SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« February 2013 | Main | April 2013 »

March 18, 2013

我らの光を




震災直後。東京の住民を不安と恐怖に突き落とした一つは「暗い夜」だった。他地域の方には何を大袈裟なと笑われるだろうが。

真っ暗な渋谷に集まって、次々と早めに閉じていく店々をさまよいながら、これからのことをボソボソ友人達と話した心細さを忘れない。世界はこれからこんな風になるのかと思った。東京から離れなければならないかもしれない。幾人かの友人はそう口にしたし、実際離れていった友もいる。

ところが今ではすっかり元の東京が戻った。

戻ったどころか震災前よりも都市開発に拍車がかかり、あのとき僕たちがこれからはエネルギーを節減して生きていこうと束の間語った決心は街のどこにも見当たらない。何より不思議なのは、大半の原発がダウンしているのに何も変わらないことだ。これで良いのか。また間違えていないのかと思う。

人は忘れやすい。楽な生活がいい。200kmほど彼方の世界にすら確認に行かない人が大半である一方で、NYの友人であるジャーナリストのように大枚な旅費を貯めて確認に来る人もいる。

現実の世界に何の不自由もないのにこの世界の未来に想像力を保つのが我らにとってそれほど難しいなら、我らの光をもう一度奪って欲しいと思う。

せめてあの頃の水準にまで。

March 10, 2013

先輩たちは苦難に満ちた道を

今日は子供の高校の卒業式に出てたりしてたわけだけれど、今の高校の卒業式の送辞も来賓の祝辞も相当に暗いのな。もうこの先日本は大変なことになっていくから絶対君たちは大変だ。でも負けるなみたいなことを言われる。

多かれ少なかれ大人が考えの甘い若者を脅かすてのは自分の時からあったわけだけれど、今はそれとはやはりちょっと違う気がする。後輩からも先輩たちは苦難に満ちた道を歩むでしょうけれど、どうか頑張ってくださいとか言われるのよ。どうなの。

言われる方もそれをリアルに織り込みながら殊勝に聞いている。大変な状況に突入しつつあるということ、苦難の時代なのだということが、大袈裟な世迷い言としてクスリとできる余裕がもはやない。なんだか大げさに言うと特攻隊を送る会みたいなね。

そのまま、ある程度はそういうことなのだろうと思う。

« February 2013 | Main | April 2013 »

-