SNS

My Photo

BooksBooks

無料ブログはココログ

« 「鼻血ごときで騒ぐ人は発狂するかも」という雁屋哲氏の「いつもの悪い癖」 | Main | 理想主義なのかヘタレなのか »

May 10, 2014

消えて行く下北沢

今となってはというか、今の段階で既にというか撮っておいて良かった。最近になって思うのは写真なんて撮るんじゃなくて撮らされて、そしてその写真がいつか勝手に何か話し始めるんじゃないかな。

カメラマンを目指していた頃にはそんなこと考えたことなど、もちろん微塵もない。




消えて行く下北沢(2013年5月17日)





892321_10151496251192500_136367979_



901929_10151496246677500_1313265072



901783_10151496247977500_227434313_



902149_10151496246087500_15514845_o

明日の始発から地下駅に移行する下北沢駅周辺の町並みをパノラマを使いながら撮ってみた。。人生でもっとも忙しく疲弊していた時代に2年間住んでいた場所でもある。ゆっくり街を歩くこともあの頃はなかった。3/21から一定の時間ごとに撮影。

-

« 「鼻血ごときで騒ぐ人は発狂するかも」という雁屋哲氏の「いつもの悪い癖」 | Main | 理想主義なのかヘタレなのか »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28156/59621190

Listed below are links to weblogs that reference 消えて行く下北沢 :

« 「鼻血ごときで騒ぐ人は発狂するかも」という雁屋哲氏の「いつもの悪い癖」 | Main | 理想主義なのかヘタレなのか »

-