SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« June 2011 | Main | August 2011 »

July 16, 2011

「東京の空の下でAfter311をゆるく語るオフ」という会をやりました

だいぶ遅くなっちゃいましたが、と書き出したところで考えてみるとまだ2週間ちょっとしか経ってないんですね。6月の終わりに僕がお声がけをして「東京の空の下でAfter311をゆるく語るオフ」と題したイベントをしたわけですが、その報告をしておこうと思います。

こんな感じのイベントでした。

東京の空の下でAfter311をゆるく語るオフ

大震災から100日が過ぎました。今更言うまでもなく、東日本は激烈な震災に見舞われ、海岸沿いは津波で壊滅的な打撃を受けました。原発事故は収拾の目処もついていません。そんな日々が私たちの日常になりつつあります。

この100日間はニッポン国には怒濤の毎日でありました。首都圏に住んでいる私たちにも、もちろん皆それぞれ大きな影響や思いがあったと思います。親族の方が被災を受けた方もおられると思います。
100日を過ぎて、この震災以後の日々をちょっと語り合ってみるのも悪くないかなと思い、このオフを企画します。

震災の話 あのときどこにいたかな話 怒っている話 原発の話 被災地の話 個人的な話(もちろん言っても構わない範囲) そしてこれからの話 怖いよーな話。いまの話 

そんなことを、あまり肩に力を入れないで、暗くなり過ぎもせず(難しいですけど) ちょっと試しに話してみたらどうかと思います。これからニッポンをどうしていくべきか。なんて考える前に、私たちはもう少しだらだら喋ってみる時間を共有してみてもいいのではないか。と思っています。

Continue reading "「東京の空の下でAfter311をゆるく語るオフ」という会をやりました" »

July 08, 2011

南相馬市原町区で少しだけお手伝いしてきた話 (完) 流出品洗浄作業と「犬っていう犬」の話

(前章)南相馬市原町区で少しだけお手伝いしてきた話 (3) 泥出し作業と遠くにある海


南相馬2日目。

前日の泥出し作業の翌日が危ぶまれたが何とか体はもっている。でも違う仕事も経験してみようということで、流出品の洗浄班を希望した。(最初の日に陽気なBさんから、ちょっと写真洗浄の仕事のことを聞いていたためもある。)


洗浄というから水を使うのかと思ったが、アルバムや写真の泥を払い乾かす作業。倉庫に保管してある、膨大なバラバラの写真や手紙、賞状を外のシートに並べて乾かす。ほとんどがまだ湿って泥だらけ。最初は水で洗っていたらしいが、洗う事でカビが生えてしまったり、痛んだりするので今はボランティアは泥を払うのみ。(今では水を使った作業もしているらしい) それでも手強い。倉庫番のようにひたすら分類と外での乾燥。午後になると雨が来そうなのでまたしまいこんだり。


個人情報なのでそれに気をつけるよう、うるさく言われる。写真撮影ももちろん厳禁。
ひたすら並べる。分ける。乾かす。泥を落す。

アルバムに泥水がかかるとどうなるか、写真がどうなるか。膨大なサンプル。。自衛隊が回収したものが大半だという。おびただしい家の記録。歴史。写っている人が無事かどうか。無論わからない。

子供の写真がめちゃくちゃ多い。一般家庭では写真とは子供のためにあるようなものだ。座り込んで、写真の中の子供の顔についているなかなか落ちないひどい泥をこすっていると、やはり涙が出てくる。Bさんが言っていた通りだ。これかと思う。

Continue reading "南相馬市原町区で少しだけお手伝いしてきた話 (完) 流出品洗浄作業と「犬っていう犬」の話" »

July 03, 2011

南相馬市原町区で少しだけお手伝いしてきた話 (3) 泥出し作業と遠くにある海

(前章)南相馬市原町区で少しだけお手伝いしてきた話 (2) 南相馬へ入る

ボランティアセンター受付

翌朝。いよいよホテルから歩いてボランティアセンターに向かう。朝食をすませてフロントを通りかかると、フロントのおばさんが、ボランティアに来たと思われる宿泊客に津波の話をして泣いている。ご家族が亡くなったようだ。黙って横を通り過ぎる。

ボランティアセンターの場所は昨日のうちに下見してあったが、やはり何となく不安。ぽつぽつと歩くが、道すがら同様にセンターを目指す人にかなり出会う。仲間だ。

南相馬市原町区の場合、ボランティアセンターへの登録は当日でOK。事前に連絡する必要はない。朝9:00から受付開始なので、センターの前に並び、初日には簡単な登録をすればよい。(この時にボランティア保険に加入していない場合にはそこで加入しなければならない。)僕は少し遅れてしまい、10分過ぎくらいになってしまったが、この日は土曜日とあって、すでに多くの人が並んでいる。

5879676645_1b9f44e673_b_2


登録が終わると、初日の登録者には庭で簡単なオリエンテーションがある。先にも書いたようにここには、団体のボランティアバスなどはほとんど来ていないので、一人で来る参加者もかなり多い。年齢も性別も様々。見ると服装も軽装から重装備まで様々な参加者が集まっている。

Continue reading "南相馬市原町区で少しだけお手伝いしてきた話 (3) 泥出し作業と遠くにある海 " »

しょうがない運命はない

美容院のアシスタントの子が福島出身だと言うのでどこですか?と聞いたら言い淀んでいてよく聞いたら警戒区域にある町の名前を教えてくれた。
ご両親はしばらく避難所→仮設住宅を経て仙台に移転された。原発が見えるとこですと笑うので聞いたら1km圏内だそうだ。

それは大変でしたねえとまでは言葉が続くが。

「仮設住宅ってすごいんですよ。でっかいテレビも最新型の冷蔵庫も全部ある。テレビなんて50インチくらいじゃないかなあれ。あ、わかんないけどでっかいです。うちなんかよりずっとすごいし、前の家よりもすごいです(笑)」

避難所に数ヶ月いて、やっと入れた仮設だけれどお父さんの仕事が仙台で見つかったので仙台に行く事になった。

仙台へ行く前に一時帰宅されたと言う。高台にあり津波は免れた。
「冷蔵庫の中は見ないでおいたって言ってました」と。そかそか。そうだよねえ。
お兄さんは福島の自衛隊で遺体回収をしていたそうだ。「最近休みが取れるようになったらしいです」。

少しずつ引き揚げてるからね。少しずつ。

ここは同じ国なのだけどな。海も遠い。山も遠い。

帰る時に笑いながら言っていた。「でもオヤジは原発で働いてましたから」。でも?(だからしょうがないんです)と言いたかったのかなあ。もしそうなら、しょうがなくはないよ。しょうがなくはない。

しょうがない運命はないし、しょうがない命もない。
しょうがない不幸もない。
しょうがない犬も猫もいないし、しょうがない牛や豚もいない。

地上にも空にも。どこにもない。


※FBにあげたものを少し改変しました。


« June 2011 | Main | August 2011 »