ろうと、反対の立場を取ろうと、我々が忘れてはならないことがある。それはすでに人類が生み出した、世界中で25万トンとも言われる放射性廃棄物の存在である。この先。我々がどんなエネルギーを選択して生きていくにしても、既に生み出されたこのデーモンは容易には消え去る事はない。それらが完全に無害になるのは、気の遠くなるような未来。およそ10万年先であるということをあなたは知っているだろうか。

果たしてこのデーモンを我々はどうしたらいいのか。フィンランドは、この問題に真っ向から向き合っている極めて特異な国家である。この国は、海外からのエネルギー依存に頼る事なく、自前で確保するためにあえて「過渡的な形態として」原発を選択した。しかし、その思索のフレームは、我々日本人とは全く異なっている。

Continue reading "映画「100,000年後の安全」-- 「忘れ去られるべきこと」を忘れないこと。放射性廃棄物最終処分場「オンカロ」の挑むもの。" »

« April 2011 | Main | June 2011 »

-