SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« グループ写真展「南相馬の今と昔」開催のお知らせ。 | Main | 春日狂想 »

March 11, 2014

あの夜の「平和」

2011年の今日。自分の大きな勘違いのひとつは、みんなきっと北へ向かうだろうと思い込んだことだ。大惨事。きっと日常をいったん棚上げにして、ほとんどの人が東北へ向かうと思った。自分はいつ行こうどこへ行こうと考えた。抗うことはできなかった。他の選択肢もなかった。思い込んで3年だ。

こんな思い込みはきっと何かの勘違いだったのだろうと思う。世界はそんな風にできていない。個々の事情の最大値で。。いや違うな。風の吹かない人には永遠に風は吹かない。そのことは何も罪でも何でもない。自分とて3年間おろおろ歩き回っているだけだ。足元の世界すら変えられない。

自宅に帰り着いた3月11日の夜は、立ち往生した高校生のカップルを迎えに車を近くに走らせた。娘の友人だ。彼と彼女は比較的呑気な顔で現れた。やむなく家に泊めることになった2人にどれだけあの時救われたかと、今でも振り返る。身震いするのはその時かの地で何が起きていたか知らなかったことだ。

僕の頭の中ではあの夜の呑気な高校生のカップルと自分達、その同じ時間に原発で起きていたこと、南相馬で起きていたこと(ずっと後まで知らなかった)が頭で重なり後ろめたい気分になる。写真展に来てあの地獄のような彼の地の数日間を語ってくれる人がいた。問わず語りに言葉が口をついてでる。そして止まらない。

どうしようもないことなのに、あの日に彼の地がどんなことになっていたか。それを知らずに過ごしていた自分の「平和」とのギャップに身震いする。それは結局今でも埋まらない。どちらがどちらではないし、おそらく仕方が無いことなのだろうけれど、3年経ってもそこに行き着けない。

« グループ写真展「南相馬の今と昔」開催のお知らせ。 | Main | 春日狂想 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/59272871

Listed below are links to weblogs that reference あの夜の「平和」:

« グループ写真展「南相馬の今と昔」開催のお知らせ。 | Main | 春日狂想 »

-