SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« 紫陽花の季節に  | Main | 残酷と死んだ犬のこと ー「飯舘村の1年」  »

June 29, 2012

2012年6月29日(金)未知の領域

官邸前の再稼働反対の金曜日デモ。市民の渦が空前の規模になりつつある。主催者発表とは言え先々週は11000人。先週は45000人。ついに歩道に収まり切らなくなった人の波は、車道に溢れ始めた。今夜はどうなるか不明だが、Twitterの中を流れる情報が憤怒の川のようになり始めた。おそらくそう簡単には止まらないだろう。石が転がり始めたのが先週か先々週だったような気がする。

整然と警官に守られて分断されて渋谷や新宿を歩いてたデモとは格段の違いがある。官邸前は歩道も狭く、行進もできない。次々と地下鉄から吐き出される人々は、そのまま長い列を作り、毛細血管のように先頭と連絡をつけながらうねっている。


人の集団が何か生き物のようなパワーを持ち始めた風景をみると震撼するものがあるが、ミクロで見ればそれは勤め帰りのサラリーマンだったり、子どもさえ連れた主婦だったりする。

「紫陽花革命」という日本人の心を捉える花の名前を纏って「革命」という日本に不似合いな言葉が、いまこの国で命を得て歩き始めた。

震災と空前の原発災害を受けた日本人がここまで来るのに1年かかったが、その間に何度も試行錯誤を重ねて来た。

繁華街のデモは分断され、代々木の大群衆は公園に押し込められ、杉並のデモは反社会的だと烙印を押された。

原発賛否を問う住民投票の試みは大阪、東京と相次いで門前払いにあった。最後の頼みの綱である選挙すら、与野党の消費税増税と小沢派の切り崩しの中で、抗争の談合が行われる中、いつになるかわからない。

間もなく稼働する大飯原発は、関電エリアで15%と言われた電力不足を補うはずだった。それがいつの間にか5%程度しか受給に影響しないと、次々と稼働させていく気配が見えている。

フクイチ4号機はひとたび倒壊すればアジアや世界を脅かす大惨事になると言われている。多くの人はどこか別の星の話であるかのように、それを聞いている。


震災後1年余りたち、疲弊を重ねた被災地住民だけではない。我らは追い詰められたのである。残された手段はもうそう多くはない。

けれども。


ここからは未知の領域である。辛うじて参考になるのは安保ぐらいか。大群衆に取り囲まれた岸内閣は
総辞職したが安保条約は通った。野田内閣など飛んでもこの国は全く変わらない。平然と原発を続けるかもしれない。

振り上げた拳の力が、振り上げた者の想像を遥かに超えるほど大きかったら何が起きるのか。ここからは全力で下ろす場所への戦略も必要だろう。

未知の道を歩くのは辛くて、けれども楽しい。そう思いながら。我らの粘りと叡智と度量が試されている。

今日の夕方。東京は晴れである。


« 紫陽花の季節に  | Main | 残酷と死んだ犬のこと ー「飯舘村の1年」  »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/55078477

Listed below are links to weblogs that reference 2012年6月29日(金)未知の領域 :

« 紫陽花の季節に  | Main | 残酷と死んだ犬のこと ー「飯舘村の1年」  »