SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« May 2012 | Main | July 2012 »

June 29, 2012

2012年6月29日(金)未知の領域

官邸前の再稼働反対の金曜日デモ。市民の渦が空前の規模になりつつある。主催者発表とは言え先々週は11000人。先週は45000人。ついに歩道に収まり切らなくなった人の波は、車道に溢れ始めた。今夜はどうなるか不明だが、Twitterの中を流れる情報が憤怒の川のようになり始めた。おそらくそう簡単には止まらないだろう。石が転がり始めたのが先週か先々週だったような気がする。

整然と警官に守られて分断されて渋谷や新宿を歩いてたデモとは格段の違いがある。官邸前は歩道も狭く、行進もできない。次々と地下鉄から吐き出される人々は、そのまま長い列を作り、毛細血管のように先頭と連絡をつけながらうねっている。


人の集団が何か生き物のようなパワーを持ち始めた風景をみると震撼するものがあるが、ミクロで見ればそれは勤め帰りのサラリーマンだったり、子どもさえ連れた主婦だったりする。

「紫陽花革命」という日本人の心を捉える花の名前を纏って「革命」という日本に不似合いな言葉が、いまこの国で命を得て歩き始めた。

震災と空前の原発災害を受けた日本人がここまで来るのに1年かかったが、その間に何度も試行錯誤を重ねて来た。

繁華街のデモは分断され、代々木の大群衆は公園に押し込められ、杉並のデモは反社会的だと烙印を押された。

原発賛否を問う住民投票の試みは大阪、東京と相次いで門前払いにあった。最後の頼みの綱である選挙すら、与野党の消費税増税と小沢派の切り崩しの中で、抗争の談合が行われる中、いつになるかわからない。

間もなく稼働する大飯原発は、関電エリアで15%と言われた電力不足を補うはずだった。それがいつの間にか5%程度しか受給に影響しないと、次々と稼働させていく気配が見えている。

フクイチ4号機はひとたび倒壊すればアジアや世界を脅かす大惨事になると言われている。多くの人はどこか別の星の話であるかのように、それを聞いている。


震災後1年余りたち、疲弊を重ねた被災地住民だけではない。我らは追い詰められたのである。残された手段はもうそう多くはない。

けれども。


ここからは未知の領域である。辛うじて参考になるのは安保ぐらいか。大群衆に取り囲まれた岸内閣は
総辞職したが安保条約は通った。野田内閣など飛んでもこの国は全く変わらない。平然と原発を続けるかもしれない。

振り上げた拳の力が、振り上げた者の想像を遥かに超えるほど大きかったら何が起きるのか。ここからは全力で下ろす場所への戦略も必要だろう。

未知の道を歩くのは辛くて、けれども楽しい。そう思いながら。我らの粘りと叡智と度量が試されている。

今日の夕方。東京は晴れである。


June 23, 2012

紫陽花の季節に 

今日は行かれなかったけれど、そう遠くない場所でみんなの声を聞いていた。


その言葉がすっと今日ツイートの中を駆け抜けていった。

「紫陽花革命」

この季節にふさわしい花の名前を装っているけれど、脱原発の運動が311以後始まってから、この日本で「革命」という言葉がこれほど正面にはっきりと踊り出てきたのは初めてだと思う。目を疑って、そしてそういうことなのだ。今目の前に起きていることは、ある一つの線を今夜越えたのだと思った。

「革命」という言葉はこの国では、かつてボロボロになり、踏みにじられたから、僕たちの前、一般的な市民の前には半永久的に登場しない言葉なのではないかと思っていた。

けれど、紫陽花という花の複雑な色を纏って、それは今日確かな形で現れた。

遠い異国で起きたことが、思っていたよりもずっと早くこの国にやってきた。予感は想像もしない大事故の後で、こうして人々に宿った。

日本という国は本当にどうしようもない面もあるんだけれど、市民の持っている潜在的な能力、局面で団結する力、自主的に動く力、そしてメディアを使いこなすリテラシーの力は世界でも屈指なのではないかと思っている。その片鱗が見えてきた。

おとなしいけれど、本当に敵に回すと強敵なのがわれらの国の市民なのかもしれない。

侮るべからず。

何のためにツイッターがありYouTubeがありニコ動があったのか。
享楽のためだけではない。


もしもメデイアが報じないなら、自分たちのメディアを総動員して「彼らを」倒そう。

ほかの国もそうしてきた。 

June 21, 2012

返せない借りもある

沢山の友人がメディアに行った。普通な入り方もあるが、政治家に紹介され、実業家に紹介されて新聞やテレビに行った。そのころ、何か言うと諭された。世の中はそういうものだ。そういうものだ。父親にもそう言われた。

幾歳月過ぎて思う。若い時におかしいと思ったことは間違いなくおかしいのだ。当時の彼らはそろいも揃ってこの事態にも沈黙している。そりゃあそうだ。お前は言えないよな。

人は、一生の間に「借りは返せない」こともあるのだと知る。そうだろ。親父。

僕の最低限の彼らへの友情は、聞いていることを言わないことだ。知っていることを敢えては触れないことだ。けれど自分は知っている。この無限の連鎖が。無限の連鎖が今を生んだ。


こんなことを言いながら、自分も甘いと思う。みんなが甘い。ここ一番で逃げていく。僕もあなたも。それが積み重なって、この体たらくだ。やり直せるのかな。やり直そう。遅くないのかな。遅くない。きっと。

夜中にこんなことを考えているのは、あなただけではない。僕だけではないはずだ。南相馬の荒れ野を思う。仮設で会ったアル中の彼を思う。思っているだけではどうにもならない。けれど思う。


この国は間違っている。

頼むから、金曜日の夕方。国会議事堂の四番出口から地上に出て、あたりを見回してくれと、今夜友人に話した。わずかな距離だ。怖くない。怖くないことがそこにいけばわかる。この人波を見て来たら、お前も誰かに伝えて欲しい。

けれども。

悲劇であることは否定するべくもないが、その後のこの展開。考えようによっては、この年になって迷うことなく進めるものを与えてもらってよかった。悩むことなく進めるものを与えてもらった。大変な不幸の中にあって言うのはおこがましいが、一つの魂としては感謝する。

日本政府のおかげだ。

精一杯の強がりではある。

June 13, 2012

4月5日の夜の椅子の話 

日隅さんの昨年4月5日の深夜の東電会見。彼の勇気と正義が称えられた。僕もそうしてはいるが、忘れてならないことがある。

それはあの夜。

Hqdefault


大量の放射能汚染水の不法海洋投棄に対して、あの夜あそこで両手を広げて立っていたのは日隅さんと木野さんしかいなかったということだ。たった2人だ。この国であの夜。その2名は座る椅子さえあの部屋になかったのだ。

なぜあの夜2人が立ったままだったのか。激して立ち上がっていたのかと不明にも僕は思っていた。お2人の出版のトークイベントに行き、彼らには席がなかったのだと聞かされた。日隅さんも木野さんも笑い、僕たちも笑った。
けれども、これは笑って流せる話ではない。それが僕らの作ってきた世界の現実だからだ。

木野さんはああいう性格の方だし、そんなことを声高に言うのもいやだろう。日隅さんもそうだったろう。けれども日隅さんはもう帰らぬ人となられた。控えめな2人のジャーナリストに代わってこれは書いておこうとおもう。


僕たちは、間もなく癌に侵されて1年少し後にはこの世を去る人に対して、椅子に座らせることすらできずに、立ったままであの場にいさせ、誰も言わなかったことを言わせた。その間ほとんどの記者は黙って俯いていた。座ったままでだ。


そのことをずっと僕らは覚えておいた方がいい。


4月5日深夜の東電会見へのリンク 

June 12, 2012

一歩も引かぬこと 日隅一雄さんが亡くなられた

@yamebunさんこと、弁護士でジャーナリストの日隅一雄さんが、先ほど亡くなられたと聞いた。

深夜の東電会見で小柄だけれど一歩も引かない、仁王立ちになった姿に吸い寄せられた。日隅さんを知った最初だ。凄い人がいると思った。会合でお会いできて、あの夜のことは忘れませんとお伝えしたが、たぶんうまく伝えられなかった。何度も言われた言葉だろう。

照れたように笑っておられた。

日隅さん。今こそいて欲しかった方が去っていかれた。もっとお話がしたかった。

たった1人でも一歩も引かなかったあの夜の場所にはいられなかったけれど、深夜まであなたの凄さを目撃できて良かった。ありがとうございました。お疲れ様でした。

決して我らも引きません。

安らかにお眠り下さい。

【追記】23:47

これを書いた後で、Facebookである方に指摘を受けた。日隅さんと僕は実はこの記事で書いた会合ではなく、それよりもずっと前に、ある場所でお会いしていた。当時、「ヤメ記者」という字は名乗っておられたものの、おなじみの「ヤメ蚊」という名前がなぜか僕の記憶に残っておらず、間抜けなことに僕は気がつかなかったのだということがわかった。

このブログにもそのときの記事が残っており、読むと当時の日隅さんの様子が伝わってくる。自分の記事を読んでようやく、あのときの人だったのだとわかった。ここまで書くと、このブログの長い読者の方なら何となくわかるのではないかと思うが、あまり思い出したくない出来事が含まれているので、あえてリンクは張らないでおく。

僕にとっては、あくまでも日隅さんは東電会見の日隅さんだ。それでいいと思う。けれども、返すがえすも残念なのは、日隅さんのお元気なうちにこのことを思い出せなかったことだ。日隅さんも忘れておられただろうから、それを話せば、きっとおもしろがってくれただろうにと思うと、残念でならない。

実はずっと前からご縁があったのだと思うことは少しうれしいけれど、にも関わらず、瞬く間にすれ違ってしまったと思うと、また悲しさを増す。


【追記2】01:34

衝撃的だったあの夜の日隅さん。2011年4月5日。この場面は実際にはもっとずっと長かった。息をのんだ。
あの夜、東電は責任を不明確にしたまま歴史に残る大量の汚染水を海に放った。人が譲ってはいけないこととはなんだったのか。曖昧にしてはいけないことは何なのか。日隅さんは教えてくれた。

June 11, 2012

この街で再稼働すると叫べるのか

「国民の生活のために」「豊かで人間らしい生活のために」と言うならそれを因数分解しろ。

豊かとは何だ。
人間らしいとは何だ。
明らかにそれから外された10余万の人達は何だ。

心にも思わぬことを言うな。


あなたはこの街で再稼働すると叫べるのか。

*1

Candle

00

01

*2

Blog2

国民の生活
国民の生活
国民の生活

国民はどこにいるのか。あなたの目の前にいる我々は誰だ。

Continue reading "この街で再稼働すると叫べるのか" »

June 09, 2012

神様は優しいから

神様は優しいから

免震重要棟もないような原発には事故を起こしませんか。
ベントフィルターもないような原発には事故を起こしませんか。
真下に活断層があるかもしれない原発には事故を起こしませんか。

神様は優しいから

防波堤が5mの高さしかないような原発には事故を起こしませんか。
オフサイトセンターが海抜2mしかないところにある原発には事故を起こしませんか。

神様は優しいから

裏山が崖崩れするような原発には事故を起こしませんか。
非常用発電機が高台にできるまで3年もかかるような原発には事故を起こしませんか。


神様は優しいから
神様は優しいから


野田首相。
あなたの神様はずいぶんと都合がいい神様なんだろうね。

« May 2012 | Main | July 2012 »